子連れでおでかけ

浜名湖花フェスタ2018に行こう!~春休みガーデンパーク編~

2018年3月26日

今年で4回目となる「浜名湖花フェスタ2018」が、6月10日まで開催しています。はままつフラワーパークと浜名湖ガーデンパークを中心に、浜名湖周辺の花のリレーが楽しめるイベントです。時間がたっぷりある春休み、子どもたちと花フェスタ会場めぐりをしようと計画しました。まずはメイン会場のひとつでもある浜名湖ガーデンパークにレッツゴー!

お花満喫ポイント【1】 開花状況を事前にチェック!

開花情報

公式サイトや園内の入り口付近の掲示板には、今楽しめる花の情報が出ています。気温や天候によっても大きく変わってくるため、お目当ての花があるなら事前チェックは重要! 管理棟にいる職員さんも見ごろの花を教えてくれます。チューリップやソメイヨシノにはまだ少し早いこの時期でも、菜の花やアカシアなど早春の花々が開花を迎えているようです。

お花満喫ポイント【2】 マップを活用してルートや目的地を決める

マップ

広い園内、子ども連れだとすべて見て回るのは難しいですね。無料で気軽に立ち寄れるガーデンパークなら、春休み中何回か来てもOK!と思い、マップを頼りに今見ごろの菜の花を目的地にしてみました。

菜の花
 
結局たくさん寄り道もしつつでしたが、お目当ての菜の花畑に到着! 黄色のじゅうたんが眩しいくらいです。

お花満喫ポイント【3】 プレートで木や花の名前を確認

プレート

途中の中央芝生広場で「開花し始めたソメイヨシノ?」と思ったら、似た花をつける「ベニバスモモ」という木でした。プレートには簡単な説明もあるのでうれしいですね。職員さんに聞いてみたら、一昨日まで満開だったのに前日の強風で半分以上の花が飛ばされてしまったそう。風が強い遠州地域のあるあるかな? それでも子どもは広場をかけめぐって楽しそうです(笑)

広場

菜の花畑に向かう道中も、カラフルな花々を楽しむことができました。きれいに咲いている花は、子どもと一緒にプレートをチェック。開花情報にあった植物を見つけるとちょっとうれしくなります。

花1 花2 花3

最後はお決まりのこども広場でひと遊び!

こども広場
 
4月はネモフィラ、5月はバラとまだまだこれからがシーズン本番のガーデンパーク。いつもは気ままに散策していましたが、少し下調べをして見ごろの花を目的地にするのが達成感もあっておすすめです!

■浜名湖花フェスタ2018
【期間】2018年3月21日(水)~6月10日(日)
【メイン会場】はままつフラワーパーク、浜名湖ガーデンパーク
【URL】 http://hamamatsu-daisuki.net/flowerfesta2018/

文/makiko

浜名湖ガーデンパーク

住所 浜松市西区村櫛町5475-1
電話 053-488-1500
開園時間 8:30~17:00、夏季(7・8月)は8:30~18:00
休園日 年末年始(12/29~1/3)
入園料 無料
子連れに便利な設備 トイレにおむつ替えシート、授乳室(体験学習館内)、ベビーカー貸し出し(無料)、ファミリー自転車貸し出し(1時間900円)
駐車場 有(無料 約1,800台)
URL https://www.hamanako-gardenpark.jp/

※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

お花見・紅葉情報