ぴっぴの防災ブログ

『ともしび~被災者から見た被災地の記録~』

2013年8月26日

もうすぐ、東日本大震災が起こってから2年半。震災直後にはテレビなどでひっきりなしに流れていた恐ろしい映像も、徐々に記憶から薄れていきます。

でも、まだまだ被災地にはいろいろな問題が山積みになっているのです。私たちは、そのことをうっかり日常生活の中で忘れてしまいますが、同じような悲しい思いをしないためにも、時々は思い出して、備えに活かしませんか?

この本は、東日本大震災の被災者の経験から語られています。家族や大切な人を失ったり、たくさんの大切なものを失ったりされたことだけでなく、被災後のたくさんの心温まる支援から、新しい人と人とのつながりが生まれ、支援物資という物だけでなく、気持ちの交流が生まれたことも紹介されています。被災された人や支援された人の数、あるいはそれ以上の物語が、私たちにたくさんのことを教えてくれます。

ともしび 被災者から見た被災地の記録
小学館 (2013-01-21)
売り上げランキング: 41,498
わかば
本の紹介