ぴっぴの防災ブログ

“ぴっぴのイザ!カエルキャラバン!”プレ・ワークショップ第二弾!

2008年11月4日

11月1日(土)、お待ちかねのプレ・ワークショップ第二弾を開催しました。今回も講師にNPO法人プラス・アーツの永田さんを迎え、浜松市で防災ネットワークを考えるサポーターの皆さんが集まって、まずは自己紹介からのなごやかなスタートです。

今回、始まる前から皆の視線をひとりじめしていたのは、黒光りしたお肌も滑らかな、でっかいナマズ君(の人形)。その名も「ごめんな〜マズッタ」。ごめん…なまず…った。
まずは名前で笑いをとろうという見上げた芸人魂です。

2014030311218_P1010074.jpg

このナマズ君、じつはガレキ(代わりの長机)の上にドンと寝転がり、ガレキの下敷きになったカエル君を圧迫している、という役どころ。このナマズ君をジャッキで持ち上げ、カエル君を助けるという、実のところかなり実践的なアクティビティなのです。

2014030311218_P1010097.jpg

ほかにも、カードゲームで防災を学ぶアクティビティや、サバイバルのためのドームを作るアクティビティなど、実演を見ながらたくさんの実習をしました。

2014030311218_P1010105.jpg

そして、ぴっぴのカエルキャラバンならではの浜松オリジナルなアクティビティ、“スリッパでバリバリ!”の詳細プランも公開。新聞紙で手作りしたスリッパで、一体何をバリバリするのか?当日のお楽しみです。

“ぴっぴのイザ!カエルキャラバン!”開催は11月15日(土)、浜松学院大学にて。正午で終了の予定でしたが、同大学の学生ボランティアの協力を得て、午後まで開催できることになりました。
同日午後には、パネルトーク“はままつ街中で大地震に遭遇したら?”も開催します。(同大学 1206講義室にて、午後2時より)
こちらは、内容は大人向け。トークを聞いたその日から、防災観も生活観もガラリと変えざるをえない、密度の濃い内容になるはずです。
皆さん、ご家族をお誘いの上、ぜひお越し下さいね!

文/Q太

 

【終了】ぴっぴのイザ!カエルキャラバン!