子連れでおでかけ

子どもと一緒に楽しめる浜松市&周辺地域の施設・公園・イベントなどを、取材ママ・パパ特派員がレポートします。

  • ☆2018初夏☆雨の日はココで遊ぼ!~ゆったり過ごせる施設編~

    2018年6月6日

    雨の季節がやってきました。家でじっとしていられない子どもたちを前に「さて、どこに行こう…」と頭を悩ませてしまいますね。取材スタッフのレポートの中から、室内でのんびりと過ごせるスポットをまとめました。新しい遊び場所が発見できたら「雨ふりもそんなに悪くないね」と思えるかもしれませんよ。

    子育て支援ひろばに行ってみよう♪

    なごみcircus

    就学前の親子が気軽に集うことができる子育て支援ひろばは、雨の日のつよ~い味方! 普段利用しないひろばに行けば、新しいおもちゃに子どももよろこびそうです。遊んでいる子の月齢が近いので、気の合うお友だちができるかもしれませんね。カフェ併設のひろばなら、ランチタイムをはさんで1日遊べます♪

    ◎「子育てひろば・支援センター」レポート

    ◎子育て支援ひろば今月のチラシ

    ながぐつ2(〇) 取材ママのレポート「赤ちゃんとお出かけ なごみcircus」

    図書館のおはなし会に行こう♪

    読み聞かせ

    各図書館にある「おはなしの部屋」などで、読み聞かせボランティアさんが子どもたちにお勧めの絵本を読み聞かせしてくれます。手遊びやわらべうたなどを交えて、絵本のよさを引き出してくれる読み聞かせに子どもたちは夢中。家で読んであげる時の参考にもなります。

    ◎市内全館紹介!「子連れで図書館」のススメ

    ◎「ブックスタートで初めての1冊に出会う」

    ながぐつ2(〇) 取材ママのレポート「城北図書館でおはなし会」

    商業施設のキッズスペースを利用しよう♪

    チャイルドランド

    かさ1(〇) 遠鉄百貨店 チャイルドランド

    ゆっくり時間を取って遊ばせたい、百貨店内の広々としたキッズスペースです。立体駐車場が隣接しているから、雨に濡れないのがうれしい! 窓からは駅前を行きかうバスが見下ろせるので、乗り物好きな子にもおすすめです。

    ◎取材ママのレポート

    nicoe

    かさ2(〇) nicoeプレイグラウンド802

    nicoeのプレイスペースには、木のおもちゃや光や音を楽しめるコーナーなど子どもの興味をひくものがいっぱい。絵本コーナーも充実しています! 広い館内はベビーカーでも楽々。できたてのスイーツが食べられるのもうれしいですね♪

     ◎取材ママのレポート

     

    子どもと音楽イベントを楽しもう♪

    教会コンサート

    「音楽のまち」と言われる浜松では、親子で楽しめるコンサートもたくさん開催されています。子どもが聞きなれている曲を演奏するものや本格的なクラシックを聴くことができるものなど、規模やジャンルもさまざま。イベント情報をチェックすれば、楽しい催しが見つかるかもしれません。生の音楽を聴く機会は、子どもにとっても特別な経験になりそうです。

    ◎ぴっぴのイベントカレンダー

     

    ながぐつ1(〇) 取材ママのレポート「教会で子どもとたのしむクラシック」

    ながぐつ2(〇) パパ特派員のレポート「ゆるやかコンサート」

    ながぐつ3(〇) 取材ママのレポート「アザレア・ママズ・アンサンブル ファミリーコンサート」

    *近日中に「アクティブに遊べる施設編」も公開予定です。お楽しみに!

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 教会で子どもとたのしむクラシック

    2018年6月4日

    「子どもには本物の音楽を聞いて感性を磨いてほしい」 と考えている私。教会で子どものためのコンサートがあると知り、2歳7か月の長女と0歳11か月の次女を連れ行ってきました。

    私たちが訪れたのは遠州栄光教会です。住吉聖隷パーキングビルの北隣にあります。このコンサートは30年ほど前から「地域の人によい音楽を聴いてもらいたい」と開催されています。

    会場の様子

    会場の礼拝堂は約300人収容で決して広くはないですが、その分ステージと客席がとても近く感じました。今回はヴァイオリンとピアノの約1時間のコンサートでした。『おんがくは森の中で』というテーマで鳥のさえずるような音、風の音、葉っぱのゆれる音を音楽の中に感じました。礼拝堂が吹き抜けになっていたせいか、音がよく響いて心地よかったです。

    長女の様子

    長女は間近で聴く美しい音色に聴き入っていました。教会内にはベビーベッドやキッズルームがあり、コンサート中に子どもがグズってしまったときも安心です。

    コンサートのちらし

    コンサートは年に8~10回開かれるそうです。皆さんも出かけてみてはいかがでしょうか。

    ■子どもとたのしむクラシック
    【日時】 2018年4月27日(金)16:00~(コンサートは1時間ほど)
    【主催】 教会コンサート委員会
    【後援】 浜松市、FMハロー!
    【会場】 日本キリスト教団遠州栄光教会 住吉礼拝堂
    【住所】 浜松市中区住吉 2-35-14
    【入場料】 1,000円(1家族・何名でも)
    【駐車場】 有(建物西側に約3台。超えた場合には隣の聖隷パーキングを利用) 
    【設備】 ベビーベッド・キッズルーム有
    【URL】 教会コンサートのHP https://ja-jp.facebook.com/sumiyoshichurchconcert/

    文/おおそれ

    イベント(通年・不定期)
  • キシル浜松店

    2018年6月3日

    来年の春、小学校に入学する長男がランドセルに興味を持ち始めたようなので、工房系ランドセルで人気の「土屋鞄」を取り扱っている「キシル」を訪れてみました。

    外観

    佐鳴湖のほとりにあり、豊かな緑に囲まれて建つ店舗はまるで森にいるような癒しを感じる空間です。

    外観2

    店内にはランドセルが壁一面に飾られています。それを見た長男はテンションが急に上がり、片っ端から背負っていきました。牛革、人工皮革、コードバンなどランドセルに使われる素材はいろいろありますが、キシルではこちらの要望を聞きながらていねいにそれぞれの特徴を教えてくれたので、とてもよく分かりました。

    ランドセル

    すでに受付終了しているモデルもあるので、ランドセル購入を考えている方は、早めに来店して見てみるといいと思います。

    ところで、キシルは子ども家具の専門店。天竜ひのきをはじめ国産の木材のみを使用し、職人がていねいに作った学習机やシェルフが並んでいます。

    学習机

    また、木製文具やおもちゃもあり、2歳の次男はそちらに興味津々。積み木などかわいいおもちゃは赤ちゃんへのギフトにもよさそうです。

    おもちゃ

    7月以降は「しずくのペンダント」など、木を使った「ものづくり」が体験できる予約制のワークショップを毎月開催するそうなので、次回はこうしたイベントにも参加してみたいです。

    文/hoseco

    キシル浜松店

    住所 浜松市中区佐鳴台5-30-21
    電話 053-415-8187
    営業時間 10:00~18:00
    定休日 火、水曜日(臨時・年末年始休み有)
    駐車場 有 (7台)
    URL www.xyl.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • 染地台野鳥公園

    2018年6月1日

    GWはピクニック日和で子どもたち(4歳、0歳)と一緒に染地台野鳥公園に行ってきました。公園に着くなり長男は一目散に遊具に向かいました。

    複合遊具

    ここの遊具はコンパクトですが複数のすべり台があり、すべり台好きの長男は大満足。ほかにもクライミングができる壁やネットもあり、小学生ぐらいの子どもが楽しそうに挑戦していました。

    遊具や広場でボール遊びをしているうちに、気づけばお昼の時間。長男のリクエストで買ってきたパンを公園で食べることにしました。

    広場

    日差しが強い時間帯でしたが、あずまやにあるベンチに座って食べることができたので、とても快適でした! 遊具付近にはテーブルとベンチもいくつかあり、広場でレジャーシートを広げることもできるので、ピクニックを兼ねて出かけるのもおすすめです。

    あずまや

    公園には自然観察ができるビオトープもあり、昼食の後に散策に行きました。遊具エリア奥の小道を進むと、水辺に草木が生え住宅街の中の公園であることを忘れそうな空間が広がっていました。

    自然観察

    長男は動植物が大好きで、興味の幅も広がってきたため四季を楽しみにまた訪れたいと思います。

    文/hiromiko

    染地台野鳥公園

    住所 浜松市浜北区染地台一丁目32
    電話 053-473-1829(公園管理事務所)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有(オムツ替え台 有)
    駐車場
    URL 染地台野鳥公園

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 佐鳴湖1周ウォーキング

    2018年5月30日

    よく晴れた風のない日、小学2年生の息子を連れて佐鳴湖1周ウォーキングをしました。

    佐鳴湖1周

    途中、何度か休憩しながら歩き、かかった時間は2時間弱。親子ともども、いい運動になりました。

    休憩

    今回は漕艇場がある駐車場から、水筒・タオルを持ってウォーキング開始。1周約6kmの佐鳴湖公園には、さまざまな草木が植えられていて、四季折々いろいろな花を楽しむことができます。新緑がまぶしい木々の間に、ひときわ目をひいたのは、ツツジの花。息子が「わぁ、きれいだねぇ!」と歓声をあげました。

    ツツジ満開

    もみじの木の枝が垂れ下がっているのを見つけると「見て! 葉っぱのカーテンみたいだよ」など楽しいおしゃべりをしながら、自然を満喫して歩きました。

    モミジの葉

    広い佐鳴湖公園には、見どころがいっぱいです。お天気がいい日には、お弁当を持っておでかけするのもいいですね。

    文/お茶子

    佐鳴湖公園北岸管理棟

    住所 浜松市中区富塚町5147-4
    電話 053-476-0210
    駐車場 有・無料 (佐鳴湖漕艇場駐車場40台)
    URL https://www.entetsuassist-dms.com/sanaru-park/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • アクティ森で「手ぶらでバーベキュー」

    2018年5月27日

    新緑の季節になり、バーベキューをしたいなあと思い、以前から気になっていたアクティ森の「手ぶらでBBQ」を予約し、行ってきました。参加メンバーは、妹家族も合わせて大人4名子ども4名(6か月から8歳)です。

    体験センター
     
    体験センターで受付すると係りの方が必要な用具、食材、食器を持って広場まで案内し、点火までしてくれました。

    材料と道具

    鉄板が温まるとBBQ開始。心地よい5月の風が吹く中、快適にアウトドアランチを楽しみました。

    バーベキュー

    わが子たちはひとまずお腹が満たされると、付近で虫探しを開始。カメノコテントウ、シロスジカミキリなど、普段なかなか近所で見られない昆虫を見つけては大喜びです。
     
    妹家族は子どもが生まれて初めてのBBQを楽しんでいました。授乳したい旨をスタッフの方に伝えると親切に対応してもらえたそうです。オムツ替え台などの設備も整っているので、赤ちゃん連れ家族も快適にBBQができそうです。

    屋根のある施設
     
    大雨、強風の場合は中止だそうですが、広場は屋根付きなので、小雨決行は可能です。

    全景

    雨が降ってもアクティ森にはレストランや屋内キッズルームもあり、BBQ以外にもいろいろな体験ができます。まずは予約を取ってみませんか?
     
