子連れでおでかけ

浜松花と緑の祭2009

2009年11月20日

10月18・19日にアクト通り、東ふれあい公園にて行われた「浜松花と緑の祭2009」に行ってきました。
18日はあいにくの雨で、午前中の人手は少なかったものの、午後や19日は多くの人でにぎわっていました。

浜松花と緑の祭2009

アクト通りが花や木のぬくもりにあふれていて、どのブースをのぞいても楽しい企画でいっぱいでした。
中でも子どもたちが喜んだのは、木の板に秋ならではの木の実を自由につける作品作りと、どんぐりの標本作りでした。
作品作りでは子どもたちがどんぐりなどの木の実を「ここはどんぐりの幼稚園です~」などと言いながら、自分なりの作品を作り上げていました。
一緒に作っていた小学生くらいの子は、大きな松ぼっくりをクリスマスツリーに見立てて、まわりに木の実をかざったり、どんぐりと実の殻を使って、ウサギなどの動物を作ったりしていました。

浜松花と緑の祭2009

同じ木の実を使っても、人それぞれ個性ある作品ができ、それをお互い見比べてみたりと、とても楽しかったです。
また標本作りでは、「どんぐり」といっても色々な種類があることを、実際の実を見て手にとって確認しながら作り上げていくので、子どもももちろんですが私の勉強にもなりました。
出来上がった作品はリビングに置いてありますが、公園に行った時にどんぐりを拾ってきて「これはコナラだね」などと言いながら楽しんでいます。
そのほかにもステージでは様々なイベントが行われていたり、木の作品や花を后w)€ヨ入できる所や、フラワーアレンジメント体験コーナーなどもあり、とても楽しかったです。
帰る頃には、作った作品が手に持ちきれないほどになりました。

また来年も、秋を楽しみに出かけてみたいなぁと思いました。
秋は各地でイベントが盛りだくさんですね。
皆さんもイベント情報をチェックして家族で出掛けてみられてはいかがでしょうか。

文/みるるん

会場 アクト通りおよび東ふれあい公園
開催日 2009年10月17・18日(土・日) 雨天決行
料金 入場無料
主催 浜松市

イベント(秋)