子連れでおでかけ

子どもと一緒に楽しめる浜松市&周辺地域の施設・公園・イベントなどを、取材ママ・パパ特派員がレポートします。

  • 浜松から日帰りOKの動物園“春の見どころ”【県内編】

    2018年3月16日

    いよいよ春休みです♪ これからのおでかけ先に、親子でのんびり過ごせる動物園はいかがでしょう。この時期ならではの見どころや楽しみ方を、各動物園のスタッフさんに教えてもらいました。自然が多い園では、春の花々がもうすぐ見ごろを迎えます。しっかり下調べして行けば、広~い動物園内でも効率よく楽しめますよ!

    浜松市動物園

    浜松市動物園

    浜松市動物園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    コハク

    観光地としても有名な舘山寺にある浜松市動物園は、浜松西ICから車で約15分。浜松駅からはバスで40分ほどです。

    今年に入り、アドベンチャーワールドからレッサーパンダの「キララ」、名古屋市東山動物園からユキヒョウの「コハク」(写真)、札幌市円山動物園からユキヒョウの「リーベ」が仲間入りしました。ぜひ新しい仲間に会いに来てください。これからの季節、展望広場からは桜越しに舘山寺の風景が楽しめます。(スタッフ堀内さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    浜松市動物園 帰ってきたホッキョクグマの親子
    浜松市動物園のふれあいイベント

    【住所】 浜松市西区舘山寺町199
    【電話】 053-487-1122
    【URL】 http://www.hamazoo.net/

    掛川花鳥園

    掛川花鳥園

    掛川花鳥園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    感謝祭

    浜松中心部から車で約45分。東名高速 掛川ICより約5分の掛川花鳥園は、広大な敷地の中に放し飼いの鳥たちが飼育され直接ふれあうことができます。

    3月24、25日は感謝祭です。人気のオリジナル鳥グッズが再び!?そのほか、映画ドラえもん公開記念ワードラリーも開催中です。もちろん1日3回開催されるバードショー、ペンギンと記念写真撮影なども楽しめます。(スタッフ高橋さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    掛川花鳥園

    【住所】 掛川市南西郷1517
    【電話】 0537-62-6363
    【URL】 https://k-hana-tori.com/

    静岡市立日本平動物園

    ホッキョクグマ

    静岡市立日本平動物園に聞いた♪春のおすすめポイント♪

    レッサーパンダ

    浜松から東名高速利用で約1時間半。静岡が誇る富士山の景勝地日本平のふもとにある日本平動物園では、約160種700点の動物を飼育しています。

    ホッキョクグマをはじめとした猛獣たちを様々な角度から観察できる「猛獣館299」や、小動物とのふれあいができる「ふれあい動物園」など施設も充実。4月1日(日)まで、春の動物園まつりを開催しています。動物たちの動きが活発になる春に合わせて、バックヤード見学やエサやり体験など動物を身近に感じられるイベントがたくさん!(スタッフ原田さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    日本平動物園

    【住所】 静岡市駿河区池田1767-6
    【電話】 054-262-3251
    【URL】 https://www.nhdzoo.jp/

    富士サファリパーク

    えさやり

    富士サファリパークに聞いた♪春のおすすめポイント♪

    ウォーキング

    富士サファリパークは、東名高速利用で浜松から約2時間。 自然いっぱいの園内からは、富士山の姿も眺望できます。

    春のサファリパークを楽しむなら、3月17日からスタートするウォーキングサファリ! 動物たちを放し飼いにしたサファリゾーンの外周フェンスに沿った約2.5kmのコースを歩きながら、観察ポイントで動物をじっくり見る事ができます。また、金網越しにエサをあげられるポイントもあり、迫力満点です!!(スタッフ今井さん)

    ■以前の取材ママレポートはこちら↓

    富士サファリパークでお誕生日会

    【住所】 裾野市須山字藤原2255-27
    【電話】 055-998-1311
    【URL】 https://www.fujisafari.co.jp/

    ◎愛知県の動物園情報はこちらから!

    浜松から日帰りOKの動物園“春の見どころ”【愛知編】

    動物園・水族館
  • 農家のレストラン とんきい

    2018年3月15日

    取材スタッフの集まりがあり、3歳と7歳の娘を連れて「農家レストランとんきい」へ行ってきました。

    外観

    スリッパ

    店内は木を基調とした温かい雰囲気です。驚いたのはバイキングコーナーの種類の多さ! 約60種類もあるそうです。

    料理コーナー

    サラダ、前菜になるような数種類のハムや焼き豚、メインに揚げ物や焼きもの、ご飯は玄米と白米、十穀米もありました。カレーにみそ汁、とろろ、デザートにはフルーツ、ケーキ、アイスクリームもありました。どれから食べようか迷ってしまいました。

    料理

    大皿に盛られている料理がなくなると、先ほどとは違う温かい料理が並んだりして、まったく飽きることがありません。ソフトドリンクも飲み放題ですし、なんと赤ワインと白ワインもありました。

    3歳の娘はお肉大好きなので、大よろこび。いつも近所のスーパーで購入している「とんきいの焼き豚」を見て、さっそく自分の皿に盛り付け。

    食事

    カレーは小さな子どもでも食べられるやさしい味で、娘は一瞬で完食! お肉がやや苦手な7歳の娘は、とろろがあったのでご飯にかけて食べていました。デザートに、抹茶アイスを選びましたが、ちょっぴり大人の苦さに興奮していました。次はチーズケーキが食べたいと言っていましたが時間切れとなってしまい、次回のお楽しみとなりました。

    食事中
     
    「とんきい」の料理は味付けもやさしく、どの年代でも食べやすいと思いました。また、地産地消をコンセプトにしているので安心して子どもにも食べさせることができます。お肉が好きな子はもちろん、苦手な子も十分楽しめる「とんきい」。今度は家族でも利用したいと思います。

    文/奈良人

    農家レストラン とんきい

    住所 浜松市北区細江町中川1194-1
    電話 053-522-2969
    営業時間 【平日】 11:00~15:00(オーダーストップ14:00)*ディナータイムは団体予約のみ
    【土・日・祝日】 11:00~15:00(オーダーストップ14:00)、17:00~22:00(オーダーストップ20:00)
    *土・日・祝日の利用時間は90分間。平日の時間制限は無(ただし、混雑時は制限のある場合も)
    定休日 水曜日 
    子連れに便利な設備 オムツ替え台、幼児用カトラリー、子ども用イス
    駐車場
    URL https://www.tonkii.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン
  • ◎2018春◎子連れでお花見!桜特集<2>

    2018年3月13日

    日ごとに暖かさが増し、花のたよりもあちこちから聞こえてくるようになりました。子どもたちの春休みもすぐそこです。そこで、街中にはないダイナミックな桜を楽しめるお花見スポットをまとめました。桜の開花に合わせて、週末は家族でドライブに出かけてみてはいかがでしょうか。雄大な山々と桜のコラボレーションが堪能できますよ。

    ※例年、浜松の桜の開花時期は3月下旬~4月上旬ですが、気候条件により変動します。開花状況については、各問い合わせ先にお確かめください。

     山の桜

    由緒正しき歴史を感じる引佐の桜

    奥山公園と周辺(北区引佐町)

    公園内の池に架かる浮き桟橋から見る桜が美しい。水面にうつる桜の花びらが幻想的。3月下旬からは方広寺三重の塔のライトアップも有。
    「いなささくらまつり」 3月中旬~4月中旬 ※予定
    問合せ:奥浜名湖観光協会 TEL 053-522-4720

    奥山高原(北区引佐町)

    花の奥山高原として知られ、自然に囲まれた観光植物園内外に植えられたソメイヨシノ・ヤエザクラ約300本が見られる。桃の花との美しいピンクのグラデーションが見事。
    問合せ:奥山高原 TEL 053-543-0234

    城山公園(北区引佐町)

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で知られる井伊谷城跡が頂上にある。頂上からは浜名湖が一望でき、100本のソメイヨシノが山を覆う。
    問合せ:奥浜名湖観光協会 TEL 053-522-4720
    「井伊谷城」の様子はこちら⇒取材ママレポート

    自然の中で雄大に咲く天竜の桜

    鳥羽山公園(天竜区二俣町)

    ソメイヨシノ、山桜など約1000本。鳥羽山中腹から山頂がピンク色に染まる。芝生の広場がありピクニックにも。
    天竜浜名湖鉄道「二俣本町駅」から徒歩約15分 駐車場180台あり
    問合せ:公園管理事務所 TEL 053-473-1829
    公園の様子はこちら⇒取材ママレポート

    秋葉ダム千本桜(天竜区龍山町)

    天竜奥三河国定公園秋葉ダムを中心に約1000本の桜が7.5kmの桜並木を作る。桜の開花時期に合わせ、ライトアップも。(天候状況による)
    問合せ:龍山協働センター TEL 053-966-2111

    佐久間ダム周辺(天竜区佐久間町)

    浜松百選の美しい佐久間ダムを取り囲むように満開の桜がきれいに咲き誇る。奥には湖岸広場があり、家族でお弁当を広げてお花見をするのお楽しい。
    問合せ:佐久間協働センター TEL 053-966-0001

    船明ダム(天竜区船明ダム湖畔)

    コンパクトなエリアに約250本のソメイヨシノがあり、見応えたっぷり。勢いよくあがるダムの水しぶきと桜吹雪、木々の新緑など色鮮やかに春を感じることができる。
    問合せ:天竜区役所まちづくり推進課 TEL 053-922-0027
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    水辺の小径(天竜区水窪町)

    JR水窪駅下水窪川左岸約800mの散歩道沿いに、ソメイヨシノ約150本。小旅行に来たような趣のある風景の中、美しく咲く桜を眺めることができる。情緒あふれるJR飯田線を利用してみるのもいいかも。
    問合せ:水窪協働センター TEL 053-982-0001

    浜松市外へ足を伸ばして

    法多山尊永寺(袋井市)

    境内を約500本のソメイヨシノが桜色に染める。同じ時期に満開を迎えるミヤマツツジと薄い桜色のソメイヨシノの競演が素晴らしい。
    東名袋井ICから20分
    「春のさくらまつり」3/31(土)~4/1(日)、4/7(土)~8(日) 各日10:00~15:00
    問合せ:TEL 0538-43-3601

    小國神社(周智郡森町)

    境内の脇、宮川沿いに1000本余りの桜が咲き乱れる。シダレザクラ・タキザクラ・ギョウイコウ・キクザクラなど珍しい種類の桜を楽しむことができる。
    東名袋井ICから20分 駐車場あり
    問合せ:TEL 0538-89-7302

    太田川堤防(周智郡森町)

    遠州の小京都森町に流れる太田川沿いに連なる桜トンネルが有名。太田川そばの古い街並みと調和し、歴史を感じることができる。
    天竜浜名線戸綿駅下車、徒歩5分 駐車場あり
    問合せ:森町観光協会 TEL 0538-85-6319

    磐田市営つつじ公園(磐田市)

    見付天神の裏山一帯に広がる公園。大きなシダレザクラは必見。咲き始めのツツジも一緒に楽しむことができる。
    東名磐田ICから10分 駐車場あり
    問合せ:磐田市観光協会 TEL 0538-33-1222

    獅子ヶ鼻公園(磐田市)

    遊歩道やアスレチックが整備された自然豊かな公園。子どもたちと一緒に遊びながら、ヤマサクラのお花見を楽しんで。
    東名磐田ICから20分
    問合せ:磐田市観光協会 TEL 0538-33-1222
    公園の様子はこちら⇒取材ママレポート

    上野公園(磐田市)

    ほのぼのとした公園はピクニックにぴったり。小さな公園は子どもたちを安心して遊ばせることができ、大人はお花見をゆっくり楽しむことができる。
    JR磐田駅より県道56号線を北へ700m先の交差点を西へ400m
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    本興寺(湖西市)

    本堂は国の重要文化財指定。ソメイヨシノやヤマザクラなど、約200本が浜名八景にも選ばれた風光明媚な地を彩る。
    東名高速三ケ日ICから国道301号経由25分
    問合せ:TEL 053-576-0054

    大浜公園(掛川市)

    県立自然公園に指定された桜の名所。大東地区の高台に位置し、眼下には遠州灘、北には南アルプス、富士山を一望。ソメイヨシノ約1000本が山全体を覆う。
    JR袋井駅よりバス「矢柄神社前」バス停徒歩5分
    問合せ:掛川観光協会 TEL 0537-24-8711

    浜岡砂丘(御前崎市)

    浜岡砂丘入口の太平洋自転車道路沿いに咲く河津桜のトンネルが有名。目の高さで楽しませてくれる桜は、桜の花に囲まれた中での写真撮影ができることで人気。
    国道150号浜岡I.Cより南へ約5分 駐車場あり
    問合せ:御前崎市観光協会 TEL 0548-63-2001
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    家山の桜トンネル(島田市)

    大井川鉄道沿いに約280本のソメイヨシノが咲き誇る。桜トンネルのすぐ横を通るSLに子どもたちも大よろこび!
    新東名高速島田金谷ICから国道473号経由25km30分 駐車場あり
    大井川鐵道家山駅から徒歩10分
    「かわね桜まつり」 3月24日(土) ~4月8日(日)
    問合せ:島田市観光協会川根支所 TEL 0547-53-2220

    ■浜松近郊のお花見スポットはこちら

    ◎2018春◎子連れでお花見!桜特集<1>

    ※イベント日程などは2018年3月初旬時点で公表されているものです。諸事情で中止や順延をしている場合もありますので、お出かけ前にご確認ください。

    お花見・紅葉情報
  • 浜松テクノカレッジ 技能祭2018

    2018年3月12日

    5歳の息子と、5年生の姪、2年生の甥も誘って「浜松テクノカレッジ 技能祭2018」へ出かけてきました。チラシによると「浜松テクノカレッジ(浜松技術専門校)」とは県西部の職業訓練施設で、そこで日々行われているさまざまな職業訓練を、子どもから大人まで体験できるイベントが「技能祭」のようです。

    チラシ

    校舎

    校内に入ると、「トントン! カンカン!」トンカチをたたく音が大きく鳴り響いていました。音のほうへ行ってみると、中庭で木工組立のイベントをやっており、私たちもさっそく「飾り棚」製作に参加しました。

    飾り棚

    材料はすでに寸法を合わせて切ってあり、木材には釘が入りやすいようあらかじめ穴があいています。作り方を読みながら作業を進めれば、DIYが得意でなくても簡単にでき上がります。まわりには大工さんやスタッフがたくさんいるので、分からないことはすぐに教えてもらえました。

    でき上がった飾り棚を持って、次はスタンプラリーにみんなで参加しました。すべてのスタンプを押して受付に提出すると、イベントの最後に行われる抽選会の抽選券がもらえます。

    スタンプラリー

    甥はこの抽選会で手作りコマが当たり大喜び♪ いい思い出になりました。

    駒

    校内では、お昼ご飯になりそうな軽食も販売されていたので、私たちは1日中イベントを楽しむことができました。私は行ったことがないのですが、甥が「キッザニアみたいで楽しいね」と言っていました。イベントの途中で「大工さんってすごいね!」「こうやって作られているんだね」と、子どもながらに感じることも多かったようです。

    木工体験

    ものづくりを肌で感じることのできる「浜松テクノカレッジ 技能祭2018」。また来年もぜひ参加したいと思います。

    ■浜松テクノカレッジ(静岡県立浜松技術専門校)技能祭2018

    【開催日時】 2018年2月25日(日) 10:00~14:30

    文/みきこ

    浜松テクノカレッジ

    住所 浜松市東区小池町2444-1
    電話 053-462-5602
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有 *常時、授乳とオムツ替えができる部屋有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.hamamatsu-tech.ac.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(通年・不定期)
  • ◎2018春◎子連れでお花見!桜特集<1>

    2018年3月9日

    ひなまつりも過ぎ、寒かった冬から暖かな春へと季節が移っています。街が桜色に染まるのも、もうすぐですね。そこで市内近郊のお花見スポットを紹介します。柔らかな日差しを感じながら、家族で散歩がてらお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか?