    ■手ぶらでバーベキュー
    【体験料金】 1人2,600円~(4名以上で予約可能)
    【受付時間】 11:00~16:00の間で3時間程度
    ※5日前までに電話または、FAXにて予約

    文/ジュン

    アクティ森

    住所 周智郡森町問詰1115-1
    電話 0538-85-0115
    営業時間 9:00~17:30(12月~2月は17:00まで)
    定休日 水曜日(祝日、春、夏休みは営業) 年末年始(12月27日~1月1日)
    子連れに便利な設備 オムツ替え台つき多目的トイレ有、授乳スペース有(スタッフに問い合わせ)
    駐車場 有 無料(普通車200台、大型バス5台)
    URL http://actymori.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    アウトドア・キャンプ
  • ふじのくに茶の都ミュージアム

    2018年5月26日

    5月は新緑の季節、新茶シーズンでもありますね。わが家は子どもたちを含め、家族みんなお茶が大好きなので、今年3月にオープンした「ふじのくに茶の都ミュージアム」に行ってきました。

    外観

    GWに訪れたため、朝10時に到着した時点で一般駐車場はすでに満車。800m離れた臨時駐車場を利用しました。施設は博物館、商業館、茶室・日本庭園の3つにわかれています。

    まずはお目当ての「茶道体験」に向かいました。茶室の入口でチケットを購入し、室内を見学して順番を待ちます。小学6年生の息子は抹茶が大好きで茶道の経験もありますが、2年生の娘はちょっと苦手。それでも「飲むのは苦いけど体験はやってみたい」というので家族4人で参加しました。

    茶道体験

    最初に係の人から道具やお茶のたて方、飲み方の説明があります。「さあ、お茶をたててみましょう! ふんわりとした泡ができるかな?」このときばかりは子どもたちの表情も真剣そのものでした(笑)。

    カフェレストランで昼食を食べ、午後は博物館を見学。順路に沿って進むと「富士山展望ホール」があります。「わぁ、富士山だ!」と子どもたちも大喜び。

    富士山展望ホール

    3階は紅茶やウーロン茶など「世界のお茶」の紹介、2階は緑茶の製造工程など「日本のお茶」について学ぶことができます。見る展示だけでなく、茶葉に触れたり、においをかいだりできるので、子どもたちは一つずつ手にとって観察していました。

    博物館

    この日は「新茶フェア」のイベントで「茶摘み体験」をやっていたのでそちらにも参加。子どもたちは初めての経験に夢中で茶摘みをしていました。

    茶摘み体験

    家に帰りミュージアムショップで買った新茶をいれると、娘は「いつものお茶より甘くて飲みやすい!」と喜んでいました。一面に広がる茶畑の風景を見るだけでも癒されます。子どもと一緒にお茶に触れる一日を楽しんでみませんか。

    ■新茶フェア
    2018年4月28日(土)~6月10日(日)
    *日によって開催されるイベントが異なるため、詳細はHPを確認

    文/こにゃんこ

    ふじのくに茶の都ミュージアム

    住所 島田市金谷富士見町3053-2
    電話 0547-46-5588
    開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで) 茶室は9:30~16:00(入館は15:30まで)
    定館日 毎週火曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)、年末年始
    料金 常設展・茶室観覧料 一般(15歳以上)300円、大学生以下の学生・70歳以上無料(年齢の
    わかる証明書が必要)
    ・茶道体験500円(お茶の飲みくらべなど体験コーナーは内容により料金は異なる)
    駐車場 有・無料(一般駐車場80台、臨時駐車場も有)
    アクセス方法 車:東名高速道路 相良牧之原ICより北へ約10分
    電車:JR金谷駅からバスまたはタクシーで約5分、徒歩:約20分
    URL https://tea-museum.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 出かけて集める図書館5マスBINGO!

    2018年5月25日

    4/23~5/12は「こどもの読書週間」です。その読書週間にちなんだイベントが市内の図書館5館合同で行われています。参加しているのは南、東、北、南陽、舞阪の5館で、イベント名は「出かけて集める図書館5マスBINGO!」です。

    ビンゴ掲示

    期間中、各図書館にスタンプが用意されています。全館行かなくても、スタンプ5つでしおりはもらえますが、全館でスタンプをもらうと特別なしおりをもらえます! わが家の最寄りの南図書館で台紙をもらい、4歳と2歳の子どもを連れて図書館巡りに行ってきました。

    ビンゴ案内

    舞阪など普段行かない遠方の図書館ですが、各図書館それぞれの特色があり、本に親しんでもらうためにいろいろ工夫されていることを感じました。子どもたちは東、南陽図書館にあった読書専用の斜めになった机が珍しかったようで、イスに座り楽しそうに絵本をめくっていました。

    カード

    子どもたちは5つのスタンプをもらい、無事にしおりをゲットできました! このイベントは5/31まで行われています。こうしたイベントを機に皆さんも図書館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

    ■出かけて集める図書館5マスBINGO!
    【開催期間】 2018年4月15日(日)~5月31日(木)
    【実施図書館】 南、東、北、南陽、舞阪
    【対象】 小学生以下
    【問い合わせ】 053-592-7000(舞阪図書館)
    【URL】 https://www.lib-city-hamamatsu.jp/ (浜松市立図書館HP)

    文/むう

    図書館
  • こども館体験記「さくらむすび」

    2018年5月24日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    心踊るGW、こども館で「さくらむすび」を作るイベントがあると聞き訪れてみました。この日は浜松まつり開催期間中ということもあり、祭装束で遊んでいる子もちらほら見かけ、普段とは少し違う雰囲気です。イベントは11時からだったので、少し遊んでお腹を空かせてから会場の「おやつ工房」に行きました。

    さくらむすび1

    「さくらむすび」とは、さくらご飯で作ったおむすびで、地域の小学校給食でも登場する遠州地方の伝統的な料理です。しょう油と酒などを加えて炊いたご飯は芳しい香りで食欲をそそります。

    受付で5歳長男、2歳次男、私と3人分の料金300円を支払い、おむすびを作る説明を受けます。手をしっかりと洗い、自分の食べたい分だけさくらご飯をお茶碗によそいます。

    さくらむすび2

    炊飯器の中は熱いので小さな子は注意が必要ですが、次男でも上手にご飯をよそうことができ、ホッとしました。

    さくらむすび3

    「にぎり」の工程では、にぎりやすいように手に少しだけ水をつけ、ご飯をうちわであおぎつつ、おむすびの形ににぎっていきます。おむすびをにぎるのは初めての長男。

    さくらむすび4

    最初はご飯が熱くてなかなか持てませんでしたが、なんとかボールの形ににぎることができました。にぎるのがむずかしい小さな子にはボランティアの方がやさしく手伝ってくれるので安心です。

    さくらむすび5

    おかげで次男も小さなおむすびをにぎることができました。おむすびに海苔を巻き、ラップで包めばできあがり! 使った食器を洗い、イベントは終了です。

    さくらむすび6

    さくらむすび7

    おむすびは、「おやつ工房」の目の前にある飲食スペースですぐに食べることができます。わが家の子どもたちも、自分でにぎったほかほかのおむすびをペロリとたいらげ、満足げでした。

    さくらむすび8

    おむすびをにぎるところから片付けまで、親は手伝わずにできるだけ子どもたち自身で行いました。家ではいつも私が片付けをやっていたので、子どもたちにもよい経験になったと思います。所要時間は15分ほどで子どもたちも飽きることなく体験できたので、参加してよかったなぁと思いました。

    文/hoseco

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • ばらの都苑 研究畑

    2018年5月23日

    毎年5月になると、母と私と娘の親子3代で「ばらの都苑」に訪れるのがわが家の恒例です。今年は開花が早めで、私たちが訪れた日はちょうど見頃を迎える頃で、今がまさに満開の時期です。

    バラのアーチ

    民家の中にある「ばらの都苑」は無料で開放されているオープンガーデン。併設の駐車場から向かうと、バラのアーチが出迎えてくれます。

    アーチを抜けると、赤・白・黄色・桃色など色とりどりのバラがあたり一面に咲き誇り、華やかなバラの香りに包まれます。

    色とりどりのバラ

    「恩(めぐみ)の城」や五重塔などの大型立体造形や鐘などもあり、3歳の娘もバラを見ながら探検していました。

    バラのお城

    鐘

    娘のお気に入りは、バラのトンネルです。桃色のバラのトンネルは、おとぎの国の入口のようです。

    トンネル

    3月末~4月は花桃。5月上旬~下旬はバラ。6月はユリが楽しめるそうです。みなさんも四季折々の花の香りに包まれに、訪れてみませんか?

    文/ショコラ

    ばらの都苑 研究畑

    住所 浜松市中区花川町1288
    料金 無料
    子連れに便利な設備 トイレ(洋式)有・休憩場所有
    駐車場 有 苑の近くと入り口前 合計約30台
    アクセス方法 東名高速道路 浜松西ICから県道65号線を北上 車で約10分

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お花見・紅葉情報
  • ◎2018初夏◎ホタルを見にいこう!

    2018年5月23日

    夏の始まり。しんとした空気の中、ホタルの光が漂う景色は大切にしたい日本の原風景のひとつです。豊かな水ときれいな空気のある場所に生息すると言われているホタルは、環境の変化によりその数が減りつつあります。自然豊かな場所でその大切さを子どもたちに伝えながら、ホタルを鑑賞してみてはいかがでしょうか? 浜松市内やその近郊でホタルが見られる場所をご紹介します。

    ホタルと川 

    ●(あじさい) 浜名湖の神秘 蛍鑑賞ガイドツアー ~気軽に行ける場所で見られるのがうれしい~

    【日時】5月19日(土)~6月17日(日)19:30~20:15 *要予約
    【出発時間】19:30、20:15
    【場所】はままつフラワーパーク 浜名湖ゲート・動物園口集合
    【料金】大人800円 小中学生400円 駐車料金200円
    【問合せ】NPO法人 浜名湖観光地域づくり協議会 TEL053-487-0152

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● (あじさい) はままつフルーツパーク時之栖 ほたるの夕べ ~天然ホタルの舞いがうつくしい~

    【開催日】5月26日(土)~27日(日)、6月1日(金)~3日(日)、9日(土)~10日(日)
    【開催時間】19:30~20:30 (閉園時間は21:00) *都田川増水の場合は中止
    【料金】無料(18:00以降の入園は無料)
    【場所】西エリア サッカー場北側 都田川河原
    【問合せ】はままつフルーツパーク時之栖 TEL:053-428-5211

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ● (星) くんまほたるの里 ホタル観賞 ~自然豊かなほたるの里で風流なひとときを~

    【観賞期間】6月3日(日)~24日(日)
    【時間】19:30~21:00頃

    ■ホタル学校
    ホタルの生態や保全活動についての説明をします。
    【日時】6月9日(土)
    【環境保全協力金】中学生以上200円、小学生100円
    【駐車場】50台有(無料)
    【問合せ】夢未来くんま TEL:053-929-0636

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(あじさい) 静岡県立森林公園 ~公園内の小川で育ったホタルが観察できる~

    【鑑賞期間】6月上旬~下旬 *夜は外灯が少ないので注意が必要。

    ■ホタルウォッチング×ナイトウォーキング
    【日時】6月8日(金)、9日(土) 18:00~21:00 *締切済みのため定員を要確認
    【料金】1人500円
    【駐車場】有(無料)
    【問合せ】静岡県立森林公園ビジターセンター バードピア浜北 TEL:053-583-0443

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● (あじさい) 浜松市北区引佐町 的場四方浄公民館付近 ~県下有数のホタルの生息地~

    【観賞期間】5月下旬~6月中旬

    ■ほたる 愛に恋いFinal 6月2日(土) 17:30~ 雨天中止

    地域のおいしいものと一緒にホタル舞ううつくしい里山を堪能しよう
    【会場】引佐運動広場(浜松市北区引佐町東黒田847-1)
    *ホタル観賞会場までは19:00~随時シャトルバスが運行(無料)
    【問合せ】ほたるの会 TEL:053-528-3500(13:00~15:00)

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● (星) 藤ノ瀬ホタル公園(天竜区春野町) ~ホタル観賞とともに夜店・バザーも楽しめる~

    【鑑賞期間】5月下旬~6月下旬頃
    【場所】藤ノ瀬ホタル公園(天竜区春野町気田964)

    ■第21回春野気田ホタル祭り
    【日時】5月26日(土)17:00~21:00
    【問合せ】天竜区観光協会春野支部 TEL:053-983-0001
    【URL】http://haruno-kanko.net/

    ● (あじさい) おちばの里親水公園 ~自然に囲まれた公園で川のせせらぎを聞きながら~

    ■2018 ホタル観察会
    【日時】6月9日(土)、6月16日(土)19:30~ ※雨天の場合は翌日に順延
    【料金】無料 当日、おちばの里親水公園にお集まりください。
    【問合せ】湖西フロンティア倶楽部 TEL:090-1291-3210

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(あじさい) 法多山(袋井市) ~イベント盛りだくさんな初夏の風物詩~

    【観賞期間】5月下旬~6月上旬

    ■ホタルまつり
    【日時】5月26日(土)~27日(日)、6月2(土)~3日(日)
    18:00~21:00(ホタルは19:00過ぎから) *雨天中止の場合あり
    【場所】ホタル観賞公園 だんごや広場前
    【だんご屋前広場イベント情報】各日18:00~21:00
    ・だんごの無料接待
    ・ホタルの学校
    ・屋台グルメ
    ・昔なつかし縁日ゲーム
    【問合せ】法多山尊永寺 TEL:0538-43-3601

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ● (あじさい) 大日ほたるの里(袋井市) ~緑豊かな森町との境で楽しむホタルの舞~

    【観賞期間】5月下旬~6月上旬頃
    【場所】宇刈川周辺(袋井市宇刈2570「香勝院」近く)
    【見ごろ】19:30~21:00
    【駐車場】大日公会堂、宇刈里山公園の駐車場
    数に限りがありますので、できるだけ乗り合わせでお出かけください。
    【問合せ】袋井市観光協会 TEL:0538-43-1006

    ● (星) 上垂木ホタルの里 ~地域で守るホタルのいる風景~

    【鑑賞期間】5月19日(土)~6月3日(日)
    【場所】坂下公会堂(掛川市上垂木2549)

    ■ホタル学習会
    【日時】5月27日(日) 19:00~20:00 *要予約
    【対象】小学生(保護者同伴)
    【申込先】上垂木ホタルを守る会 0537-26-0887(松下)
    【問合せ】掛川市観光協会 0537-21-1121

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(あじさい) 西富田地区(菊川市) ~茶畑広がる山間の沢に生息するゲンジボタル~

