ぴっぴの防災ブログ

『明日、地震がやってくる!』

2020年3月30日

本の帯に、「千葉県浦安市長ご推薦」という文字があるではないか!ということで、この漫画を手に取ってみました。

明日、地震がやってくる!
世鳥アスカ
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 217,779

東日本大震災の時、千葉県浦安市では、液状化により大きな被害が出ました。東日本大震災が起こった時には、岩手・宮城・福島の津波被害や原発事故などがメディアでもたくさん取り上げられました。一方、茨城県や千葉県などでも多くの人が被災しているものの、あまり取り上げられず、「情報の格差」があったとも言われています。メディアで取り上げられないことが、被害がなかったということにはならないのです。

この本を読むと、浦安市の「水道が使えない」「トイレが使えない」という被災後の生活がいかに大変だったかということがわかります。 いざという時の備えをしている人は多いのですが、みなさんは、「トイレが使えない」という状況を想定して、どのような対策をしていますか?下水道が使えない場合は、例えお風呂にためてある水があっても、排水ができないため、トイレ使用後に水などを流すこともできません。仮設トイレが設置されるのも、災害後いつになるかもわからないため、各自でトイレの備えを考えておく必要があります。その具体的な情報も掲載されているので、ぜひ、参考にしてください。

(わかば)
本の紹介