    公園の桜

    ※例年、浜松の桜の開花時期は3月下旬~4月上旬ですが、気候条件により変動します。開花状況については、各問い合わせ先にお確かめください。

    定番!人気のお花見スポット

    浜松城公園(中区元城町)

    浜松市中心部にある市内随一のお花見スポット。天守閣を囲むように咲く満開の桜は、圧巻の美しさ。開花に合わせてボンボリが点灯、さくらまつりも開催され、夜桜見物も楽しめる。
    「浜松城さくらまつり」3月25日(日)~4月8日(日) ボンボリは17:30頃~21:00
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    問合せ:TEL 053-453-3872

    佐鳴湖公園(西区入野町)

    佐鳴湖畔をソメイヨシノ他、約700本の桜が囲む。遊歩道から眺めるのも、ピクニックをしながらお花見を楽しむのもgood!
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    おすすめ散策コースはこちら⇒取材ママレポート
    問合せ:浜松公園緑地協会 TEL 053-411-6687

    浜松市博物館 蜆塚公園(中区蜆塚)

    浜松市博物館や蜆塚遺跡のある公園で満開の桜を楽しもう!
    「蜆塚公園桜まつり」3月24日(土)~25日(日)、3月31日(土)~4月1日(日)
    期間中は花見だんごが焼けるイベントや春色まが玉づくり体験、クイズラリーなどお楽しみイベントを開催。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    問合せ:浜松市博物館 TEL 053-456-2208

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    はままつフラワーパーク(西区館山寺町)

    色とりどり50万球のチューリップとソメイヨシノ・八重桜など約1300本の桜を楽しめる。約1600mに及ぶ桜並木の散歩道や、水辺の広場周辺のチューリップと桜の競演が見事。
    「桜とチューリップの庭園」3月中旬~ 4月下旬
    花の見頃に合わせて桜並木をライトアップ予定。  
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    問合せ:はままつフラワーパーク TEL 053-487-0511
    「浜名湖花フェスタ2018」3月21日(水) ~ 6月10日(日)
    問合せ:浜名湖花フェスタ2018実行委員会 浜名湖舘山寺温泉観光協会 TEL 053-487-0152

    はままつフルーツパーク時之栖(北区都田町)

    園内にソメイヨシノ100本をはじめ約270本のサクラを栽培。桜の他に、かわらしいアーモンドの花が見られる穴場スポット。美しい桜色のグラデーションのお花見が楽しめる。
    問合せ:はままつ フルーツパーク時之栖 TEL 053-428-5211

    浜名湖ガーデンパーク(西区村櫛町)

    里のエリア「百華園」では、アタミザクラやカワヅザクラなどとともに季節の花々を楽しむことができる。
    「浜名湖花フェスタ2018」3月21日(水) ~ 6月10日(日)
    問合せ:浜名湖花フェスタ2018実行委員会 浜名湖舘山寺温泉観光協会 TEL 053-487-0152

    子どもとゆっくり♪お花見散歩

    和地山公園(中区和地山)

    公園で子どもたちを思い切り遊ばせながら、お花見を楽しむことができる。遊んだ後には、北側ある城北図書館で読書をするのもおすすめ。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    船越公園(中区船越町)

    大きな遊具と広い砂場が人気の公園。馬込川沿いにも桜が咲き、小さな野花を楽しむこともできる。公園内にはお弁当を食べるのにぴったりの芝生広場も。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    芳川沿い桜並木(東区上新屋町~丸塚町)

    川沿いに続く約500mの桜並木。菜の花の黄色とのコントラスト、水面に浮かぶ桜の花びらなど、お散歩がてら春を楽しんで。駐車場がないので、近所の方におすすめ。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    段子川沿い 長坂桜堤(中区富塚町)

    住宅地の小さな川沿いにある見事な桜並木。車通りも少なく、ベビーカーや小さな子どもとのお散歩におすすめ。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    御陣屋川の桜並木(浜北区平口~浜北区内野)

    ゆったりした堤防沿いにひろがる桜並木。せり出すように咲く桜が水面にうつる姿が美しい。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    花川運動公園(中区西丘町)

    アスレチック型の遊具が充実した公園で、桜に囲まれてたっぷり遊ぶことができる。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    美薗中央公園(浜北区西美薗)

    遠鉄電車美薗中央公園駅に隣接。桜の中を走る電車を見ることができる。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    若宮八幡宮(浜北区中瀬)

    神社内の遊具から届きそうな、歴史を感じる大きな桜の木が見事。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    都田川桜堤(細江町気賀)

    満開時は堤防沿い約1.5kmの遊歩道が見事な桜のトンネルに。
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート
    「ほそえ姫市」3月18日(日) 9:00~12:00 都田川河川敷
    問合せ:細江観光委員会 TEL 053-523-3336(火・金 9:00~12:00)

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    「第66回浜松市姫様道中」4月7日(土)~8日(日)
    道中行列13:00~15:30

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    穴場の郊外お花見スポット

    西ノ谷公園(西区雄踏町)

    公園内が桜の花に覆われ、お花見が楽しめる。展望台があり、西には浜名湖、東には雄踏の街並みが一望できる。ソメイヨシノ・オオシマザクラ・サトザクラなど150本。
    問合せ:公園管理事務所 TEL 053-473-1829

    浜名湖サービスエリア(北区細江町)

    東名高速道路上下線共通サービスエリア。一般道から繋がる駐車場も併設。浜名湖を見渡せる中でのお花見が素晴らしい。
    問合せ:サービスエリア・コンシェルジェ TEL 053-526-7220
    以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    大平洋富士見平(浜北区)

    豊かな自然に囲まれた浜北森林公園西北の山地最上部。遠州灘と南アルプスが一望できる雄大なお花見スポット。ソメイヨシノ50本。
    東名浜松ICから30分 駐車場あり

    岩水寺(浜北区根堅)

    地元赤佐発展会で整備している「岩水寺さくらの里」の桜並木がみどころ。約500本のシダレザクラやソメイヨシノが沿道をピンクに染める。
    駐車場あり
    問合せ:岩水寺 TEL 053-583-2741

    ■浜松郊外・市外のお花見スポットはこちら

    ◎2018春◎子連れでお花見!桜特集<2>

    ※イベント日程などは2018年3月初旬時点で公表されているものです。諸事情で中止や順延をしている場合もありますので、お出かけ前にご確認ください。

    お花見・紅葉情報
  • 木のおもちゃ専門店 ままごとキッチンtonton

    2018年3月4日

    木のおもちゃで遊べ、工作もできる「ままごとキッチンtonton」に1歳10か月の息子と行ってきました。

    外観

    店にはたくさんのかわいい木のおもちゃがあり、子どもだけでなく親も興奮してしまいます。おもちゃ工房も隣接されているため、店内に入ると木の香りにつつまれます。普段は木のおもちゃ屋さんですが、月に数回イベントがあり、1回につき6組限定ですが店内のおもちゃで遊べる日、工作できる日があります。工作は毎月テーマが変わり、私が行った2月はカメラ作りでした。

    工作の時間に子どもたちは店内のおもちゃで自由に遊ぶこともできるため、息子は家にないおもちゃを見つけてはおおはしゃぎ。

    カメラ作り

    おかげで私はカメラ作りに集中できました。カメラのレンズは4色(赤・黄・緑・青)から選ぶことができるので、息子がカメラからのぞく世界はどの色にしようか? 真剣に悩んで、緑に決めました。

    材料

    スタッフの方が分かりやすく教えてくれたので、不器用な私でも分かりやすく作ることができました。また、作る工程を知りながら子どもが感じるシャッター音や遊び方も教えてもらえます。自分が手作りした安全なおもちゃで子どもが遊ぶ姿を見ると、達成感を感じると思いますよ。

    完成

    もうすこし暖かくなったら手作りカメラを持ち、息子と公園で撮影会をしたいと思います。世界にひとつだけのおもちゃを、親子で作ってみてはいかがでしょうか?

    文/ゆるこ

    木のおもちゃ専門店 ままごとキッチンtonton

    住所 浜松市南区安松町5-1
    電話 053-460-8850
    営業時間 11:00~18:00(イベントは午前は10:00~11:30 、午後は13:00~14:30)
    定休日 水・木・祝日(不定休の場合有、HPの営業日カレンダーを参照)
    料金 ワークショップ(工作)1,000円、おもちゃで遊ぼう100円(1人)
    子連れに便利な設備 オムツ替えのスペース有
    駐車場
    アクセス方法 遠鉄バス6番のりば 「北寺島 大塚」行。「安松南」バス停より徒歩30秒
    URL http://mamagoto.info/?mode=f2
    ワークショップやおもちゃで遊ぼうの空き状況はブログで確認してから申し込みを。
    ブログ http://blog.mamagoto.info/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

     
    お店
  • ミカンの木のオーナーになってみました

    2018年3月2日

    わが家は思い切って、この7月に「ミカンの木のオーナー」になりました。品種は「青島」です。そして、収穫の時期を迎えたので12月中旬にミカン狩りに行ってきました。

    広いミカン農園

    3歳と6歳の娘たちは初めてのミカン狩りに期待がふくらんでいました。2~3mの高さに手入れされているミカン畑の迷路を進むこと数分、私たちの木が現れました。ところが…「あれ、ミカンが少ない?」

    宝さがしみたい
     
    残念なことに昨年の長雨など天候の影響で果実が少なかったようです。しかし、よく見ると低いところにミカンの実が! 青島というのは大きな実がなるので、手ではなく、専用のハサミを使って収穫します。

    農家の方に収穫方法を教えてもらい、いざミカン狩り開始。3歳の娘は危ないのでパパと一緒です。一個取るたびに「ミカンー!とれたよー!」と大はしゃぎで、顔の大きさほどもある大きなミカンを見せに来てくれました。

    顔より大きい?

    6歳の娘は得意げに一つずつていねいに切り取っていました。葉や幹に隠れている実もあるので、「あったー!」「こっちにもあるよ~!」と宝探しをしているようで楽しそうでした。不作の中でも、私たちの木はたくさん採れたので大満足です。
     
    収穫後は2週間ほど貯蔵するそうです。ミカンの木のオーナーになると、自分たちで収穫したものと、農家の方が収穫したものを合わせて30キロ分を自宅に送ってもらえます。

    いっぱいとれたよ

    ならべます

    青島は貯蔵することで甘くなるそうですが、早く食べたかったので、5つほど頂いて帰りました。自分の手で収穫をしたミカンを食べる日が今から待ち遠しいです。今回は農場の方にミカンの木を選んでもらいましたが、来年は自分たちで木を選んでみたいです。

    わが家が「ミカンの木のオーナー」になった会社は事業を始めてまだ2年目ですが、なんと昨年は約100本の契約があったそうです。今年度もオーナーを募集しているそうなので、興味がある方は問い合わせてみては、いかがですか。

    【会社名】 株式会社GAiAS
    【住 所】 浜松市浜北区大平941
    【電 話】 080-4968-6739
    【備 考】 果樹1本当たりの契約料は年間1万5千円。オーナーは最低30キロ分の収穫した果物の発送が受けられる。さらに希望するオーナーには収穫体験も実施。

    文/奈良人

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 帰省先でよろこばれる♪おすすめの浜松土産

    2018年2月26日

    浜松の手土産

    海、山、川、湖など、豊かな自然に恵まれた浜松には、おいしいものがたくさん。そこで、取材スタッフが子育て中のいろんな視点からセレクトしたとっておきの浜松の手土産を紹介します。これで「帰省時の手土産、いつも迷うんだよね…」という悩みも解決! みんなでおいしいものを囲んで笑顔になっちゃいましょう♪

    ※季節や期間限定の商品もあります。在庫を確認のうえ、お出かけください。

    布橋の雪

    (〇) 布橋の雪(田町梅月)

    「犀が崖」にかけられた白布をイメージした真っ白な淡雪をはじめ、カステラ、小豆の羊羹の3層からなるうつくしい和菓子。浜松の歴史を語りながら、世代を超えて囲むのも楽しいひととき。日持ちがするため急な来客のためのストックにもおすすめです。

    取材ママのレポート

    うなぎいもプリン

    (〇) うなぎいもぷりん(うなぎいも王国&カフェ)

    浜松の新名物、糖度の高い「うなぎいも」を使った絶品プリン。こっくりと濃厚な味は、みんなに愛される人気者です。うなぎいも王国&カフェでは、生菓子のほか、サブレやラスクなどの焼き菓子も揃います。荷物を増やしたくない帰省時は、ネット配送も便利!

    取材ママのレポート

    新のり

    (〇) 浜名湖の新のり(丸吉堀江商店)

    牡蠣やうなぎが思い浮かぶ浜名湖ですが、密かに人気なのが新のり。「黒のり」と「青のり」を混ぜた「ぶちのり」が特徴の浜名湖ののりは、サッとあぶると磯の香りが豊かに広がります。上質なうえ、軽くて日持ちもすることから、お使いものにもぴったりです。

    取材ママのレポート

    もなか

    (〇) あんこやの最中(内藤製餡所)

    こしあん、つぶあんはもちろん、黒ごまあん、抹茶あん、季節の果物あんなど、あんこやさんならではの豊富な種類のあんこが揃います。最中の皮をセットにすれば、みんなでわいわい手作り最中の出来上がり! でき立てのおいしさに思わず笑顔がこぼれます。

    取材ママのレポート

    まるたんぽ

    (〇) まるたんぽ(春華堂POP UP STORE KANDA)

    浜松の老舗お菓子処春華堂が「POP UP STORE KANDA」として、期間限定ショップをオープン。お菓子の箱をイメージした店舗内で販売されているのは期間限定バウムクーヘン「まるたんぽ」。かわいくておいしい期間限定の味で盛り上がろう!

    パパ特派員のレポート

    ピーナッツバター

    (〇) 遠州小落花のピーナッツバター(杉山ナッツ)

    遠州の冬の風と太陽を浴び、農薬や化学肥料を一切使用せずに作った遠州小落花のピーナッツバターは、焼き立てのパンにさっと塗るだけでスペシャルなおいしさ! 朝ごはんを極上の時間にしてくれる、大人も子どももうれしい手土産です。

    パパ特派員のレポート

    くまのブッセ

    (〇) くまのブッセ(シュガーポット)

    子どもたちはかわいいものが大好き♪ 「白くまのブッセ」「黒くまのブッセ」は、クマの形がキュートなふんわり生地のスイーツです。お呼ばれのテーブルで開けば、みんな大よろこび! 店内の焼き菓子や種類豊富なラッピング類にもワクワクします。

    取材ママのレポート

    ペカンナッツ

    (〇) とろけるはちみつペカンナッツショコラ(長坂養蜂場)

    ミツバチ「ぶんぶん」のかわいい看板が目印のはちみつ専門店イチオシのお菓子。ペカンナッツはナッツ類の中でも抗酸化作用が高く、アンチエイジングに効果があるそう。忙しい子育てママにプレゼントしたら、よろこばれること間違いなし!

    取材ママのレポート

    お店
  • フォーラムEの自然楽校 エコ料理&畑で観察

    2018年2月23日

    ぴっぴのイベントカレンダーで知ったイベントに親子で参加してきました。「フォーラムE」とは、自然と環境に関わる講座を開催する団体。今回は「エコ料理&畑で観察」ということで、災害時にも役立つエコ料理と、冬の畑で出会える野菜や野花の観察などが行われました。

    畑で活動

    チラシ

    この日は雪がちらつく寒さでしたが、子どもたちは元気いっぱい! 受付をすませ、講座がスタートすると、近くの畑まで歩いて移動しました。畑の持ち主でもある先生のお話に、子どもたちは興味津々。

    説明

    「このツルは何の野菜かな?」「この実は何の種かな?」クイズ形式で畑の不思議を子どもたちに問いかけ、分かりやすく説明してくれます。田舎育ちの私でも初めて知ることが多く、楽しい観察会でした。

    会場へもどると次はエコ料理のスタート。ポリ袋を使ってお米を炊き、一緒の鍋で簡単なおかずも作りました。

    調理

    5歳の息子には少し難しい内容もありましたが、4年生の姪は率先して調理に参加していました。同じグループになったお父さんと5年生の女の子はリピーターで、今回で3回目の参加でした。お米の炊き方は、以前とは少し方法が変わったそうです。「災害時の対処法は、実際やってみて不都合があればよりよい方法に変えていきます」との先生の話に納得です。

    完成

    「フォーラムE」の親子講座は定期的に開催されているとのこと。姪からも「また参加したい」というリクエストがあったので、6月に行われる次回の講座も楽しみにしています。


    ■フォーラムEの自然楽校 エコ料理&畑で観察
    【開催日時】 2018年2月12日(月・祝) 10:00~13:30
    【会場】 下江町公会堂(浜松市南区下江町255)
    【募集】 親子10組
    【参加費】 親子1組(2名)1,500円、一家族追加一名につき500円プラス
    【主催】 フォーラムE 
    【問い合わせ】 090-2575-6170(担当:山口) mail:takuyama7and7@yahoo.co.jp
    【URL】 http://kenkokoza.hamazo.tv/

    ■次回の開催予定
    「フォーラムEの自然楽校 ~畑で観察&エコクッキング初夏編~」
    【開催日】 2018年6月9日(土) 
    【会場】 下江町公会堂
    【対象年齢】 3歳以上
    【持ち物】 動きやすい服装(長袖、長ズボン、帽子、運動靴または長靴)、軍手、水筒、箸またはフォーク、着替え
     【申し込み方法】 
    参加者全員の氏名、子どもの年齢(学年)、連絡先、住所、当日連絡取れる電話番号、メールアドレスを記載してメールでお申し込み。詳細は参加者に後日連絡。

    【申し込み・問合せ】
    フォーラムE 山口雅子
    メール:takuyama7and7@yahoo.co.jp
    電話:090-2575-6170 

    さあ、みんなで初夏の畑に行ってみよう!鳥や蝶に会えるかな。いろんな虫も見つかるよ。畑観察のあとは簡単おやつのエコクッキング。参加家族にはハーブの苗とおやつのお土産もあるよ!お楽しみに~♪

    文/みきこ

    イベント(通年・不定期)
  • とろけるはちみつペカンナッツショコラ(長坂養蜂場)

    2018年2月22日

    浜松の手土産

    子育てで忙しいママ友へのプレゼントに! やさしい甘さに癒されるお菓子

    猪鼻湖のほとりにあるはちみつ専門店「長坂養蜂場」は、ドライブの途中に立ち寄るのにもぴったりな三ヶ日の有名店。ミツバチの「ぶんぶん」のかわいい看板が目印です。
     
    子育て世代にオススメだとスタッフの方に教えてもらった「とろけるはちみつペカンナッツショコラ」は、お店でも一、二を争う人気商品とのこと。

    ペカンナッツショコラ

    栄養価が高いペカンナッツをベルギー産のホワイトチョコレートでコーティング。さらに上からたっぷりのはちみつパウダーで包んであり、上品でやさしい味わいです。贈り物にも、自分へのごほうびにも使えると思います。
     
    ほかにも、いろいろな種類のはちみつ加工食品から化粧品まで、オリジナルのはちみつ製品を幅広く取りそろえています。

    店内

    店内には「はちみつ&マーガリン」など、はちみつを使ったマーガリンやジャムをクラッカーにのせて試食できるコーナーがあり、子連れにも人気でした。

    外観.jpg

    3月にはお客さんからの要望が多かった「はちみつソフトクリーム」を販売するための小屋も完成するそうなので、ぜひまた訪れたいです。

    ☆ココがおすすめ☆
    ペカンナッツはナッツ類の中でも抗酸化作用が高く、アンチエイジングに効果があるそう。忙しい子育てママにプレゼントしたら、よろこばれること間違いなし!