    【観賞期間】6月3日(日)~9日(土)
    【場所】西富田すみが谷
    ■富田ホタルをみる会
    【日時】6月9日(土) 18:30~  雨天の場合は翌日10日(日)
    【アクセス】西富田公民館(菊川市西富田1368-1)から約1km
    【問合せ】菊川氏商工観光課 TEL:0537-35-0936、0537-35-0937

    ● (あじさい) 大原公園(御前崎市) ~公園内のビオトープでゆっくり観賞~

    【観賞期間】5月下旬~6月中旬
    【場所】御前崎市白羽4050-28
    *地元のホタル飼育指導員が8か月かけて飼育し、約300匹程を放流。開催期間には、指導員による説明もあります。
    【問合せ】白羽公民館 TEL:0548-63-3690

    <ホタル観賞のマナー・注意>

    • 地元の方が水辺の環境を大切に保全し放している所もあります。生息エリアを汚さないよう注意しましょう。
    • 近隣の方々の迷惑にならないよう、大きな音や物音をたてないようにしましょう。
    • ホタルの寿命は短いので、むやみに捕まえることのないようにしましょう。
    • ホタルは強い光を嫌うので、車のヘッドライト・懐中電灯やカメラのフラッシュは控えましょう。

    *観察会は天気によって中止や順延もあるため、問合せをしてからのおでかけをおすすめします。

    イベント(夏)
  • アクティ森でかしわ餅作り

    2018年5月22日

    子孫繁栄の縁起をかついだものとされるかしわ餅。わが家は端午の節句の頃になると毎年お店で買っていました。しかし、アクティ森のGWイベントで「かしわ餅作り」があると知り、「今年は手作りにチャレンジ!」と思い、子どもたち(8歳長男、6歳長女、4歳次男)といっしょに参加してきました。

    マップ

    1枠につき3個のかしわ餅を作ることができ、何人で作ってもいいとのことでしたが、わが家は子どもひとりにつき1枠で合計3枠の予約をしました。

    調理台にはまるめた生地、あんこ、かしわの葉が用意されています。

    あんを入れる

    スタッフから説明を聞き、いざかしわ餅作りを開始! あんこ、生地を三等分し、成形していきます。

    たくさん作る

    生地を均一に伸ばす作業が難しかったですが、「あじさいグループ(地元のお母さんたちのグループ)」のアドバイスを受けつつ、1時間ほどで完成させることができました。
     
    子どもたちは、蒸したてアツアツのかしわ餅を「おいしいね」と喜んで食べました。残りはGW中も家族のために仕事をがんばっているパパへのお土産として持ち帰りました。

    お土産に

    端午の節句の家族の思い出がまたひとつ増えたな、と思いました。
     
    ■かしわ餅作り
    【開始時間】 10:30~、13:00~
    【所要時間】 約1時間
    【料金】 1枠700円(1枠でかしわ餅3個)
    【人数】 各回 30枠

    文/ジュン

    アクティ森

    住所 周智郡森町問詰1115-1
    電話 0538-85-0115
    営業時間 9:00~17:30(12月~2月は17:00まで)
    定休日 水曜日(祝日、春、夏休みは営業) 年末年始(12月27日~1月1日)
    子連れに便利な設備 オムツ替え台つき多目的トイレ有、授乳スペース有(スタッフに問い合わせ)
    駐車場 有 無料(普通車200台、大型バス5台)
    URL http://actymori.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(春)
  • フラワパークで親子寄せ植え教室2018

    2018年5月18日

    5歳の息子と、はままつフラワーパークで開催された「寄せ植え教室」に参加してきました。このイベントは毎年GWに開催されており、今年は「父の日に贈る寄せ植え」というテーマで行われました。

    看板

    会場には机とイスが用意され、机には寄せ植えの花と鉢、手シャベルがセットされていました。参加者がそろうと寄せ植えについての説明があり、親子で仲よく寄せ植えのスタートです。説明書もありますし、スタッフの方が「大丈夫かな?」「どうかな?」と声をかけてくれるので、分からないことは気軽に教えてもらえます。

    作業

    息子は初めての土いじりでしたが、慣れない手つきながらもがんばりました。寄せ植えができると、お父さん宛のメッセージをカードに書き、鉢に飾って完成です。完成した寄せ植えと一緒に集合写真や記念写真を撮り、教室は終了となりました。

    集合写真

    この寄せ植えは父の日まで園内で展示され、その後受け取りに行くことになっています。

    チラシ

    今回植えたのは「ジニア プロフュージョン」というかわいらしい花。夏から秋ごろまで咲き続けるそうです。息子もパパも、つぼみがたくさんついた苗が咲きそろうのを今から楽しみにしています。
     
    ■親子寄せ植え教室2018
    【日時】 2018年5月5日 10:00~/11:00~
    【対象】 小学生や園児を含む一組3人以内の親子
    【定員】 先着40組
    【持ち物】 軍手
    【費用】 無料(入園料のみ。子どもの日は中学生以下は入園料無料)
    【申し込み・問い合わせ】 はままつフラワーパーク TEL053-487-0511

    文/みきこ

    イベント(春)
  • 花しょうぶを見に行こう!

    2018年5月16日

    子どもの健やかな成長を願って「こどもの日」のお風呂に入れるしょうぶ。ゴールデンウィークから少し時期を遅らせて、しょうぶと葉がよく似ていることから名前が付けられた「花しょうぶ」が咲き始めます。神社や動物と触れ合える施設に併設されているところもあり、花の見ごろに訪れれば楽しみも2倍♪ 市内や近郊の花しょうぶ園をご紹介します。

    花しょうぶ

    はままつフラワーパーク

    花しょうぶの見ごろは5月下旬。浜名湖花フェスタ開催中の園内では、バラやアジサイも見ることができます。
    【住所】 浜松市館山寺町195
    【問い合わせ】 TEL:053-487-0511
    【URL】 はままつフラワーパーク

    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    佐原園長の「花しょうぶ・アジサイガイド」
    6月3日(日) 13:00~15:00
    集合場所:フラワーパーク正面ゲート付近

    他にもたくさんの花が咲いているから、見ごろやイベント情報をホームページでチェックしてね!

    小國神社 一宮花しょうぶ園

    小國神社の入口横、ことまち横丁と並ぶしょうぶ園。神社を囲む緑の風景と一緒に、色鮮やかな花しょうぶを楽しめます。
    【住所】 周智郡森町一宮3956-1
    【期間】 5月25日(金)~6月18日(月)予定 *花の開花状況により変更あり
    【問い合わせ】 TEL:0538-89-7302
    【URL】 http://www.okunijinja.or.jp/

    神社の境内はとっても広くて緑が気持ちいいよ。ことまち横丁にはおいしいものがいっぱい♪

    加茂荘花鳥園 オリジナル花菖蒲・アジサイ展

    約1haの園場に約1500種100万本が保存・栽培され、6月下旬までさまざまな品種が咲き競います。
    【住所】 掛川市原里110
    【期間】 4月21日(土)~7月1日(日)
    【問い合わせ】 TEL:0537-26-1211
    【URL】 http://kamoltd.co.jp/

    バードショーや鳥との触れ合いイベントもあるよ。小学生以下は入場料無料がうれしい!

    豊橋市賀茂しょうぶ園

    約300種・37,000株の花しょうぶが咲き誇ります。花しょうぶまつりの期間中は21:00までライトアップ。豊橋駅からの臨時直行バスもあり便利です。
    【住所】 豊橋市賀茂町字鎌田
    【期間】 5月下旬から6月中旬
    【問い合わせ】 TEL:0532-51-2430
    【URL】 http://www.city.toyohashi.lg.jp/3961.htm

    ■花しょうぶまつり
    5月26日(土)~6月10日(日) *日没~21:00までライトアップ

    音楽イベントや大道芸のショーもあるよ。二川宿本陣まつりの雅姫・琴姫撮影会では、豪華な着物姿にうっとり☆

    岡崎市東公園花しょうぶ

    6月上旬には菖蒲祭りが開催され、21:00までライトアップされています!入園無料の動物園もあり、幅広い年齢層で1日楽しめます♪
    【住所】 岡崎市欠町字大山田1
    【期間】 5月下旬から6月中旬
    【問い合わせ】
    岡崎市公園緑地課 TEL:0564-23-6399
    東公園管理事務所 TEL:0564-24-0050
    【URL】 http://www.city.okazaki.lg.jp/1550/1567/1638/p005346.html

    ■東公園花菖蒲まつり
    6月1日(金)~6月20日(水) *19:00~21:00までライトアップ(花菖蒲園)
    6月2日(土)、3日(日)の10:00~15:00は、広場にてステージイベントも。

    イベント開催日にはふわふわ遊具や縁日も楽しめるほか、岡崎の有名キャラクターが登場!

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お花見・紅葉情報
  • ユーコープしずおか「新茶の手摘み体験」

    2018年5月14日

    よく晴れた4月の週末、ユーコープ主催の「新茶の手摘み体験」に参加してきました。生まれも育ちも茶どころ静岡県の私ですが、お茶摘みは初体験。お茶好きのばあばも誘って、5歳の息子と袋井市の製茶工場へ出かけました。

    茶畑

    参加者は園児から小学生連れの家族が多く、茶畑は小高い丘にあるので、赤ちゃん連れのお母さんはベビーカーではなく抱っこ紐を使用していました。工場から歩いて茶畑へ移動すると、周りは見渡す限りの新緑。思わず「目がよくなりそうですね」とスタッフさんと笑いました。この体験では希望者は「茶娘」のコスプレもできます。

    茶娘コスプレ

    お茶を手摘みするためのレクチャーを受け、いざスタート。1時間ほど手摘みを楽しんだ後は、工場へ戻りお茶もみ体験。

    荒茶工場

    茶もみ体験

    蒸した新茶を手でもむ作業は、かなり時間がかかります。機械によるオートメーション化が進む中、手もみ作業は貴重な体験です。始めは水分が多くしっとりとしていたお茶が、手もみが進むと次第にさらさらとしてきます。作業中にお茶の香りに癒されたり、手のひらがお茶色に染まったり、珍しい体験を通して息子も私もさらにお茶が好きになりました。自分たちで手もみしたお茶は持ち帰ることができます。

    チラシ

    そのほかにも、茶農家さんによる工場見学、新茶の試飲や試食もあり、とても充実したイベントでした。

     ■ユーコープしずおか「新茶の手摘み体験」
    【開催日時】 2018年4月21日 9:00~13:00/10:00~14:00
    【開催場所】 笠原三栄社製茶出荷農業協同組合
    【子連れに便利な設備】 洋式トイレ 有
    【申込み・問い合わせ先】
    ユーコープしずおか県本部
    電話:0120-71-8107
    URL:http://www.ucoop.or.jp/press/2018/press_25691.html

    文/みきこ

    イベント(春)
  • 磐田市見付地区こいのぼりイベント

    2018年5月11日

    ぴっぴのGW特集を見て、おじいちゃんの家の近くでこいのぼりイベントがあることを知りました。「見に行ってみよう!」ということで、4歳の長女と2歳の次女を連れ家族でこいのぼりを見に行きました。

    こいのぼり1

    見付交流センターから東へ進んだ今之浦川沿い、南に向かって500メートルほどの間に、こいのぼりがずらりと泳いでいます。

    こいのぼり2

    大中小さまざまなサイズで色とりどりのこいのぼりが風に泳ぐ姿はまさに圧巻! 子どもたちは大はしゃぎ。「手が届いたよ!」とこいのぼりを捕まえようとする長女、それを見てきゃっきゃとはしゃぐ次女。こどもの日らしい楽しい時間を過ごすことができました。

    こいのぼり3

    今流美会の寺田さんによると、これらのこいのぼりは地域の方々から寄付されたものだそうです。来年も元気にこいのぼりが泳いでいる姿を見に行こうと思います。

    ■磐田市見付地区こいのぼり
    【期間】 4月15日(日)~5月5日(土・祝)
    【場所】 磐田市見付 今之浦川(中川)
    【駐車場】 無
    【主催】 今之浦川流域を美しくする会(今流美会)、見付宿を考える会
    【問い合わせ】 今之浦川流域を美しくする会(藤田) 090-2188-4091

    文/むう

    イベント(春)
  • 葵が丘公園の桜と遊具

    2018年5月6日

    近ごろわが家でブームのターザンロープのある公園に行こうと思い、春休みに3人の子どもたち(8歳長男、6歳長女、4歳次男)といっしょに葵が丘公園に行ってきました。

    遊具

    公園に着くと、ちょうど桜が見ごろでした! 桜を見ようと来たわけではないのですが、遊歩道沿いの満開の桜並木に目を奪われました。

    桜満開

    桜の木の下で大きなレジャーシートを広げてお花見をしているグループも何組かいました。

    遊具いろいろ

    桜並木に囲まれている築山には長いローラーすべり台があり、わが子たちはお目当てのターザンロープとともにたくさん遊んでご満悦。

    すべり台と桜

    ターザンロープ

    ネットで見つけて初めて来た公園でしたが、子どもたちは葵が丘公園の名前を覚えて、また行きたいと言っています。

    文/ジュン

    葵が丘公園

    住所 浜松市中区高丘東5丁目1
    電話 053-473-1829(公園管理事務所)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有(オムツ替え台 無)
    駐車場
    URL 葵が丘公園

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • 江西児童館

    2018年5月4日

    浜松市には児童館が4か所あります。その中の1つ、江西児童館は長女が11か月のときから通い始め、もう4年も通っています。現在は2歳の次女を連れてよく遊びに行っています。

    入口

    門を通り、左に進むと児童館の入口が見えます。江西児童館には手押し車や砂場セットが用意されていて、天気のいい日は隣接している公園で遊ぶことができます!

