子連れでおでかけ(しない)

夏のはままつフラワーパーク

2013年8月3日

暑い日が続き、まさに季節は夏!
3歳の娘と「夏に咲く花には何があるかな?」という話になり、はままつフラワーパークに行ってきました。

はままつフラワーパークの夏といえば「オオオニバス」という大きなハスの葉に乗られることで毎年話題になりますが、今年は芝生広場に水遊び場ができていました。

fp.jpg

広い芝生に作られたプールはそれだけで気持ちよさそう! 
子どもたちの楽しそうな笑い声が夏の空に響いています。
横には「おもちゃ」や「足洗い場」も用意されています。
これなら水遊び場から飛び出して芝生の上で遊んだあとも、足を洗ってまた入ることができますね。

深さは小さい子が座れるくらいで、深いところでも20センチほど。
近くにある休憩所では、たくさんのパパママが見守っていました。
更衣室はなく、各自で着替えるスタイルです。
水遊び用おむつで入っても大丈夫とのことですので小さい子どもも楽しむことができますね。

そして、もうひとつうれしいニュースが。
近くには3歳から6歳の子どもを対象にした新しい遊具が設置されていました。
水遊びができなくても楽しめます。

fp2.jpg

残念ながらこの日私は子どもの水遊び道具を持っていかなかったので水遊びはできませんでしたが、遊具で十分楽しんだようです。
また、パーク内のいたるところにスプリンクラーがあり、涼みながら花を楽しむことができました。
多少水がかかっても歩いているうちに乾いてしまうもの。
娘は少し濡れるくらいが気持ちいいのか、スプリンクラーとの距離や歩き方を考えながら散策していました。

日本庭園にある池や、水鳥の池では鯉にえさがあげられるようになっていて、えさをあげると寄ってくるのがとても楽しかったようです。
「こっちにもあるよー」と声をかけてみたり、「黒い鯉はよく食べるね」なんて言ったりしながら普段あまり見ることのない大きな魚に夢中になっていました。

ところで、フラワーパークを歩いていると「シュシュシュシュシュ…」と音を立てて走るフラワートレインに出合います。
この音の心地よいこと…思わず乗ってしまいました。
1周15分ほど。運転手さんの軽快な説明を聞きながらあたりを見ると、気づかなかった花や見どころがたくさんあります。
娘は乗っていることが楽しいようで終始笑顔! にこにこしながら外を見ては「あそこにひまわりが咲いてるよ!」「さっき歩いたところだよね」と楽しかったポイントを教えてくれました。

fp3.jpg


暑い夏は熱中症が心配ですが、水分補給や日かげで休憩しながら歩くととても気持ちよく過ごせます。
7月から9月の期間は入園料が無料! 子ども向けイベントも盛りだくさんです。
オオオニバスに乗れたり、ザリガニ釣りやカブトムシ・クワガタワールドが開催されたりします。

メインエントランス内ではミニミニ水族館があり海や川、外国の魚が見られるようになっていました。
元気のいい魚ややどかりに娘はくぎづけでした。

他にも、家族で楽しめるイベントがたくさん用意されています。
事前申し込みが必要なイベントもあり、日程や時間が決まっているのでぜひHPをチェックしてください。

 

はままつフラワーパーク

住所 浜松市西区舘山寺町195番地
電話  053-487-0511
利用時間 3月~9月 9:00~17:00
10月~11月 9:00~16:30
12月~2月 10:00~16:30
季節により夜間開園する場合があります。
定休日 なし(12月29日~31日は施設点検のため休園)
料金 3月~6月 大人600円~1000円 小・中学生300円~500円(花の咲き具合により変動)
7月~9月 大人無料 小・中学生無料
10月~2月 大人500円(園内で利用できる500円お買いもの券付) 小・中学生無料
フラワートレイン利用料金 大人100円 子ども50円(3歳以上中学生以下)
子連れに便利な設備 授乳室 おむつ交換台あり
ベビーカーレンタルあり
駐車場 あり(駐車料金 200円)
アクセス方法 車・・・東名高速道路「浜松西IC」より県道65号線→県道48号線を経由し約15分
バス・・・浜松駅北口バスターミナル1番乗り場より「かんざんじ温泉行き」乗車。「フラワーパーク」バス停下車すぐ。 所要時間は約40分、料金は500円。
URL http://e-flowerpark.com/

※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

プール・海・水遊び