     

    文/hoseco

    長坂養蜂場

    住所 浜松市北区三ヶ日町下尾奈97-1
    電話 0120-40- 1183
    営業時間 9:00~18:00
    定休日 水曜日
    駐車場
    URL https://www.1183.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • お菓子工房kiraraのケーキスポンジ

    2018年2月16日

    新居町のお菓子工房kiraraへ、ケーキのスポンジを買いに行ってきました。店主の加藤さんが作るケーキや焼き菓子は“自分の子どもにも安心して食べさせられるもの”をモットーに、素材にこだわっています。

    ケーキのスポンジ

    ラッピングの講師もしているため、店内にはお菓子…ではなく、ラッピング素材がずらりと並んでいます。ラッピングリボンには、メッセージも印刷してくれます。

    店内

    手作り大好きなわが家ですが、お菓子やケーキを一から作るのは大変なので、誕生日ケーキは、決まってお菓子工房kiraraのスポンジを買っています。スポンジは冷凍でも販売しているので、早めに買っておくことができます。家では好きなフルーツをカットし、生クリームを泡立てるだけです。息子が、生クリームでベタベタになりながら、「イチゴはぜったい一番上だよ!」と言って、楽しくデコレーションしました。

    デコレーション

    ケーキ完成

    私たちと同じママ目線の加藤さんは「小さいときにママと一緒に作ったものは、一生の宝物になる。忙しいママのためにキットを提供して、楽しい思い出作りのお手伝いをしたい」ということで、ケーキスポンジやクッキー生地などを予約販売しています。

    店内

    おいしいし、しかも失敗しないキットを買って、親子で楽しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

    文/お茶子

    お菓子工房kirara

    住所 湖西市新居町中之郷916-3
    電話 090-5112-9452(予約販売のみ)
    駐車場
    URL http://okasikouboukirara.hamazo.tv/c562762.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     

    お店
  • バースデーケーキの買えるスイ―ツ店 シュガーポット

    2018年2月11日

    1年に1回の子どもの誕生日にバースデーケーキは必須! 今までは手作りしていましたが、4歳になる息子のバースデーケーキを初めて「シュガーポット」でお願いすることにしました。浜北区寺島にあり、さまざまなシーンで利用できるスイーツ店です。

    ショーケース

    店内には、いろいろなバースデーケーキが載ったアルバムがあります。

    見本1

    ケーキには自分の好きなキャラクターの手作りマジパンやチョコレートを載せることもできます。

    見本2

    マジパン

    悩んだ結果、息子の好きなアンパンマンの顔のケーキをお願いしました。ロウソクもいろいろな種類がありました。私はひとりで行きましたが、キッズスペースもあるので、子どもといっしょに来ても、ゆっくり相談できると思います。

    キッズスペース
     
    誕生日当日、アンパンマンのケーキを出した瞬間に子どもたちから「うわー!!」という歓声が上がりました。

    ケーキ

    おいしいケーキを食べ、家族で息子の誕生日を祝い、楽しい思い出ができました。ケーキの種類によって申し込み期限が違うので、早めの相談、予約がおすすめです。

    文/ジュン

    シュガーポット

    住所 浜松市浜北区寺島3270-10
    電話 053-584-3467
    営業時間 11:00~19:00
    定休日 不定休
    子連れに便利な設備 トイレ有 カフェスペース・キッズスペース有
    駐車場
    URL http://www.sugar-pot.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 西岸中央公園

    2018年2月7日

    1月中旬に娘たちといっしょに「西岸中央公園」へ行ってきました。公園は横に長く、大きな遊具が2つと小さな子も遊べる遊具が1つ、ブランコが2台あります。子どもたちは、初めて見る不思議な形のシーソーに乗って大はしゃぎしていました。

    シーソー

    大きな遊具はアスレチック要素もあり6歳の姉は簡単そうに遊んでいましたが、3歳の次女には少し難しそうでした。でも、「まってー」とうれしそうに姉の後ろにくっついて遊んでいました。

    大型遊具

    小さい遊具

    公園が広くいくつも遊具があるので、ほかの公園では順番待ちになることが多いターザンロープやブランコなどもスムーズに乗ることができ、二人とも大満足でした。

    ターザンロープ

    しかし、子どもたちがバラバラに遊びだすと、広い園内では目が行き届かない場合もあるため、大人一人で複数の子どもを連れていくときにはしっかり見守ってあげてください。

    整備されたトイレもあり、ベンチも多数あるので、季節がよければお弁当を持って1日中遊べそうです。

    文/奈良人

    西岸中央公園

    住所 浜松市西区大平台三丁目137-1
    電話 053-457-6111(代表)
    開園時間 レクリエーション広場は9:00~17:00(5~8月は19:00まで)
    休園日 レクリエーション広場は年末年始(12/29~1/3)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ 有、オムツ替えシート 有
    駐車場 有(10台)
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/maps/n-seigan_p.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • くまのブッセ(シュガーポット)

    2018年2月6日

    浜松の手土産

    お呼ばれのテーブルで開けば子どもたちも大よろこび! ふんわりカワイイくまのブッセ

    私が手土産購入でよく利用するのは浜北区寺島にある「シュガーポット」です。店内に入るとショーケースのスイーツがまず目に入り、テンションが上がります。クマの顔の形をしたかわいらしい「白くまのブッセ」「黒くまのブッセ」は子どものいるお宅を訪問する際におすすめです。

    くまのブッセ

    外観
     
    焼き菓子の種類が豊富なのもうれしいです。日持ちがするので、関東地方の友人に内祝いとして送ったこともあります。地元(浜松)購入スイーツなので、喜ばれた記憶があります。

    店内

    焼き菓子
     
    このお店の特徴は、季節ごとにいろいろな種類やデザインのお菓子があることです。クリスマスの時期にはツリーなどクリスマス仕様のクッキーがありました。かわいいお菓子の詰め合わせをセレクトすれば、贈る側も贈られる側もワクワクしますね。

    ☆ココがおすすめ☆
    かわいいくま顔のブッセは見ているだけで幸せな気持ちに。ラッピング用のケースやリボン、飾りの種類が豊富だから、詰め合わせも華やか!

     

    文/ジュン

    シュガーポット

    住所 浜松市浜北区寺島3270-10
    電話 053-584-3467
    営業時間 11:00~19:00
    定休日 不定休
    子連れに便利な設備 トイレ有 カフェスペース・キッズスペース有
    駐車場
    URL http://www.sugar-pot.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • お狐さんが迎えてくれる豊川稲荷

    2018年2月4日

    初詣、みなさんはどこに参拝に行きましたか? わが家は先日、遅い初詣に豊川稲荷に行きました。「稲荷ずし」が大好きな3歳の娘と私は、以前から豊川稲荷に行ってみたかったので、前日からわくわくしていました。

    豊川稲荷1

    東名高速の三ヶ日経由で行き、30分ほどで着きました。東海屈指の霊場と呼ばれる豊川稲荷の境内はとても広く、その中に点在する堂塔伽藍は大小合わせて九十棟あまりあるそうです。

    広い境内

    総門を通り、御朱印をお願いしました。初詣にはかなり遅い時期だったためそれほど混んではいませんでしたが、1時間以上はかかるそうなので、御朱印帳をお持ちの方は、先に預けることをお勧めします。

    御朱印帳

    大本殿で参拝するときは娘もさい銭を入れ、二礼二拍手一礼をして、家族の健康を一緒に祈りました。境内には階段や坂道がありますが、スロープなど回り道もあるので、ベビーカーもよく見かけました。

    豊川稲荷といえば、有名な霊狐塚にも行きました。祈願成就で奉納されたお狐さんが大小800体ほどお祀りされています。お狐さんは大きさや表情、ポーズなど少しずつ違うため、見てまわっていた娘は「何かくわえているね!」「こっちを向いているね」など、気づいたことをつぶやいていました。ここは参拝を待つ列があり、並んでから参拝しました。たくさんのお狐さんに囲まれて、なんだか不思議な時間でした。

    お狐さん

    参拝を終え、いよいよ大好きな「稲荷ずし」探しです。表参道には、商店が並び、たくさんの「稲荷ずし」が売られていました。いくつかの「稲荷ずし」と、「おきつねバーガー」というバンズのかわりに油揚げを使ったバーガーを購入しました。帰りは国道1号線を通り、道の駅「潮見坂」に寄って帰りました。

    豊川稲荷では初詣のほかに、春季大祭(豊年祈願祭)や秋季大祭(鎮座祭)、月例祭(御縁日)などがたくさんの年間行事があります。日帰りできる距離なので、家族や友人と参拝や、おいしい「稲荷ずし」を食べに出かけてみるのはいかがですか?

    文/ショコラ

    円福山 妙厳寺 豊川稲荷

    住所 愛知県豊川市豊川町1番地
    電話 0533-85-2030
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有
    駐車場 有(有料)
    URL http://www.toyokawainari.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 遠州小落花のピーナッツバター(杉山ナッツ)

    2018年2月2日

    浜松の手土産

    遠方のお友だちも特別感にワクワク! 遠州限定の落花生で作られるピーナッツバター

    ちょっと気のきいた、大人も子どももうれしい贈り物としておすすめしたいのが、杉山ナッツのピーナッツバターです。

    ピーナッツバター

    トーストにたっぷりのピーナッツバター。朝ごはんの時間が楽しくなる魔法のペーストですね。しかも、このピーナッツバターは、1904年にセントルイス万国博覧会にて世界で一番おいしいと評価された「こらっか」と呼ばれる遠州小落花(品種名:遠州半立ち)で作られています。杉山ナッツの遠州小落花は、浜名湖のカキ殻や海藻などを利用した畑の土で作られ、農薬や化学肥料は一切使用していません。冬の風と太陽がつくったピーナッツは、遠州限定の味覚です。

    製造は、販売店の注文を受けてから開始されます。からむきと焙煎、加工・ビン詰めを行い、翌日に店舗に届けています。生産者の杉山孝尚さんは「本当はペーストにしたその日のうちに食べてもらいたいです。コーヒー豆と同じで鮮度が命」と話してくれました。

    杉山さん

    販売店のひとつ「ビオ・あつみ エピスリー浜松」では、特設コーナーの人気商品だそうです。砂糖を使わず自然な甘みの「プレーン」と、浜北区の養蜂家とコラボした「ハニー」の2種類があります。常温保存ができ、賞味期限も半年と長いので、子育て家庭では重宝するのでは。ビオ・あつみは21時まで営業しているので「忙しくて手土産を買う時間がない」というときにも助かると思います。

    ビオあつみ店内

    ビオあつみ外観

    今季の製造は終了しているため、取扱店舗の在庫がなくなると、シーズンに入る今年の11月まで手に入りません。

    浜松市内ではビオ・あつみを含め7店舗で販売されています。興味のある方は、杉山ナッツのホームページをチェックしてみてはいかがですか。

    ビオ・あつみ エピスリー浜松
    【住所】 浜松市中区砂山町1168
    【電話】 053-456-5550
    【営業時間】 9:30~21:00
    【定休日】 無休 ※不定休
    【駐車場】 有(50台)
    【URL】 http://www.bioatsumi.com/

    ☆ココがおすすめ☆
    おいしさはもちろん、なかなか手に入らないプレミアム感がうれしい! 無農薬栽培のピーナッツだから、原材料が気になる子育て家庭にも安心。

     

    文/kikori

    杉山ナッツ

    住所 浜松市西区雄踏町宇布見4863-40 (こちらでの直売はしていません)
    URL http://www.sugiyamanuts.com

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 掛川森林果樹公園アトリエでパン教室

    2018年1月30日

    幼稚園のお友だちを誘って、5歳の息子とパン教室に参加しました。

    アトリエ外観

    和洋菓子でおなじみの「たこまん」が手がけるパン工房「アトリエベーカリー」は、子ども向けに毎月パン教室を開催しています。あらかじめできた生地を成形してチョコペンで絵を描く作業は、幼児でも楽しく体験できます。小学生の参加ももちろんOKです。

    チラシ

    最初に先生からパン作りの説明を聞きます。材料が絵で描かれた紙芝居のような説明に子どもたちの興味も高まります。

    説明

    説明の後、子どもたちにパン生地が2つずつ分けられました。生地を丸くのばし、中にあんとクリームを入れる作業は、子どもの小さい手では少しコツがいります。息子に「ママ、一緒にやろう」と誘われ、仲よく作業しました。チョコペンで生地に好きな絵を描いたらできあがり! あとは焼きあがりを待つだけです。

    作業中

    「1時間後に取りに来てください」ということで、私たちは隣の果樹公園を散策した後、併設されているレストランでお昼ご飯にしました。

    その後、ケーキ箱に入れられたパンを受け取った息子は「早く見よう! 見よう!」と、うれしそう。家に帰ってパパと今日の話をしながら、さっそくあんぱんとクリームパンでおやつタイム。自分で作ったパンは格別のおいしさです。

    焼き上がり

    「アトリエベーカリー」では、パン教室の他にも「アイシングクッキー教室」や「ピザ教室」も行われているそうです。おいしく、楽しい料理教室体験はいかがですか?
     
    ■パンを作ろう!
    【開催日時】 毎月第2日曜日 10:00~(1時間程度)
    【定員】 8名(予約制)
    【参加費】 1,000円(税込)
    【対象】 5歳以上(5歳以下は要相談)
    【持ち物】 エプロンなど

    文/みきこ

    掛川森林果樹公園アトリエ

    住所 掛川市下俣1-90
    電話 0537-21-2020
    営業時間 9:00~17:00
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(オムツ台)有、キッズスペース有
    駐車場 有(無料)
    URL http://kajyukouen.takoman.net/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン
  • まるたんぽ(春華堂POP UP STORE KANDA)

    2018年1月28日

    浜松の手土産

    友だちファミリーと一緒に食べたい!見た目もかわいい期間限定のバームクーヘン

    浜松の老舗お菓子屋春華堂の期間限定店「春華堂POP UP STORE KANDA」。店舗限定商品として販売されている「まるたんぽ」は丸い形のバームクーヘンで、上にチョコレートがかかっています。

    まるたんぽ
     
    中にはジャムが入っていて、口に入れると生地のしっとり感とジャムの酸味、上にかかったチョコのパリパリ感が楽しめます。味はストロベリーとアップルバターの2種類があります。

    私のおすすめは同じく店舗限定の 「手作り田舎だんご(みそだれ)」です。大きなだんごに甘からいみそだれがたっぷり塗られていて、くせになるおいしさです(写真左)。

    田舎だんご
     
    この店舗は、まず外観にびっくりします。5つのケーキ箱をつなげた形は鉄道用のコンテナをリノベーションしたもので、遊び心があふれています。まさにインスタ映え! 一見の価値ありです。

    外観
     
    桜の木を大胆に使った店内は、開放感とぬくもりのある空間となっています。

    店内

    店内には約130種類のお菓子が販売されていますが、洋菓子が充実している印象です。ガラスケースに入ったケーキはどれも魅力的でした。アレルギー食材についても販売員の方に聞けば、品目を教えてもらえるそうなので安心です。

    ☆ココがおすすめ☆
    店舗と同じ形のまるたんぽ限定ケーキ箱は、遊び心がありお友だちへのプレゼントにぴったり。期間限定・店舗限定だから、もらうほうもうれしさ2倍!

     

    文/よこた

    春華堂POP UP STORE KANDA

    住所 浜松市中区神田町553
    電話 053-441-3340
    営業時間 9:00~19:30
    定休日 無(メンテナンスのため休業の場合有)
    子連れに便利な設備 トイレ、イートインスペース有
    駐車場 有(22台)
    URL http://www.shunkado.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • ◎2018春◎梅の花を見にいこう♪

    2018年1月26日

    例年にない寒波で厳しい寒さが続いていますが、暦の上では大寒が過ぎ日に日に春が近づいています。今回は春の訪れを告げる浜松市内・近郊の「梅園情報」をお届けします。子どもたちと梅の香りを感じながら、暖かな日にお散歩を楽しんでみるのもいいですね。

    ※見頃は気象条件などにより前後します。詳細は直接お問い合わせください。

    梅の花

    浜松市

    大草山昇竜しだれ梅園

    5000平方メートルの園内に10品種以上のしだれ梅がダイナミックに咲き誇る。同時に咲くクリスマスローズも可愛らしい。
    【住所】浜松市西区呉松町大草山中腹
    【期間】2018年2月中旬~3月中旬予定 ※花が終わり次第、閉園
    【時間】9:00~17:00
    【入園料】500円(小学生以上) ※梅開花最盛期は700円
    【駐車場】無料(25台)
    【問合せ】佐藤農園 090-5108-3605
    【URL】http://www4.tokai.or.jp/satonouenn/
    過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    はままつフラワーパーク

    梅と早咲きの桜、チューリップや水仙など春を感じる花の競演が見事!
    【住所】浜松市西区舘山寺町195
    【期間】2018年2月上旬~3月中旬
    【時間】9:00~16:30 *3月以降変更あり
     *2月11日~3月11日の日曜日は甘酒の無料接待あり(10:30~なくなり次第終了)
    【入園料】
    2月:大人500円(500円分のお買物券付)、中学生以下無料
    3月:大人600円~1,000円、中学生以下 300円~500円 *園内の開花状況により変動あり
    【駐車場】200円/1回(537台)
    【問合せ】053-487-0511

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    光岩山長楽寺 梅のトンネル

    階段を覆う梅のトンネルを登りきると広がるのは浜名湖の絶景!
    【住所】浜松市北区細江町気賀7953-1
    【期間】2018年2月中旬~3月中旬
    【時間】9:00~16:00
    【駐車場】無料(時期により有料)
    【問合せ】053-522-0478
    過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    奥山高原 とんまくの里昇竜しだれ梅

    1本1本のしだれ梅が竜が力強く天に昇る姿のように咲き誇る。
    【住所】浜松市北区引佐町奥山堂ノ上1736-1
    【期間】2018年2月25日(土)~3月31日(金)予定
    【時間】9:00~16:00
    【入園料】大人(16才以上)700円 、小人(小・中学生)500円、小学生未満無料
    【駐車場】無料(普通車200台)
    【問合せ】053-543-0234
    【URL】https://www.okuhamanako.com/

    磐田市

    豊岡梅園

    およそ4万坪の広い庭園内を約4000本の梅が美しく覆う。整備された散策道をゆったりと歩くことができる。
    住所磐田市上野部1989-1
    【期間】2018年2月中旬以降予定(開花具合で決定)
    【時間】9:00~16:00
    【入園料】大人 500円、小中学生 100円
    【駐車場】無料(120台)
    【問合せ】0539-62-2666
    過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    袋井市

    小笠山総合運動公園エコパ まんぷく梅まつり

    約300本の梅を楽しめるエコパ梅ロードでお花見をしながら、エコパ市、まんぷくグルメ、大道芸、インラインスケートなど多彩なプログラムが楽しめる。
    【住所】袋井市愛野2300-1
    【日時】2018年2月17日(土) ~ 18日(日) 10:00~15:00
    【場所】ふれあい広場、梅小道、ビオトープ
    【入場料】無料
    【駐車場】無料(8:30~21:00)
    【問合せ】0538-41-1800
    【URL】https://www.ecopa.jp/

    掛川市

    龍尾神社

    きれいに整った神社内の花庭園にたおやかに咲くしだれ梅が見事。
    【住所】掛川市下西郷84
    【期間】2018年2月上旬~3月中旬  ※花の状態により変更あり
    【時間】9:00~17:00
    【入園料】600円
    【駐車場】無料(60台)
    【問合せ】0537-23-0228
    【URL】http://www.tatsuo-jinja.com/
    過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    横須賀城跡公園 梅園

    徳川家康により築城された国指定の史跡。自由に出入りできる城址公園内に83本の紅白の梅が美しく競演する。
    【住所】掛川市西大渕5392-2他
    【期間】2018年2月下旬~3月上旬
    【駐車場】無料(約50台)
    【問合せ】掛川市大須賀支所 地域支援係 0537-48-1000

    菊川市

    第12回黒田家代官屋敷梅まつり

    国指定重要文化財に親しみながら、180本もの様々な種類の梅を鑑賞することができる。
    【住所】菊川市下平川862
    【期間】2018年2月4日(日)~3月4日(日) ※開花状況により変更あり
    【駐車場】無料(約30台)
    【問合せ】菊川市観光協会 0537-36-0201
    【URL】https://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/shoukoukankou/umematsuri.html

    お花見・紅葉情報
  • 名古屋市東山動植物園

    2018年1月25日

    冬休みにしては暖かい日に、家族4人で名古屋市の東山動植物園に行きました。浜松から車で2時間ほどで行くことができます。

    北園門

    園内はとても広く、動物園・植物園・遊園地・東山スカイタワーと複数のエリアにわかれています。わが家がここを訪れるのは3年ぶり2回目。私のお目当ては“イケメンゴリラ”として有名なニシローランドゴリラのシャバーニです。

    さっそくゴリラ舎へ向かうと、食事中のシャバーニを発見!

