子育てのヒント

お産と陣痛~助産師たちのつぶやき~

2016年6月3日

助産師たちのつぶやき

今回のつぶやきは、直球で、陣痛です。

陣痛は、赤ちゃんが生まれるために、子宮が収縮し、それに伴う痛みです。陣痛というと、お産をされたことがある方は、そうそう、この痛みだった。また、あの痛みを体験するのか、という声を良く聞きます。お産を体験したことがない人でも、テレビで見た、痛いんだよね。鼻からスイカって友達に聞いた。と痛みばかりがクローズアップされてしまいます。

でも、陣痛がこないと赤ちゃんは生まれてくることができません。破水してから、なかなか陣痛が来なくてやっと痛みが来てくれました。前駆陣痛からなかなか本格的な陣痛にならず、疲れて、やっと本当の陣痛が来た。本当の陣痛は痛くって、今までの前駆陣痛と全然違ったけどお産が進んできてほっとした。という声をきくこともあります。

誰しも、安産を望んでいると思いますが、安産って時間が短いお産でしょうか?それとも痛くないお産?赤ちゃんとお母さんが元気なら安産?安産の捉え方は人それぞれで難しいものです。私は、陣痛とうまく付き合えた人が安産じゃないかなって感じています。陣痛と陣痛の間には間歇の時間があります。その時、いかにリラックスしていくか。また、陣痛の波にどう乗っていくか。自分一人で無理な時は、サポーターにどう協力してもらうかも大切ですね。

お産の痛みは想像以上で「いつまで続くんだろう」「もう二度とこんな痛い思いはしたくない」「いつ生まれるか分からず不安だった」「途中痛みに耐えられず、あきらめそうになった」でもそんな時、家族が頑張れと腰をさすってくれた。助産師が優しく励ましてくれた。生まれてくる赤ちゃんを思って頑張った。そんな時を過ごして出会った我が子は、なにものにも代えられない、かけがえのない宝物です。きっと人生の中で一番感動的な瞬間だと思います。

お産の痛みは、ハッピーペインとも言われ、痛かったことは覚えているけど、あんなに痛かったのに忘れられる痛みなんです。育児していると、怒れてしまうこともあるけど、やっぱり、うちの子はかわいい。自分も赤ちゃんも頑張ったということを思い出してみてください。 

文/浜松医療センター 周産期センター 副看護長 竜崎千明

妊娠・出産