子連れでおでかけ

子どもと一緒に楽しめる浜松市&周辺地域の施設・公園・イベントなどを、取材ママ・パパ特派員がレポートします。

  • 龍山秘密村

    2017年6月30日

    「家族でのびのび自然の中で遊びたい!」と思い、植物や生き物が大好きな9歳の娘を連れて、天竜区に今年4月オープンした龍山秘密村に行ってきました。

    秘密村

    秘密村にはカフェとキャンプ場が併設されおり、一人500円の入村料を払えば、日帰りでバーベキューやピクニックなどをして遊ぶこともできます。市街から約1時間半ほどですが、ここでは時の流れがゆったりとして、普段とは違う感覚を味わうことができます。

    看板

    カフェと兼用の建物で受付をすませ、用意したご飯を食べたあとは、さっそく自然観察へ。村を流れる浅い小川は水が冷たく、とても澄んでいて、サワガニやカワニナを見ることができました。

    沢ガニ

    小川

    川の探検を終えると、プール掃除をしていた村長さんが手招きしていました。そこにはちょうどプールの脇に産みつけたふわふわのモリアオガエルの卵が! とてもきれいな卵で、貴重なものを見ることができて、娘もびっくりしていました。

    かえるの卵

    その後も娘は私の目の届く範囲で自然観察をつづけ、親はカフェでお茶をするなど充実した時間を過ごすことができました。

    秘密村はテントサイトのほかに、5~6人泊まれるロッジが4棟、10人泊まれるコテージもあります。今回は掃除中で使えませんでしたが、子ども用のプールや野外炊事場も完備されています。

    プール

    また、予約すればクライミングも楽しむことができます。次回は水にぬれてもいいように着替えとゴム草履を持って、泊まりで自然を楽しみたいと思います。

    龍山秘密村

    住所 浜松市天竜区龍山町大嶺1371-2
    電話 053-969-0755
    利用時間 日帰り:10:00~16:00
    宿泊:チェックイン14:00、チェックアウト11:00 
    定休日 火・水曜(ただし12~2月の冬季は閉鎖)7、8月は休みなしで営業
    料金 日帰り:一人500円
    各宿泊料金は1800円から
    利用設備 テントサイト、コテージ、ロッジ、クライミングウォールなど
    駐車場 有(無料)
    アクセス方法 龍山協働センター・秋葉ダムより車で約10km
    URL https://himitsumura.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    アウトドア・キャンプ
  • すんだもち庵 もづっこ

    2017年6月29日

    東図書館へ行った帰り道「ちょっとあそこに寄ろうよ」と5歳の長男が言ったお店は「ずんだもち庵 もづっこ」です。東図書館を出るとすぐにのぼりが見え、歩いて行くことができます。店頭にはお茶や水のセルフサービスや試食ができるスペースがあり、子どもたちのお気に入りの場所です。

    外観

    最近飲食スペースを改装したばかりで、エアコンが完備されたので、注文して待っている間や試食している間も心地よく過ごすことができます。店内のメニュー表にはずんだもちやあんこもちなど、おもちを使ったメニューがずらり。

    メニュー1

    宮城県出身の店長がおもちを使ったふるさとの味を浜松でも広めたいという思いから定年退職後に開店したそうです。

    この日はいつも食べているあんこもちとごまもち、それにあったか~あんこもちを購入しました。餡は甘さ控えめでおもちは柔らかいので、小さくちぎってあげると1歳の次男もパクパク食べます。

    店内

    私のおすすめは店長手作りのずんだを使ったジェラートです。長男は今度来たときはこれにする! と言っていました。ほかにも最中や季節限定の草もちなどおもち以外のメニューも豊富です。

    メニュー2

    餡の種類も多く、お店に行ったら、きっといろいろな味を試してみたくなりますよ!

    文/おしるこ

    ずんだもち庵 もづっこ

    住所 浜松市東区子安町309-4
    電話 090-8866-7442
    利用時間 10:00~18:00
    営業日 木、金、土、日
    子連れに便利な設備 テーブル・イス 有、手洗い設備 有
    駐車場 有(1台)
    URL http://zundamochi.hamazo.tv/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    飲食・レストラン
  • こども館体験記「おはなし助産師さん」

    2017年6月28日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    夏の日射しが厳しくなってきた6月の晴れた平日、天候を気にせず楽しめるこども館を訪れました。

    この日は10時半からサウンドプレイルームで「おはなし助産師さん」というイベントが開かれていました。タイトルのとおり、経験豊富な助産師さんにいろいろ話してみよう、というイベントです。この日の担当助産師は小川さゆりさん。どんな悩みや話でもにこにこと聞いてくれる、癒し系な方でした。会場はじゅうたん敷きで、靴を脱いで入ると、座布団が用意してあり、赤ちゃんも安心して連れて行けると思いました。

    おはなし1

    もうすぐ2歳になるわんぱくな次男を連れた私と、2か月の女の子、1歳4か月の女の子、0歳から小学4年生まで5人の男の子がいるママの4組が集まりました。助産師の小川さんが「そちらのママはどんな感じ?」と、雑談しつつ普段の生活の様子をママから引き出す会話形式で進行していきます。

    おはなし2

    私は次男の指しゃぶりが長男の時よりも激しいのが気になっていると話しました。すると、「兄弟でケンカはしない?」と質問が返ってきたので、普段の生活の様子をいろいろと話しました。助産師さんに悩みを聞いてもらえてほっとするのはもちろん、ほかのママの子育ての様子も知ることができて参考になりました。

    おはなし3

    部屋にはこども館のスタッフが数人いて、子どもと遊んでくれるので、悩みを話したいママは話に集中でき、とてもありがたいです。また、どうぶつしょうぎやオセロなどのおもちゃも置いてあるので、興味をもった次男はコマを積んだり並べたりして遊んでいました。

    おはなし4

    30分ほど経ち、ほかの遊具で遊びたくなった次男は部屋を飛び出し、プレイハウスやこどもエレベーターなど、体を動かす遊びをしに行きました。イベントは出入り自由で、途中から入ることもできます。11時30分が一応の区切りですが、12時までは助産師さんが部屋にいてくれるので、そのまま雑談継続もOK。個別な相談にも応じてくれます。

    おはなし5

    2か月の女の子がちょうど授乳の時間だったので、実際の授乳を見てもらい個別相談をしていました。助産所や母乳外来でないと助産師さんに直接授乳の様子を見てもらうのは難しいですが、予約なしでその場で相談でき、しかも無料というのはとてもいい会だなあと思いました。

    このイベントは妊婦さんも参加可能です。出産前はもちろん、いろいろなママの話を妊娠中に聞くことで、産後の心の準備にも役立つのではないでしょうか。私は特に大きな悩みはなかったのですが、イベントに参加して雑談する中で「他のママも同じことで悩んでいたんだな」と気づくことがあり、リフレッシュできたので、また機会があれば参加したいと思います。

    文/hoseco

    こども館スタッフからひとこと

    スタッフ

    このイベントでは、ほかのお母さんの悩みを聞いて共感したり、個別相談で助産師さんを一人占めできたりもします。部屋には大きい子用の遊び道具もあるので、ぜひ妊婦さんから大きなお子さん連れのママまで、楽しんでいってください。

    浜松こども館

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 藤枝市「れんげじスマイルホール(キッズパーク)」

    2017年6月27日

    藤枝市にある「蓮華寺池公園」は、1日楽しめるスポットです。昨年4月にこの公園の第2駐車場にオープンした、「れんげじスマイルホール(キッズパーク)」へ行ってきました。

    スマイルホール外観

    キッズパークは、無料の「プレイゾーン」と有料で運動教室に参加できる「スポーツゾーン」に分かれています。プレイゾーンは、時間ごとの入れ替え制です。3歳以下対象の「ちびっこ広場」と0歳~小学生対象の「わんぱく広場」があります。兄弟の年齢が違っていても同じ室内で見守ることができるので、パパ・ママにはうれしい空間ですね。

    まずは整理券をもらい、時間になったら子どもをはだしにさせて入口に並びます。ここで、楽しく遊ぶための注意事項を聞きます。入口のドアが開くと、息子は思わず「わぁ~!!」と言いました。

    すべり台

    それもそのはず、室内には大きな遊具がいくつかあり、床には、カラフルなマットが敷きつめてあります。順番待ちをしながら、トランポリンやボルダリング、すべり台など、いろいろな遊具を何回も回りました。

    トランポリン

    ボルタリング

    会場にはスタッフが常駐しており、「ようい、ドン!」とか「上手にできたね!」など声をかけて遊びをサポートしてくれるので、息子は夢中になって、思う存分遊びました。場内には、水筒やペットボトルを持ち込むことができます。これからの時期は、ときどき水分補給しながら遊ぶのがいいですね。

    文/お茶子

    れんげじスマイルホール(キッズパーク)

    住所 藤枝市本町1-2-1
    電話 054-641-7715
    利用時間 平日 10:00~12:00、12:30~14:30、15:00~17:00
    土・日・祝 10:00~11:55、11:00~12:00、12:30~13:25、13:30~14:30 
    休館日 木曜日・年末年始
    料金 無料
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(オムツ替えシート有)、授乳室・ベビーベッド有
    駐車場
    URL http://rengejikidspark.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 「はままつ歯と口の健康フェスタ2017」で手形模型作り

    2017年6月26日

    クリエート浜松で開催された「歯と口の健康フェスタ2017」に親子で出かけてきました。4歳の息子は今年で2回目の参加です。無料のフッ化物塗布のほかに、お目当てがもうひとつ! 大人気のため昨年は体験できなかった「手形模型作り」です。

    模型入口

    今年は会場に入ると、真っ先に体験コーナーへ。ここでは歯科技工士さんが入れ歯作りの技術を応用して、歯型ならぬ手形作りをしてくれます。ピンクの冷たい粘土のようなものにしばらく手を置いてじっとします。乾いてきたら手を抜き、そこへ石膏を投入。30分ほどして乾燥したら完成です。

    手形をとる

    体験コーナー

    自宅へ戻り、わくわくしながらピンクの部分をめくると、「わぁ~♪ すごーい!」自分の手形模型を見た息子はうれしそうに大きな声を出しました。よく見ると指紋や手のしわ、爪までリアルに再現されています。これに作った日付と名前を入れ、記念にしばらく飾っておくことにしました。

    手形完成

    会場にはほかにもイベントがたくさん。パネルシアターでは、子ども向けに食育についてのお話が楽しめます。歯と口の健康に関する問題を学ぶクイズラリーでは、最後にくじ引きでごほうびがもらえました。

    パネルシアター

    親子で歯と口の健康について考えるよい機会になる「歯と口の健康フェスタ」。来年もまた訪れたいと思います。

     
    ■はままつ歯と口の健康フェスタ2017
    【会場】 クリエート浜松(対象地区は中区・東区・南区)、その他市内4会場でも開催
    【開催日時】 2017年6月4日 9:30~12:00(受付11:30まで)
    【料金】 無料
    【設備】多目的トイレ 有
    【駐車場】 無
    【URL】 http://hamashi.com/

    文/みきこ 

    イベント(夏)
  • 亀山トンネル

    2017年6月25日

    1歳7か月の娘を自転車に乗せて近所の亀山トンネルに遊びに行きました。このトンネルは浜松城の北西側にひっそりとあります。

    トンネル入り口

    もともとは遠州鉄道奥山線のトンネルとして使われていたそうですが、その路線は廃線となり、今では遊歩道として活用されています。トンネルはレンガで組まれていて、当時の面影を感じることができます。

    訪れた日はとても天気がよく、気温も高かったのですがトンネル内部はひんやりとして涼むにはちょうどいい温度。一歩中に入ると外の喧騒とは違う世界が広がっています。

    トンネル中

    娘は最初、暗闇を警戒していましたが、声が響くのがおもしろく、だんだん慣れてくると、トンネル内を叫びながら全力で走りだしました。疲れると途中で壁に体をくっつけてレンガのひんやり感を楽しんで休憩していました。

    壁がひんやり

    いつもの通り慣れた道とは違う雰囲気を楽しみたい方、市街に出る時や散歩の際ちょっと回り道して通ってみてはいかがでしょうか。ただし、亀山トンネルのある遊歩道は自転車やジョギング中の方も通るため、子どもから目をはなさないようにしましょう。

    文/よこた

    亀山トンネル

    住所 浜松市中区鹿谷町(浜松城北西側)
    子連れに便利な設備 ベンチ有
    駐車場

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

     

    その他の施設
  • 「はままつ歯と口の健康フェスタ2017」でフッ化物塗布

    2017年6月23日

    毎年6月4日~10日は「歯と口の健康週間」。期間中は歯と口の健康をPRするイベントが各地で開催されました。

    入口

    4歳の息子は、フッ化物塗布を受けに今年もイベントに参加しました。無料で受けられるこのイベントは毎年大人気。フッ化物塗布とあわせて行われる歯科健診は、大人も受けられます。出世大名「家康くん」とお友だちの「直虎ちゃん」も健康PRのお手伝いに来ており、記念撮影にも応じてくれました。

    家康くんと直虎ちゃん

    フッ化物塗布は先着400名。市内の歯医者さんや歯科衛生士をめざす学生さんたちがスタッフとなり、歯や口の相談にも親身になって応じてくれます。息子は歯医者さんにはご縁がなく、こういった機会があるのは本当にありがたいです。

    受付

    フッ化物塗布

    無事に歯科健診とフッ化物塗布を終えた息子は、ごほうびに幼児用コップがもらえてにっこり。パパは奥歯に歯垢が見つかり、受診を勧められてがっくり(笑)。

    お土産

    市内ではクリエート浜松をはじめ5会場でこうしたイベントが毎年行われており、会場ごとに内容が違います。浜北保健センターで行われるフッ化物塗布は、なんと年齢制限なし! ガーデンパークで開催されるキッズ歯科大学は、事前申し込みで就学児童が参加できます。みなさんも、来年は親子で近くの会場に足を運んでみてはいかがですか?
     