    広場

    室内にはいろいろな種類のおもちゃが並んでいます。

    おもちゃの棚

    おままごと用の机とイスには牛乳パックが使われており、手づくりのおもちゃもたくさんあります。

    あそびスペース2

    大きな積み木で遊び始めた次女は並べたり、積んだり、箱に戻してみたり…全身を使って遊び、とても楽しそうでした。

    あそびスペース1

    児童館は地域の0歳から18歳未満の子どもが利用できます。平日午後や土曜日は小学生も訪れるので、小さな子がゆっくり遊ぶならスペース開放もされている平日午前中がおすすめです。

    文/むう

    江西児童館

    住所 浜松市中区春日町41-1
    電話 053-441-2588
    開館時間 9::00~17:00
    休館日 日曜祝日、年末年始、台風・地震などの災害時は休館の場合有
    子連れに便利な設備 トイレに補助便座有
    駐車場 有(隣接する江西会館が休みの月曜日は利用可能、その他の日は空き状況により駐車可)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

     
    こども館・児童館
  • Ryukyu Syokudou 遊び庭

    2018年5月2日

    沖縄料理が楽しめる「遊び庭」へ2歳の娘とランチに行きました。行く前に、電話で座敷席の予約をしました。

    店内

    外観

    娘にとっては初めての沖縄そばなので、店員の方に幼児でも食べられるか確認したところ、「うちは添加物を使っていないので、お子さんでも食べられますよ」と答えてくれました。また、子どもには小量、パパには大盛りなど、サイズの相談にも乗ってもらえます。料理が運ばれてくると、娘は「おいしい! 」とうれしそう。

    沖縄そば

    沖縄民謡のBGMを聴きながら、「旅行に来た気分だね」と家族で話しながら食事ができました。

    店内は広く、ベビーカーのまま入店もできます。座敷席や絵本棚、おむつ替えスペースもあり、赤ちゃん連れも助かります。

    おむつ替えスペース

    洗面台

    こちらの店員の方は浜松で子育て支援にも携わっていたそうです。その経験をもとにしてできたお店なので、子連れでも安心して快適に過ごせます。

    ライブスペース

    毎週土曜日の夜にライブを開いているようなので、そちらは次回のお楽しみにしました。

    文/ゆりね

    Ryukyu Syokudou 遊び庭

    住所 浜松市東区植松町255-7
    電話 053-469-2735
    営業時間 ランチ11:45~14:00 ディナー18:00~22:00(金・土は24:00まで営業)
    定休日 月曜日・火曜日
    子連れに便利な設備 オムツ台、座敷席、幼児用イス・カトラリー有
    駐車場 有(6台)
    URL http://asibi.hamazo.tv

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン
  • ふる里総本家でいちご大福づくり

    2018年4月30日

    おいしい和菓子や洋菓子でおなじみの「菓匠 ふる里総本家」。いちご大福の実演体験会があると聞き、2歳の甥っ子と2歳の長女と行ってきました。

    いちご大福は1つ190円(税別)で希望した数だけ包むことができます。さっそく手を洗って身支度を整え、体験スタート!

    いちご大福を包む

    まずは手にもちとり粉をつけ、お餅の表面を滑らかにするために折りたたみながら形を整えていきます。こちらで使っているのは羽二重餅だそうで、長女は初めての感触に最初はおっかなびっくりでした。でも、だんだんとつきたての温かくて柔らかいお餅の感触をもっちゃもっちゃと楽しむようになりました。餡に包まれたイチゴをお餅で包んでいく作業は、簡単そうに見えるのですが、手早くきれいに包むのは大人の私でも難しかったです。娘もお店の方の手ほどきを受けながら、なんとか完成できました。

    いびつないちご大福たち

    家に帰り、さっそく食べてみました。お店のいちご大福はもちろんおいしいのですが、自分で包んだ大福はまた格別です! 娘も大福を口にするたびに笑顔になっていました。

    ちらし

    私たちが今回訪れたのは半田店ですが、ほかの店舗でも毎年イチゴのおいしい時期に開催されるそうです。また来年も参加したいなと思いました。

    文/おおそれ

    菓匠 ふる里総本家 半田店

    住所 浜松市東区半田山5丁目1-1
    電話 053-432-2030
    営業時間 9:00~19:00
    定休日 なし
    駐車場 有(15台)
    URL http://www.furusato-souhonke.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • 遊びもまつりも♪GW特集(3)街中でまつり気分&歴史散歩

    2018年4月27日

    5月3日~5日、市内各地をにぎわす「浜松まつり」。のんびり雰囲気を楽しみたいなら、アクセスのいい市中心部会場で行われるにぎわいイベントに行ってみましょう! 江戸時代からの長い歴史があるまつりですが、気軽に体験できるのも町民の手から生まれた浜松まつりならではです。街中周辺には「浜松城」や「楽器博物館」など親子で楽しめる名所もあり、まつりと合わせて浜松の魅力を発見することができますよ♪

    「にぎわいイベント」でまつりを体験しよう!

    ソラモイベント

    【5月3日~5日毎日開催イベント】

    ■浜松まつり展示 10:00~17:30
    【場所】ソラモ
    浜松まつりを体感するならここ!なかなか近くで見ることのできない凧や屋台が展示されていて、記念撮影にぴったりです。

    ■静岡新聞号外サービス 10:00~16:00
    【場所】ソラモ
    御殿屋台の前で法被を着て撮った写真を、オリジナルの「号外新聞」として印刷してくれます(なくなり次第終了)。
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ■お囃子・子どもラッパ隊 16:30~17:30
    【場所】ソラモ
    お囃子や子どもラッパ隊など、浜松まつりの「音」を存分に体感できます。

    ■大道芸スペシャル3Days 13:00~17:00
    【場所】ザザシティ中央広場
    人気の大道芸が中央広場に集合します。驚きの技に、子どもたちも大興奮間違いなし♪

    ■アクトでやらまいか 浜松まつり 11:00~20:00 *5日は19:00まで
    【場所】アクトシティサンクンプラザ
    おいしくて楽しい世界の料理が並び、屋外で気軽にランチや軽食が楽しめます。屋台広場では、フラメンコなどのステージパフォーマンスも!
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ■浜松まつり出世道 11:00~18:30
    【場所】アクト通り
    御殿屋台と浜松のユニークなショップが集結した新エリア。飲食や物販でおもてなし。ステージで楽しいショーも。

    ■企画展「浜松凧まつり今昔物語~町名と凧印の由来~」
    【場所】浜松文芸館(中区早馬町2番地の1 クリエート浜松4階・5階)
    【期間】4月24日(火)~7月1日(日)
    凧に描かれた文字や図柄の「凧印」と町名の由来を紹介。実際に使われている風印一覧表など約150点が並びます。

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    【開催日限定イベント】

    ■2018ミス浜松コンテスト(5/3のみ) 13:30~16:00
    【場所】アクトシティ大ホール
    【入場料】1人500円(税込・全席自由)
    ミス浜松の最終選考会。入場者には「一般審査」の投票券と記念品が渡され、お楽しみ抽選会にも参加できます。

    ■浜松まつり音楽フェス2018(5/3のみ) 17:00~18:30
    【場所】鍛治町・広小路通り
    今年からスタートした新イベント。JAZZ、吹奏楽、ダンスなど幅広い音楽でメインの通りを盛り上げます。

    ■日本民謡総おどり(5/4のみ) 10:00~11:30
    【場所】ソラモ
    参加者総勢200名以上で、日本民謡がにぎやかに披露されます。

    ■おはやしと芸能フェスタ(5/4のみ) 13:00~15:30
    【場所】アクトシティ中ホール
    和太鼓の演奏や子どもたちのお囃子やラッパの演奏があります。入場無料で、自由に出入りできるのもうれしいイベントです。
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ■ハーモニカ100曲リレーコンサート(5/5のみ) 10:00~16:30
    【場所】アクトシティ音楽工房ホール
    ハーモニカの一大生産地でもある浜松。リレー方式で行われるこのコンサートでは、懐かしい音色がホールいっぱいに響き渡ります。

    ◎浜松まつり公式ウェブサイト
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/

    「まちなか」の名所を巡ろう!

    浜松城

    浜松城

    徳川家康が、29歳から45歳までを過ごしたことで知られる城です。1、2階には家康の生い立ちや城の歴史を紹介する展示が並び、3階の天守閣からは浜松市内を一望することができます。売店で販売している「家康くん」と「直虎ちゃん」グッズなどのお土産は、観光客だけでなく浜松の子どもたちにも人気!

    ノート
    家康くん・直虎ちゃんノート

    ピコピコ刀
    直虎ちゃんピコピコ刀

    オリジナル鉄砲
    オリジナル木製ゴム鉄砲


    併設された公園内には広々とした芝生広場や日本庭園があり、ピクニック気分でのんびり過ごすにもぴったりの場所です。駐車場管理棟では、遊具(バトミントン、フリスビー、なわとび)の無料貸し出しもあります。4月10日には「スターバックス浜松城公園店」がオープンし、話題になりました。店内には天竜杉や遠州織物がふんだんに使われ、浜松だけの特別な雰囲気を楽しめます。

    ≫ 浜松ワクワク歴史マップWEB版で詳細を見る

    引間城跡(元城町東照宮)

    引間城跡

    浜松城から国道152号線を渡ってすぐに位置する引間城跡は、家康が遠州地方へ進出する際の足がかりにした浜松城前身の城跡です。今は家康を祀った東照宮として「出世神社」とも呼ばれ、パワースポットとなっています。若き日の家康と秀吉をイメージした二公像の間に立てば、将来出世するかも?!

    ≫ 浜松ワクワク歴史マップWEB版で詳細を見る

    アクトタワー

    アクトタワー

    浜松のシンボルとも言える「アクトタワー」は、地上45階建ての商業施設です。「音楽のまち浜松」を意識し、ハーモニカをモチーフにした形が印象的です。最上階に備えられた「展望回廊」からの眺めは、一大パノラマ!お天気がよければ、中田島で揚げられている大凧が見えることも。1階にはトリックアートの写真スポットもあり、親子で楽しい記念撮影ができます。

    ◎トリックアートの様子はこちら⇒取材ママレポート

    浜松市楽器博物館

    楽器博物館

    世界中から集められたさまざまな楽器や資料が並ぶ、国内初の公立楽器博物館です。常設展には1500点もの展示があり、体験ルームではピアノやギター、ラテン楽器のコンガなどを自由に演奏することができます。国産用楽器のエリアでは、ピアノを代表する浜松で発展した楽器はもちろん、日本全体の楽器の歴史がわかります。

    ■ミニ展示 モンゴルの暮らしや文化を知ろう!!
    【期間】2月10日(土)~5月6日(日)
    ◎ミニ展示の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松まつり情報
  • 浜松まつり大凧職人による「よく揚がるベタ凧作り」

    2018年4月26日

    そろそろ待ちに待ったGWですね。娘が3歳になり、浜松まつりに興味をもち始めたので、浜松まつり一色のGWになりそうなわが家です。

    イオンモール浜松市野では、浜松まつりに先駆けていろいろなイベントがあります。お出かけ先に迷ったときに、HPでイベント情報をチェックするといいかもしれません。私たちはイベントのひとつベタ凧作りに3歳の娘と参加しました。

    凧作りイベント

    会場となるシンフォニーコートには、浜松まつりの法被や大凧が飾ってあり、すっかりおまつり気分です。

    イオンの凧

    ベタ凧とは、半紙サイズの凧の通称だそう。娘は用意された油性ペンで白いベタ凧に好きな絵を描きました。

    凧の絵付け

    大空に揚げるため、大きく描くとよく映えるそうです。娘が作ったベタ凧は、近々天竜川の堤防で揚げる予定です。

    完成品

    今回のイベントは、浜松凧の会の方が教えてくれました。普段は浜松まつり会館でベタ凧作りの体験ができるそうです。GW中も浜松まつり会館で凧作りができるようなので、興味を持った方は足を運んでみてはいかがでしょうか。みなさんも自分で作った凧を浜松の空に揚げてみませんか?


