ぴっぴの防災ブログ

炊飯袋

2009年3月24日

「最近はこんなに便利なものもありますよ~」
災害ボランティアコーディネーターの方からお話しを聞いていましたので、ちょっと調べてみました。

米約150gと水を袋に詰め、約20分間沸騰させるだけでご飯が炊き上がります。
大鍋を使えば一度に大人数に対応できます。

2014030312277_0962_02_200801301843455B15D.jpg

  • 密封状態で仕上がるので、保存性もよく衛生的。
  • 短時間内に連続して大量の炊飯。
  • 食器がなくても、食べることができる。
  • 炊飯袋をボイルする水は、川や池の水でもよい。(なるほど!)

ポリプロピレン製、輪ゴム付 
サイズ 100×340mm

(写真のタイプは100枚入り1,500円くらい)


※このタイプはできれば研いだ方がいいようです。研がないと出来上がりはヌカ臭くなります。研ぐ時も袋の中で研ぐことができます。
※水の分量を変えれば、同じ鍋で高齢者・幼児用のおかゆを炊くこともできます。(なるほど!)
※具や味付けを加えれば 炊き込みご飯もできます。
※野菜を茹でることもできます。

工夫次第でいろいろ使い道がありそうですね!


防災グッズ