    ■はままつ歯と口の健康フェスタ2017
    【会場】 クリエート浜松(対象地区は中区・東区・南区)、その他市内4会場でも開催
    【開催日時】 2017年6月4日 9:30~12:00(受付11:30まで)
    【料金】 無料
    【設備】多目的トイレ 有
    【駐車場】 無
    【URL】 http://hamashi.com/

    文/みきこ 

    イベント(夏)
  • アクティ森でおえかきこいのぼり

    2017年6月22日

    新緑の季節になり、森方面へ出かけたいなあと思い、アクティ森に家族で行ってきました。

    アクティこいのぼり

    体験センターで問い合わせると、期間限定の「おえかきこいのぼり」がちょうど体験できるとのことで、申し込みをしました。開始まで少し時間があったので、センター内のキッズスペースで遊ぶことに。木のおもちゃが楽しかったらしく、3歳の次男は体験時間になっても動くのをいやがるほどでした。

    キッズルーム
     
    「おえかきこいのぼり」は、鯉のぼりを3匹作成します。わが家は3人兄弟なので、ひとり1匹ずつ担当することにしました。

    こいのぼり作り1

    消しゴム判子や、布に使用できるクレヨンを使います。兄弟それぞれの個性が出た、布製の鯉のぼりが1時間ほどで完成しました。

    こいのぼり作り2
     
    園内で昼食をとった後は、屋外の砂場やブランコ、すべり台や水路で遊びました。

    水路

    遊具

    親子とも、アクティ森がすっかり気に入り、GWの一日を充実させることができました。「おえかきこいのぼり」は期間限定ですが、アクティ森ではほかにもさまざまな創作体験をすることができます。電動ろくろを使用する陶芸体験以外なら、小さな子どもでも保護者がついていれば体験可能とのことです。次回はどんな体験をしようかなあ? と今から考えています。みなさんもHPをチェックして、ぜひアクティ森へ出かけてみてください。
     
    ■おえかきこいのぼり
    【料金】 2,000円

    文/ジュン

    アクティ森

    住所 周智郡森町問詰1115-1
    電話 0538-85-0115
    営業時間 9:00~17:30(12月~2月は17:00まで)
    定休日 水曜日(祝日・春・夏休みは営業)年末年始(12月27日~1月1日)
    子連れに便利な設備 オムツ替え台つき多目的トイレ有、授乳スペース有(スタッフに問い合わせ)
    駐車場 有 無料(普通車200台、大型バス5台)
    URL http://actymori.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(春)
  • ☆2017夏☆浜松プール情報

    2017年6月21日

    いよいよ今週末から順次オープンする屋外プール! 暑い夏を乗り切るのに欠かせないお出かけ先ですね。事前にチェックしておきたいのが、施設によって少しずつ違う利用のルールです。着いてから入れなかったじゃ悲しすぎる…。子どもと一緒にめいっぱい楽しむために、利用の年齢制限や設備を事前にリサーチしておきましょう。気軽な水遊び、水泳の練習など、目的に合わせてお気に入りのプールを見つけて下さい♪

    浜松市の屋外児童プール

    ~行く前にチェック! 施設によって違うあれこれ~

    * 乳幼児の水遊び用パンツは使用可能?
    * スイミングキャップは必要?
    * 浮き輪は持ち込みOKかな?
    * プールの中まで保護者の同伴が必要なのは何歳まで?
    * 子どもと性別が違う場合、更衣室は何歳まで一緒に入れる?

    無料がうれしい!お友達と気軽に通える児童プール

    浜松市には、小学生以下の子どもが「無料」で利用できる児童プールが5か所あります。公園に併設されており、監視員さんが常駐しているので安心して利用することができます。幼児用プール(徒歩池)は水深20~30cmほどで、大人は服のまま付き添うことも可能。近くで様子が見られるよう短かめのボトムにしていくといいですね。小学生メインのプールは水深80~100cmほどで、空いていれば泳ぎの練習もできる大きさです。規則を守り、みんなで気持ちよく利用しましょう。

    ■利用期間 2017年7月15日(土)~8月31日(木)
    ■利用時間 9:30~12:00、13:00~16:00
    ■利用できる人 小学生、未就学児童(保護者同伴で)
    【主な注意事項】
    ・スイミングキャップ着用
    ・オムツの取れていない乳幼児は、水遊び用パンツの上から水着を着用
    ・身長110cm以下の児童及び幼児が児童プールを利用する場合は、保護者(水着着用)の付き添い要(保護者1名につき子ども2名まで)

    <浜松市屋外児童プール>

    設備充実!一日遊べる市内のレジャープール

    <浜松市内の屋外プール>

    • 北部水泳場
      【期間】 屋内/一年中、屋外/6月24日(土)~9月3日(日)
      【時間】
      屋内/平日・土曜日 9:30~21:00、日曜日・祝日 9:30~20:30(屋外プールオープン期間中)
      屋外/9:30~17:00
      【料金】 大人(高校生以上)510円、子ども(小・中学生)250円、未就学児無料
      ・屋内プールはスイミングキャップ着用
      ・小学2年生以下は保護者(水着着用)の付き添い要(保護者1名につき子ども2名まで)
      ・オムツの取れていない乳幼児は、水遊び用パンツの上から水着を着用
      【URL】 https://hokubu.public-swimming-pool.com/
    • 亀崎ファミリーランドプール
      【期間】 7月14日(金)~8月31日(木)
      【時間】 9:30~16:50
      【料金】 大人300円、小中高生150円、未就学児無料
      【駐車料金】 300円
      ・児童、幼児はスイミングキャップ着用
      ・小学2年生以下は保護者(水着着用)の付き添い要(保護者1名につき子ども2名まで)
      ・オムツの取れていない乳幼児は、水遊び用パンツの上から水着を着用
      【URL】 http://www.yuto-park.jp/kamesaki/
    • 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 ToBiO
      【期間】 屋内/一年中、屋外/7月の第1第2第3の土曜及び日曜日、7月20日~8月31日
      【時間】 屋内/月~土曜日 9:00~21:00、日曜日 9:00~19:30 、屋外/9:00~18:00
      【料金】 大人(高校生以上)750円、高校生以下370円、未就学児無料
      ・屋内プールはスイミングキャップ着用
      ・メインプールは、小学校5年生以上でかつ50m以上泳げる方のみ
      ・サブプール及び屋内レジャープールを小学3年生以下が利用する場合、保護者(水着着用)の付き添い要(保護者1名につき子ども2名まで)
      ・オムツの取れていない乳幼児は、水遊び用パンツの上から水着を着用
      【URL】 https://www.hgw.co.jp/tobio/ / 取材ママのレポート
    • 浜名湖パルパル パルプール
      【期間】 7月8~9日、7月15~7月19日、7月21日~8月31日、9月2~3日
      【時間】 パルパル開園~17:30 *日程により変動あり
      【入園+プール入場料】 大人(高校生以上)2,200円、中学生1,900円、小学生1,400円、幼児(3歳~未就学児)1,100円
      ・ベビープール、120cm未満の子の流水プール利用は保護者同伴
      ・オムツの取れていない乳幼児は、水遊び用パンツの上から水着を着用
      【URL】 https://pal2.co.jp/pool/ / パパ特派員のレポート
    • 浜名湖東急サニーパーク
      【期間】 7月22日(土)~8月31日(木) *7月15(土)~17(月)プレオープン
      【時間】 10:00~17:30
      【料金】 大人(中学生以上)1,800円、子ども(4歳~小学生)1,200円
      【URL】 https://www.tokyu-hamanako-sports.com/sliderpool

    景色も新鮮♪足を延ばして個性派プールへ

    <浜松近郊の屋外プール>

    • 新居弁天わんぱくランド
      【期間】 7月16日(日)~8月31日(木)
      【時間】 9:00~17:00
      【料金】 大人(中学生以上)500円、4歳~小学生300円
      【駐車場】 海浜公園駐車場有り(500円/1日)
      ・オムツの取れていない乳幼児は、水遊び用パンツ着用
      【URL】 http://kosaicity.com/wanpaku.html / 取材ママのレポート
    • 竜洋海洋センタープール
      【期間】 7月1日(土)~8月31日(木)、9月3~4日 (屋内・屋外共通)
      【時間】 屋内/9:00~21:00  屋外/9:00~17:00 *休憩あり
      【料金】 大人(高校生以上)210円、小・中学生100円、小学生未満50円
      ・スイミングキャップ着用
      ・3歳未満は利用不可
      ・小学2年生以下は保護者(水着着用)の付き添い要(保護者1名につき子ども2名まで)
      【URL】 https://www.entetsuassist-dms.com/ryuyo-kaiyopark/
    • つま恋 ウォーターパーク
      【期間】 7月15日(土)~9月18日(月・祝) 
      【時間】 デイチケットの場合9:00~17:00
      【料金】 デイチケット 大人(中学生以上)2,300円、子ども(3歳~小学生)1,300円 *ナイター営業あり
      ・水遊び用パンツの使用可
      ・小学生のみの利用不可
      【URL】 https://www.tsumagoi.net/wp/

    昨年の記事ですが、公園での水遊びやプール情報をまとめています。おでかけの際は、利用の詳細に加えて今年の営業日程や料金をご確認下さい。

    プール
  • アクティ森でお茶摘み体験

    2017年6月20日

    お茶摘みの最盛期はGWの頃だそうです。GWが近づき、子どもと一緒にお茶摘みをしたいなあと思っていた折、アクティ森でお茶摘み体験ができることを知りました。ただし、体験場所はアクティ森から車で15分ほど離れたお茶畑です。注意点などの説明を受け、お茶摘み開始。

    お茶畑1

    子どもたち(7歳、5歳、3歳)は「ここに、大きい葉っぱがあるよ!」と楽しげに話しながら、広いお茶畑を行ったり来たりしていました。

    お茶畑2

    普段から草花を摘むのが好きなので、自由にお茶の葉を摘めることが楽しかったようです。3歳の次男は上手に摘めるか心配でしたが、集中して上手に摘んでいました。お茶の新芽はやわらかく、摘みやすかったようです。

    お茶の葉
     
    40分ほどお茶摘み体験をした後は、近くのお茶の加工工場で新茶をいただき、ホッと一息。新茶のお土産ももらいました。アクティ森に戻ると、お茶の葉の天ぷらの試食がありました。子どもたちは天ぷらにしたお茶の葉がおいしかったようで、パクパク食べていました。

    天ぷら

    レジ袋いっぱいにお茶の葉があったので、帰宅後にレシピをもとに子どもと一緒に釜炒り茶を作ってみました。めいっぱいお茶の体験ができた一日でした。アクティ森では毎年GWにお茶摘み体験を実施しているそうです。また来年もぜひ行きたいと思っています。
     
    ■お茶摘み体験
    【開催日】 2017年5月7日(日)
    【時間】 10:30~(要予約)
    【料金】 1枠1,200円(お茶の葉天ぷらの試食、新茶30グラムのお土産つき)
    【定員】 20名

    文/ジュン

    アクティ森

    住所 周智郡森町問詰1115-1
    電話 0538-85-0115
    営業時間 9:00~17:30(12月~2月は17:00まで)
    定休日 水曜日(祝日・春・夏休みは営業)年末年始(12月27日~1月1日)
    子連れに便利な設備 オムツ替え台つき多目的トイレ有、授乳スペース有(スタッフに問い合わせ)
    駐車場 有 無料(普通車200台、大型バス5台)
    URL http://actymori.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    イベント(春)
  • 天浜線フェスタ2017

    2017年6月17日

    毎年恒例の天浜線フェスタに、1歳の息子と出かけてきました。よく晴れた暑い日で、会場の天竜二俣駅はたくさんの親子連れでにぎわっていました。

    天浜線1

    会場内では国登録有形文化財の駅舎や鉄道歴史館、現役の車両などを見学できます。天浜線の長い歴史を感じられる見ごたえのあるものばかりです。

    天浜線2

    また地元の食べ物や鉄道グッズ の販売もあり、見てまわるのも楽しいです。転車台乗車体験や、車両下廻り見学ツアーもありますが、整理券をゲットするためには早めに入場しましょう! 有料の運転席記念撮影もあり、こちらは希望者はだれでも体験できます。