    ■浜松まつり大凧職人による「よく揚がるベタ凧作り」
    【日時】 平成30年4月21日(土)・22日(日) 10:00/13:00/15:00
    【整理券】 9:00~1階シンフォニーコートにて、各回の整理券配布
    【参加費】 500円(税込)
    【定員】 各回先着30名(定数になり次第、終了)
    【内容】 ベタ凧にオリジナルのイラストを描いて揚げに行こう
    【会場】 イオンモール市野 1階 シンフォニーコート(浜松市東区天王町字諏訪1981-3)
    【電話】 053-468-1880(代表)
    【URL】 http://www.aeon.jp/sc/hamamatsuichino/

    文/ショコラ

    浜松まつり情報
  • 登呂遺跡

    2018年4月25日

    先日、日本平に行く途中に「登呂遺跡」の看板を見かけたので立ち寄りました。

    登呂遺跡

    登呂遺跡とは、弥生時代後期の農耕文化を伝える遺跡で国の特別史跡に指定されています。しかし、その場所が住宅街の真ん中にポンとあり、驚きました。

    遺跡へ進む

    3歳と7歳の娘たちは「『蜆塚遺跡』みたいだね。」とあまり関心なさそうでしたが、私たち親は、教科書に載っていた「登呂遺跡」に興奮していました。

    高床倉庫や祭殿があり、竪穴住居だけは中に入ることができます。せっかくなので、入ってみることにしました。

    竪穴住居

    最初は怖がって入るのをためらっていた子どもも、ほかの子ども たちが入る姿を見て、チャレンジ! 中には当時の生活様式を再現した道具などが展示されていていました。

    中に入る

    駐車場に戻る道に、今にも動き出しそうな「登呂の火おこし」の銅像がありました。

    火おこしの像

    7歳の長女はなぜかすごくこわがっていたのに対し、3歳の娘は平気でタッチしていました。2人が触っているとほかの子どもたちも集まってきて、みんな不思議そうに見ていました。ちなみに、この像は近隣にある企業が寄贈したものだそうです。

    マップ

    遺跡と隣接して「登呂博物館」があります。1階フロアは入場無料! 「参加体験型」の博物館で、遺物の展示だけでなく弥生人になった気分で衣装の試着や脱穀体験などができます。

    体験

    今回は参加できませんでしたが、遺跡に囲まれて実際に火をおこす体験もできるそうです。近隣には「芹沢銈介美術館」もありました。次回訪れる機会があれば、また立ち寄ってみたいと思います。

    文/奈良人

    登呂遺跡

    住所 静岡市駿河区登呂5-10-5
    子連れに便利な設備 オムツ交換台があるトイレ有
    駐車場 有(1回400円)
    URL http://www.shizuoka-toromuseum.jp/ (静岡市立登呂博物館)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 遊びもまつりも♪GW特集(2)浜松まつりをまるごと満喫!

    2018年4月23日

    浜松のゴールデンウィークといえば5月3日~5日に開催される「浜松まつり」。3日間に渡り、凧揚げ合戦や御殿屋台の引き回しが盛大に行われます。浜松にいるなら、1日どっぷりとその熱気を体感するのもいいかもしれません。迫力あるまつりを間近で観ることで、子どもたちの浜松愛も深まるかも!子連れで上手に巡るために、見どころやおでかけのポイントをギュっとまとめてご紹介します。観光客からも人気が高い浜松まつりは、県外から遊びに来ている友だち家族や親せきを案内するとよろこばれますよ。

    凧揚げ合戦見物【中田島:凧揚げ会場】

    凧揚げ会場

    写真提供:浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

    3日は各町が初子の誕生を祝う「初凧」揚げ、4日・5日は、各町が互いの凧糸を絡ませ相手の糸を断ち切る「糸切り合戦」があります。ラッパの音が響く中、町衆が懸命に糸を切り合う姿は迫力満点!今年は173か町が参加し、各町の大凧が空を彩ります。

    • 開催時間は?

      5月3日の10:00、開会宣言とともにスタート。5日まで10:00~15:00に凧が揚げられます。5日の10:00~12:00は、参加町の子どもたちによる凧揚げも開催。力やコツがいり揚げることが難しい凧ですが、大人が揚げた凧糸を持ち懸命に引く姿が見られます。
    • 会場に向かうには?

      「凧場」と呼ばれる中田島の会場には、一般の駐車場はありません。臨時シャトルバスを利用するのがベスト!浜松駅北口アクトシティ横からと飯田公園臨時駐車場(無料、16:00閉鎖)から随時発着しています(料金:大人片道280円、小学生140円 始発9:00、終発14:00)。人出が多いため、多少の待ち時間は覚悟しなければなりませんが、バスは次々に発車するのでいつまでも乗れないという心配はありません。バスの乗降車場所から凧揚げ会場までは10分ほど歩くため、歩きやすい靴や服装で行くのがおすすめです。
      ◎臨時バスの運行について
      遠鉄バスホームページ http://bus.entetsu.co.jp/index.html
    • 観覧場所は?

      観光用の観覧席ほか、空いた場所を探しレジャーシートや折り畳み式のイスを置いて見物します。沿道には屋台がずらりと並んで会場は人であふれていますが、広いので座れないという心配はありません。凧を揚げている芝生のエリアは、法被を着た人しか入ることができません。

    ■凧揚げ体験コーナー 10:00~15:00
    広場では凧揚げ合戦に使われる2帖の凧やミニ凧を揚げる体験ができます。参加希望の方は、当日直接会場へ。

    ★会場での注意点★

    • 十分な数の簡易トイレが設置されていますが、余裕を持って行くようにしましょう。
    • 会場内は強風と砂ぼこり、晴れていれば強烈な日差しが予想されます。帽子や日傘・日焼け止め・サングラス・水分補給用の飲み物などを持参しましょう。
    • 事故や迷子を避けるためにも、子どもは抱っこするか、しっかり手をつないで移動しましょう。
    • 凧が急に落下してくることがあります。頭上に気をつけましょう。
    • 凧の糸は危険なので、さわったり踏んだりしないよう十分注意しましょう。

      ◎凧揚げ会場の様子はこちら⇒取材ママレポート
    ◎ あわせて読みたい!ぴっぴのイチオシ
    子どものお祝い行事in浜松  浜松まつり 初子祝い

    凧揚げ会場周辺を散策【中田島:浜松まつり会館・風紋広場】

    浜松まつり会館

    中田島会場では、凧揚げ合戦以外にも「浜松まつり会館」を中心にさまざまな催しがあります。子どもと手作りのミニ凧あげをしたり、フォトスポットで記念撮影したり、のんびりとまつりの雰囲気を楽しむことができます。

    浜松まつり会館

    5月3日~5日は、イベント盛りだくさん!入館料大人400円(中学生以下無料)が、シャトルバスの往路チケット提示で半額になります♪

    ■ミニ凧作り体験 9:00~14:00
    自分で絵を描いたオリジナルの凧作りをします。※1日150枚限定(500円)

    ■出世太鼓体験 9:00~16:30
    浜松の伝統の太鼓に触れ、その響きを楽しむことができます。

    ■大凧フォトスポット&フォトコンテスト 10:00~15:00
    大凧を設置した撮影スポットが用意されています。浜松まつりに関連したフォトコンテストも実施します(応募期間5/3~5/31)。

    ◎浜松まつり会館 おすすめのお土産はこちら⇒取材ママレポート

    ◎浜松まつり会館をしっかり楽しむならこちら⇒浜松ワクワク歴史マップ 浜松まつり会館

    風紋広場

    ■郷土芸能 やら舞歌 12:00~15:00
    3日間を通して繰り広げられる多彩なステージ。出世太鼓やおどりがまつりを盛りあげます。

    ■土産品協会物産展 10:00~16:00
    浜松ならではのお土産品が豊富に揃う物産展。凧揚げ会場の行き帰りに立ち寄れます。

    御殿屋台引き回し見物【市中心部会場】

    御殿屋台

    写真提供:浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

    街中心部でのいちばんの見どころは、やはり豪華絢爛な御殿屋台の引き回しです。今年は80か町が参加。子どもたちが奏でるお囃子の音色に威勢のいいラッパや練りの掛け声が相まって、街中が熱気に包まれます。
    • 開催時間は?

      5月3日~5日の毎日、18:30~21:00に鍛冶町・広小路通りで見物ができます。時間が近づくと提灯の明かりを灯した屋台が次々に姿を現し、各町ごとに引き回しのスタートを待ちます。街中に早めに着いたら、アクトシティなどで開催されているにぎわいイベントや、通り沿いに展示されている御殿屋台を見て回るのもおすすめ。屋台の展示では、各町こだわりの凝った装飾や彫刻をゆっくり見ることができます。
    • 会場に向かうには?

      バスなどの公共機関や駅周辺の有料駐車場を利用します。17:00~21:00は交通規制があるため、早めに市街地へ移動しておくのが安心。路線バスも規制の時間帯は、迂回運行となります。
    • 観覧場所は?

      鍛冶町・広小路通り周辺の歩道からの見物となり、混雑するため立ち見となることもあります。スペースがあればレジャーシートなどを敷いて、食事をしながら観覧することも可能です。たくさんの出店や飲食店が軽食を販売しているため、そちらも楽しみのひとつです。

    ★会場での注意点★

    • 凧揚げ会場のように専用の観覧席はありません。ゆっくり観覧する場合は、早めに場所を確保しましょう。
    • 抱っこひもやベビーカーを上手に利用し、人ごみの中での移動は十分注意しましょう。
    • 小さな子どもとの見物は、早目の時間にスタートして帰りの混雑前に切り上げるのがおすすめです。
    • 夜はまだ肌寒いことも多い時期です。重ね着するなど、服装も工夫しましょう。

    ◎合わせて読みたい!ぴっぴのイチオシ
    伝統のバトンを次の世代へ 子どもたちの浜松まつり

    ◎観光からまつりデビューなど、モデルプランをまとめた昨年の記事はこちら
    子連れで浜松まつり!<1>~<3>

    ◎浜松まつり公式ウェブサイト
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/

    浜松まつり情報
  • 豊田市美術館

    2018年4月21日

    春本番、桜の咲き始めた頃に2歳と4か月の娘たちを連れて豊田市美術館へ出かけてきました。浜松から車で約1時間半、郊外の小高い丘の上に建てられた美術館は木々に囲まれ、水平を基調とした建物で、外観からして独特の空間です。

    外観

    館内の展示室も作品が陳列されているだけでなく、天井の高さや明るさなどそれぞれが違う空間になるように設計されているので、美術作品をさまざまな演出で楽しむことができます。今回私たちは企画展観覧のために訪れましたが、同時に行われていた所蔵作品展も充実した内容で十分に楽しめました。

    見学
     
    野外の庭園にも数多くの作品が展示されています。美術館ということで、館内では遊びまわることができなかった娘も外では走り回りながら作品に興味津々の様子。

    屋外展示

    子どもたちにとっていつも行くような公園も楽しいですが、美術作品を体感しながら遊ぶこともまた違った刺激になったのではないでしょうか。

    文/よこた

    豊田市美術館

    住所 愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
    電話 0565-34-6610
    開館時間 10:00~17:30(入場は17:00まで)
    休館日 毎週月曜日(祝日は除く)、設備点検・展示替え等の期間、年末年始
    料金 常設展 一般:300円  高校・大学生:200円  中学生以下:無料
    子連れに便利な設備 授乳室、オムツ交換台、ベビーカー貸し出し有
    駐車場 有(無料 225台)
    アクセス方法 【車】東名高速道路 豊田ICより約15分
    【電車】名鉄豊田市駅下車、徒歩約800メートル
    URL https://www.museum.toyota.aichi.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    美術館・博物館・科学館
  • 遊びもまつりも♪GW特集(1)「こどもの日」を楽しもう!

    2018年4月20日

    ゴールデンウィークも間近!昭和の日から始まり、5月5日は「こどもの日」です。この時期の風物詩「こいのぼり」を飾っている公園や、ゴールデンウィーク限定のイベントにおでかけしてみませんか?たくさんのこいのぼりが大空をのびのびと泳ぐ姿はまさに圧巻!5日は子ども料金が無料になる施設もあります。家族でこどもの日を思いっきり楽しみましょう♪

    青空を泳ぐこいのぼりを見に行こう!