    ゴリラ

    さすがゴリラ一家のお父さん、貫禄があります。そして、たしかにイケメン。子どもよりもカメラを構えた大人のほうが大勢いました(笑)。

    もちろん東山動植物園の見どころはゴリラだけではありません。ここには約500種の動物が展示されていて、全国的にも珍しい「コアラ」や「ツシマヤマネコ」などを見ることができます。

    園内

    コアラ展示

    アジアゾウ舎の「ゾージアム」ではゾウを見るだけでなく、生態を学習できる展示があります。小学1年生の娘は「ゾウの足って、こんなに大きいんだね」と関心していました。

    アジアゾウ

    昼食はフードコート「ZOOASIS(ゾアシス)」へ。動物園とは思えないオシャレなメニューが並び、家族連れで賑わっていました。子どもたちのリクエストで園内を走っている「スカイビュートレイン」に乗り、植物園駅で降りて温室を見学。「こども動物園」のふれあい広場では、ヤギにエサをあげました。

    スカイビュートレイン

    最後のお楽しみは「遊園地」。小学5年生の息子は一つの遊具に乗ったらすぐ次の遊具へと走り、閉園ギリギリまで楽しみました。前回訪れたときには池のボートに乗ったり、東山スカイタワーに昇ったりしました。私たちは朝から夕方まで約6時間滞在し、一日たっぷりと遊ぶことができました。

    遊園地

    現在、東山動植物園はさまざまな再生プランによって生まれ変わろうとしており、「ゾージアム」もその一環。2018年度にはゴリラとチンパンジーの生活を観察できる「アフリカの森エリア」が完成予定です。見どころ満載、浜松から日帰りで行くことができるオススメなスポットです。

    文/こにゃんこ

    名古屋市東山動植物園

    住所 名古屋市千種区東山元町3-70
    電話 052-782-2111(代表)
    開園時間 9:00~16:50(入園は16:30まで)
    休園日 月曜日(祝日・振替休日の場合はその直後の平日)、12月29日~1月1日
    入園料 大人(高校生以上)500円、中学生以下無料
    スカイタワー共通券:大人(高校生以上)640円
    子連れに便利な設備 ベビーカー貸出有(300円)、授乳スペース有(10か所)、オムツ換えスペース有(ベビーベッド付トイレ)
    駐車場 有(1600台、普通自動車1回800円、8:45~17:00)
    アクセス方法 【車】東名高速道路名古屋ICより県道60号線を西へ約15分
    【電車】地下鉄東山線「東山公園駅」下車、3番出口より徒歩3分
    URL http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 体験できる雑貨屋さん Ruber(ルーベラ)

    2018年1月24日

    わが家は親子で手作りが大好きです。今回は西区舘山寺町にあり、ブレスレットやネックレス、ガラスのミニチュアでドーム作りなどさまざまな体験をすることができる雑貨屋さん「Ruber(ルーベラ)」の体験工房に行ってきました。

    アクセサリー作り

    外観

    店内は想像していたより広かったです。かわいいアクセサリーやインテリア雑貨を見ているだけでも十分楽しめる感じです。「こちらで体験ができますよ」と店員さんに声をかけていただき、奥の工房へ行きました。

    店内

    わが子たちは何を作ろうか悩んだ結果、長女(5歳)と次男(3歳)がスイーツデコ、長男(7歳)はサンドブラストを体験することにしました。

    体験

    途中で大人の助けが必要なところもありましたが、がんばって1時間ほどでタルトのキーホルダーと手書きの絵を写し取ったグラスが完成しました!

    完成

    スイーツデコを乾燥させている間(約40分間)キッズスペースで遊びました。おもちゃなども充実しているので、ママがショッピングや体験をしている間、パパと子どもがキッズルームで遊んでいることもできそうです。

    キッズスペース

    わが家はお店の前の駐車場を利用しましたが、遊園地(浜名湖パルパル)に接しているため、遊園地からお店に入ることもできます。わが子たちは、今回できなかった体験がたくさんあるので、今度は別の体験をしたいと言っています。

    ■サンドブラスト体験
    対象年齢 6歳以上
    料金 体験料1,300円+彫刻素材代450円~

    ■スイーツデコ体験
    対象年齢 3歳以上
    料金 1,800円~

    文/ジュン

    Ruber(ルーベラ)

    住所 浜松市西区館山寺町1891(浜名湖パルパル隣接)
    電話 053-487-0030
    営業時間 9:30~18:00(体験最終受付は、営業終了1~2時間前まで。詳しくはHPの手作り体験工房参照)
    休業日 毎月第3木曜日(詳しくはHP参照)
    子連れに便利な設備 トイレ、キッズスペース有
    駐車場
    URL http://www.ruber-hamanako.com/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • こども館体験記「ドラムで輪になろう!」

    2018年1月23日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    冬休みも終盤のある日、子どもたちの気分転換のためにこども館を訪れました。この日は14時から「ドラムで輪になろう!」のイベントが予定されていたので、初めて参加してみました。

    ドラム3

    イベントが行われるホールに行くと、30台ほどのドラムとイスが円形にセットされています。「ジャンベ」や「アシーコ」など、世界中のいろいろなドラムが置いてあり、そのカラフルさは見ているだけでも楽しいです。楽しそうにドラムを叩いている子を見た5歳の長男は興味を持ったようで、すぐに自分も好みのドラムを見つけて叩き始めました。

    イベント開始の時間になると、いったんみんなドラムを叩くのをやめて、講師の金田さんのあいさつを聞きました。

    ドラム2

    このイベントは「ドラムサークル」という演奏の手法で、思い思いにドラムを叩いて音楽を作り、楽しもうという主旨だそうです。初めに基本のドラムの叩き方を教わりました。ドラムのまん中を大きく「ドン」と叩く方法と、縁を指先でやさしく「トントン」と叩く2つの方法があり、その使い分けでだいぶドラムで作りだす音楽に広がりが出ました。

    ドラム1

    基本を覚えると、次は前の人が叩いたリズムをみんなで真似して演奏です。「タタ、タンタン」や「タタタタ、タッタッ」など、その場で思い付くさまざまなリズムにほかの子どもたちはすぐに対応していきます。2歳の次男には難しかったようですが、5歳の長男はがんばって真似していました。さらに12月と1月のお誕生日の子に向けて、ハッピーバースデーの曲をみんなで演奏しました。最初は子どもたちがバラバラにドラムを叩いており、みんなでそろっての演奏は無理ではないかと思ったのですが、金田さんのリードもあり、ちゃんと曲になりました。1曲終わるごとに一体感と達成感が増していきます。

    ドラム4

    子どもたちが座ったイスの下にはレモンやトウモロコシ、ドーナツなどいろいろな形のマラカスが置かれていて、それを使っての演奏も行われました。金田さんがメロディオンで「おもちゃのチャチャチャ」を演奏し、「チャチャチャ」の部分では子どもたちがマラカスを振ります。幼稚園でも定番の曲なので、長男はノリノリで、次男は私と一緒にがんばって演奏しました。

    ドラム5

    30分ほどで第1部は終了。5分ほど休憩して第2部へとうつります。わが子たちは別の遊びに興味がうつり、第1部だけでやめてしまいましたが、続けて参加してもOKだそうです。みんなでドラムを叩く一体感がとても楽しく、また思いっきりドラムを叩くことでリフレッシュできました。

    このイベントは、ほぼ月に1回、第1日曜に定期的に行われているそうで、次回は3月に開催予定とのことです。また機会を見つけて参加したいと思いました。

    文/hoseco

    こども館スタッフからひとこと

    スタッフ

    このイベントは、ドラムを叩くというとても単純な遊びなので、小さい子から大人まで誰もが楽しめると思います。ぜひ思いっきりドラムを叩きに来てください!

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • あんこやの最中(内藤製餡所)

    2018年1月22日

    浜松の手土産

    子どもたちと一緒に挟もう♪ 帰省先で盛り上がるオリジナルあんの最中

    浜松駅近くの「あんこや」の看板が気になるお店「内藤製餡所」。ここで買える自家製あんこともなか皮のセットは、家族や友だちとの集まりでわいわい食べるのにおすすめです。

    あんこと皮
     
    あんこの製造、小売り、卸しをメインにしているそうで、店内には見たこともないあんこの種類がたくさん! 

    外観

    味付けする前の生あんこをはじめ、マロンやミカン、レモンなどめずらしい味のあんこもあります。好みのあんこを手焼きもなかの皮ではさめば、市販のものでは味わえない皮のサクサク感と自分たちで作る楽しさを同時に味わえます。

    店内1
     
    今回は帰省時に家族で食べるおやつとして、子どもが好きなつぶあん、両親が好きな黒ごまあんの2種類を購入。つぶあんの種類にはもなか専用あんこもあり、そちらがおすすめとのことでした。わが家はあまったあんこをお正月のお餅と食べたかったので、お店のかたに相談して、普通のつぶあんにしました。

    店内2

    ほかにも静岡産のお茶を使ったあんこやきんつばなど、静岡らしい品もあり、静岡土産としてもいいですね。贈呈用のラッピングもあるので、いろいろなシーンで利用できそうです。

    ☆ココがおすすめ☆
    静岡県産茶葉を使った抹茶あんや子どもがよろこぶ果物あんなど、ほかにはない種類の多さに選ぶ方もワクワク!

     

    文/hiromiko

    内藤製餡所

    住所 浜松市中区平田町48-2
    電話 053-452-3407
    営業時間 8:00~18:30
    定休日 日、月(彼岸、年末は営業)
    駐車場
    URL http://www.naitouseianjyo.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • ヘブンスそのはら Snow World

    2018年1月20日

    子どもたちにスキーや雪遊びをさせたいと思い、なるべく近場でと考えて、「ヘブンスそのはらSnow World」に行ってきました。

    ゲレンデ前
     
    日曜日の午前中に出発し、高速道路を使い約2時間半で到着しました。中央道園原ICから5分ほど、アクセスのよい場所にあります。レンタル、身支度をすませ、ロープウェイに15分ほど乗りいざスキー場へ。

    ロープウェイ

    この日は駐車場に雪はほとんど積もっていなかったのですが、山頂は白銀の世界でした。私と長男(7歳)は、さらにリフトに乗り、スキーを楽しみました。スキーヤー専用ゲレンデのため、スノーボーダーに気兼ねせずにすべることができます。昨年はターンがうまくできなかった息子ですが、今年は上手にターンしていて、成長を感じました。「ぼく、上手になったよ」と息子もうれしそうでした。

    スキー上達
     
    パパと長女(5歳)、次男(3歳)はソリ専用エリアが充実しているキッズワールドでソリ遊び。

    キッズワールド

    傾斜が緩やかでちょうどよい速度だったようです。みんなで合流してからは、家族で雪だるまを作りました。浜松出身のわたしは作り方がよくわからなかったのですが、埼玉県出身のパパがリードしてくれました。家族で力を合わせて作った雪だるまが見事に完成して、みんな笑顔になりました。

    ゆきだるま

    キッズスペース
     
    わが家は会えませんでしたが、「ヘブンスそのはら」にはキティちゃんやその友だちが遊びに来て、会うこともできるようです。今度はぜひキティちゃんに会って一緒にすべったり、遊んだりしたいと思っています。

    文/ジュン

    ヘブンスそのはらSnow World

    住所 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
    電話 0265-44-2311
    営業期間 2017年12月23日(土)~2018年3月25日(日)※予定
    営業時間 8:30~16:30(1月1日は6:00~)
    *チケット販売時間 8:15~15:30
    *ロープウェイ運行時間8:30~16:30
    *リフト運行時間8:30~(16:00から16:30までリフトにより異なる)
    料金 【ゴンドラ・リフト券】 1日券 大人4,150円、シニア(60歳以上)、小中学生2,400円、未就学児無料
    【リフト乗車券】 1回券200円、回数券(11枚綴り)2,000円
    【キッズワールド入場券】 500円(歩ける子どもから必要)
    子連れに便利な設備 授乳室、オムツ交換台、室内キッズルーム有
    駐車場 有(1,500台)無料
    URL http://www.mt-heavens.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    スキー・スケート
  • ☆2018冬☆鬼は外!福は内!子どもと一緒に節分イベント

    2018年1月20日

    鬼は外

    浜松市内や近郊の寺社で行われる節分祭は、豆袋や紅白もちがまかれ、たくさんの人で賑わいます。お菓子がまかれるところも多いので、子どもたちも楽しく参加できます。小さな子どもと一緒にゆっくり過ごすなら、施設で行われる室内イベントもおすすめ♪

    おうちでも「鬼は外~!福は内~!」と元気いっぱいに豆まきをし、鬼を追い払いたいですね。節分が終われば「立春」です。春はすぐそこですよ!

    節分祭(浜松市内)

    五社神社 諏訪神社 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 16:00~
    【場所】 五社神社 諏訪神社 (浜松市中区利町302-5)
    【問合せ】 tel:053-452-3001
    【URL】 http://www.gosyajinjya-suwajinjya.or.jp/

    浜松八幡宮 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 節分祭 15:30~、豆まき 16:00~
    【場所】 浜松八幡宮 (浜松市中区八幡町2番地)
    【問合せ】 tel:053-461-3429
    【URL】 http://www.hamamatsuhachimangu.org/

    鴨江寺 節分祭

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 鴨江寺(浜松市中区鴨江4-17-1)
    【問合せ】 tel:053-454-5121
    【URL】 http://kamoeji.jp/

    遠州信貴山 節分祭

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 遠州信貴山 (浜松市中区中沢町81-26)
    【問合せ】 tel:053-472-6671
    【URL】 http://www.e-sigisan.jp/

    曹洞宗舘山寺 節分会

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 15:00~
    【場所】 曹洞宗舘山寺(浜松市西区舘山寺2231)
    【問合せ】 tel:053-487-0107
    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    井伊谷宮 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 16:00~
    【場所】 井伊谷宮(浜松市北区引佐町井伊谷)
    【問合せ】 tel:053-542-0355
    【URL】 http://www.iinoyaguu.or.jp/

    細江神社 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 15:00~(予定)
    【場所】 細江神社(浜松市北区細江町気賀996)
    【問合せ】 tel:053-522-1857

    岩水寺 星まつり

    【日時】 2月18日(日)
    【場所】 岩水寺(浜松市浜北区根堅2238)
    【問合せ】 tel:053-583-2741
    【URL】 http://www.gansuiji.jp/

    節分祭(浜松市外)

    矢奈比売神社(見付天神)

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 矢奈比売神社(見付天神)(磐田市見付1114-1)
    【問合せ】 tel: 0538-32-5298
    【URL】 http://mitsuke-tenjin.com/

    小国神社 節分祭

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 小国神社(周智郡森町一宮3956-1)
    【問合せ】 tel:0538-89-7302
    【URL】 http://www.okunijinja.or.jp/

    法多山尊永寺 節分祭

    【日時】 2月3日(土) 豆まき 12:00~、14:00~
    【場所】 法多山尊永寺(袋井市豊沢2777)
    【問合せ】 tel:0538-43-3601
    【URL】 http://www.hattasan.or.jp/

    龍尾神社

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 龍尾神社(袋井市下西郷84)
    【問合せ】 tel:0538-89-7302
    【URL】 http://www.tatsuo-jinja.com/

    可睡斎

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 可睡斎(袋井市久能2915-1)
    【問合せ】 tel:0538-25-2121
    【URL】 http://www.kasuisai.or.jp/

    事任八幡宮

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 事任八幡宮(掛川市八坂642)
    【問合せ】 tel:0537-27-1690
    【URL】 http://www.geocities.jp/kotonomachihime/

    小さな子と一緒でも安心♪ 室内のイベント

    昔のくらし体験館 節分のお面作り

    【日時】 1月20日(土)~21(日)  9:30~12:00、13:00~15:30
    【場所】 浜松市博物館
    【問合せ】 tel:053-456-2208

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    節分にちなんだ人形劇を観よう

    【日時】 1月27日(土) 14:00~15:00
    【場所】 舞阪図書館 2階 講座室2
    【問合せ】 tel:053-592-7000

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    エコでごちそう教室 恵方巻づくり!

    【日時】 2月3日(土)
    【場所】 浜松市エコモデル住宅 (浜松市西区大平台3-21-1)
    【問合せ】 tel:053-485-2021
    【URL】 http://www.hamaeco.org/

    イベント(冬)
  • 浜名湖の新のり(丸吉堀江商店)

    2018年1月18日

    浜松の手土産

    家族が集まる冬の食卓で大活躍! 香り豊かな浜名湖の新のり

    浜名湖の冬の味覚といえば「牡蠣」や「とらふぐ」がありますが、私は一番に「のり」が思い浮かびます。浜名湖の「のり」は、「黒のり」と「青のり」を混ぜた「混ぜのり(ぶちのり)」が特徴。特に12月下旬から販売される「新のり」は、店頭に並ぶやいなやお客さんが殺到する人気商品です。

    のり

    この「新のり」を買うためにわが家がいつも訪れるのは大正13年創業、西区舞阪町の「丸吉堀江商店」。

    外観

    店内に入ると、まっ先にお目当ての「新のり」を手にとります。この「新のり」は軽くあぶると磯の香りがふわっと香ります。うちの子どもたちは、焼いたおもちにしょうゆをつけてこの「のり」を巻いた「いそべ焼き」が大好き! 冬の楽しみのひとつです。

    店内

    私がいつも「のり」と一緒に購入するものが産地直送で製品販売している舞阪産の「しらす」。子どももパクパク食べます。贈答品として小さな箱やパックで送ることもできるそうです。

    しらす

    子どもには「味のり」も人気で、削りたてのかつおぶしなど乾物も揃っています。浜名湖の味覚を求めて舞阪町へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

    ☆ココがおすすめ☆
    小さな子どもから大人まで、一緒に浜名湖の恵みを味わえる。どんな家庭でも重宝するのりは、贈る相手を選ばない!