    午後にのんびり参加した私たち親子ですが、歴史ある施設や列車を間近で見ているだけでも、とても楽しめました。職員さんと直接お話できることも魅力のひとつですね。

    天浜線3

    フェスタ入場券を見せると、金魚すくい、ヨーヨー釣り、ガラポンが各1回無料でできるのもうれしいです。

    天浜線4

    会場内では砂利の上やレールをまたいで歩くので、ベビーカーより抱っこ紐がオススメです。また天浜線で来場すると、入場料が無料になります。来年は乗車も楽しみながら、また来たいなと思いました。

    ■天浜線フェスタ2017
    【日程】 2017年5月27日(土)・28日(日)
    【時間】 10:00~15:30
    【会場】 天竜浜名湖鉄道 天竜二俣駅構内(天竜区二俣町阿蔵114-2)
    【料金】 大人300円 子ども150円(未就学の幼児無料)
    【電話】 053-925-2276 (9:00~17:00)
    【設備】 オムツ替え台、授乳室有
    【URL】 https://www.tenhama.co.jp

    文/マナ

    イベント(春)
  • トーストサンド専門店 ブラウニーサンドイッチ

    2017年6月15日

    五月晴れのある日、仲よしグループで公園に遊びに出かけようと計画をたてました。「こんな過ごしやすい季節には、お弁当持参でピクニックランチがいいね」とママ友からの提案。でも、「手作りのお弁当はちょっと・・・」、「この間も運動会でお弁当頑張ったばかり・・・」、そんな声が聞こえてきそうでした。

    看板

    そんなとき、「ここのサンドイッチ、おいしくてテイクアウトも予約もOKだよ」と情報通のママからのうれしいアドバイスが。めでたくピクニックランチのメニューが決まりました。

    「ブラウニーサンドイッチ」には、テイクアウト可能のサンドイッチやバーガーがなんと40種類以上! ポテトや唐揚げのサイドメニューもあります。私たちは当日の朝、電話で予約。お店に入ると、イートインスペースでサンドイッチを楽しむグループや、予約の品を受け取りに来るお客さんなど、週末のお昼時はたくさんのお客さんでにぎわっていました。

    店内

    私はエビとアボカドのサンドイッチをオーダー。4歳の息子のためにLサイズのポテトもお願いしました。ハンバーガーを頼んだママは、ジューシーなパテに大満足。息子も揚げたてのポテトが気に入ったようで、抱え込んで食べていました。

    プレート

    お店で使うパンは、老舗のパン屋さんにお願いしてオリジナルで焼いてもらっているこだわりの品。

    外観

    おいしいランチのおかげで、いつもの公園遊びも楽しさ倍増。次回は、生クリームをサンドしたデザートサンドも楽しみたいと思います。

    文/みきこ

    ブラウニーサンドイッチ

    住所 浜松市東区安新町550-4
    電話 053-571-8034
    営業時間 9:00~19:00 火曜日は9:00~14:00
    定休日 水曜日
    子連れに便利な設備 洋式トイレ有(おむつ替え台、幼児用イス無)
    駐車場 有(28台)
    URL http://brownie-sandwich.com

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    お店
  • 中瀬南部緑地公園

    2017年6月14日

    自転車の練習をするなら中瀬南部緑地公園がおすすめだよと友人から教えてもらい、5歳と1歳の息子を連れて遊びに行ってきました。

    自転車練習2

    公園内はすべり台やブランコなどの遊具もありますが、自転車道やローラーブレードのコースも充実しています。

    公園全体

    日陰やベンチが多いのも魅力で、大人が日陰で休みながら子どもの自転車走行の様子を見守ることができます。

    自転車練習

    公園に着くとすぐ、長男は補助輪付きの自転車をこぎ始め、公園内を何週も走っていました。この日は天気もよく、ほどよい風が吹いていたので、とっても気持ちよさそう! 次男はお兄ちゃんの様子を眺めながら、芝生に咲いているタンポポや落ち葉で遊んだり、ブランコで遊んだりしていました。

    補助輪なしの自転車を練習しているお友だちを見て、刺激を受けた長男は帰りぎわに「次はコロなしで練習しよっか」と言っていました。次回の練習が楽しみです。中瀬南部緑地会館の入口付近には貸出用のボールや砂遊びセットなどがあります。

    ボール貸出

    スコップ等貸出

    会館が休みの月曜日以外は、館内で授乳やおむつ替えもできるそうです。

    文/おしるこ

    中瀬南部緑地公園

    住所 浜松市浜北区中瀬4486-1
    電話 053-588-6151
    休園日 年末年始(12/29~1/3) 中瀬南部緑地会館は毎週月曜休館
    子連れに便利な設備 多目的トイレ 有、砂場セット貸出 有、中瀬南部緑地会館に授乳室 有、おむつ替えシート(ベビーベッド) 有 
    駐車場
    URL http://www.nem-shiteikanri.jp/shisetsu/misono_nakaze/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • 舞阪漁港えんばい朝市

    2017年6月12日

    毎年楽しみにしている「舞阪漁港えんばい朝市」へ行ってきました。

    えんばい朝市1

    この朝市の目玉は、なんといっても漁から戻った船からすぐにパック詰めして販売される「生シラス」です。この生シラスを購入するには、6時55分から配布される「生シラス販売整理券」が必要です。

    えんばい朝市2

    えんばい朝市3

    券をもらうため、私たち家族は早起きして、水筒と軽食を持ち、長蛇の列に並びました。整理券をもらうと、番号が呼ばれるまでお買い物タイムです。会場内には、新鮮な海産物や農産物そしてグルメなど、お店がずらりと並んでいます。

    ここで私たち家族が必ず食べるのが、舞阪生海苔の吸い物です。生海苔の香りいっぱいの吸い物をひとくち食べると、「おいしい!」と息子が歓声をあげました。「早起きしたかいがあったね。」とみんなで笑いました。

    えんばい朝市4

    家に帰ってから、生シラス丼やシラスのかき揚げなどを作り、家族みんなで食べました。

    えんばい朝市5

    朝市は、年に数回しか開催されないうえに、天候によっては不漁のため生シラスを購入できない場合があります。日程と天候をチェックして、ぜひ足を運んでみてください。
     
    ■舞阪漁港えんばい朝市
    【日時】 平成29年4月15日(土)・5月20日(土)・6月17日(土)・7月15日(土) 各日7:00~10:00
    【場所】 舞阪漁港(浜松市西区舞阪町舞阪)
    【駐車場】 有 弁天島海浜公園(朝市会場で無料駐車サービス券がもらえます)、舞阪小学校校庭
    【トイレ】 有
    【主催】 舞阪漁港えんばい朝市実行委員会
    【問い合わせ】 浜名商工会 TEL 053-592-3811(平日)、TEL 053-592-0320(当日のみ6:00~)
    【URL】 http://enbaiasaichi.webcrow.jp/

    文/お茶子

    イベント(通年・不定期)
  • ハーブ庭園 旅日記

    2017年6月11日

    GW帰省中に1歳5か月の息子と山梨県の「ハーブ庭園 旅日記」に行ってきました。1万坪の敷地内に約200種類ものハーブや花が咲きほこる庭園です。

    ハーブ庭園1
     
    ちょうどチューリップや菜の花、アジサイなどが咲いていて、木々の新緑とともに青空に映えてきれいでした。息子は色とりどりの花を指差して「おりょ」とまるで「きれい」とおしゃべりしているかのように声をあげながら楽しそうに歩き回っていました。

    ハーブ庭園2

    ハーブ庭園4

    園内にはウサギやアヒル、コイもいて、子どもたちに大人気! 息子も間近に寄ってきたアヒルに「おー」と声をあげて大興奮でした。

    ハーブ庭園3
     
    ママにうれしいのは「ローズゼラニウム」を入れた天然温泉の足湯です。ハ―ブの香りでリラックスでき、つかの間ですがひと休みができました。体験イベントなどもやっているようなので、また行ってみようと思いました。

    文/リンゴ

    ハーブ庭園 旅日記

    住所 山梨県甲州市勝沼町等々力1736
    電話 0553-44-3715
    利用時間 9:00~17:30
    定休日 年中無休
    料金 無料
    子連れに便利な設備 おむつ台有(女子トイレにベビーベッド有)、授乳室有(室内にベビーベッド、お湯のポット有)
    駐車場 有(120台 無料)
    URL https://www.herb-teien.com/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • ゆるやかコンサート 春 リコーダーとピアノ&サックス

    2017年6月9日

    音楽の街・浜松に住んでいるのだから、子育て中でもクラシックのコンサートを聴きたい! ということで、1歳の息子を連れて、ゆるやかコンサートに行ってきました。

    今回はリコーダーの演奏が中心のプログラム。となりのトトロの「さんぽ」やサウンドオブミュージックの「私のお気に入り」、シンデレラの「いつか王子様が」など、クラシックになじみのないパパママでも楽しめる選曲でした。

    使用したリコーダー

    1曲目の「ピタゴラスイッチのテーマ」が始まると、開演前まで騒いでいた子どもたちはすっかり静かになり演奏に耳を傾けていました。「小鳥愛好家の楽しみ」ではさまざまな種類のリコーダーが登場。ソプラノリコーダー・アルトリコーダーは、小・中学校で使った、なじみのある楽器なので、なつかしく感じました。バスリコーダー・コントラバスリコーダーが登場すると、その大きさに子どもたちはもちろん、パパママたちの「おーっ!」という驚きの声がホールに響き渡りました。

    リコーダーの演奏

    コンサート終了後、ステージ上に並ぶリコーダーと一緒に記念撮影。コントラバスリコーダーは150cmほどもあり、自分より大きな楽器に息子は大興奮でした。一般的なコンサートでは演奏者や楽器と一緒に記念撮影させてもらうことはないため、息子のいい思い出になりました。

    コントラバスリコーダーと記念撮影

    ゆるやかコンサートはこれで3回目。前回までと比べ、周りのことがわかるようになってきた息子は、演奏中に手を叩いたり体を上下に揺らしたりと、音楽に合わせて全身で楽しんでいる様子でした。

    次回のコンサートは7月18日(火)に「トランペットとピアノとパーカッション」で開催予定。観覧申し込みは6月27日(火)朝10時から浜北文化センター事務室へ電話または直接連絡となっています。

    ■ゆるやかコンサート 春 リコーダーとピアノ&サックス
    【日時】 2017年5月15日(月) 10:30~11:20
    【会場】 浜松市浜北文化センター・小ホール
    【住所】 浜松市浜北区貴布祢291-1
    【電話】 053-586-5151
    【入場料】 大人(高校生以上)1名500円
    【定員】 200名(親子ペアの場合100組)
    【駐車場】 有(約300台、無料) 
    【設備】 授乳室
    【URL】 http://www.hcf.or.jp/facilities/hkb/

    文/のび

    イベント(通年・不定期)
  • 鴨江寺 鴨江観音でお散歩

    2017年6月8日

    1歳1か月の息子といつもお散歩に行く鴨江寺 鴨江観音を紹介します。広い境内には、コイがいる大きな池があります。

    境内

    息子はこの池でエサをあげるのが最近のお気に入りです。パンくずを投げ込むと20~30匹ぐらいのコイが近寄ってきて、口をパクパク。月齢が低いときには、まったく興味を示さなかったコイのえさやりも、今では楽しそうにコイの様子を見るようになりました。

    池

    この池にはカメもいて、晴れた日には甲羅干しをしています。先日は2~3センチぐらいのカメの赤ちゃんを見つけました! わが子の成長と共に子ガメも見守りたいです。ただ、小さい子の水辺でのえさやりは足をすべらせると危ないので、目を離さないでくださいね。

    お散歩

    池の周りは、新緑がきれいです。木には大きなリスも遊びにきます。みなさんはリスの鳴き声を聞いたことがありますか? 私は初めて聞いたとき、イメージと違うので驚きました。昔から浜松を守ってくれている鴨江観音にお参りをしつつ、子どものお散歩コースのひとつにしてはいかがですか。

    文/ゆるこ

    鴨江寺 鴨江観音

    住所 浜松市中区鴨江4-17-1
    電話 053-454-5121
    駐車場 有(無料) 混雑時は近隣の有料駐車場を利用
    アクセス方法 浜松駅より徒歩15分、バスは浜松駅バスターミナル3番乗り場より〔鴨江廻り医療センター行き〕乗車、鴨江観音下車
    URL http://kamoeji.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • ふくろうずの出張うたあそびライブ

    2017年6月7日

    「ふくろうず」とは静岡県西部を拠点に子ども向けパフォーマンス活動をしている男性保育士4人組です。森町体験の里・アクティ森で「出張うたあそびライブ」があると聞き、参加してきました。

    ライブの様子

    「ライブ」と聞くと席に座って観賞するイメージですが、「ふくろうず」のライブは座っていた子どもたちがどんどん体を動かして参加していく感じです。たとえば「おばけにんじゃのドロンドロンドロン」(作詞作曲:ロケットくれよん)の歌では7歳の長男5歳の長女が前に出て一緒に歌って踊っていたのですが、3歳の次男は尻込みしていました。しかし、かわいいお化けの絵のついた手作りペンダントを見ると恥ずかしがっていた次男がにこにこ顔で参加しはじめました。

