子育てのヒント

歯を削るときの音

2014年3月10日

Q

歯を削るときの音が嫌で歯医者に行きたくないらしいのですが、これはどうにもなりませんよね?

A

そうですね。どうしても音は出てしまいます。
歯を削ったり、虫歯を取り除くタービンやエンジンといわれる器械は、モーターやエアーにより高速で回転しているのでその回転音が出ます。タービンではハンドピース内の羽根に圧搾空気を当てて高速回転を得ますが、その回転数は30~50万回転/分にも及びます。よく歯医者で耳にする「キーン」となる甲高い耳障りな音の正体はこれだったのですね。また、削るときの発熱をおさえるためにスプレー状の水が出るようになっていて、それもまた音も出ます。
それでも最近は技術開発が進み、以前に比べてかなり音が小さくなってきており、タービンに近い働きを持つ5倍速コントラアングルはタービンほどの高音ではありません。これなら大丈夫!と治療を受けられるお子さんもいますし、どうしても回転切削器具が苦手なお子さんには手用切削器具を主体に使う治療なども可能な場合がありますので、お近くの歯医者さんに受診して相談しましょう。
※ちなみに歯石除去をするときに使う超音波スケーラー(振動数25,000~40,000回)と呼ばれる器械も同様に高い音が出ますね。

文/陽だまり佐野歯科院長 佐野陽彦先生

子どもの歯