子連れでおでかけ

子育てサークルままびりおん 春のお野菜の会

2013年5月13日

葉物のお野菜をまったく食べてくれない2歳5か月の息子と、離乳食が始まったばかりの0歳7か月の娘。食育に悩んでいたとき、子育てサークル「ままびりおん」主催の、「春のお野菜の会」へのお誘いが。
今のわが家にぴったり!と、さっそく子どもたちと一緒に参加しました。

春のお野菜の会

まずは野菜ソムリエの先生によるお話。
和食、洋食、朝食、夕食の各メニューに出てくる食べ物がどんな役割をしてくれるのか説明してくださいました。
4つの色を使いながらクイズ形式で説明してくれたので、子どもたちも大盛り上がりで答えていましたよ。

春のお野菜の会

そして浜松の野菜のおはなし。
浜松の農業環境のこと、特産物のこと、地元産のお野菜がよい理由など、ますます浜松のことを好きになれるお話がたくさん聞けました。
途中、篠原産の新玉ねぎと、最近話題のはるみみかんをみんなで試食。

はるみみかん

実は玉ねぎのからさが苦手な私、おそるおそる食べてみたのですがとっても甘くてびっくり!
大人がおいしそうに食べているところを見たからか、生野菜なんてほとんど食べない息子もぱくぱく食べていて二度びっくり!
食育で大事なのは、やっぱり大人がお野菜をおいしく食べるところを見せてあげることなのかな、と実感しました。

絵本の読み聞かせ

座学だけでは飽きてしまう子どもたちのために、主催者のご主人がお野菜に関する絵本の読み聞かせもしてくれました。
野菜に関する絵本だったのですが、内容がとてもおもしろくて子どもより大人たちの方が見入ってしまいました。

お勉強が終わったら「ファーマーズマーケット白脇店」へ移動。

ファーマーズマーケット白脇店

店長さんから直々にお店の特徴などを説明してもらいました。
そのあとは店内に移動し、どんな野菜が並べられているか実際に見学。

ファーマーズマーケット白脇店

事前に配られたビンゴ形式の紙を見ながら、グループに分かれて子どもたちと一緒に旬のお野菜を探します。
普段だったら見るだけで通りすぎてしまうような珍しい野菜もたくさん。
今回は野菜ソムリエの先生方も一緒だったので、調理方法や下処理の仕方などここぞとばかりに質問して野菜を身近に感じることができました。

「ままびりおん」では月に一度、季節に合った内容でサークルが開催されています。
今後の予定として、新緑ピクニック、ハンドベル演奏会、流しそうめん会などがあるようです。
赤ちゃん連れでも参加できるので、自然に触れ合いたいと思っている方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

文/cosmos


子育てサークル ままびりおん
URL https://mamamillion.hamazo.tv/
開催日 毎月1回
開催場所 白脇協働センター(浜松市南区寺脇町241)など

スクール&サークル