    お化け

    上手に子どもの興味を引くところはさすが、現役保育士さんという感じです。ライブの内容は歌遊び、運動遊び、ふれあい遊び、製作遊びなどがあり、親子で楽しむことができます。ライブの歌は、リーダーのわった(安間わたる)さんの作曲したものや、他のあそびうた作家さんの楽しい曲を使います。親しみやすい歌詞とメロディで、ライブが終わった後もしばらく子どもたちは真似をしていました。

    ライブ全体

    わが家は「ふくろうず」のライブは4回目の参加です。毎回親子で楽しんでいます。どこかで「ふくろうず」のライブの情報をゲットしたら、ぜひ参加してみてください。親子で楽しい時間を過ごすことができますよ。


    ■ふくろうず 出張うたあそびライブ
    【日程】 2017年5月5日(金・祝)
    【時間】 10:30~11:00、11:30~12:00、13:30~14:00、14:30~15:00
    【会場】 森町体験の里 アクティ森
    【URL】 https://fukurous.jimdo.com/

    文/ジュン

    イベント(通年・不定期)
  • 袋井の真ん中で「新茶手摘み体験♪」

    2017年6月4日

    新茶のおいしい季節ですね。お茶好きの2歳の娘とユーコープの「新茶手摘み体験」に参加してきました。茶農家の方に手摘みのやり方を教えていただき、一枚ずつ丁寧に摘みました。

    お茶畑

    娘にやり方を伝えると、教えたとおりに、そっと摘んでいました。茶摘みの後は、製茶工場で手もみ体験や工場見学をしました。

    お茶工場

    温かい容器に乗せられた新茶を両手でもんでいく作業は、力のいるものでしたが、娘は「もみもみ♪」と言いながら、粘土遊びのように楽しくもんでいました。

    手もみ体験

    今回の体験会は小学生の参加が多かったので、娘はいろいろと教えてもらっていました。普段は小学生のお兄さんお姉さんと関わることが少ないので、いい機会でした。体験会では希望者は茶娘の衣装を着ることができます。小さい子用はありませんでしたが、小学生の子はうれしそうに着ていました。もんだ新茶は、加工してもらい、持ち帰ることができます。出がらしのお茶の活用方法も聞きました。出がらしのお茶におかかとポン酢を混ぜて、食べるだけ! とてもおいしかったので、わが家でも取り入れて、大切な新茶を最後まで食べられるといいなと思いました。

    体験会の後は、デンマーク牧場へ移動。新茶に関するクイズをして、昼食です。クイズはほとんどの人が正解! 

    クイズ

    デンマーク牧場のソフトクリーム券のプレゼントがあり、食後にいただきましたが、娘はひとりで1個のソフトクリームをおいしそうに食べていました。帰宅後は、自分で摘み、もんだ新茶を飲み、何ともいえない満足感を味わいました。

    牧場

    ユーコープでは、季節に応じたいろいろな体験ができます。機会があったら、お子さんと参加してみてくださいね。

    ■新茶手摘み体験
    【場所】 笠原三栄社製茶出荷農業協同組合 工場(袋井市山崎5938-1)
    【参加費】 大人500円、子ども300円
    【参加資格】 ユーコープ組合員とその家族(応募者が多い場合は抽選)
    【持ち物】 昼食、手ふき・汗ふき用タオル、動きやすい服装
    【問い合わせ】
    ・ユーコープしずおか県本部 TEL0120-71-8107
    ・西部事務所 TEL0120-71-0858(平日9:30~17:00)
    【駐車場】 有
    【トイレ】トイレ、手洗いは三栄製茶工場またはデンマーク牧場に有

    文/ショコラ

    イベント(春)
  • 遊園地モートピア

    2017年6月2日

    鈴鹿サーキットにある遊園地モートピアに小学2年生の息子と年中の娘と遊びに行って来ました。南区にあるわが家から、2時間半ほどで着き、思っていたよりも近かったです。
     
    モートピアというと、車ばかりのテーマパークで男の子向けかな? と思っていましたが、そんなことはありませんでした! まずはみんなで一番気になっていた新しいアトラクション「ぶんぶんばち」に乗りました。スタッフの「Bee Happy! 」というかけ声でスタートします。

    ぶんぶんばち

    かわいいハチの乗り物で旋回しながら自らの操作で、ゆっくり下降・上昇していくので、怖さはなく、小さな子にもオススメです。

    近くには3歳以下限定の「ぶんぶんばちひろば」があり、簡単な迷路やネットの遊具などで小さな子が安心して遊ぶことができます。

    ぶんぶんひろば1

    ぶんぶんばちひろば2
     
    3歳からひとりで運転できるアトラクションもいろいろあり、お兄ちゃんも大満足でした。一番楽しかった乗り物は「プッチグランプリ」とのこと。車を運転してコースを走り、ゴールのタイムによってA級ライセンス、B級ライセンスが発行されます。「次は、A級ライセンスをとる!」とはりきっていました。

    プッチグランプリ

    3歳差の兄妹だと、お出かけ先をどちらかに合わせることが多いのですが、ここはふたりとも「Bee Happy!!」。また、遊びにこようと思いました。

    文/aokyo

    遊園地モートピア

    住所 三重県鈴鹿市稲生町7992
    電話 059-378-1111(代)
    営業時間 平日10:00~17:00、土日祝9:30~18:00(※曜日により変動有)
    定休日 無(保守点検期をのぞく。HPで要確認)
    料金 モートピアパスポート(入園+のりもの乗り放題) 大人/中学生以上4,300円、子ども/小学生3,300円、幼児/3歳~未就学児2,100円
    子連れに便利な設備 子ども用トイレ、オムツ替えシート、授乳室有、ベビーカーのレンタル有(1日500円)
    粉ミルク、離乳食、オムツなど購入可、園内レストランへの離乳食の持ち込み可
    駐車場 有(普通車1日1,000円)
    アクセス方法 東名阪自動車道鈴鹿ICから約13Km
    URL http://www.suzukacircuit.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    観光・ちょっと遠出
  • 今年も熱い!「新幹線なるほど発見デー」に行こう♪

    2017年6月1日

    夏のビッグイベント、JR東海浜松工場「新幹線なるほど発見デー」が今年も7月22日(土)、23日(日)の2日間にわたり開催されます。1月にリニューアルされた工場が初の一般公開。新たに導入された先頭車研ぎロボットの実演も予定され、鉄道ファンの期待も高まります。人気イベントのため、その混雑ぶりもなかなかのもの。広い会場の攻略法、暑さ対策など、子ども連れなら事前リサーチが必須です。昨年のレポートをまとめましたので、ぜひ予習しておいてくださいね。

    ドクターイエロー

    ●新幹線会場の配置や雰囲気をリサーチしよう

    イベントの開催時間や休憩場所の位置がわかっていると効率的に回れます。暑さ対策のためにも、会場の雰囲気を知っておきましょう。

    ●電車あのドクターイエローが目の前に!

    大人が見てもテンションが上がる「ドクターイエロー」。昨年も本物と記念撮影できるスポットは大人気でした。

    ●新幹線新幹線のドア操作で気分は車掌さん♪

    屋内の展示や体験は日差しが強い時間帯も見て回りやすいので、ちびっこ連れにおすすめコーナーです。

    ●電車ここでしか手に入らない記念品。今年は何かな?

    コレクションしたくなるような来場記念品が配布されます。非売品のレアグッズ、ゲットしないともったいない!

    もうひとつ押さえておきたいのが、事前申し込みのイベントです。毎年かなりの競争率のようで、当たったらめちゃめちゃラッキー! 昨年までは往復はがきでの応募でしたが、今年からネットでの応募に変更されています。締め切りは6月16日。すでに応募が始まっているので、要チェックです!

    ●新幹線イベントに当選したラッキーな親子が体験!

    憧れの新幹線運転台に潜入! 2分間の夢のような体験です。

    詳細や申し込み方法は、JR東海の公式サイトでご確認ください。

    イベント(夏)
  • 浜松労災病院「看護の日」イベント

    2017年5月31日

    イオンモール浜松市野で「看護の日」イベントがあると知り、2歳の娘と出かけてきました。「看護の日」とは、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定されました。10時の開催から参加しましたが、とてもにぎわっていました。

    看護イベント

    大人は自分の健康が気になるようで、血圧・体脂肪・肥満度を測定する健康チェック、お腹まわりの脂肪などを測るIN BODY測定などのブ―スが特に混んでいました。ほかにもAEDの操作体験など、健康に関するいろいろなブースがありました。
     
    子どもたちに人気があったのが、「白衣で変身! 看護師さんやお医者さんになって写真を撮ろう」というブースです。身近な職業である看護師さんやお医者さんに変身できるということで、未就園児~小学生までの子どもたちが並んでいました。

    着替え

    2歳の娘も参加可能ということで、白衣を着て、ナースキャップを被り、聴診器と注射のおもちゃを持たせてもらいました。普段は着ることができない白衣に少し戸惑った様子でしたが、白衣を着た看護師さんに連れられてフォトスポットに立つと、とてもうれしそうで、いい経験になったと思います。

    体験

    ほかの子どもたちも、憧れの白衣を身に付けることで、うれしそうな表情を見せていました。変身後は、インスタントカメラで撮った写真のプレゼントがあり、とてもいい思い出になりました。

    撮影
     
    みなさんは子どもの頃になりたかった夢や職業を覚えていますか? 今回のように、看護師さんやお医者さんに変身することで、いろいろな職業があることを子どもには知ってほしいと思います。

    ■浜松労災病院「看護の日」イベント
    【日時】 平成29年5月13日(土)10:00~15:00
    【場所】 イオンモール浜松市野 1階 シンフォニーコート
    【内容】
    ・健康チェック、健康相談、看護師への再就職相談、乳がん検診・人間ドック・脳ドックの勧めなど。
    ・子ども限定の写真撮影「白衣で変身!看護師さんやお医者さんになって写真を撮ろう」(対象は3歳ごろ~小学生高学年まで)
    【料金】 無料
    【主催】 浜松労災病院(東区将監町25)
    【問い合わせ】 053-462-1211
    【URL】 http://www.hamamatsuh.johas.go.jp

    文/ショコラ

    イベント(春)
  • 相生公園

    2017年5月29日

    屋内のハイハイでは物足りなくなってきた1歳の息子を連れて手頃な公園を探していたところ、ぴったりな公園を見つけました。東部協働センターに隣接する相生公園です。

    すべり台
     
    砂遊びが大好きな息子は公園で砂場を見つけてすぐに砂遊びを始めようとしましたが、スコップなどの砂遊びセットを忘れてしまいました。でも大丈夫! 公園の管理棟では砂遊びセットを無料で貸し出してくれます。こうした貸し出しがあると「子どもを遊ばせるぞ!」と勢いよく飛び出したものの、遊び道具をうっかり忘れてしまったパパ、何かと荷物が多いママも助かりますね。

    砂遊びセット
     
    砂遊びに飽きた息子はすべり台の階段の上り下りを30分以上も楽しみました。次はすべり台へ移動。私が抱っこしながらすべると、息子は満面の笑みで喜んでくれました。すべり台の途中に平らになる場所があるので一旦止まって、子どもの様子を見ながらすべることができるのが気に入りました。

    すべり台の階段

    すべり台をすべり下り、また階段をハイハイで上り…これを1時間ほど繰り返してこの日は帰宅。よほど疲れたのか、この日の寝かしつけはスムーズに終えることができました。外で遊びたいけれど、まだ伝い歩きから先に進めない子どもでも楽しめる相生公園は、これからたくさんお世話になりそうです。

    文/のび

    相生公園

    住所 浜松市中区相生町320-2
    電話 053-463-1450
    開園時間 駐車場 8:30~17:00
    貸自転車 9:30~12:00、13:00~16:30(1回30分)
    休園日 年末年始(12/29~1/3)
    子連れに便利な設備 砂遊びセット貸出有
    隣接する東部協働センターの障害者用トイレにオムツ台有
    駐車場 有(8台)
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/maps/c-aioi.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • 直虎ゆかりの地「高根城跡」

    2017年5月27日

    家族みんなで放送を楽しみにしている大河ドラマ「おんな城主 直虎」。ドラマのロケ地となった山城が浜松市最北の天竜区水窪町にあります。奥山氏が築き、その後武田信玄の城となった「高根城」です。水窪町へは車で約2時間かかりますが、途中の道の駅などで休憩しながら向かいました。

    案内図

    駐車場で案内図を確認してさっそく出発。舗装された道を歩くこと約10分、登り口に到着しました。その先には山に続く険しい階段が。ここからが本格的な山登りのスタートです!

    登山道

    山の傾斜がかなりキツイので、城めぐりに慣れたわが家でもひるむほど。しばらくすると小学1年生の娘は「もう登れない」と立ち止まってしまいました。「おとわちゃん(直虎)もここを登ったのよ」と励ましながら進むと、ついに山頂が見えてきました! ここからは水窪の町が一望。娘は疲れを忘れて「やっほー」と叫んでいました。

    山頂

    城跡には城門や本曲輪(ほんくるわ)、井楼櫓(せいろうやぐら)が復元されています。小学5年生の息子は「この建物、確かにドラマで見た風景だ!」と大喜び。山登りをがんばった後なので喜びもひとしおです。

    建物

    案内図にあった「砦の森」の木製遊具は残念ながら現在使用できないため、三の曲輪(くるわ)より先には進まず、もと来た道を戻るのが賢明です。私たちは「四季の小道」を歩いて帰ってきましたが、子どもには大変な山道でした。

    観光客の中には子連れの人も何組かいました。歩きやすい靴と服装は必須です。ここを極めることができればあなたもきっと“直虎通”。親子で戦国時代にタイムスリップ! 