     

    文/こにゃんこ

    丸吉堀江商店

    住所 浜松市西区舞阪町舞阪1794-2
    電話 053-592-0148
    営業時間 8:30~18:00
    定休日 1月1日、臨時休業の場合有
    URL http://marukichi-jp.net/
    ※しらすの価格は時期により異なる

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • うなぎいもぷりん(うなぎいも王国&カフェ)

    2018年1月16日

    浜松の手土産

    帰省で集まった子どもたちとワイワイ食べたいお菓子

    浜松の新名物、「うなぎいも」を知っていますか? ウナギの骨や頭を肥料にして育てられた遠州産のサツマイモです。

    プリン

    糖度がたいへん高く、ねっとりあま~い「うなぎいも」は、焼き芋はもちろん、お菓子の材料などに加工してもおいしく食べられます。そんな「うなぎいも」を使ったお菓子やグッズを取り扱っている「うなぎいも王国&カフェ」は、気軽に手土産を購入できる場所としておすすめです。

    外観

    カフェも兼ね備えた店内には「うなぎいも」を使ったお菓子が所狭しと並べられています。「うなぎいも」の宣伝大使、ゆるキャラ「うなも」がプリントされたパッケージはなんともキュート♪

    店内

    お店のイチオシ商品は、売上ナンバー1の「うなぎいもぷりん」。サツマイモのやさしい甘さが感じられる少し固めの食感が特徴のプリンは、5歳の息子もお気に入りです。スイートポテトなどの生菓子も人気ですが、チップスやラスク、サブレなどの箱菓子は常温保存可能で日持ちするので助かります。地元の和洋菓子店とコラボしたお菓子も多く、浜松色の高い商品は手土産にはもってこいですね。

    詰め合わせ

    これらの商品は通信販売もされています。私は遠方へのお土産は、あらかじめネットで注文して配送してもらっています。子連れでの移動はたいへんですし、帰省時などに荷物を増やしたくない方にも助かるサービスだと思います。

    ☆ココがおすすめ☆
    かわいい「うなも」のパッケージに子どもたちもテンションアップ! ネット配送対応は、帰省ファミリーも大助かり♪

     

    文/みきこ

    うなぎいも王国&カフェ

    住所 浜松市南区卸本町50
    電話 053-443-8352
    営業時間 10:00~18:00
    定休日 年末年始
    子連れに便利な設備 トイレ有(洋式)
    駐車場
    URL http://www.unagiimo.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • 布橋の雪(田町梅月)

    2018年1月14日

    浜松の手土産

    三世代での団らんにぴったりな浜松ゆかりの和菓子

    わが家がちょっとしたお礼やお返しでよく利用するのは、年齢を問わずよろこばれる田町梅月の「布橋の雪」です。

    布橋の雪

    「布橋の雪」は、フワフワのカステラ・真っ白な淡雪・小豆の羊羹の3層になっていて、ひと口で3つの味を楽しむことができます。うちの子たちが大好きな和菓子のひとつで、わが家では3種類の異なる味を1種類ずつこそげとって味わうという、ウラワザを楽しんでいます。

    店内

    外観

    徳川家康と武田信玄の三方が原の戦いの逸話をもとに創作されたお菓子で、淡雪は「犀が崖」の白布をイメージしているそうです。浜松の歴史を語るにはもってこいですね。

    人数によって切り分けられるので、普段のお茶菓子にもいいですし、日持ちするので、ストックしておいて急なお礼などでお客さまに差し上げるにも重宝します。

    ☆ココがおすすめ☆
    三層の味や見た目が楽しく「三方が原の戦い」の逸話も合わせて家族の会話が弾む♪ 日持ちするので急な来客用の買い置きにも。

     

    文/お茶子

    田町梅月

    住所 浜松市西区坪井町4095-1
    電話 053-447-8866
    営業時間 9:00~18:30
    定休日
    駐車場 有(13台)
    URL https:www.tamachi-baigetsu.co.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • うなぎいも王国&カフェ

    2018年1月11日

    ウナギの骨や頭を肥料に使い育てたサツマイモ「うなぎいも」を知っていますか? 糖度35度以上のねっとりあま~いサツマイモで作られたスイーツが味わえる「うなぎいも王国&カフェ」へ5歳の息子と出かけてきました。

    カウンター

    息子はこちらのお店のゆるキャラ「うなも」が大好き! 今日も「うなものお店に行く~♪」とテンション高めです。店内には「うなぎいも(サツマイモ)」はもちろん、それを使った箱菓子や生菓子なども売られています。文房具などの「うなもグッズ」も人気です。

    店内にはカフェもあり、利用するは先にレジで注文と支払いをします。私たちは店長おすすめの「デザート3種盛り」セットと1番人気の「いもシェイク」をオーダー。注文後、息子はパズルをしたり「うなも」の変身セットで遊んだりしながら待っていました。

    パズル

    なりきりうなも

    待ちに待ったスイーツがくると「わぁ~♪」と、息子のうれしそうな声。この日はクリスマス間近ということで、イチゴのトッピングサービスがありました。

    3種盛りセット

    カフェメニューには、スイーツのほかにもカレーやバーガーなどの軽食もあります。これらはまた次回のお楽しみにしました。

    メニュー

    ゆるキャラ「うなも」は、不定期でお店のお手伝いをすることもあるそう。お店にいるときは一緒に記念撮影もできるので、もし見つけたら楽しい思い出ができそうですね。

    文/みきこ

    うなぎいも王国&カフェ

    住所 浜松市南区卸本町50
    電話 053-443-8352
    営業時間 10:00~18:00
    定休日 年末年始
    子連れに便利な設備 トイレ有(洋式)
    駐車場
    URL http://www.unagiimo.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン
  • 親子で楽しむクリスマスコンサート

    2018年1月11日

    積志協働センター内のホールにて行われた親子で楽しむクリスマスコンサートに参加してきました。会場はドアの締め切りもなく、気兼ねなく出たり入ったりすることができ、リラックスできる雰囲気です。

    プログラム

    2歳の息子にとっては、初めての生演奏。迫力満点の音楽にすっかり夢中になり、曲を聴きながら手拍子をしていました。知っている曲が流れると体を揺らし、口ずさみながら楽しんでいました。
     
    演奏は積志ウィンドアンサンブルという市民吹奏楽団の方々で、親子で楽しくコンサートが聞けるようにみなさんサンタクロースやトナカイの服を着ていました。演奏のあいまにひとりの男の子が「サンタさんがたくさんいて、どれが本物のサンタかわかんないよ」とポツリとつぶやくと、サンタクロースの格好をした指揮者の方が自分の鼻を指差し「僕が本物だよ」というようなジェスチャーをして会場を沸かせる場面もありました。

    演奏

    帰りにはサンタクロースからお菓子のプレゼントもあり、大人も子どもも楽しめるコンサートでした。

    ■親子で楽しむクリスマスコンサート
    【日時】 2017年12月10日(日)  午前の部11:00~11:45、午後の部13:30~14:15
    【会場】 積志協働センター
    【費用】 無料
    【主催】 積志ウィンドアンサンブル(SWE)
    【URL】 https://sekishiwind.jimdo.com

    文/なお

    イベント(冬)
  • たい焼き濱春

    2018年1月8日

    寒くなると「そろそろはじまる時期かなぁ」と、息子が楽しみにしている店があります。それは冬限定のたい焼き屋さん「濱春」です。わが家ではそろばんをがんばったごほうびとして、毎週通っています。

    外観

    北海道の十勝産を使った自家製つぶあんは、豆がしっかりしており、ちょうどいい甘さ。作り置きはしておらず、注文を受けてから焼くので、いつでも焼きたてが味わえます。あんこがおいしいのはもちろんですが、年中の娘は、たい焼きのまわりのパリパリした皮の部分がお気に入り。選ぶ時は、「パリパリの大きい方!」といって、真剣に選んでいます。

    たい焼き
     
    一匹、100円という手頃な値段なので、近所のお宅に遊びに行くときのちょっとした手土産にも利用しています。近所の子どもたちが百円玉をにぎりしめて買いに来る姿は、見ていてほっこりした気持ちになります。10匹買うと、1匹おまけしてくれるうれしいサービスもあります。

    店内2
     
    ツウ情報として「濱春」では、お店の奥に手作りのマスク、コップ入れ、上靴入れも販売しています。

    店内1

    入園入学時など、手作りが苦手なママには、心強いお店になるのではないでしょうか?

    文/aokyo

    遠州鯛焼御三家 濱春

    住所 浜松市南区西町335
    電話 090-1278-0010
    営業時間 11:00~18:00
    定休日 月曜日
    営業時期 11月~4月頃(秋冬限定)
    駐車場 有(10台)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • ステーキのあさくま 浜松本郷店

    2018年1月7日

    11月にオープンした「ステーキのあさくま 浜松本郷店」に5歳の息子と行ってきました。

    外観

    息子が「あさくま」に行くのは久しぶり。前回は3歳の時で、鹿谷ガーデン店に連れて行きました。3歳以下の子どもはサラダバーが無料で食べられるサービスがあり、うれしかったです。今回はお子さま限定メニューの「キッズハンバーグ」をオーダー。このメニューは花火のサービス付きなので、運ばれてくるのを見て「おぉー!! キレイだね!」と盛り上がりました。

    キッズメニュー

    サラダバーには息子も大好きなコーンスープやカレーもあり、食べごたえ十分。デザートメニューも豊富で、ゼリーやプリンのほかにもワッフルメーカーを使って自分でたい焼きを焼く、専用の機械で綿菓子が作れるなど子どもも楽しみながら食事ができました。

    デザート

    店内は広いのでベビーカーのまま入店もOK。座敷席もあるので赤ちゃん連れも助かりますね。

    座敷

    文/みきこ

    ステーキのあさくま 浜松本郷店

    住所 浜松市南区本郷町296-1
    電話 053-424-9211
    営業時間 ・平日 ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~23:00(オーダーストップ22:00)
    ・土日祝 ランチ11:00~16:00、ディナー16:00~23:00(オーダーストップ22:00)
    定休日
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(オムツ台)、座敷席、幼児用イス、幼児用カトラリー有
    駐車場 有(49台)
    URL http://www.asakuma.co.jp/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン
  • クリスマス ぬいぐるみおとまり会

    2018年1月5日

    舞阪図書館で行われた「ぬいぐるみおとまり会」に5歳の息子が参加してきました。このイベントはとても人気があり、以前から気になっていたのですが、なかなか予約がとれずに今回が初めての参加でした。

    案内

    クリスマスバージョンのおとまり会なので、会場にはツリーやモールですてきな飾り付けがされています。時間になるとお気に入りのぬいぐるみを持った子どもたちが続々とやってきました。息子は大好きな「おさるのジョージ」と一緒です。

    会場

    みんなそれぞれのぬいぐるみを膝にのせて、まずは手遊びからスタートです。続いて読み聞かせタイム。いつもはお母さんの膝の上でお話を聞く子どもたちも、この日ばかりは自分がぬいぐるみのお母さんになったようで、とてもかわいかったです。

    後半には松ぼっくりでツリーを作るお楽しみもありました。

    ツリー

    製作中

    会が終わると、ぬいぐるみは図書館でおとまりタイム。どの子もぬいぐるみと別れがたい様子です。翌日ぬいぐるみをお迎えに行くと、ジョージは元気な様子で息子の手元に戻ってきました。

    お昼寝中

    ぬいぐるみたちが楽しくおとまりした様子はアルバムとしてプレゼントしてもらえ、息子は大喜び♪ さらに、おとまりの間にジョージが息子に読んでもらいたいと選んだ絵本も貸し出ししてもらえました。

    絵本

    「ぬいぐるおとまり会」を通して、息子はますます図書館に親しみを感じてくれたようです。
     
    ■クリスマス ぬいぐるみおとまり会
    【日時】 2017年12月16日(土)14:00~15:00 ぬいぐるみお迎え17日(日)13:00~
    【場所】 浜松市立舞阪図書館2階 講座室2
    【定員】 先着30名
    【対象】 小学生以下

    文/みきこ

    浜松市立舞阪図書館

    住所 浜松市西区舞阪町舞阪2668‐56
    電話 053-592-7000
    利用時間 火~木曜日、土・日・休日9:00~18:00  金曜日(休日を除く)9:00~19:00
    休館日 月曜日(休日をのぞく)、年末年始(12月29日~1月3日)、館内整理日(毎月第4木曜日)、蔵書点検期間
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有、ベビーベッド1階トイレ前に有
    駐車場 有(31台)無料
    URL https://www.lib-city-hamamatsu.jp/access/maisaka/index.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(冬)
  • 森の科学館(ドングリホール)へ遊びに行こう

    2018年1月4日

    わが家は外遊びが毎日の日課。新しい遊び場を探そうと「静岡県農林技術研究所森林・林業研究センター」へ行ってきました。

    入口

    ここは、どんぐりについて調べていたときに偶然見つけて気になっていた場所。「森の科学館(ドングリホール)」という施設があり、誰でも入って遊ぶことができます。到着すると「ご自由にお入りください」と書かれた看板があります。念のため研究センターの事務所に寄り、職員の方に声をかけると「大丈夫ですよ」とにこやかに対応してくれました。

    ドングリホールに入ると木材のいい香りがします。ホール内にはクマやイノシシなどのはく製、木のおもちゃ、乗り物、子どもが入れるくらいの丸太小屋がありました。

    くまのはく製

    木のおもちゃ

    2歳の娘はすべてに興味津々で積み木をしたり、乗り物で走ったりして楽しんでいました。その間に私はホール内の展示物を見て回りました。円形のホール内にはパネルや模型、巨木の輪切りなどが展示され、通路を進むにつれ森林や林業についての理解が深められるようになっていました。森林クイズなどは大人の私も知らないことが多かったです。

    森林について掲示

    ホールを出ると「森の科学園」という研究センター内にある森を散策しました。国内外の樹木約1,000種、1万本ほどが植栽されており、四季折々の植物が出迎えてくれるそうです。

    森を散策

    この日は松ぼっくりをお土産に持ち帰りました。春は桜が楽しめるそうなので、次は春に遊びに行こうと思いました。

    文/けん嫁

    静岡県農林技術研究所森林・林業研究センター 森の科学館(ドングリホール)

    住所 浜松市浜北区根堅2542-8
    電話 053-583-3121
    開館時間 10:00~16:00(土・日・祝日も開館)
    休館日 年末年始
    子連れに便利な設備 トイレ有
    駐車場
    URL http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-850/04_shisetsu2_kagakukan.htm

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 根上り松

    2017年12月31日

    2歳のお散歩好きの娘を連れて、近所の根上がり松に遊びに行ってきました。根上り松とは樹齢約200年の松で、根の部分が2メートル以上も地面から浮きあがっています。その特異な形状や大きさで昔から名所として親しまれてきたそうです。

    根上り松前

    根上り松は支柱に支えられつつも健在で、強い存在感をはなち、この地域になくてはならない風景となっています。その松を中心に周辺の雑木林が保護されていて、小さいながらも豊かな自然を残しているスポットがあります。根上り松の周辺ということもあり、林の中は松の木だらけ!そして地面には松ぼっくりが山のように落ちているではありませんか!

    散策中

    松ぼっくり拾いがマイブームの娘にとって、ここはまさに宝の山。最初は娘と林の中をちょっと散歩できればいいかなと思っていましたが、娘は目を輝かせてどんどん拾っていきます。

    松ぼっくり

    最後は両手では抱えきれなくなり、かぶっていたお気に入りの帽子にたくさん詰めていき、とても満足そうでした。

    たくさん拾う

    拾った松ぼっくりは娘とペイントして、クリスマスの飾りを作りました。

    文/よこた

    根上り松

    住所 浜松市中区鴨江三丁目
    子連れに便利な設備 遊具、トイレ有
    駐車場
    アクセス方法 JR浜松駅北口バスターミナル3番乗り場「佐鳴台団地経由大平台行」方面に乗車、約10分「根上り松」下車

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • 親子で農業体験 ミカンの収穫作業

    2017年12月30日

    12月のある週末、家族でミカン収穫体験をしてきました。NPO法人会「こども達の笑顔プロジェクト」は、親子向けイベントを定期的に開催しています。今回は親子で農業体験をしようということで、ミカンの収穫作業が企画されました。

    私はブログで開催を知り、すぐにメールで申し込みました。受付完了のお知らせのほかにも、開催日前日に最終確認のメールも届き、スムーズにやり取りができました。

    みかん畑

    当日、集合場所ではお手伝いの小学生たちに笑顔で迎えられました。参加者が集まりミカン園へ移動すると、待ちに待った収穫作業のスタートです。

    木になるみかん

    収穫バサミとカゴが渡され、園内の好きな場所で収穫ができます。5歳の息子にはハサミの扱いが難しかったので、採ったみかんをカゴに入れる係を担当してもらいました。今年のミカンの出来は上々。どれが一番甘そうかな? と、おいしそうなミカンを探しながらの作業は大人も子どももすぐに夢中になり、あっという間に作業終了になりました。

    自分たちで収穫したミカンは、山盛り一カゴ分がお土産として持ち帰れます。もちろん収穫しながら味見もできました。

    みかん狩り

    採れたてをパクリ

    今までイチゴ狩りしか体験のなかった息子ですが、今回初めてミカンの収穫体験をして、ミカンが大好きになったようです。

    ■親子で農業体験 ミカンの収穫作業
    【日時】 2017年12月10日 受付10:00、作業開始10:30~1時間程度
    【集合場所】 株式会社GAiAS本社 (浜松市浜北区大平941) 
    【作業場所】 足立農園のミカン畑
    【対象】 未就学児・未就園児・小学生のいる家族またはグループ(各5名まで)
    【定員】 15組
    【参加費】 1家族または1グループ(5名まで)2,500円 お土産付
    【持ち物】 軍手・タオル・水筒・帽子・カッパ(小雨決行)
    【問い合わせ】 NPO法人会 こども達の笑顔プロジェクト090-5614-3854 担当 鈴木
    【URL】 http://kodomotachinoegao.hamazo.tv/

    文/みきこ

    イベント(冬)
  • ◎2018冬特集◎お正月イベント

    2017年12月28日

    こままわしぴっぴ今年も残すところあと数日となりました。大掃除に年末の買い出しなど、新年を迎える準備に忙しいころでしょうか。お正月は、家族で昔ながらの遊びをするのもよし、お出かけするのもよし。浜松市内でもお正月ならではのイベントが毎年開催されています。さあ、一年の始まりのお出かけは、どこに行きましょうか。

    お正月イベント

    ●(うめ) 動物園 ニューイヤーフェスティバル

    元日から開園! お正月イベントが盛りだくさん
    【日時】 1月1日(月)~3日(水) 9:00~
    【場所】 浜松市動物園(浜松市西区舘山寺町199)
    【内容】
    ・元日から開園
    ・干支の缶バッジをプレゼント
    ・クジャクの羽をプレゼント
    ・2018年浜松市動物園オリジナルカレンダーをプレゼント
    ・カンガルー・ニホンザルのえさやり、ウサギとのふれあい、ポニーと写真撮影
    【入園料】 高校生以上410円、幼・小・中学生無料
    【問合せ】 tel:053-487-1122

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ) 第15回元旦ラジオ体操のつどい

    初日の出を見る前にラジオ体操で新年の幕開けを!
    【日時】 1月1日(月) 6:15~
    【場所】 浜北総合体育館 屋上テラス(浜北区平口) ※雨天の場合正面玄関で開催
    【内容】 朝のラジオ放送に合わせて、ラジオ体操の実施
    ・当日、直接会場へ
    ・ラジオ体操カードの押印も行います。
    【問合せ】 tel:053-585-1222