    こいのぼり

    おちばの里親水公園

    緑がうつくしい広々とした山あいの公園に泳ぐこいのぼり。5月の第1日曜日には、春まつりが開催されます。
    ◎春の親水公園まつり
    【日程】5月3日(木・祝) *こいのぼり設置は4月22日(日)~を予定
    【場所】湖西市大知波2-4-2(おちばの里親水公園)
    【問い合わせ】湖西フロンティア倶楽部 TEL:090-1291-3210
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    大千瀬川の鯉のぼり

    浜松市天竜区佐久間町川合の有志の集まりで飾る、大千瀬川に架かる約100匹のこいのぼり。
    【期間】4月21日(土)~5月12日(土)
    【場所】浜松市天竜区佐久間町川合地内 国道473号線沿い 川合橋
    【主催】川合可祝連(かわいかしゅくれん)
    【問い合わせ】天竜区観光協会佐久間支部 TEL:053-965-1651
    【URL】http://sakuma-kanko.net/

    磐田市はまぼう橋西側のこいのぼり

    福田の南部を流れる仿僧川に約100匹のこいのぼりが泳ぎます。イベントでは軽食が楽しめるほか、清掃作業をした人を対象に簡単なゲームあり!
    【期間】4月22日(日)~5月5日(土・祝)
    【イベント】5月5日(土・祝)11:00~14:00頃
    【場所】磐田市福田5114(はまぼう橋西側 河原)
    【主催】三〇会(さんまるかい) 共催/福田海岸通り発展会
    【問い合わせ】福田海岸通り発展会事務局 TEL:0538-58-0710

    磐田市見付地区のこいのぼり

    見付本通りから国1までの今之浦川に約140匹のこいのぼりが泳ぎ、水辺のうつくしさを伝えます。
    【期間】4月15日(日)~5月5日(土・祝)
    【場所】磐田市見付 今之浦川(中川)
    【主催】今之浦川流域を美しくする会(今流美会)、見付宿を考える会
    【問い合わせ】今之浦川流域を美しくする会(藤田)TEL:090-2188-4091

    諸井里山こいのぼり

    自治会や地元の小学生に呼びかけて集められた100匹ほどのこいのぼりが空を泳ぎます。
    【期間】4月10日(火)~5月8日(火)
    【場所】袋井市諸井1810(諸井里山公園)
    【主催】諸井里山会
    【問い合わせ】袋井市観光協会 TEL:0538-43-1006

    あらさわふる里公園

    市民から寄贈された約70匹のこいのぼりが、山間の地形をそのまま利用した広大な公園の入口で泳いでいます。
    【日程】4月1日(日)~5月9日(水)
    【場所】御前崎市下朝比奈158-7
    【問い合わせ】TEL:0537-85-8230
    【URL】http://www.maotv.ne.jp/arasawa/

    大井川横断鯉のぼり

    川根の小学生がつくったオリジナルこいのぼりも仲間入りし、100匹が大井川の空を泳ぎます。大井川鐵道の車窓からも見ることができます。
    【期間】3月17日(土)~5月20日(日) *天候によって変更する可能性があり
    【場所】島田市川根町家山付近
    【主催】カワネラブズファクトリー
    【問い合わせ】NPOまちづくり川根の会 TEL:0547-53-2441

    ゴールデンウィークイベントに出かけよう♪

    浜名湖ガーデンパーク

    ■こいのぼりにペイントして飾ろう
    家族みんなでこいのぼりに楽しくペイントし、5月6日(日)までイベント広場で展示します。
    【日程】4月29日(日) 受付10:00~
    【場所】体験学習館

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ■気軽にグラウンドゴルフ
    年齢を問わずに楽しめるグラウンドゴルフを体験できます。5月5日(土)は子ども料金無料!
    【日程】5月5日(土)、5月13日(日)、5月19日(土)、5月27日(日) 10:00~
    【受付】南案内所(受付終了14:30) *雨天中止
    【費用】大人300円、小人200円

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    【問い合わせ】TEL:053-488-1500
    【URL】浜名湖ガーデンパーク

    はままつフラワーパーク 入園無料

    5月5日(土)は小中学生入園無料。花フェスタ開催中の園内は見どころいっぱいです!
    【問い合わせ】TEL:053-487-0511
    【URL】はままつフラワーパーク

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    浜松市博物館 昭和レトロな博物館

    「昭和のおもちゃで遊ぼう」など、昔なつかしい遊びや展示がいっぱいです。
    【開催期間】4月26日(木)~4月30日(月)、5月2日(水)~5月6日(日)
    【問い合わせ】TEL:053-456-2208
    【URL】浜松市博物館

    以前の様子はこちら⇒パパ特派員レポート

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ウォットGWイベント

    水中TVトーキングこどもの日版(13:45~約20分間)など、イベント盛りだくさんです。
    【開催期間】4月29日(日) ~ 5月6日(日)
    【問い合わせ】TEL:053-592-2880
    【URL】浜名湖体験学習施設「ウォット」

    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    こどもの日スポーツフェスタinはまきた

    無料で気軽に軽スポーツの体験ができます。
    【開催場所】浜北総合体育館(浜松市浜北区平口5042-133)
    【日時】5月3日(木) 10:00~15:00
    【問い合わせ】TEL:053-585-1222
    【URL】公益財団法人浜松市体育協会ブログ

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    浜松まつり情報
  • 馬込川公園 南浅田地区

    2018年4月13日

    ポカポカ陽気の春休みに4歳と1歳10か月の娘を連れて、近所の馬込川沿いに広がる公園に出かけました。ここには遊具広場、芝生広場、運動場の3エリアがあります。

    遊具

    娘たちはまずは幼児向けのすべり台で遊びました。このすべり台はすべるレーンが2つ並んでいるため、お姉ちゃんと手をつなぐことができ、1歳の次女でも上手にすべることができました。

     すべり台

    次は小学生向けの中型すべり台にチャレンジです。階段とネットの2つから上ることができるのですが、お姉ちゃんの成功を見た次女もがんばってネットを上って行きました。

    中型すべり台

    ネットをのぼる

    その姿を見て、まだこうした遊具は無理かと思っていたのですが、だんだん成長しているなと感じました。そのほかにもブランコ、ジャングルジム、砂場と一通り遊んでから、あずま屋でお茶休憩にしました。芝生広場の木陰ではお弁当を食べている家族連れも見かけました。

    桜の木

    この公園沿いは桜がきれいに咲くので、次回はお花見に来たいなと思いました。

    文/むう

    馬込川公園 南浅田地区

    住所 浜松市中区南浅田2丁目
    子連れに便利な設備 多目的トイレ内にオムツ交換台有
    駐車場 5台有(障害者用スペース1台が遊具広場に有)
    アクセス方法 【車】浜松駅より南へ車で約10分、馬込川の西側

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • 取材ママ紹介 むう

    2018年4月13日

    むう

    <むう>

    平成25、28年生まれの姉妹のママです。 私自身小学校から浜松で暮らしているので、地元の良いとこスポットを紹介していけたらと思います。また、取材ママの活動を通して新しい遊び場も開拓していきたいです。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • スポーツオーソリティでボルダリング

    2018年4月7日

    雨の日の休日。子どもたちはいつも「たいくつだ~たいくつだ~」とゾンビのように私にたかってきます。そんな日によく利用するのがスポーツオーソリティ(イオンモール浜松志都呂内)にあるボルダリングです。

    難しさ表

    初めて体験するときに入会金を支払い、ルールを教えてもらいます。壁(ウォール)は、キッズウォールのほか通常ウォールが90度から110度まであり、石(ホールド)は難しい順にスタートのシールの色が分けられています。まるでゼリービーンズのようなカラフルなホールドが下から上までずらり並んでいるのを見ると、子どもたちは決まって「うわぁ!」と目を輝かせます。

    スタート位置

    小学2年生の息子は、通常ウォールのいちばんやさしい白のシールのホールドからスタートしました。スタートとゴールは、両手でホールドを持ちます。両足をつけてから次のホールドを持ち、上へ登っていきます。90度を超えるウォールは、より難しくなります。

    壁

    ゴールまで登った息子は「前にできなかったところが、できるようになったよ!」とうれしそう。

    ゴール

    ボルダリングは、2歳から大人まで楽しむことができます。シューズも借りられるので、手ぶらで参加できるのがうれしいですね。雨の日の休日には、お買い物ついでに体験してみてはいかがでしょうか。

    文/お茶子

    スポーツオーソリティ

    住所 浜松市西区志都呂2丁目37番1号 イオンモール浜松志都呂2F
    電話 053-415-2021
    利用時間 10:00~22:00(最終受付21:00)
    料金 【入会金】500円
    【体験料金】
    通常ウォール(4歳~)30分ごとに500円
    キッズウォール(2歳~小学3年生まで)30分300円(初回限定で入会金、30分利用含めて500円)
    【対象】2歳~シニアまで
    URL http://club.sportsauthority.jp/bouldering/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 駄菓子屋あつみ

    2018年4月3日

    最近、見ることが少なくなった地域の駄菓子屋。4歳と6か月になる娘二人を連れて、浜松市立高校正門の向かいにある「駄菓子屋あつみ」に行ってきました。

    外観

    店に入ると、4歳の娘はすぐに駄菓子をあれこれ見て回り、しばらくして「これに決めた!」と言ってレジでお金を払い、とても満足そうでした。

    店内

    「あつみ」の特徴は駄菓子屋でありながら店内に鉄板が置いてあることです。お好み焼きの生地に、たくあんのみじん切りや紅ショウガなどを入れて焼く、浜松のソウルフード「遠州焼き」が150円で食べられるのはとても魅力的です。私たちは、お昼ごはんを兼ねて豚玉入りを注文しました。

    店内3

    目の前で店員さんが焼いてくれるので、娘は鉄板にくぎ付け。小学生くらいであれば、ひっくり返すところをやらせてもらえるそうです。まだ箸を上手に使うことができない娘にはフォークを貸してもらい、焼き立ての遠州焼きをフーフーしながら食べました。

    遠州焼き

    食後は、イチゴ・チョコ・抹茶など自分で好きなフレーバーを選んで巻くことができるソフトアイスを店員さんと一緒に巻かせてもらいました。

    ソフトクリーム

    子どもからお年寄りまで幅広い年齢の方が集まる地域の駄菓子屋。もう少し大きくなったら、娘たちだけで買い物に行かせたいと思っています。

    文/トミーズ

    駄菓子屋あつみ

    住所 浜松市中区広沢1丁目9‐19
    営業時間 11:00~18:00
    定休日 水曜日
    駐車場 有(1台)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 浜松市楽器博物館で馬頭琴の演奏体験

    2018年3月31日

    小学2年生の息子は最近、国語で習っている「スーホの白い馬」の本読みを毎日しています。そのお話に出てくる馬頭琴という楽器ですが、私と息子は本物を見たことがありません。そこで息子に「馬頭琴を見に行こう」と声をかけると、「行きたい!」ということで浜松市楽器博物館に行ってきました。

    馬頭琴のコーナー
     
    館内展示の多くの楽器の中から探すのは大変そうだったので、受付で問い合わせて、第1展示室のアジアの楽器の中の馬頭琴の場所を教えてもらいました。馬頭琴は名前の通り、楽器の頭が馬の形をしています。そこには「スーホの白い馬」の絵本が置いてあり、モンゴルの方による馬頭琴の演奏画像も流れていました。息子とともに興味深く鑑賞していたところ、職員の方が「あちらで体験ができますよ」と体験ルームを案内してくれました。

    スーホの白い馬
     
    体験ルームではいろいろな楽器の演奏体験ができます。さっそく馬頭琴の演奏にトライ! 息子は音を出すことができてうれしそうでした。

    馬頭琴体験
     
    その後、ミニ展示の「モンゴルの暮らしや文化を知ろう!!」を鑑賞しました。モンゴルの移動式住宅「ゲル」の模型があり、息子は教科書の挿絵で見たことがあるようで、展示の中でも注目していました。これからも、子どもが世界各国の楽器に関心を持ったとき、浜松市楽器博物館に来ようと思います。
     
    ■モンゴルの暮らしや文化を知ろう!!
    【期間】 2018年2月10日(土)~5月6日(日)

    文/ジュン

    浜松市楽器博物館

    住所 浜松市中区中央3-9-1
    電話 053-451-1128
    開館時間 9:30~17:00
    休館日 毎月第2、4水曜日(祝日の場合は翌日、8月は無休)、12月29日~1月3日、施設点検などにより臨時休館日有
    入館料 大人(大学生以上)800円、高校生400円、中学生以下・70歳以上・障害者手帳所持者無料
    子連れに便利な設備 オムツ替え用ベッド有、ベビーカー貸し出し有(無料)
    駐車場
    URL http://www.gakkihaku.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    美術館・博物館・科学館
  • 北区Deまつり2018

    2018年3月30日

    「北区Deまつり2018」に消防車がやってくる、しかもはしご車の乗車体験ができると聞き、2歳の息子とワクワクしながら出かけました。10時過ぎに着くと、隣接の駐車場はほぼ満車。私たちは市民サービスセンターから会場までの‬シャトルバスに乗りました。時間はかかりましたが、乗り物好きな息子には楽しい時間だったようです。

    会場は大にぎわいで、人にぶつからないように歩くのも大変なほどでした。屋台がたくさんで、地域の物産やカフェ・お菓子屋さんなど、食べ歩くだけでも楽しめそう。ペイント体験や馬の来ているブースもありました。舗装された場所なのでベビーカーもOK! 芝生にレジャーシートを敷けばピクニック気分が味わえます。

    馬とのふれあい

    パトカーや消防車は入口すぐのコーナーで見られるのですが、お目当てのはしご車体験は別の場所でした。体験場所まではかなり長い階段を降りるので、子どもやベビーカーには移動がたいへんです。はしご車体験は人気が高く、私たちは午後の受付時間前から並びました。乗るときは大人も子どもも安全ベルトとヘルメットを着用。ゴンドラは15mほどまで上がり、目もくらむ高さでしたが、めったにできない体験ができて、息子は大興奮でした。

    消防車

    会場にはほかにもダンボール迷路、ボールプール、ふわふわ、ミニSLなど子どもが喜びそうなアトラクションがたくさんありました。どれも無料ですが、長蛇の列ができていたので、お目当てがあれば早めに並ぶのがおすすめです。

    イベント全景

    ステージでの演奏やゆるキャラなど、子どもからお年寄りまで誰でも楽しい時間を過ごせると思います。毎年開催されているイベントのようなので、来年も楽しみです!