    文/こにゃんこ

    高根城跡

    住所 浜松市天竜区水窪町地頭方
    子連れに便利な設備 駐車場にトイレ有
    駐車場 有(20台、無料)
    アクセス方法 【車】国道152号線を北上、水窪橋交差点を右折して約5分
    【電車】JR飯田線「向市場駅」下車、徒歩約20分
    URL https://www.misakubo.net/ (水窪観光協会)

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • ◎2017初夏◎ホタルを見にいこう!

    2017年5月26日

    日差しが次第に強くなり、いよいよ夏の到来です。水辺をホタルが飛び交うのもこの季節。子どもにとって夜のおでかけは特別なものです。ひんやりとした空気の中、目を凝らし小さな光を見つける楽しみは、きっと忘れられない思い出になりますよ。

    ホタルの森 

    ●(あじさい) はままつフラワーパーク 夜間開園「蛍の夕べ」 ~整備された園内は小さな子連れでも安心~

    【観賞期間】5月26日(金)~6月11日(日)
    【期間中の開園時間】8:30~21:00 *ホタルの見ごろは20:00頃から
    【夜間入園料】18:00以降の入園の方: 大人600円、小・中学生300円、幼児無料
    *昼間から継続して来園の方は、追加料金なし
    【問合せ】はままつフラワーパーク TEL:053-487-0511
    【URL】http://e-flowerpark.com/

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ● (星) はままつフルーツパーク時之栖 ほたるの夕べ ~施設内の川べでのんびり観賞~

    【開催日】5月27日(土)~28日(日)、6月2日(金)~4日(日)、6月10日(土)~11日(日)
    【開催時間】19:30~20:30 (閉園時間は21:00) *都田川増水の場合は中止
    【料金】無料(18:00以降の入園は無料)
    【場所】西エリア デイキャンプ場西 都田川河原
    【問合せ】はままつフルーツパーク時之栖 TEL:053-428-5211
    【URL】http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ● (あじさい) みどり~な環境教室 ホタルかんさつ会 ~虫や自然が好きな子集まれ!~

    【日時】6月17日(土)18:45~20:30 受付は18:15分から *雨天決行 荒天中止
    【場所】みどり~な 浜松市緑化推進センター
    【内容】藤山先生(信州大学理学部特任教授)のホタルのひみつ講話とヘイケホタルの観察
    【料金】無料
    【問合せ】みどり~な 浜松市緑化推進センター TEL 053-426-2300
    【URL】http://www7.plala.or.jp/midori110/

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ● (星) 浜名湖ほたる観賞ガイドツアー ~浜名湖畔で幻想的なホタルの舞~

    【開催期間】5月20日(土)~7月2日(日) *事前申し込み必要
    【場所】はままつフラワーパーク 集合は浜名湖ゲート(動物園側)
    【内容】バリアフリーの園内で地元ガイドが解説しながらご案内するミニツアー
    【料金】大人800円、小中学生400円
    【問合せ】かんざんじ温泉観光協会 TEL 053-487-0152
    【URL】http://www.kanzanji.gr.jp/

    ≫ イベントカレンダーで詳細を見る

    ●(あじさい) くんまほたるの里 ホタル観賞 ~自然に生息する貴重なゲンジボタル~

    【観賞期間】6月3日(土)~25日(日)
    【時間】19:30~22:00
    【環境保全協力金】中学生以上200円、小学生100円
    【駐車場】50台有(無料)
    【問合せ】夢未来くんま TEL:053-929-0636

    ● (星) 浜松市北区引佐町 的場四方浄公民館付近 ~県下有数のホタルの生息地~

    【観賞期間】5月下旬~6月中旬

    ■ほたる 愛に恋い 6月3日(土) 17:30~

    【会場】引佐運動広場(浜松市北区引佐町東黒田847-1)
    【駐車場】200台
    【問合せ】ほたるの会 TEL:053-528-3500(13:00~17:00)
    【URL】http://hotaruinasa.hamazo.tv/

    ● (あじさい) おちばの里親水公園 ~豊かな自然の中で飛び交うホタルの光~

    【観賞期間】5月下旬~6月中旬

    ■2017ホタル観察会

    【場所】湖西市大知波
    ○第1回 6月10日(土)19:30~ 雨天時11日(日)に延期
    ○第2回 6月17日(土)19:30~ 雨天時18日(日)に延期
    【駐車場】70台(無料)
    【問合せ】湖西フロンティア倶楽部 TEL:090-1291-3210
    【URL】http://www.kosai.org/?page_id=44

    ● (星) 法多山(袋井市) ~イベント盛りだくさんな初夏の風物詩~

    【観賞期間】5月下旬~6月上旬

    ■ホタル祭り

    【日時】5月27日(土)~28日(日)、6月3日(土)~4日(日)
    18:00~21:00(ホタルは19:00過ぎから)※雨天中止の場合あり
    【場所】ホタル観賞公園 だんごや広場前
    【だんご屋前広場イベント情報】各日18:00~21:00
    ・だんごの無料接待
    ・ホタルの学校
    ・屋台グルメ
    ・昔なつかし縁日ゲーム
    【問合せ】法多山尊永寺 TEL:0538-43-3601
    【URL】http://www.hattasan.or.jp/
    昨年の様子はこちら⇒取材ママレポート

    ●(あじさい) 大日ほたるの里(袋井市) ~緑豊かな森町との境で楽しむホタル~

    【観賞期間】5月下旬~6月上旬頃
    【見ごろ】19:30~21:00
    【入場料】無料
    【駐車場】なし
    【アクセス】袋井市の北部、森町と掛川市の境の宇狩・大日・袋井ICより15分
    【問合せ】袋井市観光協会 TEL:0538-43-1006

    ● (星) 西富田地区(菊川市) ~茶畑広がる山間の沢でホタル観賞~

    【観賞期間】5月下旬~6月上旬

    ■富田ほたるを見る会

    【開催日】6月10日(土) 18:30~  雨天の場合は翌日11日(日)
    【場所】西富田すみが谷
    【アクセス】西富田公民館(菊川市西富田1368-1)から約1km。当日は、案内看板あり
    【問合せ】菊川市商工観光課 TEL:0537-35-0936
    【URL】https://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/shoukoukankou/tomitahotaru.html

    ● (あじさい) 大原公園(御前崎市) ~公園内のビオトープでゆっくり観賞~

    【観賞期間】5月下旬~6月中旬
    【場所】御前崎市白羽4050-28
    *地元のホタル飼育指導員が8か月かけて飼育し、子どもたちが放流。
    【問合せ】白羽公民館 TEL:0548-63-3690

    <ホタル観賞のマナー・注意>

    • 地元の方が水辺の環境を大切に保全し放している所もあります。生息エリアを汚さないよう注意しましょう。
    • 近隣の方々の迷惑にならないよう、大きな音や物音をたてないようにしましょう。
    • ホタルの寿命は短いので、むやみに捕まえることのないようにしましょう。
    • ホタルは強い光を嫌うので、車のヘッドライト・懐中電灯やカメラのフラッシュは控えましょう。

    *観察会は天気によって中止や順延もあるため、問合せをしてからのおでかけをおすすめします。

    イベント(夏)
  • 二俣川河川敷

    2017年5月24日

    ジリジリと日ざしが強くなり、いよいよ水遊びシーズンの到来ですね。そこで、気軽に川遊びを楽しめるスポットを紹介します。

    河川敷

    天竜区二俣町の中心部を流れる、二俣川の河川敷です。二俣川は水量も少なく、飛び石も整備されて親水公園のようになっています。

    飛び石

    裸足になって涼をとる人、網で魚を追いかける親子、オートキャンプさながらに車を乗り入れ、アウトドアチェアを並べてくつろぐグループなど、みんな思い思いに過ごしています。

    シロツメクサやタンポポ、オオバコなどが生い茂っており、その上を駆けまわったり、草花遊びをしたり、いろいろな遊び方ができそうです。2歳の娘がもう少し大きくなったら、一緒に飛び石を渡ってみたいな~と思いました。

    看板

    風景

    すぐ近くの栄林寺には、すべり台やブランコもあります。さらに、お参りすると鐘もつかせてもらえます。

    文/kikori

    二俣川河川敷

    住所 天竜区二俣町二俣 「二俣大橋」のたもと
    駐車場 河川敷

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    近場でレジャー(市内・近郊)
  • イオンモール浜松市野店で浜松まつり合同練り見物

    2017年5月22日

    GWはどんなお出かけを楽しみましたか? わが家は毎年、浜松まつりそのものには参加しないものの、観光客気分でまつり見物を満喫しています。今年は初めて、イオンモール浜松市野店で行われた「浜松まつり合同練り」の見物を楽しんできました。このイベントは同店舗で毎年行われています。ちなみに「練り」とは、まつりの参加者らが「やいちょ!」「やいちょ!」のかけ声とともに体をぶつけ合いつつ練り歩くことです。

    大人練り

    練りに参加するのは、お店近くの長上地区7町の約1400人。かわいい法被姿の女の子たちに声をかけると、上石田町の中学生だと話してくれました。駐車場の一角に集合し、そこから入店。イオンモールの中央にある「シンフォニーコート」まで店内を練り歩くとのこと。会場にはすでに大勢の見物客が! 

    私たちは吹き抜けになっている2階から見物。隣にいた中高年の男性は、磐田市から毎年見物に来ているそう。「凧揚げは暑かったり、御殿屋台は車で行けなかったりするけど、ここは車でさっと来られて便利だからね」と教えてくれました。4歳の息子もわくわくしながら待っていると、聞き覚えのあるラッパの音色がだんだん近づいてきました。まずは子どもたちの合同練りから。

    子ども練り

    先頭は、各組の旗を持った子どもたち。それに続いて太鼓とラッパ隊の子どもたち。最後はちょうちんを片手に各組の子どもたちが大勢入場してきました。お母さんやお父さんに抱っこされた赤ちゃんも参加しています。女の子は髪を結いあげたり、男の子はかっこよくハチマキをまいたり、どの子もきちんと法被を着こなす姿は本当に微笑ましいです。

    子どもたちのかわいい練りを楽しんだ後は、大人たちの盛大な練りが続きます。

    退場

    同じラッパでもテンポが速く、大きなかけ声は迫力満点。「見応えあるね~」とパパも大満足。天候も気にせず、おまつり気分を堪能できるイオンモール浜松市野店。また来年も見学に訪れたいと思います。
     
    ■長上地区 イオンモール浜松市野 合同練り
    【開催日】 2017年5月4日(木)
    【開催内容】 18:00子ども練りスタート、18:15大人練りスタート、19:00終了
    【開催場所】 イオンモール浜松市野店(東区天王町字諏訪1981-3)
    【電話】 053-468-1880
    【URL】 http://www.aeon.jp/sc/hamamatsuichino/index.html

    文/みきこ

    浜松まつり情報
  • 伊場遺跡公園

    2017年5月20日

    桜の季節も終わり、さまざまな花が咲き乱れる季節になりました。1歳半の娘と近所の伊場遺跡公園に行ってきました。ここは弥生~平安時代にかけての遺跡が確認されており、奈良時代には官庁が設置されていた場所だそうです。伊場遺跡では、当時の雰囲気を再現して建物や堀が復元されており、一部が公園となっています。

    建物

    僕は歴史が好きなので、これらに興味津々。はやる娘をよそに案内板や建物に夢中になってしまいました。

    この日はよく晴れた休日。持参したボールで遊べるスペースがあるか心配でしたが、訪れる人はまばらで、気がねなくふたりでボール遊びを楽しみました。

    ボール遊び

    その後、娘は公園に落ちている松ぼっくりが気になってしまい、途中でボール遊びは松ぼっくり拾いに変わってしまいましたが、娘と一緒にのんびりと休日を過ごすことができました。

    遺跡

    遺跡が楽しめる伊場遺跡公園はとても開放的で、また行きたくなる場所でした。

    文/よこた

    伊場遺跡公園

    住所 浜松市中区東伊場2丁目22-1
    子連れに便利な設備 トイレ有 あずまや有
    駐車場 東側入口に無料駐車場有

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • はままつフラワーパーク 親子ミニガーデンコンテスト

    2017年5月18日

    ゴールデンウィーク中のよく晴れた気持ちのよい日。はままつフラワーパークの「親子ミニガーデンコンテスト」に参加しました。事前申込制のイベントで、参加者がデザインを考えて整地されたスペースに植栽します。小学5年生の息子は幼い頃から花が好きなので応募しました。植える草花はフラワーパークが用意してくれる14種類から選ぶことができ、自分で植えたい草花や飾りたい置物などを持ち込んでもOKです。