    ●(うめ) 天竜元旦マラソン

    新年の風を感じる元旦開催のマラソン大会
    【開催日】 1月1日(月) *雨天中止
    【集合・受付】 船明ダム運動公園(浜松市天竜区船明2660)
    【内容】 対象:小学生以上 受付/8:30~ 開会式/9:00~ スタート/9:30
    【費用】 1人500円(保険料含む)
    【問合せ】 体育協会天竜支部 tel:053-925-8061

    ●(うめ) 浜松まつり会館 新春来館記念で干支凧(たこ)プレゼント

    干支凧をもらって、凧揚げを楽しもう!
    【日時】 1月1日(月)~3日(水) 各日9:00~16:30
    【場所】 浜松まつり会館(浜松市南区中田島町1313)
    【内容】 有料入館者に干支凧を無料でプレゼント。各日先着50名
    【入館料】 大人400円、中学生以下無料
    【問合せ】 tel:053-441-6211

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ) 浜名湖パルパル パルパルで初運だめし

    お得感いっぱい! 何が当たるかくじ運次第のお楽しみ♪
    【日時】 1月1日(月)~3日(水) 13:00~(なくなり次第終了)
    【場所】 ゆうえんち 浜名湖パルパル(浜松市西区舘山寺町1891)
    【内容】 毎年恒例!パルパル的 新年の初運だめし!
    ・パルパルグッズを中心とした景品のくじ引き
    ・各日先着200名
    【料金】 1回 100円  ※1人1回限り
    【入園料】 大人1100円、中学生900円、3歳~小学生・65歳以上700円(その他セット料金あり)
    【問合せ】 tel:053-487-2121

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ) 浜松こども館

    イベントが目白押し!お正月からたっぷり遊んじゃおう♪
    ◎現在こそ正月あそび~大人もあそぼっ!
    【日時】 1月2日(火)~4日(木) 13:00~15:00
    【場所】 浜松こども館 6階ホール・6階サウンドプレイルーム
    【入園料】 大人200円、小・中・高校生100円・就学前児童(保護者同伴)無料
    【問合せ】 tel:053-450-9111

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎かるた・百人一首大会
    【日時】 1月2日(火) 13:00~15:00
    【場所】 浜松こども館 6階ホール
    【入園料】 大人200円、小・中・高校生100円・就学前児童(保護者同伴)無料
    【問合せ】 tel:053-450-9111

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎新春運動会
    【日時】 1月2日(火) 13:00~15:00
    【場所】 浜松こども館 6階ホール
    【入園料】 大人200円、小・中・高校生100円・就学前児童(保護者同伴)無料
    【問合せ】 tel:053-450-9111

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎羽子板・こま大会
    【日時】 1月4日(木) 13:00~15:00
    【場所】 浜松こども館 6階ホール
    【入園料】 大人200円、小・中・高校生100円・就学前児童(保護者同伴)無料
    【問合せ】 tel:053-450-9111

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ) 豊橋総合動植物公園 

    ◎園内お買い物券プレゼント!
    【日時】 1月2日(火)~3日(水) 9:00~16:30(入園は16:00まで)
    【場所】 豊橋総合動植物公園 のんほいパーク
    【内容】 当日券(600円)で入園した大人入園者にお買い物券600円分をプレゼント
    【問合せ】 tel:0532-41-2185

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎初夢フェスティバル
    【日時】 1月2日(火) 9:00~16:30(入園は16:00まで)
    【場所】 豊橋総合動植物公園 のんほいパーク
    【内容】
    ・お年玉プレゼント
    ・初夢クイズ大会
    ・甘酒無料プレゼント!!
    ・新春ぐるぐるガイド
    ・クイズラリー
    ・七草の展示
    【問合せ】 tel:0532-41-2185

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎三遠ネオフェニックスの選手がやってくる!
    【日時】 1月3日(水) 12:30~
    【場所】 豊橋総合動植物公園 のんほいパーク 自然史博物館前広場
    【問合せ】 tel:0532-41-2185

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ) こども未来館 ココニコ(豊橋市)

    ◎ここにこジャンボかるた大会
    「いいとこ発見!とよはしカルタ」のジャンボサイズ版でかるた取り大会
    【日時】1月2日(火) (1)11:30~ (2)13:30~
    【対象】どなたでも(未就学児は保護者同伴)

    ◎カーリングを楽しもう!
    もうすぐ冬季オリンピック。競技種目のひとつ、カーリングをみんなで楽しもう
    【日時】1月3日(水)~5日(金) 9:30~17:00
    【対象】どなたでも(未就学児は保護者同伴)

    ◎こまを作って回そう!
    ペットボトルを使ってよく回るこまを作ろう
    【日時】1月6日(土)、7日(日) (1)9:30~ (2)13:30~
    【対象】どなたでも(未就学児は保護者同伴)
    【定員】各日先着150名

    【料金】まち空間入場料 小・中・高校生 100円、大人 200円
    【住所】豊橋市松葉町3丁目-1
    【休園日】1/1
    【問合せ】tel:0532-21-5525
    【URL】http://www.coconico.jp/index.php

    ●(うめ) 浜名湖ガーデンパーク

    昔ながらの正月遊びを満喫!
    ◎昔あそび広場
    【期間】 1月4日(木)~8日(月・祝)、13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)※雨天中止
    【時間】 10:00~16:00
    【場所】 イベント広場及び体験ハウス
    【内容】 竹馬・竹トンボ・コマ回しなど、昔懐かしい遊びを体験することができる
    【参加費】 無料

    ◎ビニール凧&カラフルコマ作り
    【期間】 1月4日(水)~8日(月・祝)
    【時間】 10:00~15:00(最終受付 14:00)
    【内容】 ビニール袋を使った簡単凧や、色紙を使ったカラフルなコマを作る
    【場所】 体験ハウス
    【参加費】 凧:200円 コマ:100円
    【問合せ】 tel:053-488-1500

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ) 冬休みむかし体験館

    昔あそびの道具作りを体験しよう。
    【日時】 1月4日(木)~1月8日(月)  9:00~16:00
    【場所】 浜松市博物館
    【内容】
    ・お正月の遊び
    ・クイズラリー
    ・七輪でお餅やはんぺんを焼いてみよう
    ・こま、だるま落とし、けん玉作り
    ・缶バッジ作り
    ・遊びの大会「こま回し大会」 ※体験は有料
    【費用】 高校生以上は別途観覧料 大人300円、高校生150円
    【問合せ】 tel:053-456-2208

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ) 本の福袋!

    中身は開けてからのお楽しみ!いろんな本が入った本の福袋♪
    ◎南陽図書館
    【日時】1月4日(木)~17日(木) ※先着30名 なくなり次第終了
    【場所】南陽図書館 1階カウンター前
    【問合せ】tel:053-426-1000

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎流通元町図書館
    【日時】1月4日(木)~14日(日)
    【場所】流通元町図書館 特設展示コーナー
    【問合せ】tel:053-422-0202

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ◎浜北図書館
    【日時】1月6日(土)~ ※なくなり次第終了
    【場所】浜北図書館
    【問合せ】tel:053-586-8200

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ) 出初め式

    訓練や一斉放水など、年に1度のダイナミックな催し物は一見の価値あり。
    【日時】 1月6日(土) 9:30~
    【場所】 アクトシティ展示イベントホールおよびその周辺
    【内容】 式典 各種イベント、訓練・車両展示、徒歩・車両行進、一斉放水
    ※市内全7区支団消防団員および消防職員が参加します。雨天などの場合は屋外イベントを中止する場合あり
    【問合せ】 消防総務課 tel:053-475-7523

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ) フラワーパーク 七草粥(ななくさがゆ)無料接待

    無病息災を祈って、七草がゆをいただこう。
    【日時】 1月7日(日) 11:00~ 無くなり次第終了
    【場所】 はままつフラワーパーク(浜松市西区舘山寺町195)
    【内容】 一年の無病息災を祈って食べるという「七草粥」をサービス。
    ※先着100名程度(無くなり次第終了)
    【入園料】 大人500円(お買物券500円付)・中学生以下無料
    【問合せ】 tel:053-487-0511 

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(うめ)万葉おたのしみ講座「七草粥を作って味わって楽しもう!」

    昔ながらの七草粥をみんなで作って味わおう。
    【日時】 1月7日(日) 10:00~12:00 無くなり次第終了
    【場所】 万葉の森公園 (浜北区平口)
    【問合せ】 tel:053-586-8700 

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    イベント(冬)
  • こども館体験記「冬の特別プログラム 現在こそ正月遊び」

    2017年12月27日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    幼稚園年中さんの長男の冬休みも始まり、外遊びには風が冷たい日も多いため、長男と2歳の次男を連れてこども館に遊びに行ってきました。

    12月16日からは冬の特別プログラムが始まっています。今回の特別プログラムは、メンコやコマ回し、巨大だるま落としなど、昔懐かしい正月遊びを日替わりでいろいろと遊んじゃおう、というもの。この日は30分ごとに時間を区切って4つの遊びが楽しめました。

    正月あそび1

    まず初めの時間はメンコでした。本来のメンコ遊びは地面に置かれたメンコを、手に持ったメンコを投げてひっくり返しますが、難易度が高いこともあり、今回は箱の上に置かれたメンコを落として遊ぶというもの。5歳の長男でも分かりやすかったようで上手に遊べていました。また、折り紙2枚を使いメンコを作るコーナーもあります。ボランティアさんが作り方を教えてくれるので小さな女の子でもママと上手に作っていました。作ったメンコはお土産に持って帰ることができます。作ったメンコの方が重いからか普通のメンコよりも箱の上のメンコをうまく落とせました。

    正月あそび2

    正月あそび3

    メンコの時間が終わり、次の遊びは羽子板。小さな子でも楽しめるように、2種類の大きさの羽根と羽根代わりの風船が用意されていました。わが家の長男を含め未就学児は風船の軽さがちょうどよく、親子でゆったり楽しめました。小学生は、普通の羽根でボランティアさんと白熱した戦いをしている様子が見られました。

    正月あそび4

    みんなで羽子板の道具を片付けた後は、巨大だるま落としと缶ぽっくりの時間になりました。長男はだるま落としを見たとたんに「あれ、やる!」と言ってすぐにだるま落としをする列に並びました。最初は叩く力が弱くなかなか上手にできませんでしたが、他の子の様子を見てコツを得たようで、何回かやるうちにだるまを倒さずに遊べるようになりました。2歳の次男は私が一緒にスティックを持って補助したら、上手に遊べるようになりました。この日は人が少なかったこともあり、私一人でもやらせてもらいましたが、思いっきりスティックを振るので思いのほかストレス解消になって楽しかったです。

    だるま落としの隣で行われていた缶ぽっくりはいろいろな大きさがあり、長男は高さ20センチほどの大きなトマト缶のぽっくりに挑戦。大人でも意外と難しいのですが、長男は上手に歩いていて感心しました。缶ぽっくりとだるま落としを交互に何度も遊び、この日は親子で正月遊びを楽しみ尽くしました。

    正月あそび5

    他にも高校生のかるた部の人たちとかるたや百人一首で遊んだりする日など、日替わりでさまざまな内容が企画されています。また、将棋などで遊べる部屋には福笑いが期間限定で用意されていてこちらでも正月気分を味わえました。年末は28日まで。年明けは、1月2~4日に開催しているそうです。パパやママは懐かしい気持ちで、子どもは新鮮な感覚で正月遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか?

    ■冬の特別プログラム「現在こそ正月あそび~大人もあそぼっ!~」

    文/hoseco

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • ガイドウォーク~磐田市竜洋昆虫自然観察公園~

    2017年12月27日

    わが家の子どもたち(7歳長男、5歳長女、3歳次男) は一年中庭で草花摘みや虫探しをしています。磐田市竜洋昆虫自然観察公園は大好きな公園のひとつですが、 今回より虫に詳しくなりたいと思い、「ガイドウォーク」に参加しました。

    入口
     
    「ガイドウォーク」は虫に詳しい職員の方について歩き、 みんなで虫を見つけて解説を聞くという感じです。参加メンバーには小さい子も多く、 虫を見つけるとうれしそうに話していました。

    水辺
     
    11月下旬だったので、虫は少ないと思ったのですが、 いるところにはいました。地面に落ちていた太い枝をひっくり返すと、冬眠支度をしているアメンボがいました。「 ここにいるよ!」虫を見つけた子どもたちはとてもうれしそうです。

    木の枝で冬眠

    池にいたアメンボを捕まえて、 においをかがせてもらうと、娘は「ポテトチップの匂いだ!」といっていました。 カメムシの仲間でアメのにおいがするため、アメンボというのだそうです。

    アメンボ
     
    ジグモの巣をみつけたり、カマキリの卵を見つけたりもしました。 自分たちだけではなかなか見つけられない虫も、 ガイドしてもらいたくさん見つけることができました。 ガイド終了後は、笹船遊びをするなど一日中自然の中で過ごしました。「ガイドウォーク」 は毎回テーマが変わるそうで、何回行っても楽しめそうです。みなさんもぜひ参加してみてください。
     
    ■ガイドウォーク
    【日程】 土・日・祝日
    【時間】 11:00~、13:00~、14:00~の3回
    【参加費】 無料
    【予約】 不要

    文/ジュン

    磐田市竜洋昆虫自然観察公園

    住所 磐田市大中瀬320-1
    電話 0538-66-9900
    開園時間 9:00~17:00(最終入園16:30)
    休園日 毎週木曜日(祝日の場合は開園)・年末(12月28日~31日)
    ※ただし正月(1月1日~5日)、GW(4月29日~5月5日)、夏休み(7月21日~8月31日)、10月は全日開園
    入園料 大人320円、小・中学生100円、幼児無料
    ※団体割引、障がい者割引、お得な回数券有
    子連れに便利な設備 ベビーベッド設置の多目的トイレ有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.ryu-yo.co.jp/konchu/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • ◎2017-2018冬特集◎初日の出・初詣

    2017年12月26日

    一年の最初の夜明けである初日の出を、海や山など自然の中で見るのは格別です。年があけたら、ぜひ家族で初詣へ。今年の抱負をみんなで語り合い、気持ちのよい一年のスタートを切りましょう。

    初日の出

    初日の出

    ●鏡餅浜名湖遊覧船

    湖上遊覧を満喫しながら浜名湖絶景ポイント、女河裏沖で停泊。庄内半島の山から昇る初日の出が見られる人気の予約制クルーズ。
    【乗船場所】 フラワーパーク港・かんざんじ港からと瀬戸湊からの2か所
    【料金】 大人2,000円、子ども1,000円
    未就学児無料。全員にホッカイロ・干支キーホルダー・えびせん菓子の初日の出3点セットをプレゼント!
    【問合せ】 浜名湖遊覧船 予約センター tel:053-487-0228
    【URL】http://www.hamanako-yuransen.com/news/newyear.html

    ●鏡餅道の駅 潮見坂

    湖西市白須賀
    展望デッキより遠州灘の大パノラマから昇る感動的な日の出を見ることができる。
    【駐車場】 146台(無料)
    【問合せ】 道の駅潮見坂 tel:053-579-3600

    ●鏡餅新居弁天(海湖館前・弁天神社前)

    湖西市新居町浜名
    初日の出を拝んだ後は、焼き牡蠣(海湖館前350個)&甘酒(弁天神社100杯)無料提供あり。
    1/1 6:00~整理券配布 7:00~なくなり次第終了
    【駐車場】 有(有料)
    【問合せ】 新居町観光協会 tel:053-594-0634

    ●鏡餅新居海岸(渚遊歩道公園)

    湖西市新居町
    海岸線が砂浜になっている絵になる絶好の日の出スポット。
    【駐車場】 海浜公園駐車場1000台(無料)
    【問合せ】 新居町役場都市産業課 tel:053-594-8111

    ●鏡餅遠州灘海岸

    浜松市西区舞阪町
    灯台が目印。穏やかな海から昇る初日の出が見られる。町民の森も穴場スポット。
    【駐車場】 表浜駐車場220台(無料)
    【問合せ】 舞阪協働センター tel:053-592-2111

    ●鏡餅浜松城

    浜松市中区元城町
    浜松市内を一望できる天守閣・天守門より初日の出を見ることができる。
    1/1 特別開城 6:30~16:20(入場受付)
    1/1~3 先着100名様に甘酒のふるまいあり
    【入場料】 大人200円、小中学生無料
    【駐車場】 有
    【問合せ】 浜松城天守閣・天守門 tel:053-453-3872
    ◎過去の様子はこちら⇒パパ特派員レポート

    ●鏡餅浜名湖ガーデンパーク展望塔

    浜松市西区村櫛町
    地上50mの高さの展望塔から初日の出を眺めることができる。展望塔では先着100名様にミニ福袋をプレゼント。
    【開園】 1月1日 6:15~12:00
    【定員】 先着50名(開園後、北案内所にて整理券を配布)
    【問合せ】 浜名湖ガーデンパーク tel:053-488-1500

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●鏡餅中田島砂丘

    浜松市南区遠州灘海浜公園の南にある壮大な中田島砂丘より初日の出を拝む。
    遠鉄バス8路線で中田島砂丘行き 初日の出便の運行あり
    (遠鉄バス浜松駅6番のりばから5:30~5:45臨時バス)
    【駐車場】 170台(無料)
    【問合せ】 浜松市役所公園管理課 tel:053-473-1829

    ●鏡餅太平洋富士見平

    浜松市浜北区四大地 浜北森林公園の北西、標高202mの丘の上から浜名湖と太平洋が一望できる。国道362号の浜北・鹿玉小交差点から68号鹿玉中学の所を右へ。
    【駐車場】 5台
    【問合せ】 まちづくり推進課 tel:053-585-1151

    ●鏡餅浜名湖サービスエリア

    浜松市北区細江町
    整備された上下線どちらからでも利用できる東名高速道路サービスエリアで浜名湖を眺望できる景勝地。展望広場から見る初日の出が素晴らしい。
    【問合せ】 浜名湖サービスエリアコンシェルジュ tel:053-526-7220

    ●鏡餅三岳山

    浜松市北区引佐町
    浜松駅からR257を北上、車で75分。三岳神社前に車を停めて、徒歩30分。山頂では天竜川、浜松市街、浜名湖、北西方向には南アルプスや富士山が望める。
    【駐車場】 三岳神社前(無料)
    【問合せ】 奧浜名湖観光協会 tel:053-522-4720

    ●鏡餅富幕山

    浜松市北区引佐町
    愛知と静岡の県境。展望台では北に南アルプス、正面に富士山、南に遠州灘が、山頂からは浜名大橋が正面に見える浜名湖が一望できる。奥山高原にある登山口より徒歩45分。
    【駐車場】 有(無料)
    【問合せ】 奧浜名湖観光協会 tel:053-522-4720

