ぴっぴの防災ブログ

浜松特別支援学校での防災講座

2015年5月30日

5月21日、浜松特別支援学校にて実施された「防災宿泊訓練」のなかで、ぴっぴが講座とワークショップをしました。
この宿泊訓練は同校で毎年、中学部2年生を対象に実施されているものです。

消防署の見学や屋上避難の訓練、防災講座、教室での宿泊など、生徒たちは2日間、多くの体験をします。

ぴっぴはそのうち2時間を担当し、地震についてのお話、紙芝居、けがをした人を運ぶワークショップなどを、生徒たちと一緒にやりました。特別支援学校.jpg

地震について、体験したことがなければ、それがどんなことか理解するのはとても難しいことでしょう。ですが、生徒たちはお話に一生懸命に耳を傾け、積極的に質問してくれました。
また、みんなで力を合わせてのワークも、真剣に取り組んでくれました。

特別支援学校.JPG

 このような宿泊訓練の取り組みはとても大切で必要なことですし、継続的に行われていることがすばらしいですね。

(ずきんちゃん)

 

ぼうさいぴっぴ