    花壇

    わが家は今回で3回目ですが、主人が不在で私と子どもたちだけで参加するのは初めて。心配なのは小学1年生の娘。初めて参加した2年前には息子が途中で飽きてしまい、娘はまったく手伝えずに最後は私一人で植えた記憶が(笑)。

    まずは指定されたスペースにデザイン図を見ながら草花を並べることから始めます。息子がテキパキと指示を出してくれたので、娘と私が手分けして置きました。104本の花を配置できたら一つずつポットから出して植えていきます。

    植栽

    息子は何も言わずとも手際よく植えていましたが、ここで驚いたのは娘。咲いている花に土がかからないよう気を配りながら上手に植えていました。「どこで植え方を覚えたの?」と聞くと、「お母さんがやっていることを真似しているの」と。とても成長を感じました。おかげで予想より早く作業を終えることができました。

    展示会場

    今回作ったミニガーデンは「浜名湖花フェスタ2017」の最終日まで展示されるので、一般のお客さんに見てもらうことができます。作業中に「親子で花植えなんてステキね」と声をかけられました。作品が入賞するかはさておき、親子で花壇作りは楽しいですよ。

    ■はままつフラワーパーク 親子ミニガーデンコンテスト
    【植え込み期間】 2017年5月1日~5月7日 ※参加申し込みは3月
    【作品展示期間】 2017年5月8日~6月11日
    【参加費】 無料(別途フラワーパーク入園料が必要)
    【定員】 50組の親子
    【持ち物】 軍手、汚れてもよい服装
    【URL】 http://www.e-flowerpark.com/

    文/こにゃんこ

    イベント(春)
  • こども館体験記「カップップ王国」

    2017年5月15日

    浜松こども館 取材ママ体験記

    長男が幼稚園でもらってきたこども館のチラシで、GWの5日間限定で特別プログラム「カップップ王国」が行われると知り、訪れてみました。

    この日はGW中の平日で小学生の多くが登校していたためか、館内のにぎやかさは控えめ。「カップップ王国」会場のホールにはスタッフと5~6組の親子がいました。みんな思い思いに紙コップを重ねています。
    乳幼児2人を連れていたので、ほかのお友だちのジャマをしないか心配でしたが、空間にゆとりがあったので、安心して場所取りができました。

    お城

    4歳の長男はほかの子の様子を見てコツをつかんだようで、私の手伝いも必要なく上手に紙コップを重ねています。「何作っているの?」と聞くと、「壁だよー」との返答。見ると3段ほどの高さでぐるりと四方を囲んだ壁のようなものを作っていました。

    壁をつくる

    1歳9か月の次男はまだ紙コップを逆さにしてうまく積むことはできませんでしたが、お片付けの要領で散らかった紙コップを順番に重ねていくのが楽しかったようです。

    コップを重ねる

    周りの親子を見渡すと、人によって作るものはさまざま。お城のような大作を作っている子もいれば、ピサの斜塔のようなタワーを作っているママもいて、人の作品を見ているだけでも楽しいです。

    タワー

    そして、作ったものを壊すときの「カラカラカラ…」という紙コップの軽い音が楽しいのか、作ったものを片っぱしから壊していく子もいました。会場には何人かスタッフがいるので、困ったときには手助けしてくれますよ。

    年に一度、不定期で開催しているという「カップップ王国」。今回は日替わりでテーマを設けていて、この日は「富士山を作ろう」というものでした。壁の方を見ると、スタッフが壁一面に紙コップを積み上げていきます。子どもたちも一緒に紙コップを重ねたり、届かない高さになるとスタッフに紙コップを手渡してお手伝いしたり。大人でも届かない高さになるとイスや脚立を使って天井ギリギリの高さまで紙コップを積み上げていきます。そしてでき上がったのは、紙コップ2100個ほど使った真っ白な富士山。壁一面を埋めつくした富士山は圧巻の大きさでした。

    富士山

    30分ほど「カップップ王国」を楽しんだところで、息子たちはプレイハウスやままごとコーナーなど、別の遊びをしに行きました。時間内であれば出入りは自由なので、いつでも戻ってこられるのもうれしいです。

    ままごと

    混雑が予想される日には1万個もの紙コップを用意するそうです。今回の富士山のようなダイナミックな作品が日替わりで現れるのかと思うと、また行きたくなりました。「カップップ王国」は不定期ですが、今後も開催するそうです。今回行けなかった人は、次回ぜひ参加してみてください。家ではなかなかできない遊びができますよ。

    文/hoseco

    この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

    こども館・児童館
  • 水神の松(すいじんのもり)公園

    2017年5月14日

    GWを利用して、家族で舘山寺温泉に出かけてきました。舘山寺温泉には、日帰り温泉を楽しめるホテルや旅館が多くありますが、無料で利用できる足湯があるのを知っていますか?

    水神の松公園

    ホテル九重の北隣にある「水神の松(もり)公園」には、舘山寺温泉の源泉からひいた足湯があり、無料で利用することができます。

    説明

    4歳の息子は足湯が大好き。園内に入るとさっそく靴下を脱ぎ始めました。濡れないようにズボンもまくって、いざ入湯♪ 源泉とはいうものの、熱からずぬるからずのいい湯加減。ゆっくり足湯につかりながら、浜名湖上を往来する遊覧船を眺めることもできました。

    足湯

    春の夕暮れ時、冷たい風が吹く中でしたが、足から身体があたたまり、いつまでもつかっていられそうです。

    駐車場

    小さな赤ちゃんを連れての日帰り温泉はちょっとハードルが高くても、こんな足湯だったら気軽に利用できそうですね。足ふきタオルは忘れずに持っていってくださいね。

    文/みきこ

    水神の松(すいじんのもり)公園

    住所 浜松市西区舘山寺町(ホテル九重の北側にある遊歩道沿い)
    利用時間 足湯 6:30~19:30(季節によって変動あり)
    設備 トイレ、水道 無
    駐車場 近くに「門前通り公共駐車場」有(観光客用として1時間以内で利用可・無料)
    URL http://hamamatsu-daisuki.net/search/area/are-west/post-43.html

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • サンスターファミリーミュージカル

    2017年5月10日

    ドラッグストアで見つけた「いい歯キラメキキャンペーン」ファミリーミュージカルの応募券が当選したので、1歳6か月の息子と行ってきました。これは歯みがきの大切さを親子に知ってもらおうと、サンスターが毎年主催しているものです。

    ミッフィー

    会場ロビーにはミッフィーと撮影できるスポットや無料で歯科相談ができるコーナーがありました。受付で座席の場所をクジ引きし、劇中で使える小道具や子どもの年齢に合わせた歯ブラシをもらいます。公演は2部構成になっていて、第1部は「オーラルケアシアターハイパー3」という戦隊モノの劇でした。入口でもらった歯ブラシを使って歯のみがき方の練習をし、会場のみんなで虫歯大王「ムシバーラ」と戦いました。

    お土産

    15分の休憩をはさみ第2部は「ミッフィーsmileコンサート」です。ミッフィーが大好きな息子は、知っている曲が流れるとうれしそうにしていました。3歳以上向けのミュージカルだったようですが、1歳の息子でも十分楽しめました。

    息子は今まで仕上げみがきを嫌がり大変だったのですが、ミュージカル後は「ムシバーラと戦おう」と伝えると、口を大きくあけてくれるようになりました。歯みがきがしやすくなり、参加できて本当によかったです。

    ■サンスターファミリーミュージカル
    【日程】 平成29年3月30日
    【場所】 アクトシティ浜松
    【URL】 http://jp.sunstar.com/kids/

    文/なお

    イベント(通年・不定期)
  • スーパーマーケットバロー北寺島店 キッズゾーン

    2017年5月8日

    この春オープンしたばかりの「スーパーマーケットバロー北寺島店」へ出かけてきました。真新しい店内には、お客さんがたくさんいて、活気にあふれ、特売品についついお財布のヒモもゆるんでしまいそうです。

    外観
     
    2階建ての店内にはドラッグストア、リサイクルショップ、100円ショップなどのテナントもあり、とっても便利。なかでもおすすめは、1階のフードコート奥にあるキッズゾーンです。靴を脱いで遊べるマットスペースは、未就学児までが利用できます。

    KIDS ZONE

    近くには背の低いテーブルセットが置かれているので、子どもを遊ばせながら店内で購入したお弁当やお菓子を食べることも可能。手洗い場や多目的トイレもあり、幼児用イスの準備もあります。ママがお買い物中にパパが子どもと遊びながら待つにはもってこいのスペースですね。
     
    4歳の息子は、買ったものをすぐに食べられるイートインスペースが大好き。この日もお店で買った焼き立てパンをさっそくパクリ。パパはフードコートにあるラーメン屋さんでセットメニューを楽しみました。私も100円の淹れたてコーヒーを飲んで一休み。またひとつ、息子のお気に入りスポットが増えたようです。

    文/みきこ

    スーパーマーケットバロー北寺島店

    住所 浜松市中区北寺島町492番地2
    電話 053-450-5311
    営業時間 10:00~21:00(土日は9:30開店)
    定休日
    子連れに便利な設備 多目的トイレ(おむつ台)有
    駐車場 有(無料)
    URL http://valor.jp/stores/1569/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    お店
  • 熊野(ゆや)の長藤まつり

    2017年5月3日

    藤を見に行こうと磐田市の「熊野(ゆや)の長藤まつり」に1歳4か月の息子と行ってきました。

    入口

    河川敷の駐車場から会場までは息子を抱っこして徒歩10分ほどでした。ベビーカーだとちょっと歩きづらいところもあったため、抱っこで全体を見ることにしました。

    行興寺境内は紫色の藤がカーテンのように垂れ、甘い香りに包まれていました。

    藤1

    ここには樹齢約850年、国と県の天然記念物に指定された藤が6本あり、歴史情緒が感じられます。息子は藤を指差して「おーおー」とまるで「きれいだね」と言っているかのように楽しそうにおしゃべりしていました。抱っこで手の届くところまで藤が垂れているので、子どもが引っ張らないように気をつけながら見て回りました。たくさん歩いて、遊具でも遊んで大満足のようでした。

    遊具

    藤棚の下にはテーブルやベンチがあり、そこでお花見をしながらごはんを食べることもできます。

    ベンチ

    夜間ライトアップもやっているようなので、息子がもう少し大きくなったらまた見に行きたいなと思いました。

    ■磐田市池田・熊野の長藤まつり
    【会場】 磐田市池田行興寺周辺(磐田市池田330周辺)
    【期間】 平成29年4月22日〜30日
    【時間】 9:00〜17:00
         ※夜間ライトアップ17:00〜21:00(4月22日・23日・29日・30日の4日間開催)
    【電話】 0538-33-1222(磐田市観光協会)
    【駐車場】有 昼間は天竜川河川敷、夜間は池田交流センター(磐田市池田407-1)
          ※JR豊田町駅より無料シャトルバス運行
    【URL】 http://www.kanko-iwata.jp(磐田市観光協会)

    文/リンゴ

    お花見・紅葉情報
  • ゆたか緑地 芝生広場

    2017年5月2日

    公園めぐりが楽しい季節になりましたね。お散歩がブームな1歳半の息子と、桜の見納めに、ゆたか緑地に行って来ました。

    芝生広場

    公園には芝生広場があり、ブランコやすべり台、鉄棒など、おなじみの遊具が並んでいます。そのほかにもテニスコート・ソフトボール場・ゲートボール場などがあり、自転車の練習もできるとあってさまざまな年代の人がいました。息子ははじめて見るバネ板におそるおそるチャレンジ…。私も懐かしい気持ちで息子といっしょに遊びました。

    お散歩

    遊歩道に沿って歩くと、芝生広場をひとまわりできます。広すぎず狭すぎず、子どもにもちょうどいいお散歩ができました。ゆるやかな丘のベンチの上にはお弁当を広げている人もいて、次回はわが家もまねしてみようと思いました。広場では小さい子のボール遊びもできるそうです。

    遊具1

    遊具2

    堤防に隣接しており、見上げると道路をたくさんの大型トラックなどが走っていくのが見えるので、乗り物が好きな子にもオススメです。ただ、肌寒い日はご注意を。川の近くで風が強いため、上着を一枚余分に持っていくと安心です。集会場では、親子で参加可能なイベントも開かれるようです。ホームページも確認して、お出かけしてみてくださいね。

    文/マナ

    ゆたか緑地

    住所 浜松市東区豊町6480-1
    電話 053-435-4158(集会所窓口9:00~21:00)
    子連れに便利な設備 水飲み手洗い場有、多目的トイレ有(おむつ台有)
    駐車場 有(45台)
    URL http://yutaka.birukan.jp/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園
  • はじめてのコーディネート体験MY FIRST OUTFIT

    2017年4月30日

    インターネットを見ていて、たまたま新しい体験型サービス「はじめてのコーディネート体験MY FIRST OUTFIT(マイ・ファースト・アウトフィット)」をユニクロで行うと知りました。子どもがひとりで服選びにチャレンジする体験のようで、さっそく予約を取り、小1の息子、年中の娘と参加してきました。

    ユニクロ店舗
     
    ユニクロ イオンモール市野店の体験会場に着いた子どもたちは緊張していましたが、店員さんにやさしく話しかけてもらい、緊張もほぐれたようです。

    体験前

    注意事項などの確認後は、店員さんに付き添ってもらい、体験スタート! 保護者は子どもに姿が見えないよう気を付けながら店内で待機です。
     
    30分ほどすると、店内放送で呼ばれて体験会場に戻りました。試着室から出てきたわが子を見て、びっくり!