    ●鏡餅細江公園

    浜松市北区細江町気賀
    南に浜名湖、北には赤石山系が見える地元の人にも人気の初日の出スポット。三ヶ日IC、浜松西ICから車で20分とアクセス良好。
    【駐車場】 21台(無料)
    【問合せ】 奧浜名湖観光協会 tel:053-522-4720

    ●鏡餅竜洋海洋公園

    磐田市竜洋町
    太平洋の水平線に昇る美しい初日の出を望む。「しおさい竜洋」の前では甘酒のふるまいあり。
    【駐車場】 380台(無料)
    【問合せ】 竜洋海洋公園しおさい竜洋 tel:0538-59-2641

    ●鏡餅獅子ケ鼻公園

    磐田市豊岡村
    道路も整備され、トレッキングコースで有名な公園。展望台からは遠く遠州灘を望むことができる。来場者に甘酒のふるまいあり。
    【駐車場】 60台(無料)
    【問合せ】 磐田市観光協会 tel:0538-33-1222

    初詣

    初詣

    <浜松市内>

    ●鳥居五社神社

    浜松市中区利町
    31日の20:00より除夜祭。1日0:00より太鼓の音とともに歳旦祭・初祈祷が始まる。甘酒のふるまいあり。3が日で10万人の参拝者が訪れる。
    浜松駅より徒歩10分
    【駐車場】 70台(無料)
    【問合せ】 tel:053-452-3001

    ●鳥居鴨江寺

    浜松市中区鴨江
    除夜の鐘を撞きたい方は早めの予約が必要。(先着108名)。1日元旦0時より新年の無事平安を祈る元朝大護摩供、新年大祈祷会が行われる。
    1日~3日9:00から甘酒のふるまいあり
    浜松駅より15分
    【駐車場】 40台無料・100台有料
    【問合せ】 tel:053-454-5121

    ●鳥居遠州信貴山

    浜松市中区中沢町
    遠州七福神の毘沙門天を祀る。23:50~打ち始め(先着108番までは記念のお札あり)※事前に整理券の予約が可能。
    1日午前0:00より甘酒・お茶のふるまいあり。(無くなり次第終了)
    【問合せ】  tel:053-472-6671

    ●鳥居不動寺

    浜松市浜北区平口
    12/31 除夜の鐘つき大祭 23:45~打ち始め(22:30頃~整理券を配付)
    1組につき1回・先着108組のみ。開運を呼ぶと言われる除夜の鐘をつくと、福を招くと言われるお守りをくれる。甘酒のふるまいあり。
    東名浜松ICより25分
    【駐車場】 70台(無料)
    【問合せ】  tel:053-586-3205

    ●鳥居奥山半僧坊方広寺

    浜松市北区引佐町奥山
    12/31 19:00よりお餅つきとお餅、23:30からは甘酒、0:00からすいとんのサービスなど
    23:30~打ち始め(大晦日午前9時より整理券を配布整理券を配付)
    大本山方広寺門前通りを灯篭が幽玄に飾る「和の灯り道」を大晦日18時の点灯より正月三が日まで開催。1/1~5は入山無料。
    東名浜松西ICより35分
    【駐車場】 300台(無料)
    【問合せ】 tel:053-543-0003

    ●鳥居龍雲寺

    浜松市西区入野町
    12/31 23:30~打ち始め(23:15開門) 1:00頃までに行けば鐘がつける。温かいうどん、甘酒のふるまいあり。浜松西インターから25分。
    【問合せ】 tel:053-447-1231

    ●鳥居浜松八幡宮

    浜松市中区八幡町
    12/31 22:30~大払い式、除夜祭
    1/1 1:30~歳旦祭
    1日0:00~甘酒サービスあり
    【問合せ】 tel:053-461-3429

    ●鳥居龍禅寺

    浜松市中区龍禅寺
    12/31 23:50~打ち始め(23:00ごろ~境内で整理券を配布)
    先着108番まではお守り進呈。甘酒サービス
    【問合せ】 tel:053-452-9482

    ●鳥居曹洞宗秋葉山 舘山寺 除夜の鐘

    浜松市西区舘山寺町
    12/31 23:00~受付開始 23:45~打鐘
    1200年の歴史ある風光明媚な舘山寺で除夜の鐘を撞き、1年のお礼と新しく始まる1年の無病息災を願う。
    【問合せ】 tel:053-487-0107

    ●鳥居井伊谷宮

    浜松市北区引佐町井伊谷
    12/31 15:00~大払い式、22:00~除夜祭
    1/1 0:00~甘酒サービス(大鳥居横)・お屠蘇サービス(本殿横) 1:00~初祈祷、7:00~歳旦祭
    東名浜松西IC、三ヶ日ICより30分
    【駐車場】 50台(無料)
    【問合せ】 tel:053-542-0355

    ●鳥居実相寺 除夜の鐘と初詣庭園ライトアップ

    浜松市北区引佐町金指
    12/31 ライトアップ23:00~ 除夜の鐘 23:45~ 1月1日5:00~
    静岡県名勝指定の美しい築山式枯山水庭園がライトアップ。除夜の鐘撞き体験ができる。厄除開運の甘酒の進呈(無くなり次第終了)
    【問合せ】 実相寺 tel:053-542-0601

    ●鳥居浜名惣社神明宮

    浜松市北区三ヶ日町三ケ日
    12/31 16:00~大払い式
    浜名湖七明神の代表的古社。本殿は国の重要文化財に指定されている。
    【問合せ】 tel:053-524-0833

    ●鳥居龍潭寺 除夜の鐘

    浜松市北区引佐町井伊谷
    12/31 23:00~整理券配布 23:45~1/1午前1:30 除夜の鐘撞き体験ができる。先着108組に記念品を贈呈。
    甘酒のサービスあり(無くなり次第終了)
    【問合せ】 龍潭寺 tel:053-542-0480

    ●鳥居細江神社

    浜松市北区細江町気賀
    12/31 14:00~大払い式、除夜祭 元旦 0:00~2:00樽酒の振る舞い有
    東名浜松西IC、三ヶ日ICより20分
    【駐車場】 15台(無料)
    【問合せ】 tel:053-522-1857

    ●鳥居山住神社

    浜松市天竜区水窪町山住
    1/1 7:00~元旦祭、お神酒サービス
    【問合せ】 tel:053-987-1179

    ●鳥居秋葉山本宮 秋葉神社上社・下社

    浜松市春野町領家
    秋葉山頂にある「上社」と、気田川を臨む「下社」がある。
    1/1 0:00~開運祈祷祭、6:00~歳旦祭
    【駐車場】 300台(無料)
    【問合せ】 tel:053-985-0111

    <浜松市近郊>

    ●鳥居小國神社

    周智郡森町一宮
    12/31 大祓式・除夜祭
    1/1 初祈祷祭・歳旦祭
    東名袋井ICより北へ20分。天竜浜名湖鉄道「遠江一宮駅」下車
    【駐車場】 800台(無料)
    【問合せ】 tel:0538-89-7302
    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●鳥居法多山尊永寺

    袋井市豊沢
    12/31 23:30~除夜の鐘撞き(22:30~本堂受付にて整理券の配布あり。先着106名)縁起物の福銭の進呈も。
    東名袋井ICより南東へ20分駐車場 2500台(有料)
    【問合せ】  tel:0538-43-3601
    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●鳥居大洞院

    周智郡森町橘
    12/31 23:45~先着順に108人まで除夜の鐘を突くことができる。(整理券なし)
    1/1~3 伝統の「餅焼き」で(有料)1寝の無病息災を祈る
    森の石松の墓がある
    東名袋井ICより北へ20分
    【問合せ】 tel:0538-85-2009

    ●鳥居油山寺

    袋井市村松
    12/31 23:30~1:00頃 除夜の鐘撞き(整理券なし)
    甘酒サービスあり
    東名袋井ICより15分
    【駐車場】 100台(無料)
    【問合せ】 tel:0538-42-3633

    ●鳥居可睡斎

    袋井市久能
    12/31 23:30~除夜の鐘撞き(人数制限なし、先着108名様に証明書発行)
    1/1 0:30~新年初祈祷
    東名袋井ICより5分
    【駐車場】 50台(無料)、350台(有料)
    【問合せ】 tel:0538-42-2121

    ●鳥居遠州横須賀三熊野神社

    掛川市大須賀
    12/31 23:00~年越三社会
    三社大福や年越しそばの販売のほか、抽選会、甘酒サービスあり
    東名袋井ICより20分
    【駐車場】 100台(無料)
    【問合せ】 tel:0537-48-2262

    ●鳥居矢奈比売神社(見付天神)

    磐田市見付
    1/1 甘酒サービスあり
    1/1 午前0時より元旦祭
    県内随一の学問の大神。学問の神様、菅原道真が祀られることで有名。
    東名磐田ICから約7分、東名磐田ICから5分
    【駐車場】 210台(無料)
    【問合せ】 tel:0538-32-5298
    ◎過去の様子はこちら⇒取材ママレポート

    イベント(冬)
  • フルーツパークのイルミネーション

    2017年12月24日

    本格的な寒さが来る前にと11月の平日に3歳と6歳の娘を連れて、フルーツパークのイルミネーションを見に行きました。入園ゲートをくぐると子どもたちが大好きな「家康くん」と「直虎ちゃん」のイルミネーションがお出迎えをしてくれました。

    家康くんと直虎ちゃん

    有名な「光のトンネル」は、空もまわりもキラキラ輝き、夢のような世界。子どもたちの口から自然に「うわ~~」と声が上がるほどで、本当にきれいでした。

    光のトンネル

    トンネルをぬけた先の「出会いの広場」にはクリスマスツリー、ペガサスと馬車、LOVEのイルミネーションなどが飾られていて、広場全体が輝いているので子どもたちは大興奮。イルミネーションされた馬車にも乗ることができたので、お姫さま気分を味わえました。

    馬車

    企業とコラボレーションしている「イルミュージアム」では、「この会社知ってる!」「電車だー」など子どもたちと話しながら、撮影スポットごとに撮影会。

    電車

    作品の中で特に子どもたちが喜んでいたのは、ホウキに乗っているように見えるイルミネーションです。実際に写真に撮ったものを見ると、空を飛んでいるように見えます。

    ほうき

    撮影ポイントが多いので、冬の思い出作りにもお勧めのスポットです。ただ、夜はかなり冷え込むので、しっかり防寒してお出かけくださいね。今回私たちは行きませんでしたが、日本最大級の噴水のイルミネーションショーも開催されているので、次回はぜひ噴水ショーも見てみたいと思います。
     
    ■イルミネーション・噴水ショー
    【期間 】2017年11月11日~2018年1月14日
    【上映時間】 17:30、18:00、18:30、19:30、20:15 (天候や状況により中止、変更の場合有)

    文/奈良人

    はままつフルーパーク時之栖(ときのすみか)

    住所 浜松市北区都田町4263-1
    電話 053-428-5211
    開園時間 9:00~18:00(イルミネーション期間中は21:00まで)
    定休日 なし
    料金 噴水ショー+入園セット券 大人1,000円、子ども500円
    (入園料 大人・高校生700円、小中学生350円、未就学時無料)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ、オムツ台有
    駐車場 有(800台) 無料
    URL http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     

    イルミネーション
  • バースデーケーキハウス「たこまん」

    2017年12月23日

    イオンモール志都呂の目の前にあり、以前からずっと気になっていたお店「たこまん」に行ってきました。

    外観

    お店に「バースデーハウス」と書かれていたので、ケーキ屋さんかな? と思っていましたが、入ってみるとケーキ、和菓子、お団子やおせんべい、私が食べてみたかった「うなぎいも」を使ったお菓子などたくさんの種類がありました。3歳の長男はふわふわスポンジ生地にクリームがサンドされたお菓子「大砂丘」をとても気に入ったようです。
     
    店内を見ていると「赤ちゃん誕生お祝いケーキプレゼント」の案内を発見!

    お祝いケーキ看板

    このサービスは生後3か月未満の赤ちゃんがいる人が店舗で予約すると、ケーキが無料でもらえるというものです。私は次男が2か月を迎えたところだったので、さっそく予約し、翌週ケーキを受け取りに行きました。プレゼントのケーキはスポンジの間にイチゴを挟んだかわいらしいドーム型。

    お祝いケーキ

    4号サイズなので家族みんなで食べられるのがうれしいです。次男はまだ食べられませんが、家族みんなでおいしくいただきました!

    志都呂店にはイートインスペースがあるので、セルフサービスのドリンクとともにケーキを食べることもできます。

    キャラクターケーキ

    誕生日ケーキ、子どもが喜びそうなキャラクターケーキのほか、1歳の誕生日を祝う一升餅、お赤飯などもあったので、今後のお祝いごとにも利用できそうです。

    文/hiromiko

     

    住所 浜松市西区志都呂2-11-14
    電話 053-440-8868
    営業時間 9:00~19:00
    子連れに便利な設備 イートインスペース、トイレ有
    駐車場
    URL https://www.takoman.co.jp/shopinfo/shitorokoubou/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • 磐田市にある安久路公園

    2017年12月22日

    2歳6か月の娘と磐田市の安久路公園に遊びに行ってきました。場所はジュビロスタジアムの近くです。広めの駐車場やトイレがあり、遠方からも来やすい公園だなと思いました。公園にはあずまやもあったので、持ってきたお弁当を食べてから遊ぶことにしました。

    公園全景

    安久路公園には、名物ともいえる2種類の急なすべり台がついた大型複合遊具をはじめ、小さい子向けのすべり台、砂場やブランコ、ボール遊びができるような広場にどんぐりを拾える木々など、子どもがよろこびそうなスペースがたくさんありました。

    複合遊具

    複合遊具2

    娘が最初に興味をもったのは、電車の操縦ごっこができる場所でした。「運転手さん、お願いしまーす」「はーい」のやりとりを繰り返し楽しんでいました。次に夢中になったのは、お店屋さんごっこができるスペースで、その日仲よくなったもうすぐ3歳になる女の子と、砂でかき氷やカレーライスを作って遊びました。

    ハンドル

    砂場の遊具

    日が暮れ始めるまでたっぷり遊んだおかげで、親子ともども大満足! 楽しい時間を過ごすことができました。休日には隣接するサッカーコートを利用する人で駐車場が混み合いそうなので、平日の天気のいい日がおすすめだなと思いました。

    文/ジュビママ

    安久路公園

    住所 磐田市安久路2丁目10-4
    電話 0538-38-4150(ゆめりあ)
    子連れに便利な設備 休憩所、多目的トイレ、オムツ替え設備有
    駐車場
    アクセス方法 車:国道1号線富士見町東交差点を南へ1.4km
    URL https://www.city.iwata.shizuoka.jp/shisetsu_guide/koen_shisetsu/kouen/1003364.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • はままつフラワーパークイルミネーション

    2017年12月21日

    2歳の息子とイルミネーションを見にフラワーパークへ行きました。イルミネーションを見せてあげたいとは思うものの、息子を連れて夜に外出したことがほとんどなかったため、出かけるまでにかなりの決心が必要でしたが、思いきって出かけて本当によかったです。

    噴水イルミ

    本格的に寒くなる前の時期に、夕方に出かけました。園内のイルミネーションの一部が駐車場からも見えるのですが、そのあまりのきれいさに思わず息を呑みました。家からさほど遠くない場所でこんなにもすばらしいイルミネーションを見られたことに一人で感動してしまいました。

    トナカイイルミ
     
    園内には中央の噴水池を中心に光輝く橋や、かわいいクジラの形のイルミネーションもありました。大温室クリスタルパレスに向かう途中に七色の光輝くトンネルもありました。息子は電車のイルミネーションが気に入り、自らポーズを決めて「写真を撮って」とお願いにきました。イルミネーションを見ながら、「どうしてこんなにきれいなのかねぇ?」と話しかけてくる息子を見て、一緒に来られて本当によかったと思いました。

    電車イルミ
     
    入園料と引き換えにもらった500円分のお買い物券を使おうと、レストランに行くと、息子から真冬なのにアイスクリームを食べたいというのでキンカンソースがかかった「こなみソフト」を食べました。甘酸っぱくて、とってもおいしかったです。2月まではレストランとお土産ショップがある建物が出口になっているようで、アイスを食べた後はそのまま外に出ることができました。
     
    ■はままつフラワーパーク フラワーイルミネーション2017
    【点灯期間】 2017年 11月25日(土) ~ 2018年 1月14日(日) ※12月29日(金)~31日(日)は除く
    【点灯時間】 17:00~21:00(入園は20:30まで)
    【入園料】 大人(高校生以上)500円(園内で利用できる500円分のお買い物券付き)、中学生以下無料
    【場所】 浜松市西区舘山寺町195
    【駐車場】 有200円(約600台)
    【問い合わせ】 はままつフラワーパーク TEL.053-487-0511
    【HP】 http://e-flowerpark.com/

    文/なお

    イルミネーション
  • カブトムシ幼虫を探そう~磐田市竜洋昆虫自然観察公園~

    2017年12月20日

    わが家はここ3年くらい毎年初夏~夏ぐらいにカブトムシを飼っています。カブトムシは成虫では冬を越すことができず、夏の終わりには死んでしまいます。今年は冬の間も幼虫を飼って、成虫になるまで育てよう! と思い、HPで見つけた磐田市竜洋昆虫自然観察公園の「カブトムシ幼虫を探そう」というイベントに長男(7歳)、長女(5歳)、次男(3歳)と一緒に参加しました。

    幼虫さがし
     
    最初はカブトムシの飼い方などについての講義を聞きました。虫好きの長男は興味深く聞いていましたが、下の子たちには少し難しかったようです。後ろのテーブルにあった塗り絵やパズル、折り紙で遊んでいました。

    講座
     
    講義後は外に出て幼虫探しです。用意されたスコップと軍手を使い、腐葉土の山を掘ってみると大きな幼虫がたくさんいました。下の子たちも一生懸命に土を掘り、幼虫を見つけるたびに「幼虫いた!」と喜んでいました。見つけた10匹ほどの幼虫は職員の方がオスとメスを見分けてくれました。お腹にうすくVの字があるのがオスだそうです。

    幼虫

    幼虫持ち帰り
     
    わが家はオス2匹、メス2匹の合計4匹を持ち帰りました。初めてのカブトムシ幼虫の冬越えですが、大切に育てていきたいと思っています。
     
    ■カブトムシ幼虫を探そう
    【期間】 9月~3月(月に1回)
    【時間】 11:00~12:00
    【参加費】 500円(見つけた幼虫は2匹持ち帰り可)
    【定員】 20人

    文/ジュン

    磐田市竜洋昆虫自然観察公園

    住所 磐田市大中瀬320-1
    電話 0538-66-9900
    開園時間 9:00~17:00(最終入園16:30)
    休園日 毎週木曜日(祝日の場合は開園)・年末(12月28日~31日)
    ※ただし正月(1月1日~5日)、GW(4月29日~5月5日)、夏休み(7月21日~8月31日)、10月は全日開園
    入園料 大人320円、小・中学生100円、幼児無料
    ※団体割引、障がい者割引、お得な回数券有
    子連れに便利な設備 ベビーベッド設置の多目的トイレ有
    駐車場 有(無料)
    URL http://www.ryu-yo.co.jp/konchu/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • 三島スカイウォーク

    2017年12月19日

    CMを見てずっと気になっていた「三島スカイウォーク」へ3歳の娘と行ってきました。浜松を8時頃出発し、途中休憩をはさみ、10時半頃到着。駐車場が近くにあるので、とても便利でした。私は娘がこわがったり、疲れたりするのを予想して、ベビーカーで歩くことにしました。三島スカイウォークは車イスがすれ違うことのできる幅に設計してあるので、ベビーカーもラクラク通れました。

    吊橋

    スタート地点の南ゲートに立つと、400メートル先のゴール(北ゲート)は人だかりで見えないほどでした。歩き出すと、揺れを感じることもあり、こわがっている方もいたので、「無理そう」と思ったら、早めに引き返すことをお勧めします。天候にも恵まれたこの日は、スカイウォークから富士山がきれいに見えました。娘も「富士山大きいね!」と目を輝かせていました。

    北ゲートに着くと、散策路「kicoro(キコロ)の森」があります。「kicoro」とは木でできた手のひらサイズの卵のようなもので、娘は夢中になっていろいろな「kicoro」を探していました。

    きりかぶ

    散策

    散策後は、「flower drop(フラワードロップ)」という間伐材に花の種を貼りつけた木製のチャームを200円で購入し、橋の上から蒔きました。願いを書いて蒔いたので、どんな花が咲くのか楽しみです。いろいろな人の思いがこもった希望の花が満開になるといいですね。

    プレート

    展望台にはカメラマンがいて写真撮影をしてくれます。自分が新聞に載ったようなデザインのL判写真は無料でくれますが、大きな写真が欲しい場合は1,200円で購入します。

    帰り道は娘は自分の足で歩きました。少しふらふらしていましたが、がんばって歩きましたよ。南ゲートに戻ると、ソフトクリームの看板を見つけたので「いでぼく」のソフトクリームをカップに入れてもらい、一緒に食べました。たくさん歩いたので、冷たいソフトクリームがとてもおいしかったです。ほかにも、レストラン「森のキッチン」や花を眺めながらショッピングできる店「スカイガーデン」などもありましたが、寄ることができなかったので、次回はぜひ行ってみたいです。小さな子どもから大人まで楽しめます。

    富士山の絶景を見ながら、日本最長の吊橋「三島スカイウォーク」を歩いてみませんか?