    ■北区Deまつり2018
    【開催日時】 2018年3月4日(日)9:30~15:30‬
    【場所】 都田総合公園(‪浜松市北区新都田1丁目3−103−4‬)
    【電話】 ‪‪053-523-1168‬‬
    【子連れに便利な施設】 多目的トイレ有、オムツ替えシート有
    【駐車場】 有(無料)、臨時駐車場からのシャトルバス有

    文/マナ

    イベント(春)
  • 浜名湖花フェスタ2018に行こう!~フラワーパークの桜編~

    2018年3月29日

    暖かい日が続き「浜名湖花フェスタ2018」の大きな見どころでもある、はままつフワラーパークの「桜とチューリップの庭園」が見ごろを迎えています。「世界一美しい」と言われる桜とチューリップのコラボを見ようと、さっそく小学生の娘たちと行ってきました。

    お花満喫ポイント【1】 入口から桜が続くコースでテンションアップ!

    入口の桜

    今回は動物園側の浜名湖ゲートから入園しました。「桜とチューリップの庭園」は、こちらのゲートから入ってすぐのところから始まります。入口から桜に迎えられ、期待が高まります。少し歩くと、パンフレットでも見かける池の上に浮かんだチューリップが! 子どもたちも「虹の形になってる!」と大よろこび。その周りで過ごす水鳥たちの動きもおもしろく、池のほとりのベンチに座ればいつまでも眺めていられそうです。

    桜とチューリップ

    この庭園以外にも、桜は園内の各所に咲いています。正面ゲートから左手に坂を下っていく「サクラの谷」でも、チューリップガーデンの背景にあるたくさんの桜が楽しめました。

    チューリップ畑周り

    お花満喫ポイント【2】 フラワートレインに乗って桜のコースを楽々移動

    フラワートレイン

    園内では、大人100円、子ども(3歳以上中学生以下)50円で乗ることができるフラワートレインが運行しています。ゆっくりとした速度で桜並木の下も走り、15分ほどでぐるりと園内が一周できます。混み合う時間には行列ができていることもありますが、坂道や階段が多い場所もトレインなら楽々と移動することができます。

    園内マップ

    マップには乗降車場所や停留所が出ているので、歩く場所とトレインに乗る場所を決めておくと利用しやすいですね。レトロでかわいい列車型なので、乗り物好きの子どもならよろこぶこと間違いなしです!

    お花満喫ポイント【3】 写真映えするスポットで記念撮影

    サクラの谷

    桜の下での撮影はもちろん、今のフラワーパークは写真映えするスポットがたくさんありました。大温室クリスタルパレスの中は「おとぎの国へようこそ」というテーマの展示を開催しています(~5月21日まで)。イースターを意識したカラフルな花とディスプレイに、撮影に夢中になってしまいました。

    おとぎの国

    ソメイヨシノの見ごろに合わせて18:00~21:00の夜間開園(~4月1日まで)もしています。夜桜のライトアップがあり、そちらも見ごたえがありそうです。

    今回は、春休み前に小学校で配られたフラワーパークの招待券をしっかり利用しました。フラワーパークとセットで他の施設での遊びや食事を考えている場合は、観光案内所などに設置されている「浜名湖花フェスタ参加施設マップ」が役立ちます。割引クーポンや周遊ビンゴなどが付いているので、お得に楽しい計画が立てられますよ。

    参加施設マップ

    ■浜名湖花フェスタ2018
    【期間】2018年3月21日(水)~6月10日(日)
    【メイン会場】はままつフラワーパーク、浜名湖ガーデンパーク
    【URL】 http://hamamatsu-daisuki.net/flowerfesta2018/

    文/makiko

    はままつフラワーパーク

    住所 浜松市西区舘山寺町195番地
    電話 053-487-0511
    営業時間 3月~9月9:00~17:00、10月~11月9:00~16:30、12月~2月10:00~16:30
    (季節により夜間開園する場合あり)
    休園日 なし(ただし12月29日~31日は休園。その他、臨時休園する場合あり)
    入園料 3月~6月大人600円~1000円、小中学生300~500円
    7月~9月大人無料、小中学生無料
    10月~2月大人500円(園内で利用できる300円分のお買い物券付き)、小中学生無料
    子連れに便利な設備 授乳室あり、ベビーベッド及び多目的トイレを園内8か所に設置、ベビーカーレンタル1回100円
    駐車場 フラワーパーク側600台、動物園側590台(有料200円)
    URL http://www.e-flowerpark.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お花見・紅葉情報
  • 「休暇村 伊良湖」の子ども向け楽しいプログラム

    2018年3月28日

    伊良湖岬近くの「休暇村 伊良湖」に5歳の息子を連れて宿泊してきました。「渥美半島菜の花まつり」に合せた、わが家の毎年恒例旅行で、4回目になります。

    外観

    おいしい食事と温泉がリーズナブルな料金で利用できる「休暇村 伊良湖」は、わが家のお気に入りのホテルです。全国に37か所ある国立公園・国定公園内にある休暇村は、どの施設も子ども向けサービスが充実しているので、子連れ旅行にはおすすめですよ。

    5歳になって少し就寝時間が遅くなった息子は、今回初めて館内の無料プログラムに参加。子ども限定の「いらごダンジョン」は、渡された地図を元に館内に隠された「文字」を探し、すべて見つけると、お宝がもらえるルールです。

    受付

    予約不要なので早めに夕食を済ませた息子はさっそく参加。文字は、館内の壁の上や下、階段や棚の裏にひっそりと隠されていて、息子はそれを見つけるたびにうれしそうに報告してくれました。

    MAP

    全部の文字を見つけたマップをフロントに提出すると、「おめでとうございます! それでは好きなお宝を2つ選んでください」と、子どもが好きそうな小さなおもちゃやお菓子が入った箱を開けてくれました。息子はスーパーボールと、キラキラ光る石をもらって大満足♪

    お宝

    その後、ちょうどロビーで始まった「動物ビンゴゲーム」にも家族で参加し、とても楽しい夜になりました。

    ビンゴ

    翌朝は、「田原弁ラジオ体操」と「朝のお散歩会」の無料イベントに参加しようと思っていたのですが、うっかり朝寝坊してしまいました。そのかわり、朝食後に広い敷地内を散策して展望台からの景色を楽しみました。単なる宿泊所だけでなく充実した遊び場でもある「休暇村 伊良湖」。またすぐに訪れたくなるおすすめのホテルです。

    文/みきこ

    休暇村 伊良湖

    住所 愛知県田原市中山町大松上1
    電話 0531-35-6411
    利用時間 チェックイン15:00~ チェックアウト~10:00
    子連れに便利な設備 キッズコーナー、マンガ絵本コーナー、子ども用アメニティなど有
    駐車場 有(150台・無料)
    URL http://www.qkamura.or.jp/irako/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    ホテル・宿泊施設
  • 浜松まつり会館

    2018年3月27日

    県外の方との結婚を機に浜松から遠ざかってしまう友人に浜松らしいものをプレゼントしたい、と夫が目をつけたのは浜松まつりグッズ。調べたところ浜松まつり会館で手に入ると分かりました。

    売店

    せっかくなので2歳と9か月の娘たちも一緒に行ってみることにしました。まずはグッズ購入のために売店へ。ここは入口付近にあり、入館しなくても立ち寄れます。

    売店では参加している町の凧がデザインされたキーホルダーやバッジ、Tシャツ、手のひらサイズのミニ凧、手ぬぐいでできたミニ法被などさまざまなものが売られていました。その中で夫も私も「これ、いいじゃん!」と気に入ったのはオルゴールがついたキーホルダーです。

    キーホルダー

    ネジを回すと激練りでお馴染みのラッパのメロディーが流れてきます。威勢のよいラッパの音もオルゴールで聞くと優しく上品に聞こえます。いつでもグッズが購入できるので、まつり好きな人にも浜松らしいプレゼントを探している人にもうれしいスポットです。

    その後は展示を観に行きました。浜松まつりで使う凧や糸、屋台の歴史が資料とともに展示してありました。一番の見所は60もの大凧が展示してある部屋です。

    大凧

    凧揚げ合戦の映像から威勢のよいラッパや掛け声が響き渡り本番さながらの迫力と熱気を感じました。2歳の長女も法被を着て記念撮影をしたり、太鼓を叩いたりとおまつり気分を味わいました。

    浜松まつり会館では子ども向けにさまざまなイベントが開かれているそうなので、HPをチェックして出かけるといいかもしれません。

    イベント

    ペットボトル提灯を発案した方の作品を見ましたが、小さな子どもでも持ちやすいサイズで安心です。まつり好きの子は喜びそうです。

    ペットボトル提灯

    浜松まつり会館を訪れたことで、今年の浜松まつりがますます楽しみになりました!

    文/おおそれ

    浜松まつり会館

    住所 浜松市南区中田島町1313
    電話 053-441-6211
    開館時間 9:00~16:30
    定休日 年中無休(12/29~12/31をのぞく)
    入館料 大人400円、中学生以下無料
    子連れに便利な設備 売店、自動販売機有
    駐車場 有(無料 191台)
    URL https://matsuri.entetsuassist-dms.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     
    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 取材ママ紹介 おおそれ

    2018年3月27日

    取材ママおおそれ

    <おおそれ>

    2歳と0歳の姉妹を育てています。生まれも育ちも浜松ですが、まだまだ浜松には知らないところがあるなぁと実感しています。
    私も娘たちも食べることが大好きなので、子どもと気軽に食事ができるところ、小さな子どもでも安心して食べられる物、お財布にやさしい遊び場などを開拓し、ご紹介できればと思っています。よろしくお願い致します。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 浜名湖花フェスタ2018に行こう!~春休みガーデンパーク編~

    2018年3月26日

    今年で4回目となる「浜名湖花フェスタ2018」が、6月10日まで開催しています。はままつフラワーパークと浜名湖ガーデンパークを中心に、浜名湖周辺の花のリレーが楽しめるイベントです。時間がたっぷりある春休み、子どもたちと花フェスタ会場めぐりをしようと計画しました。まずはメイン会場のひとつでもある浜名湖ガーデンパークにレッツゴー!

    お花満喫ポイント【1】 開花状況を事前にチェック!

    開花情報

    公式サイトや園内の入り口付近の掲示板には、今楽しめる花の情報が出ています。気温や天候によっても大きく変わってくるため、お目当ての花があるなら事前チェックは重要! 管理棟にいる職員さんも見ごろの花を教えてくれます。チューリップやソメイヨシノにはまだ少し早いこの時期でも、菜の花やアカシアなど早春の花々が開花を迎えているようです。

    お花満喫ポイント【2】 マップを活用してルートや目的地を決める

    マップ

    広い園内、子ども連れだとすべて見て回るのは難しいですね。無料で気軽に立ち寄れるガーデンパークなら、春休み中何回か来てもOK!と思い、マップを頼りに今見ごろの菜の花を目的地にしてみました。

    菜の花
     
    結局たくさん寄り道もしつつでしたが、お目当ての菜の花畑に到着! 黄色のじゅうたんが眩しいくらいです。

    お花満喫ポイント【3】 プレートで木や花の名前を確認

    プレート

    途中の中央芝生広場で「開花し始めたソメイヨシノ?」と思ったら、似た花をつける「ベニバスモモ」という木でした。プレートには簡単な説明もあるのでうれしいですね。職員さんに聞いてみたら、一昨日まで満開だったのに前日の強風で半分以上の花が飛ばされてしまったそう。風が強い遠州地域のあるあるかな? それでも子どもは広場をかけめぐって楽しそうです(笑)

    広場

    菜の花畑に向かう道中も、カラフルな花々を楽しむことができました。きれいに咲いている花は、子どもと一緒にプレートをチェック。開花情報にあった植物を見つけるとちょっとうれしくなります。

    花1 花2 花3

    最後はお決まりのこども広場でひと遊び!

    こども広場
     
    4月はネモフィラ、5月はバラとまだまだこれからがシーズン本番のガーデンパーク。いつもは気ままに散策していましたが、少し下調べをして見ごろの花を目的地にするのが達成感もあっておすすめです!