    体験後

    私ではちょっと選ばないようなコーディネートですが、バランスよくまとまっていました。今まで服を買うとき、子どもに選ばせようとしても、ついつい口を出してきたことを反省しました。自分で選んだ服はやっぱりうれしいのでしょうね。息子ははにかんだ笑顔でしたが、娘はスカートをひらひらさせて、スキップしていました。
     
    体験で試着した服は必ずしも購入の必要はないのですが、親子とも気に入り、購入することにしました。子ども用の財布をもたせ、子どもだけでレジに並び服を購入。

    会計

    購入時は店員さんが見守ってくれました。人気の体験のようで、今回の募集は枠がすぐに埋まってしまったそうです。また次回募集があったときも早めに申し込み、ぜひ参加したいと思いました。
     
    ■はじめてのコーディネート体験MY FIRST OUTFIT
    【実施日】 2017年3月25日~2017年4月23日の土、日のみ
    【時間】 実施時間や申し込みは各店舗に直接問い合わせ
    【対象】 服のサイズ110cm~150cmで、一人で着替え可能な子ども。1回の体験につき、最大参加人数は4名まで
    【料金】 体験は無料(服を購入する場合は、要実費)
    【実施店舗】 現在全国105店舗で実施。浜松市内はユニクロイオンモール志都呂店、ユニクロイオンモール市野店で実施
    【URL】 http://www.uniqlo.com/jp/

    文/ジュン

    イベント(通年・不定期)
  • 佐鳴湖公園の花見

    2017年4月27日

    暖かくなり、子どもを連れてお出かけしやすい季節になりましたので、近所の佐鳴湖公園にお花見に行ってきました。

    桜並木

    天気が良い事もあり、公園はたくさんの人たちで賑わっていました。ブルーシートを敷いて盛り上がる団体、小さなレジャーシートで楽しむ家族、公園内の売店で軽食を買いベンチに座ってのんびりしている人たちなど、来訪者によって楽しみ方はいろいろです。湖畔でのんびり自分なりの楽しみ方でお花見できるのが佐鳴湖公園の魅力ではないでしょうか。ちなみに1歳の娘は頭上の桜より足下のタンポポに夢中。桜を楽しめるのは来年以降になりそうです。

    公園にはお花見客だけでなく、ジョギングをする人や亀を散歩させている人も!  娘は亀を見るのは生まれて初めてなので、興味津々で甲羅をツンツン触っていました。

    散歩の亀

    佐鳴湖に行けば思いがけない出会いや発見が待っているかもしれません。

    文/よこた

    佐鳴湖公園

    住所 浜松市中区富塚町5147-4(北岸管理棟)
    子連れに便利な設備 多目的トイレ有
    駐車場 有(8か所・無料)
    URL https://www.entetsuassist-dms.com/sanaru-park/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

    公園
  • パパ特派員紹介 よこた

    2017年4月27日

    パパ特派員よこた

    <よこた>

    山口県出身。就職をきっかけに浜松に来ました。夫婦共働きで、ふたりで日々子育て奮闘中です。

    浜松に来て8年経ちますが、住めば住むほどいろいろなものがあることに驚かされます。特派員をきっかけに、新しい浜松のスポットを発見していけたらと思います。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • たこりき屋本店

    2017年4月25日

    わが家がドライブでよく立ち寄る磐田市の「たこりき屋本店」を紹介します。

    外観

    本場大阪からお好み焼きの粉や焼きそば麺・ソースなど味の決め手となる材料を取り寄せた、こだわりのお好み焼き・たこ焼き・鉄板焼きのお店です。お店を入るとすぐに大きな鉄板があり、ここで1枚1枚焼いたものを客席の鉄板まで運んでくれます。広びろとした店内には、テーブル席と座敷席があります。子連れの場合は、鉄板に火を入れないようにしてもらえば安心ですよ。

    たこ焼き・お好み焼きのほか、焼きそばなど豊富なメニューがあるので、私はいつもどれにしようか迷ってしまいます。

    お好み焼き

    息子が大好きなのは「チーズたこ焼き」です。とろ~りクリーミーなたこ焼きに、チーズがたっぷりのっています。「こんなにチーズがのびたよ!」と言いながら、フウフウして食べます。

    アツアツを食べる

    国道150号線をドライブがてら「たこりき屋本店」に立ち寄るのもいいですし、昨年10月には浜松駅前店(中区鍛冶町1-40)がオープンしたので、浜松でもこの味を楽しむことができます。ぜひ一度足を運んでみてください。

    文/お茶子

    たこりき屋本店

    住所 磐田市岡41-3
    電話 0538-66-0028
    営業時間 火~木 11:30~22:30
    金・土 11:30~23:00
    日 11:00~22:30
    定休日 月曜日・毎月第3火曜日
    駐車場

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     


     

    飲食・レストラン
  • パパ特派員紹介 のび

    2017年4月23日

    パパ特派員のび

    <のび>

    2015年1月から浜松での生活を始めました。1歳の息子と妻との3人家族です。

    妻は出産後2か月の産休を取得し職場へ復帰。私は息子の誕生に合わせて育休を取得し、現在1年半の主夫生活をしています。浜松のこと、主夫目線からたくさん発信していきたいです。秘密結社 主夫の友構成員。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • パパ特派員紹介 トミーズ

    2017年4月23日

    パパ特派員トミーズ

    <トミーズ>

    はじめまして。3歳の娘のパパです。

    「ネットで検索してもなかなかヒットしない」自分自身が気になる情報を気軽に紹介できればと思います。よろしくお願い致します。

     

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 取材ママ紹介 ケッティ

    2017年4月23日

    取材ママケッティ

    <ケッティ>

    幼稚園に通う娘がいるママです。夫の転勤でしばらく離れていましたが、生まれも育ちも浜松です。大好きな浜松の魅力をみなさんにお届けできたらいいなと思っています。よろしくお願いいたします。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 取材ママ紹介 リンゴ

    2017年4月23日

    取材ママ リンゴ

    <リンゴ>

    1歳4か月の男の子のママです。カフェやパン屋巡りが大好きです。

    よろしくお願い致します。

    取材ママ・パパ特派員紹介
  • 子連れで浜松まつり!<3>まつりデビューは一生の思い出!

    2017年4月21日

    子連れで浜松まつり!子どもと楽しむモデルプラン

    子どもと楽しむモデルプラン

    まつりデビューは一生の思い出!

     

    元々の浜松っ子はもちろん、まつり未体験の転入ファミリーでも、「凧揚げや練りに参加したい」「子どもを参加させてあげたい」という人は多いでしょう。まつりは見るだけと、輪に加わってやってみるのとでは全く違う体験になります。
    まつりへの参加は、自治会単位になります。一般的な参加のしかたは以下のようになりますが、詳しくは各町の自治会役員さんに聞いて確かめましょう。

    <凧揚げ> 真剣勝負の熱い戦い。応援する側も本気!

    凧揚げ

    浜松まつりは本来、初子(第一子)の成長を願ってお祝いをするまつり。かつては、端午の節句に合わせて長男のために名入りの大凧(初凧)を揚げるという風習でしたが、最近では女の子や次男以降の子もお祝いをしています。
    男衆によって行われる凧揚げは、激しく勢いづき、危険なこともあります。凧を揚げない人々も規律正しく応援します。また、子どもラッパ隊が応援に入る町もあります。子どもラッパ隊の募集はまつりの数ヶ月前から行い、協働センターなどで練習を重ねています。

    初凧を出す側の家は、数ヶ月かけて準備をします。準備にはそれなりの手間や費用がかかりますが、それ以上の喜びがあるようです。詳しい取材レポートはこちらをどうぞ。

    <練り>必要なアイテムを揃えて参加準備OK

    練り

    「練り」への参加は、自治会(町内会)によってはまだ間に合うかもしれません。練りへの参加申込書は前年に自治会を通して各戸に配られているので、転入してきたファミリーは見ていないでしょうが、けっして仲間外れということではないのでご安心を。
    参加の可否や参加方法などについては、各自治会の代表(わからなければ、近所の方に訊ねれてみましょう)にまずは問い合わせてみましょう。
    参加費用は各自治会によって異なりますが、共通して購入が必要な3つのアイテムがあります。それは、「法被(はっぴ)・ワッペン・提灯(ちょうちん)」です。逆に、これらのアイテムさえ揃っていれば、町会に住所を持たなくても参加できるとしている凧揚げ会も多いので、県外や海外の人が参加することもあるそうです。

    1.法被(はっぴ) 

    法被(はっぴ) 

    各町の凧揚げ会独自に、鮮やかな色・デザインの法被を着用します。法被の申し込みは事前に終わっていることが多いのですが、自治会によっては事情に応じてレンタルしてくれるところもあります。購入する場合の価格は、大人用1万円前後から、幼児サイズ7,000円前後まで、各自治会によって異なります。

    2.ワッペン

    自治会ごとに販売する布製のワッペンを購入し、はっぴに縫いつけます。このワッペンを購入することによって自治会は参加者を把握し、保険に加入するので、じつは重要なアイテムです。価格はまつりへの会費を兼ねていて、一般(男性会員)1万円前後~数千円程度。女性・学生・子どもに低い料金を設定している凧揚げ会もあり、まちまちです。

    3.提灯(ちょうちん)

    各凧揚げ会の名前が入った練り提灯。中学生以上で夜の練りに参加する人は、一人ひとつ持参しなければなりません。価格は大体5000円前後です。

    ●「子ども会」からの凧揚げ見学も

    お子さんが地域の「子ども会」に入っているなら、行事の一環としてバスで凧揚げ会場に行くところも多いようです。地域の子ども会役員さんに問い合わせてみましょう。地域の子ども会は原則として小学生以上が対象で、参加の募集などは自治会の回覧板で回ってきます。

    ●まつりのことを予習するなら

    浜松まつり会館

    浜松まつりについてもっと知りたい方は「浜松まつり会館」を見学するとイメージがつかめます。ラッパの音や激練りの音を伴った「大凧」や「御殿屋台」の実物展示・ハイビジョン映像があり、法被を借りて記念撮影することもできます。凧揚げ会場隣の中田島海浜公園にあり、通常の日(まつり期間以外)なら車で行けます(無料駐車場あり)。

    ◎浜松まつり会館(南区中田島町)
    http://www.hamamatsu-navi.jp/matsuri/

    ◎浜松まつり公式サイト http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/
    ◎イベントカレンダー http://www.hamamatsu-pippi.net/calendar/

    浜松まつり情報
  • 子連れで浜松まつり!<2>まつりと観光、どっちも楽しむ!

    2017年4月21日

    子連れで浜松まつり!子どもと楽しむモデルプラン

    子どもと楽しむモデルプラン

    まつりと観光、どっちも楽しむ!

    駅周辺と観光スポット→にぎわいイベント巡り→御殿屋台見物

    この時期、遠方のおじいちゃん・おばあちゃんや友だちを招き、浜松を案内する予定のファミリーも多いのでは?
    せっかくなので、まつりも観光も満喫したいですね。5日のこどもの日は、子どもの入園を無料にする施設もあります。

    <AM10:00  街中でまつり気分&観光スポット巡り>

    街中でまつり気分

    浜松城

    まずは浜松駅前に出てみましょう。朝から法被を着た人々が行き交い、活気があふれています。浜松駅前広場「ソラモ」には御殿屋台や凧が展示されているので、明るい日中にみんなで記念撮影をするのにぴったり。
    また、広場には静岡新聞社の号外作成カーが常駐し、無料で家族写真を撮って号外新聞を作ってくれます。おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に撮影すると良い記念になりますね。
    せっかくなので、浜松城や楽器博物館など、駅周辺の観光施設に足を伸ばしてみるのもいいでしょう。また、浜松市科学館でもゴールデンウイークイベントを催しています。

    ◎ソラモでの静岡新聞号外サービス(取材ママのレポート)
    http://www.hamamatsu-pippi.net/shiritai/blog/odekake/docs/2014052000039/
    ◎浜松城
    http://www.hamamatsu-navi.jp/shiro/
    ◎楽器博物館
    http://www.hamamatsu-pippi.net/docs/2014031500093/
    ◎浜松市科学館
    http://www.hamamatsu-pippi.net/docs/2014031500062/

     

    ☆ここがポイント☆

    まつり期間中は交通規制のため、車での移動が難しくなります。お客さんと一緒や、子どもを何人も連れたグループなら、駅前周辺を回遊する形でまつりと観光スポットを楽しむのが楽でしょう。

    <AM12:00 ランチタイム&まつりのにぎわいイベントを楽しむ>

     遠鉄百貨店「チャイルドランド」

    ランチタイムは街中の飲食店のほか、アクト通りに出店する飲食ブースなどで屋台フードを食べ歩くのも楽しいですね。また、浜松駅隣の遠鉄百貨店にもフードコートやレストランがあり、店内にはベビールームやキッズスペース「チャイルドランド」があるので休憩にぴったりです。

