ぴっぴの防災ブログ

中高生に人気の防災アプリ

2011年10月3日

スマートフォンを使う人が、随分増えたようです。意外にも中学生や高校生など、ティーンエイジャーへの普及率が高いという調査結果もあります。幼い頃からゲーム機の操作に慣れて育っているからか、パパママ世代よりもはるかによく使いこなしている様子です。

防災アプリ

ティーンエイジャーの間では、スマートフォンで使える優秀なアプリ(アプリケーションソフトウェア)についての情報交換が活発になされ、中でも、災害対策に利用できるアプリは定番として人気があるようです。
親子でスマートフォンを使っている家庭なら、「どんなアプリ入れてる?」と子どもに聞いてみることから、難しい年頃の子どもとも、防災について話し合うきっかけになるかもしれません。
いずれも、たかがアプリとあなどれない性能ですし、ダウンロード・利用料は無料です。

<緊急地震速報をキャッチ>
地震の揺れが来る数秒前に警報が来ます。わずか数秒と言えど、安全な場所に身を伏せて心の準備をすることはできます。大変実用性が高いアプリです。
◎ゆれくるコール(iPhone)
https://itunes.apple.com/jp/app/id398954883?mt=8
◎なまず速報β(Android)
https://andronavi.com/2011/04/83816

<スマホが懐中電灯になる>
画面が真っ白になる、ただそれだけのアプリですが、非常時の懐中電灯代わりとしては十分な光量です。もちろん、本来の懐中電灯を装備しておくことは大切ですが、スマホがいつでもサブ光源として使えるようになるのは心強いものです。
◎懐中電灯ライト(iPhone)
https://support.apple.com/ja-jp/HT207281
◎LED Light(Android)
https://andronavi.com/2011/07/103958
◎Xperia flashlight(Android)
https://andronavi.com/2010/07/30600

<スマホがラジオになる>
災害時、確かな情報源としてラジオが頼りになります。
◎radiko.jp for Android(Android)
https://andronavi.com/2010/07/31345
◎TuneIn Radio(iPhone)
https://itunes.apple.com/jp/app/tunein-radio/id418987775?mt=8

<スマホでホイッスル音を出せる>
大声を出したいのに出せないような状況下で、ホイッスル音を発することができれば助かりますね。
◎iUmpire!(iPhone)※サッカー審判用のアプリですが、災害時のホイッスルとしても使えます。
http://app.if.journal.mycom.co.jp/apps/380670805/iUmpire!/

もちろん、「アプリを入れてあるから安心」ということはありません。
これをきっかけに、災害時どのように行動するか、家族とどのような手段で連絡を取りあうか、防災用品として何を備えておくか...といったことまで、いっしょに話し合えればいいですね。

(ずきんちゃん)

防災豆知識