    文/ショコラ

    三島スカイウォーク

    住所 三島市笹原新田313
    電話 055-972-0084
    営業時間 9:00~17:00(イベントや天候などにより変動有)
    定休日 年中無休(強風や雷など悪天候により通行制限の場合有)
    入場料 往復渡橋(税込) 大人1000円、中高生500円、小学生200円(幼児は無料、雨の日はカッパを無料配布 )
    子連れに便利な設備 ベビーカーレンタル有料(500円)、多目的トイレ 有
    駐車場 普通車400台、大型車最大28台 有(無料)
    アクセス方法 【公共交通機関】JR三島駅よりタクシーで約20分・バスで約25分 
    【車】東名高速 沼津ICより約15分、新東名高速 長泉沼津ICより約15分、修善寺道路 修善寺ICより約30分、箱根新道 箱根峠ICより約10分
    URL http://www.mishima-skywalk.jp

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 取材ママ紹介 hiromiko

    2017年12月16日

    取材ママhiromiko

    <hiromiko>

    横浜出身の転勤族ママです。2017年10月に浜松に転入したばかりで現在、0歳、3歳の子どもと楽しめる場所を探索中です。

    おいしいお店を探したり旅行に行ったりするのが好きなので、活動を通して情報発信・共有できたらと思っています!

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 英語育児カフェ@あさのは文庫

    2017年12月16日

    海外が好き、もっと英語を話せるようになりたい、子どもも英語を楽しんでくれたら。そんな思いがあり、あさのは文庫で開催される英語育児カフェに子ども(0歳2か月)と参加してきました。

    入口
     
    会ではイギリスで生活体験がある講師の方から日本とイギリスのクリスマス文化の違いについてお話がありました。参加者は海外、異文化に興味があるママばかりだったので、みんな興味津々。クリスマスにおすすめの英語絵本、わらべ歌の紹介のときは息子もしっかり見つめて楽しんでいるようでした。ほかの子どもたちも遊んでいた手を止め、歌に聞き入っていたのが印象的でした。

    レッスン
     
    日本でもよく歌われるクリスマスソングの紹介では、英語の原曲を聞いて「こんな意味だったのね!」と大盛り上がり。子どもはもちろん、ママたちも英語の世界を大いに楽しんでいました。ほかにも育児で使える英語フレーズについてなど内容は盛りだくさん。なかでも、A(エー)、B(ビー)、C(シー)のアルファベット読みから教える日本とは違い、文字と発音のルールから教えるイギリスの幼児向け英語学習法がとても興味深く、もっと詳しく話を聞きたかったです。
     
    最後はビーガンカフェ「A Drop of Lotus(ア ドロップ オブ ロータス)」の手作りマフィン、スコーンでティータイム。 卵、乳製品、砂糖、小麦粉を使わないビーガンのおやつは初体験でしたが、びっくりするほどおいしかったです。やさしい味で子どもたちもぱくぱく食べていました。

    スイーツ

    英語育児カフェ以外にも、そのほかの会場で親子英語講座、英語ベビーダンスなど年齢に応じたクラスがいろいろあるので、次回は長男(3歳)と親子英語講座に参加したいと思っています。季節に応じた内容もいろいろ盛り込まれているので、興味がある方はHPから講座スケジュールをチェックしてみてください。
     
    ■英語育児カフェ
    【会場】 あさのは文庫 浜松市北区初生町379-4 
    【開催日】 不定期(HPで確認)
    【開催時間】 10:30~12:00
    【料金】 1500円(お茶代込み)
    【子連れに便利な設備】 トイレ有(会場隣のオーガニックハウスあさのは屋のトイレ使用)、おむつ替え可
    【駐車場】 有
    【URL】 http://happymum.hamazo.tv/

    文/hiromiko

    スクール&サークル
  • ◎2017-2018冬特集◎スキー&スケート情報

    2017年12月13日

    温暖な浜松でも、ちらほらと風花が舞う季節になりました。愛知県や長野県まで少し足を伸ばすと、雪あそびを楽しめる施設やスキー場がたくさんあります。そこで子連れでも安心して雪遊びが楽しめるゲレンデを紹介します。防寒・防水対策をしっかりして、家族で雪山を満喫しましょう!

     子どもとスキー

    スキー・雪あそび

    スキー場までの道のりが雪道になってしまうことも考えられます。出発前にチェーンや、スノータイヤなど、もう1度車の装備をチェックしましょう。降雪量や滑走可能かどうか、またがけ崩れなどで通行できない箇所がないか、道路状況なども確認してから出かけるのが安心です。毎日のゲレンデ状況や天気・気温をHPやブログで発信しているスキー場も増えています。事前に現地の様子を確認していくといいですね。

    スノータウン Yeti

    日本一早いオープンで人気のイエティ。子どもから上級者までそれぞれが楽しめるようゲレンデが用意されている。ナイターや、「雪遊びひろば」内のキッズルームなど、飽きることなく家族で雪遊びを楽しむことができる。
    【期間】2017年10月6日~2018年4月8日(予定) 
        *「雪遊びひろば」「そり用ゲレンデ」は日没までの営業
    【場所】静岡県裾野市須山字藤原2428 東名富士ICから約40分
    【駐車場】1,350台 平日無料・土日祝1,000円
    【問合せ】tel:055-998-0636
    【URL】http://www.yeti-resort.com/
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    富士山こどもの国 雪の丘

    小さな子どものゲレンデデビューに最適な遊びやすいゲレンデ。30mのショートコースや1000m²の広大な雪の広場が魅力。スリル満点の100mコースも。そりの持ち込みOK!
    【期間】2017年11月25日~2018年3月下旬(予定) (休園日/火曜日 ※春休み期間は無休)
    【時間】9:00~15:30
    【料金】無料 2人乗りそりレンタル2時間200円 スノーウェアの貸し出しはなし
    【場所】静岡県富士市桑崎1015 東名富士ICより約40分 新東名新富士ICより約30分
    【駐車場】1,600台 無料
    【問合せ】tel:0545-22-5555
    【URL】http://www.kodomo.or.jp/

    リバウェル井川スキー場

    北を見渡せば南アルプス、東には富士山が360度パノラマビューの絶景穴場ゲレンデ。大人1020円、子ども300円でリフトは1日乗り放題!安心安全なベルトコンベア式リフトはファミリーや初心者に最適。朝から夕方までたっぷり遊ぶことができる。
    【期間】2017年12月30日~2018年3月12日
    【場所】静岡市葵区井川2629-190 新東名新静岡ICから県道27号経由約60分
    【駐車場】300台 普通車520円
    【問合せ】tel:054-260-2316
    【URL】http://www.city.shizuoka.jp/000_004464.html

    茶臼山高原スキー場

    天竜奥三河特定公園茶臼山高原に広がる愛知県唯一のスキー場。標高が高く、雪遊びをしながらの眺めは爽快。週末ごとに行われるイベントが子どもたちを楽しませてくれる。ファミリーゲレンデから上級者用までゲレンデは全部で5種類。スキー・ボード・ウェアのレンタル、スクールあり。
    【期間】2017年12月23日~2018年3月中旬(予定)
    【場所】愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185
    ・国道257号線から三遠南信自動車道→鳳来峡ICで降り国道151号線を北進、県道506号線よりスキー場へ。90分(最後は道幅が狭い)
    ・国道257号線を北西へ、道の駅アグリステーションなぐらの交差点で右折、茶臼山高原道路へ入りスキー場へ。120分(終始道幅が広い)
    【駐車場】1,000台 無料 
    【問合せ】tel:0536-87-2345  
    【URL】http://www.chausuyama.jp/
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    めいほうスキー場

    チュービングスライダーやスノーストライダーなどのアクティビティが楽しめるキッズスノーパークは西日本最大級。子どもの年齢に合わせて利用できるキッズルームが完備されているほか、上級者も大満足な迫力満点の滑走路も。ファミリースノーのスタイルをサポートしてくれる。
    【期間】2017年12月9日~2018年3月中旬(予定)
    【場所】岐阜県郡上市明宝奥住水沢上3447-1 東名浜松西IC~豊田JCTから車で約1時間50分
    【駐車場】3,500台 1,000円
    【問合せ】tel:0575-87-2811
    【URL】http://www.meihoski.co.jp/

    平谷高原スキー場

    国道153号沿い、長野県・南信州最南端のスキー場。全部で4本あるコースがそれぞれ独立しており、シンプルなコース編成。そり専用ゲレンデもあり、スキー初心者のママや小さな子どもなど、家族みんなで気軽に楽しむことができる。キッズパークには動く歩道が設置されており、そり遊びもラクラク。小学生未満はリフト券無料。
    【期間】2017年12月23日~2018年3月中旬(予定)
    【場所】長野県下伊那郡平谷村1511 浜松から120km 約3時間(中央道飯田ICから32km)
    【駐車場】1,000台 平日無料・土日祝500円 
    【問合せ】tel:0265-48-2100
    【URL】http://hiraya.boy.jp/
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    治部坂高原スキー場

    国道153号に面した浜松から2時間ほどのファミリーゲレンデ。動く歩道で移動できるキッズパークのそり専用ゲレンデは長さ50m。週末には特典いっぱいのお楽しみイベントが開かれる。
    【期間】2017年12月16日~2018年3月28日(予定)
    【場所】長野県下伊那郡阿智村浪合治部坂1192 浜松→R257→R153→治部坂 2時間30分
    【駐車場】800台 平日無料、土休日要確認
    【問合せ】tel:0265-47-1111
    【URL】http://www.jibuzaka.co.jp

    旭高原元気村の雪ソリゲレンデ

    人口増雪機により作られたそり遊び専用ゲレンデ。100mにわたるそりゲレンデはスリル満点。滑り降りると動く歩道で上部まで運んでくれる。ゲレンデ下部にはウィンターデビューの小さな子たちが遊べる雪遊びスペースも。安心してダイナミックなそり遊びを楽しむことができる。
    【期間】 2017年12月2日~2018年3月31日
    【場所】愛知県豊田市旭八幡町根山68-1
    【駐車場】300台 無料
    【問合せ】tel:0565-68-2755(9:00~17:00)
    【URL】http://www.asahikougen.co.jp/index.html
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    スケート

    スキーと並んで、もう一つ大人気のウィンタースポーツといえばスケートです。浜松市内にもスケートリンクがあり、身近に感じる方も多いのではないでしょうか?軽装でできるのが魅力のスケートですが、スキーと同様、頭や手を守るため帽子や手袋は必ず身につけるようにしましょう。

    浜松スポーツセンター アイススケートリンク(室内アイススケート場)

    浜松市内唯一のアイススケートリンク。アクセスのよさから子どもたちにも人気のスポット!
    【期間】2017年10月28日~2018年5月6日
    【時間】火~金12:00~19:00(冬休み・春休みは10:00~)・月土日祝10:00~19:00
    【料金】大人1,100 円(1,400円)・高校生1,000円(1,300円)・中学生900円(1,200円) ※12月30日~1月8日は祝日料金
         小学生以下800円 (1,100円) 3歳以下:無料 *(  )内は土日祝料金
         ※貸靴・貸ヘルメットあり 団体料金・スクールあり
    【場所】浜松市東区宮竹町728
    【駐車場】200台 無料
    【問合せ】tel:053-460-0100
    【URL】http://hama-spo.com/
    ◎以前の様子はこちら⇒取材ママレポート

    青葉公園シンボルロード スケートリンク

    静岡市街の真ん中で楽しめるスケートリンク。今年から本物の氷のリンクが登場!きらめくイルミネーションの中に浮かぶスケートリンク。
    【期間】2017年12月9日~2018年1月8日
    【時間】平日/16:00~20:00 土日祝/10:00~20:00
    【料金】大人1000円 高校生以下700円 親子セット(大人+こども)1,700円 スケート靴込・40分間入替制
    【場所】青葉イベント広場 葵スクエア 静岡市葵区呉服町2丁目5番地の14
    【駐車場】なし 近隣の有料駐車場を利用
    【問合せ】tel:054-252-7720 (I Loveしずおか協議会)
    【URL】http://iloveshizuoka.jp/

    富士急ハイランド アイススケートリンク

    初心者専用エリアや安定感抜群の2枚刃スケートシューズのレンタルなど、初めてのスケートチャレンジを応援してくれるサービスがうれしい。無料スケート教室は毎日開催。
    【期間】2017年10月20日~2018年4月1日(予定)
    【時間】8:30~20:00内で日により営業時間が変動
    【料金】入園料 大人・中学生:1,400円 子ども:800円 滑走料は無料
        ※貸靴あり1,000円
    【場所】山梨県冨士吉田市新西原5-6-1
    ・東名富士ICから西富士有料道路-国道139号
    ・東名御殿場ICから国道138号を約15分
    【駐車場】1日1,500円
    【問合せ】tel:0555-24-6711
    【URL】https://www.fujiq.jp/special/skate/

    ぐりんぱ アニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」 コラボスケートパーク

    アニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」コラボスケートパークの世界の中で楽しくスケートが楽しめる!週末には無料スケート教室も有り。レンタルの二枚場スケート靴やスケート補助具も充実。スケートデビューに最適なリンク。
    【期間】2017年11月18日~2018年3月25日(予定)
    【時間】平日9:30~16:00(3月以降変動あり) 土日祝9:30~16:30
    【料金】入園料 大人(中学生以上)1,200 円・こども(3歳~小学生)800円 滑走料は無料 ※貸靴あり1,000円
    【場所】裾野市須山字藤原2427 東名冨士IC~十里木経由又は富士山スカイライン経由で50分
    【駐車場】1日1,000円
    【問合せ】tel:055-998-1111
    【URL】http://www.grinpa.com/

    屋外施設は天候などにより利用可能な日程や時間が変わることもあります。
    雪などによる交通状況も含め、事前に確認をしてから出かけましょう。

    スキー・スケート
  • ザ・サンフェス2017

    2017年12月12日

    3人(7歳長男、5歳長女、3歳次男)の子育てで毎日があっという間に過ぎてしまう私ですが、「ザ・サンフェス~はままつで妊娠・出産・育児をもっと楽しもう!~」というイベントがあると聞き、何か参考になるかもしれないと思い、子ども3人を連れて出かけてきました。

    サンフェス会場
     
    講演会の託児は予約制で、そのほかにも予約が必要なイベントもあったのですが、開始直後に会場入りし、受付で問い合わせると託児やイベントは当日用の枠もあるとのこと。さっそく子どもたちの託児をお願いし、講演を聞くことにしました。
     
    講演は浜松医大の副学長・金山尚裕先生による「妊娠出産生活を快適に過ごすためには」というテーマでした。

    講演会

    私は浜松医大で出産しているので、金山先生のお話は母親学級などで聞いたことがあったのですが、年月が経ち、日々の育児に追われるうちに忘れてしまっていたようです。でも、今回講演を聞いて、まず生活習慣を見直そう! と思いました。わが家の食卓は子ども中心のメニューで、子どもが文句を言わず食べてくれるものが中心でした。体を冷やさないことが大切とわかっていても、実践できていなかったのです。でも、講演後は少しこだわってメニューを考えたり、時間があるときには半身浴をしたりしています。無料の託児があったおかげで、ゆっくりと講演を聞くことができました。
     
    子どもたちは人形劇を見たり、遊びルームでお兄さん・お姉さんと一緒に遊んだり、楽しく過ごせたようです。

    遊びコーナー

    子どもは楽しい時間が過ごせ、親は自分の育児を改めて見直すことができるイベントでした。

    ■ザ・サンフェス2017~はままつで妊娠・出産・育児をもっと楽しもう!~
    【日時】 平成29年11月18日(土) 10:00~15:30 (開場9:00)
    【会場】 浜松市立勤労青少年ホーム アイミティ浜松
    【住所】 浜松市中区船越町11-11
    【主催】 特例認定NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ
    【後援】 静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、FMHaro!ウィンディ

    ◎講演会「妊娠出産生活を快適に過ごすためには」
    【講師】 国立大学法人浜松医科大学 副学長 金山尚裕氏
    【時間】 10:30~11:30(要申込 定員50名)
    【対象】 男女問わず、参加可能
    【託児】 要申込(無料) 原則として生後3か月~小学2年生まで

    文/ジュン

    イベント(通年・不定期)