子育てのヒント

子どもと星空を楽しもう2020夏 ~梅雨が明けたら夜空をながめよう~

2020年7月24日

天の川の観望にチャレンジ!

七夕、と言えば 7 月 7 日ですが、今年は雨でしたね。お子さんたちは短冊に願いを書いて楽しみにしていたことと思います。我が家のベランダにも雨に打たれた短冊がくっついていました。

七夕の時期に雨が多いのは新暦になってから。旧暦での七夕は、もう 1 か月後に楽しんでいました。つまり、夏休みの間はずっと楽しめますよ!天の川が夜 8 時くらいに空高く昇るようになってきますので、より鮮やかな見応えになります。

織姫・彦星の二人が渡る天の川、街中では観察はできませんが、街明かりのないところでは目視可能です。物語にあるように、織女星と彦星の間に流れているように見えます。ベガ(織女星)―アルタイル(彦星)―デネブと結ぶと、「夏の大三角」です。

天の川

上の写真は浜松市天文台 星空観望会で撮影(2019 年)。天の川は白いモヤ状にたなびいています。デネブははくちょう座のしっぽ。このはくちょう座は羽を広げて飛ぶ姿ですが、天の川に沿って飛んでいるようです。見えにくくても天の川の流れ方を知りたいときは、はくちょう座の飛んでいる方向をたどってみて下さい。何となく、白いモヤが見えてくる??はずです。

夏の大三角

文/浜松市天文台 鈴木 謙誌

浜松市天文台

住所:浜松市南区福島町(五島協働センター3F)
電話:053-425-9158
URL:https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/s-kumin/hao/

ライフスタイル