    ■浜名湖花フェスタ2018
    【期間】2018年3月21日(水)~6月10日(日)
    【メイン会場】はままつフラワーパーク、浜名湖ガーデンパーク
    【URL】 http://hamamatsu-daisuki.net/flowerfesta2018/

    文/makiko

    浜名湖ガーデンパーク

    住所 浜松市西区村櫛町5475-1
    電話 053-488-1500
    開園時間 8:30~17:00、夏季(7・8月)は8:30~18:00
    休園日 年末年始(12/29~1/3)
    入園料 無料
    子連れに便利な設備 トイレにおむつ替えシート、授乳室(体験学習館内)、ベビーカー貸し出し(無料)、ファミリー自転車貸し出し(1時間900円)
    駐車場 有(無料 約1,800台)
    URL https://www.hamanako-gardenpark.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お花見・紅葉情報
  • 美容院 ANGELIQUE(アンジェリーク)

    2018年3月25日

    家事に育児に忙しく、気がついたら何か月も美容院に行っていない…こんな経験ありませんか?自分の好きなときに、子どもの心配をせずにゆっくり一緒に行けるのが理想ですよね。でも、現実は小さい子を連れて行くのはなかなか大変…。

    入り口から

    私が通う「美容院 ANGELIQUE(アンジェリーク)」は基本的に予約制で1組ずつのプライベート空間。まわりの目を気にする必要がなく、ストレスフリーです。

    キッズスペースや託児はありませんが、赤ちゃんの場合はベビーカーの持ち込みもOK(店舗が2階なのでやや大変ですが)。

    外看板

    店内

    小さな子どもはソファーでおやつを食べても大丈夫です。わが家の8歳の娘は、私のカットしている横で宿題をして、5歳の息子はパソコンでDVDを見せてもらうなどして過ごしています。

    メニュー

    美容師さんはとっても元気な明るい女性で、わが家の子どもたちも大好きです。カットもカラーも、話をしながらパパっと仕上げてくれます。子連れでもママが安心して過ごせて、たくさんしゃべって、いろいろとリフレッシュできる美容室です。

    文/まちゃっち

    美容院 ANGELIQUE(アンジェリーク)

    住所 浜松市中区助信町8-47
    電話 053-472-0205
    営業時間 9:00~18:00
    定休日 月曜日・毎月第1、第3火曜日
    料金 ・カット 大人3,890円
    ・小学生まで1,950円
    ・前髪カット 540円~
    駐車場 有(無料)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • こども館体験記「春の特別プログラム~挑戦~」

    2018年3月24日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    幼稚園年中さんの長男が春休みに突入し、毎日のように言われる「どっか連れてってー!」に頭を悩ませる中、天候に左右されず遊べるこども館に行ってきました。

    春の特別プログラムが開催中で、「挑戦」がテーマでした。曜日ごとにさまざまな遊びが用意されていて、相手との対戦や自分なりの記録に挑戦するというものです。

    挑戦1

    会場で受付して、カードを受け取ります。カードには日付と種目の表が書かれていて、挑戦するとシールを貼ってもらえます。この日は「スリッパとばし」、「棒倒しダーツ」、「フリふりカウント」という種目が行われていました。

    最初に挑戦したのは「スリッパとばし」。新聞紙で作ったスリッパを、靴飛ばしの要領で4人一組で飛ばして距離を競います。

    挑戦2

    2歳の次男は私が手伝い、2m41cm飛ばせました。同じレースでは11mの記録を出した小学生のお兄さんがいて、かなり白熱しました。

    挑戦3

    次に「フリふりカウント」に挑戦。この種目は「ストップウォッチ」と「万歩計・カウンター」の2つのバージョンがあります。

    挑戦4

    やり方はストップウォッチを見ずに心の中で10秒数えてストップボタンを押し、10秒ジャストに近い記録を出す、というものです。万歩計・カウンターの方は10秒以内に万歩計を振るか、カウンターのボタンを押して、できる限り多くの数を出すことを競います。

    挑戦5

    ストップウォッチの方は少し難しくていい記録は出ませんでしたが、万歩計は長男・次男ともにフリフリして数が増えるのが楽しかったようで、何回も挑戦したがりました。

    最後は「棒倒しダーツ」。床に置かれた段ボールでできた棒を、好きな道具を使ってあおいで扇状の得点表に倒し、より多くの得点を取ろうというものです。

    挑戦6

    4人一組で3回ずつチャレンジできます。ダーツの得点は中心に100点があり、中心から遠いほど得点が低くなります。長男は力が弱かったのかなかなか高得点が出ませんでしたが、楽しかったようで満足そう。向かいの小学生が見事100点を出したときは、歓声が上がっていました。

    挑戦7

    別の曜日には座布団を交互に並べて進む「ざぶとんレース」や「カップつみ」、土日限定で「ボールキャッチ」など全部で9つの種目があります。コンプリートすると、カードに記念のスタンプを押してくれるそうです。また別の日に訪れて、ほかの遊びもやってみたいと思いました。

    文/hoseco

    こども館スタッフからひとこと

    スタッフ

    今回の特別プログラムは、曜日ごとに種目が分かれていて、訪れるたびにいろいろな楽しみ方ができます。すべての種目をやってみるもよし、自分が好きなものを繰り返して極めるもよし、自分たちでオリジナルの楽しさを見つけてください。

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 浜松市動物園のふれあいイベント

    2018年3月23日

    浜松市動物園では土日祝日に「カンガルーのエサやり」「ポニーと写真を撮ろう」「ウサギとのふれあい」「ニホンザルのエサやり」などのイベントが行われています。ポカポカ陽気の3月の土曜日に、娘(6歳)、息子(4歳)といっしょに参加してきました。

    浜松市動物園
     
    13時頃に入園し、すこし広場で遊んでから体験開始10分前にカンガルー舎に行くと、すでにたくさんの人だかりができていました。

    カンガルーえさやり

    開始時間になり、細長く切ってあるニンジン、サツマイモ、リンゴの中から2本を受け取り、見学用の柵のひとつ内側の柵からカンガルーにエサやりをすることができました。

    えさいろいろ

    えさやり体験

    わが子たちはカンガルーに直接さわることはできませんでしたが、すぐ近くでのエサやり体験に大喜び!
     
    次にふれあい広場を目指しました。14時頃にふれあい広場に着き、真っ白なかわいいウサギを抱っこしました。なんと生後約1か月のウサギだそうです。

    ふれあい広場

    抱っこできる時間は1人1分程度とのことで短いですが、その分、列に長い時間並ぶことなく体験することができました。ふわふわのウサギを抱っこすると、みんな自然と笑顔になりました。
     
    その後、ほかの動物を見たり、おやつを食べたりしていたら、「ニホンザルのエサやり」の案内が放送で流れました。サル山に行き、サイコロ状に切ってあるサツマイモ、リンゴを各自ひとつかみ受け取り、サル山に投げ入れます。

    サルのえさやり

    わが子たちはなかなか遠くまで投げることができず、手前に落としてばかりでしたが、「サルがエサを取りに来てくれたよ」とうれしそうにサルたちをずっと見ていました。3つのふれあい体験をすることができ、大満足な一日になりました。
     
    ■土日祝日の通常イベント
    ◎カンガルーのエサやり
    時間 13:30~
    場所 カンガルー舎
    人数 エサがなくなり次第終了
     
    ◎ポニーと写真を撮ろう
    時間 13:30
    場所 ポニー運動場
    人数 先着30名
     
    ◎ウサギとのふれあい
    時間 13:30~14:15
    場所 ふれあい広場
     
    ◎ニホンザルのエサやり
    時間 15:00~
    場所 サル山
    人数 エサがなくなり次第終了

    文/ジュン

    浜松市動物園

    住所 浜松市西区舘山寺町199
    電話 053-487-1122
    開園時間 9:00~16:30(入園は16:00まで)
    休園日 12月29日~12月31日
    料金 大人(高校生以上)410円、中学生以下無料
    子連れに便利な設備 オムツ替えシート有、授乳室有
    駐車場 有(普通車200円)
    URL http://www.hamazoo.net/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    動物園・水族館
  • 子連れOK!アイシングクッキー教室La vie sucre (ラヴィシュクレ)

    2018年3月22日

    見た目がかわいくて、習ってみたいと思っていたアイシングクッキー。でも、子どもが一緒だとむずかしそう…と、あきらめていたところに子連れで行ける教室を発見しました。「La vie sucre(ラ・ヴィ・シュクレ)」では先生の自宅リビングでレッスンを行っています。土台となるクッキー、使うアイシングは準備されているので手軽に習うことができます。

    完成品
     
    レッスンは直線や曲線などを描く練習から始まります。実際にクッキーに描くときは先生の見本を見つつ行います。先生はイラストレーターもされているので、かわいく描くコツなどをいろいろ教えてくれます。とにかく「無」になって集中できます。

    レッスン風景

    こんなに集中して子どもは大丈夫? とわが子を振り返ると、子どもはすぐ横で先生の家のおもちゃなどで楽しく遊んでいてひと安心です。

    あそび風景

    予約時に子どもの体験希望を伝えてあれば、500円で子どもも参加できます。色塗りやお絵かきが楽しく、塗りながらアイシングをなめてもおいしい! 何より親子で一緒に楽しめるレッスンなので、子どももニコニコ間違いなしです。

    体験中の子ども
     
    アイシングをしたクッキーは乾かしてから容器に入れ、持ち帰りできます。容器も先生が用意してくれます。家に帰って眺めたり、一緒に食べたりして楽しさは続きます! 子どもも大人も一緒に楽しめるすてきな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

    文/まちゃっち

    La vie sucre ラヴィ シュクレ

    住所 メールで問い合わせ
    問い合わせ先 lavie.sucre24@gmail.com
    料金 【レッスン料】
    ・初心者コース 3,000円
    ・経験者コース 3,500円
    ※レッスンは自宅開催のため開催日、時間などはHPを確認。問い合わせはメールにて受け付け
    駐車場
    URL http://la-vie-sucre.shopinfo.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    スクール&サークル
  • 浜松から日帰りOKの動物園“春の見どころ”【愛知編】

    2018年3月17日

    お隣の愛知県にも、趣向を凝らした動物園がたくさんあります。浜松からの距離は意外に近く、バイパスや高速道路を使えば日帰りでも十分楽しめます。こちらでも、この春のお楽しみポイントを各園のスタッフさんに聞きました! ぽかぽか陽気の中でくつろぐ動物たちの姿に、子どもがよろこぶのはもちろん大人もほっこり癒されますよ。

    豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)

    イースターウサギ

    豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    枝垂れ桜

    浜松からは国道1号線(浜名バイパス経由)を豊橋方面へ約1時間ほど。JR二川駅近くにある遊園地や博物館も兼ね備えた総合動植物公園です。

    3/17(土)~4/1(日)で、スプリングフェスティバルを開催します。今年は今までよりスゴイです! 期間中の土日祝に行う『エッグ・ハント』と3/21(祝)の『もぐもぐひろば1周年記念!!』は家族で楽しむのにぴったり。3月中旬~4月中旬頃にかけて、枝垂れ桜を中心に約30種150本の桜が咲き誇る『ちびっこ・さくら広場』は、知る人ぞ知る桜の名所です。(スタッフ木下さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    豊橋総合動植物園 のんほいパーク

    【住所】 愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238
    【電話】 0532-41-2185
    【URL】 https://www.nonhoi.jp/

    岡崎東公園動物園

    ゾウえさやり

    岡崎東公園動物園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    エースちゃん

    浜松から東名高速利用で約1時間。岡崎ICからすぐ近くの東公園内にある無料の動物園です。

    ゾウ、サル、シカ、水鳥に一皿100円でエサをあげることができます。ふれあい広場では10:30~11:30と13:30~14:30、モルモットやヒツジ、フレミッシュジャイアント、リクガメとのふれあいができます(動物は日によって異なる)。かわいいカピバラ、新しい仲間ミニチュアホースの女の子「エース」にも会いに来てね! (スタッフ工藤さん)
    ※エサの販売は動物や状況により不定

    【住所】 愛知県岡崎市欠町字大山田1番地
    【電話】 0564-27-0456
    【URL】 http://www.city.okazaki.lg.jp/1100/1107/1149/p006023.html

    日本モンキーセンター

    リスザル

    日本モンキーセンターに聞いた♪春のおすすめポイント♪

    おやつ作り体験

    浜松から東名高速利用、国道41号線経由で約2時間の場所にあるモンキーセンターは、約60種類900頭を飼育展示する世界屈指のサル類専門の動物園です。

    大きなゴリラやチンパンジーから小さなマーモセットまで多様なサルの仲間が勢ぞろい! 放し飼いで間近に観察できる「リスザルの島」と「Waoランド」が人気です。土日祝は「飼育員と一緒におやつをつくろう」などの体験イベントもあります♪ 2月にはモンキースクランブルでジェフロイクモザルの赤ちゃんも誕生しました。(スタッフ江藤さん)

    【住所】 愛知県犬山市犬山官林26番地
    【電話】 0568-61-2327
    【URL】 http://www.j-monkey.jp/

    東山動植物園

    シマウマと桜

    東山動植物園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    チンパンジー親子

    東山動植物園は、浜松から東名高速利用で2時間弱。広い園内は、動物園・植物園・遊園地・東山スカイタワーと複数のエリアに分かれています。

    3月17日(土)からは、春まつりがスタートします。「ウォークラリー カラフルな春を歩こう!」など週末を中心にイベントが盛りだくさん。園内では、桜と動物のコラボも見られます。2017年10月生まれのチンパンジーの赤ちゃんは、国内でも珍しい双子ちゃんです。お母さんが大切に抱っこしている姿が見られるかも!(スタッフ太田さん) 

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    名古屋市東山動植物園

    【住所】 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
    【電話】 052-782-2111
    【URL】 http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

    ◎静岡県内の動物園情報はこちらから!

    浜松から日帰りOKの動物園“春の見どころ”【県内編】

    動物園・水族館