    ◎遠鉄百貨店「チャイルドランド」(取材ママのレポート)
    http://www.hamamatsu-pippi.net/shiritai/blog/odekake/docs/2014030308126/

    にぎわいイベント

    ランチの後、御殿屋台引き回しまでの午後の時間は、各地でくりひろげられる「にぎわいイベント」を見て回ると楽しいでしょう。「大道芸スペシャル3days」(ザザシティ中央広場)、「お囃子・子どもラッパ隊」(ソラモ)など、大人も子どもも気楽に見て歩いて楽しめる催しが、夕方までずっと繰り広げられています。

    ◎浜松まつり にぎわいイベント
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/schedule/index.html

    <PM6:30 御殿屋台見物>

    御殿屋台見物

    夕方になるにつれ、だんだん熱気が高まってきます。方々の町からラッパやお囃子の音とともにたくさんの御殿屋台が集まり、引き回しが始まる18:30には、通りは極彩色に包まれます。決まった観覧席は無く、歩道から自由に観覧します。祭りの熱気に包まれながら街をそぞろ歩くのは楽しいもの。食べ物屋台もたくさん出ます。
    屋台引き回しの時間が終わっても(むしろ終わってからのほうが!?)練りの勢いはますます盛ん。いつまで続くの?と思ってしまうほどですが、21時以降は交通規制も解除されるので、子どもが疲れきる前に帰路につきましょう。

    ◎御殿屋台引き回し
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/introduction/stall.html

    ☆ここがポイント☆

    屋台の引き回しは18時30分~21時まで。その間、引き回しコースにあたる市街地は交通規制される(バスは迂回運転になる)ので、マイカーで街中に来るなら車を停める場所に気をつけて。また、バスで帰る際は、21時まで通常の経路と違う道を通るので、車内アナウンスにご注意を。

    ◎浜松まつり公式サイト http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/
    ◎イベントカレンダー http://www.hamamatsu-pippi.net/calendar/

    浜松まつり情報
  • 子連れで浜松まつり!<1>いいとこ、ぜ~んぶ!まつり見物

    2017年4月21日

    子連れで浜松まつり!子どもと楽しむモデルプラン

    今年も「浜松まつり」(5/3~5)のシーズンがやってきました!
    大凧が青空に舞う「凧揚げ合戦」、夜の市街を豪華に彩る「御殿屋台引き回し」など、浜松中がまつり一色。浜松っ子にとっては子どもの頃から慣れ親しんだ、大切なおまつりです。
    でも、初めて参加する人や、転入ファミリー、観光で訪れるファミリーにとっては、「浜松まつりって、どんなふうに楽しめばいいの?」と、わからないことも多いのでは。そこで、浜松まつりを子どもと楽しむためのお役立ち情報&モデルプランを、3回シリーズでガイドします!

    子どもと楽しむモデルプラン

    いいとこ、ぜ~んぶ!まつり見物

    凧揚げ合戦観戦→にぎわいイベント&グルメ→御殿屋台見物

    浜松まつりの2大目玉「凧揚げ合戦」と「御殿屋台引き回し」を1日で見て歩き、その間で街中の「にぎわいイベント」も楽しむ、よくばりなプランです。

    <AM9:00 「たこ直」で凧場へ>

    凧揚げ合戦観戦

    凧揚げ会場は、浜松駅から5km離れた中田島風紋広場です。
    会場に一般用駐車場は無く、周辺は交通規制されるので、マイカーではなく臨時シャトルバス「たこ直」を利用するのが便利です。
    【浜松駅と飯田公園臨時駐車場から出発】
    料金:大人片道280円、小学生140円
    始発:9:00、終発:14:00

    ☆ここがポイント☆

    • 人出が多いため多少の待ち時間は必要ですが、バスは次々に発車するので、いつまでも乗れないという心配はありません。
    • 主要なバス路線では、朝、凧場行きの直通バスが運行されます(往路のみ)。近所のバス停から直通バスに乗れる場合、当日の運行時間を記した紙がバス停に貼り出されるので、前日までにチェックしておきましょう。

    ◎臨時バスの運行について(遠鉄バスのホームページ)
    http://bus.entetsu.co.jp/index.html

    <AM10:00 凧揚げ合戦を観る>

    凧揚げ合戦

    会場に近づくと、空に色とりどりの凧が上がっているようすが見えてきます。沿道には食べ物屋台が並んで、お祭りムード満点。無料の観覧席が設置されているほか、凧揚げ会場周辺の芝生に座って観戦している人もいっぱい。無数の凧が舞う空の下、子どもたちがはしゃぎまわる様子は、浜松まつりならではの光景です。
    凧揚げは3日間開催されますが、互いに凧糸を絡ませ断ち切る「糸きり」合戦が見られるのは4日と5日だけ。期間中は、2帖の凧やミニ凧の凧上げが体験できる「凧揚げ体験コーナー」(無料)もあるので、子どもといっしょにチャレンジしてみませんか。
    ◎凧揚げ合戦(浜松まつり公式サイト)
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/introduction/battle.html

    ☆ここがポイント☆

    • 会場は強風や砂ぼこり、強烈な日差しが予想されます。帽子や日傘・日焼け止め・水分補給用の飲み物などを持参するのがおすすめです。
    • 法被姿の男衆(おとこしゅう=男たち)が凧を揚げているようすは勇ましく、かけ声とラッパ・太鼓の響きは迫力満点で、つい近寄りたくなりますが、凧揚げを している人たちは真剣勝負。近寄るとじゃまになることや、糸と接触してけがをすることもあるので、気をつけましょう。また、事故を避けるためにも、子どもは抱っこするか、しっかり手をつないで安全確保しましょう。
    • トイレは、十分な数の簡易トイレが設置されています。

    <PM1:00 街中に戻り、ランチ&ステージイベント>

    まつり1-3

    長時間凧場にいると子どもも疲れてきますし、遅くなるほど帰りのバスが混雑します。子連れファミリーなら、凧場は早めに切り上げて市街に戻り、昼食タイムにするとよいでしょう。
    まつり期間中は、市街中心地各所のステージで、大道芸や踊りなどのにぎわいイベントが繰り広げられています。飲食や物販のショップが並ぶ「浜松まつり出世道inアクト通り」(会場:アクト通り)で屋台フードを食べ歩くのも楽しいですね。

    ☆ここがポイント☆

    午後のひととき、夕方からの御殿屋台引き回しに備えて休憩をとるのが、子連れファミリーにはおすすめです。できればいったん帰宅し、シャワーを浴びて凧場の砂ぼこりを落としておくと気分もすっきり。子どもはここでお昼寝をさせておくのもいいでしょう。

    <PM6:30 街中で御殿屋台引き回しを見物>

    街中で御殿屋台引き回しを見物

    日暮れてくると、街の中心部に向かって各町内会の御殿屋台が動きはじめます。豪華絢爛な屋台に乗った子どもたちがお囃子を奏で、行きかう人々は法被や祭り装束に身を包み、圧巻の眺め。
    街角を突如「おいしょ!」「やいしょ!」と、練りの男衆やラッパ隊が占拠するなど、街は祭り一色の非日常空間になります。
    練りは深夜まで続きますが、子どもと一緒なら適当な時間に切り上げるのがおすすめ。「明日も来たい!」と、おねだりされるかも?

    ☆ここがポイント☆

    屋台の引き回しは18時30分~21時までで、その間、引き回しコースにあたる市街地は交通規制される(バスは迂回運転になる)ので、市街地への移動は早め にすませておきましょう。また、観終わってバスで帰る際は、21時まで通常の経路と違う道を通るので、車内アナウンスをよく聞きましょう。
    ◎御殿屋台引き回し
    http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/introduction/stall.html

    ◎浜松まつり公式サイト http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/
    ◎イベントカレンダー http://www.hamamatsu-pippi.net/calendar/

    浜松まつり情報
  • 浜松市地域遺産センター開館記念特別展「戦国の井伊谷」

    2017年4月20日

    「おんな城主 直虎」のいいなずけだった井伊直親(亀之丞)。彼が長野県滞在中に愛用していたとされる横笛「青葉の笛」のレプリカが引佐町井伊谷の地域遺産センターにあると知り、子どもたちと一緒に見てきました。

    入口

    大河ドラマ放送期間中は、開館記念特別展「戦国の井伊谷」が開催されています。入口には横笛をモチーフにした顔出しパネルが! 期待が高まります。さっそくお目当ての笛を見つけました。小学5年生の息子と1年生の娘は毎週ドラマを見ているのでストーリーもバッチリ。「亀之丞が吹いていた笛だね」と興味津々です。笛のレプリカは実際に触ることができ、再現された笛の音を聞くこともできます。

    笛体験

    必見なのが丸テーブルのようなスペースに映し出されるプロジェクションマッピングです。息子が「全部見たい!」というので、「直虎ものがたり」と「井伊谷戦乱記」を見ました。それぞれ6~7分程度なので子どもにもわかりやすいと思います。

    プロジェクションマッピング

    展示は全体的にコンパクトにまとめられているので、子連れで見るにはちょうどいいかもしれません。館内のキッズスペースには、前方後円墳などのおもしろクッションがありました。

    クッション

    天気の良い日はすぐ近くの井伊谷城とセットで訪れるのがおススメです。

    文/こにゃんこ


    浜松市地域遺産センター

    住所 浜松市北区引佐町井伊谷616-5
    電話 053-542-3660
    開館時間 9:00~17:00
    休館日 12月29日~1月3日、施設点検などによる臨時休館有
    入館料 無料
    子連れに便利な設備 キッズスペース有
    駐車場 有(60台、無料)
    アクセス方法 【車】東名浜松西ICから浜松環状線経由、国道257号線を北上し井伊谷交差点を左折、約30分
    【バス】浜松駅バスターミナル15番のりば遠鉄バス「45奥山行」に乗車、神宮寺下車、徒歩5分
    URL https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/bunkazai/maibun/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    その他の施設
  • マリンバ教室で体験

    2017年4月18日

    息子には、いろいろなことに興味を持ってもらいたいと日ごろから思っている私。マリンバ教室で体験ができると知り、さっそく行ってきました。マリンバとは大きな木琴です。

    看板

    はじめは、カホンやジャンベという打楽器を使ってのリズム遊び。シールを使った手製の譜面で「タン、ウン、タンタンウン…」と言いながら、先生が楽しく教えてくれます。

    リズム遊び

    その後、実際にマレット(バチ)を持ってのマリンバ体験です。小学1年生になる息子は、自分の両手を広げたよりもっと大きなマリンバにびっくりしていました。マレットで鍵盤をたたくと、心地よい音が響き渡りました。高い音や低い音を鳴らしたり、数種類あるバチの中から柔らかいバチと硬いバチの音色の違いを楽しみました。

    マリンバ体験

    息子は、先生に教えてもらいながら、幼稚園で習った「とんぼのめがね」をひいて、大満足です。すっかりマリンバを気に入った息子は「また来たい!」と言っていました。

    ここのマリンバ教室では、幼児の場合はピアノとマリンバの両方を習うことができるそうです。隣接した和室にはキッズスペースがあるので、下の子を連れたママも安心して利用することができます。

    文/お茶子

    マリンバ教室~mase~

    住所 浜松市西区西山町
    問い合わせ 090-6072-8602 (講師氏名:間瀬早綾香)
    sayakamase@yahoo.co.jp
    料金 体験料金 2,000円(体験時間30分)
    子連れに便利な設備 キッズスペース
    駐車場
    アクセス方法 遠鉄バス 舘山寺方面「西山団地」下車徒歩2分
    URL http://ameblo.jp/sayakamarimba/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    スクール&サークル
  • 浜松城公園 冒険広場

    2017年4月16日

    春らしい陽気に誘われて、浜松城公園内にある冒険広場に初めて遊びに行ってきました。

    冒険広場

    春休み中ということもあり、多くの人でにぎわっていました。広場をぐるりと囲むように設置された丸太遊具は全部で9つあり、どの遊具から遊ぼうかと大人の私もわくわくしてしまいました。

    丸太の遊具1

    丸太の遊具3

    遊具は小学生以上を対象として設置されているため、もうすぐ2歳になる娘が1人で遊ぶのは難しいですが、私が手を貸しながらできる遊具で楽しみました。

    広場の中央には丸太遊具とは別に、すべり台が設置されています。こちらは娘1人で上ってすべり下りることができました。すべり台から続く砂場は未就学児に人気で、幼児から小学生まで幅広い年代が遊ぶことのできる広場だなと思いました。

    すべり台

    何組かの親子連れがレジャーシート持参で遊びに来ていたのを見て、次回はわが家もそうしよう! と思いました。

    文/ジュビママ

    浜松城公園 冒険広場

    住所 浜松市中区元城町100-2
    電話 053-457-0088
    子連れに便利な設備 休憩所有、水飲み手洗い場有(浜松城公園駐車場内には、多目的トイレ有)
    駐車場 有(無料)8:00~21:00
    URL https://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/

    ※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

     

    公園