ぴっぴの防災ブログ

試作版「ぴっぴ家族の減災トランプ」第二回体験会

2015年10月30日

開発中の減災トランプを使って、実際に子どもたちに遊んでもらう会の二回目を実施しました。今回は、北区細江町の「ひまわりクラブ」に協力をいただき、小学三、四年生10人にトランプゲームを体験してもらいました。

ひまわりクラブでのお試し会

指導者・木俣さんは、放課後児童会の指導員であり、いなさプレーパークの代表でもあります。長年、子どもたちの遊びの場を生み出す活動をしてきました。今回は、遊びを通して子どもたちに防災のことを伝えるという目的があるので、最初にトランプが伝える「災害」について子どもたちに語りかけました。

子どもたちは、はじめて見る「減災トランプ」に強く惹きつけられたようす。新しい遊びのルールをすぐに理解し、積極的に遊んでいました。そして、ゲームの中で、お互いに考えやヒントを言い合っていました。

ゲームについては、どの子も「たのしかった」と答えてくれました。また、いのちを守ることについて気づいたことが「たくさんあった」と答えてくれました。ひまわりクラブの三、四年生の皆さん、ありがとう!

さて、2回のお試し会を経て、いよいよ次回は公開体験会です。来週末に開催される、静岡大学浜松キャンパスの大学祭「テクノフェスタ浜松」に出展させていただきます。できるだけ多くの子どもたちにこの減災トランプを体験してほしいです!

ちらし

11/7(土)10:00~12:00の間、5号館3階 第一会議室で開催。小学生なら誰でも参加できます。予約不要、参加無料です。

◎トランプゲームで防災マスターになろう!inテクノフェスタ浜松

 (ずきんちゃん)

 

■母体となる事業子どもを守る防災教育でつなぐ子育て支援の輪

※この事業は「静岡県社会福祉協議会ふれあい基金 子育て支援実践交流会」および「ふじのくにNPO活動助成事業費補助金」助成事業です。