ぴっぴの防災ブログ

『ゴーガイ! 岩手チャグチャグ新聞社』

2015年9月3日

岩手県では、漫画を通じて、県の文化や暮らしの魅力・情報発信をすすめる目的で地域振興プロジェクト「いわてマンガプロジェクト」が行われています。

そこで今回は、漫画を紹介します。防災の本は難しそうで苦手という方も、これならチャレンジしやすいのではないでしょうか。

ゴーガイ! 岩手チャグチャグ新聞社 3号目 (KCデラックス BE LOVE)
飛鳥 あると
講談社 (2011-10-13)
売り上げランキング: 123,915


日頃の岩手の様子と、震災後の様子が漫画を通してわかります。
震災後どのような問題が起こっているのか、実際の被災者の気持ちに近いものが感じ取れます。

内容は、岩手の架空の地方新聞社「岩手チャグチャグ新聞社」の女性記者が取材を通して、地域のさまざまな魅力を発見していきます。
全3巻(1号目~3号目)がありますが、『3号目』巻末の「特別編」には、著者の東日本大震災の経験を通して描かれている話となっています。また、特集記事が挟み込まれているのですが、実際に震災の後、岩手で子育て支援している人などの活動の様子や、復興の話が記事となっています。

電子書籍でも手に入るので、気軽に読んでみてください。

(わかば)
本の紹介