子連れでおでかけ

子連れでハワイ ショッピング編

2010年11月19日
【ハワイ旅行:リンク】
準備編 飛行機編 ホテル編 食事編 ショッピング編 観光編 まとめ編

 

ハワイといったらショッピングですね。
夜遅くまで営業しているところが多く十分楽しめます。 円高でお買い得でした。
交通手段は、各旅行会社が運行しているバスに乗っていくのが一般的だそうです。
レンタカーを借りる方もいるようですが、駐車場が豊富にあるところとそうではないところがありました。 

hawai5-1.JPG

◆ ワイキキ

○ DFSギャラリア・ワイキキ

ハワイ唯一の免税店です。
税金が加算されないのがうれしいです。 
子どもの向けの物やお菓子などはあまりありませんでしたが、大人は思わず立ち寄ってしまう場所です。
日本語が上手な定員さんにつられてついつい…。
オムツ替えのできるトイレもあり、安心してショッピングを楽しむことができました。

場所 ロイヤルハワイアン通り330
営業時間 9:00~23:00
年中無休

○ ロイヤル・ハワイアン・センター

建物が3棟に分かれていて100店舗以上があります。
リーズナブルな物から高級ブランド品まであり、楽しめます。フードコートもありわが家は何回か通いました。
食事編で紹介した「チーズケーキファクトリー」もあります。
少し前に大規模改修工事が終わったようで、とてもきれいな建物でした。
そこではハワイの雰囲気にぴったりのワンピースを見つけました。
あまりのかわいさに、ついつい親子ペアルック(夫とは無理だけど娘なら)で購入してしまいました。

途中、娘が眠ってしまったのでベビーカーに乗せました。
「これでゆっくり楽しめる」と思ったのですが、エレベーターが少なく探すのに苦労しました。
結局最後には夫がベビーカーを持ち上げてエスカレーターに乗ることに。
エスカレーターがメインなので、ベビーカーを使うときは事前にエレベーターの場所をチェックしておくといいと思います。

場所 カラカウア大通り2164
営業時間10:00~22:00(店舗により異なる)
年中無休

hawai5-2.JPG

◆アラモアナ

○アラモアナショッピングセンター

広い敷地の中には、さまざまな種類のお店があります。
スーパー、フードコート、屋台、専門店、郵便局など買えない物はないといっても過言ではありません。
入るとすぐに、きらきら輝くモビールがたくさんつるされている屋台がありました。
夫が値段交渉をして、15ドルほど値引きしてもらいました。
屋台などでは、交渉次第で少しおまけしてくれることが多いようです。
そんなやりとりも、ショッピングの楽しみのひとつですね。

その後、子供服を買いに。
ハワイは常夏なので夏物しかないのかと思いきや、観光客向けなのか秋、冬向けの物がメインとなっているお店が多くびっくり。
円高で、ちょっぴりお得かもと思いつつ、物色。
日本では「80cm」を着ている娘ですが、サイズを見ると「12~18m」、「1y~2y」と月齢や年齢で表示されています。
体に合わせながら大きさを確かめて、少し大きめくらいの「12m~18m」「1y~2y」を買いました。

hawai5-4.JPG

とっても大きな本屋があり、思わず店内に。
本が大好きな私たち夫婦。
でも、娘が興奮して走り回りゆっくり見ていられません(泣)

絵本売り場で、手頃な絵本を数冊購入。
英語でよく分からないけど色がきれいで見ているだけでウキウキ。
バーゲンブックもたくさん売られていて思わず買ってしまいました。こちらはお子さんのいるおうちへのお土産にもおすすめです。

hawai5-3.JPG

リバティハウス、ニーマン・マーカス、シアーズなどのデパートが4店舗入っていました。
紙おむつ、おしりふき、ベビーフードなど日本製の物があり足りなくなったときには買い足すことができます。
お値段は日本よりもやや高めですが心強いですね。
店内にはエレベーターがあるものの、ショッピングセンターの中心付近、またはデパート内かその近辺である両端寄りと数が少なく、ここでもエスカレーターがメインでした。
娘をベビーカーに乗せていたのですが、エレベーターが遠く階段が近い場所では夫がベビーカーを持ちあげて移動しました。
長時間でなければ、抱っこホルダーで移動したほうが動きやすいかもしれませんね。

住所 アラモアナ大通り1450
営業時間 10:00~21:00(日曜日は10:00~19:00)
年中無休

◆お土産

定番はコナコーヒーやチョコレートですよね。
その他、ハワイの自然をモチーフにしたハワイアンジュエリーやインテリアとして人気のハワイアンキルトもプレゼントに喜ばれそう。
また、ハワイアンブランドのコスメはドラッグストアでリーズナブルに購入できます。
そちらも人気のようです。

ワイキキのビーチの周りには、お店がいっぱい。
屋台形式になっているお店が多く、思わず見入ってしまいます。
どこのお店の店員さんもとても日本語が上手で英語はほとんど使いませんでした。
英語が苦手な私でも苦になりませんでしたよ。
ワイキキ以外には、郊外のアウトレットに行くオプショナルツアーも人気のようです。

ハワイにはこの次、いつ来られるか分からないよねと夫と話しながら、思う存分ショッピングをしました。

子連れで海外旅行