ぴっぴの防災ブログ

『どんな災害でもネコといっしょ』

2018年7月23日

ペットは家族の一員です。災害時には、ペットを「同行避難する」のが基本です(環境省『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』)。
それは、災害発生後、飼い主とペットが離れ離れになっている時に、けがや繁殖してしまう場合があるからです。

どんな災害でもネコといっしょ:ペットと防災ハンドブック (小学館 GREEN MOOK)
徳田 竜之介
小学館 (2018-03-26)
売り上げランキング: 2,864


しかし、ペットと共に避難所へ行っても、動物アレルギーのある人や苦手な人もいるので、避難所で一緒に生活するのは難しいです。さらに、支援物資も充分に確保できるかどうかわからない時に、ペット用の物資は期待できそうにありません。
そこで、日頃からペット用の防災用品・食料などを、飼い主が準備しておくことや、避難所生活をしなくてもよいように、自宅の防災・減災の備えをしておく必要があります。

この本の中では、監修している德田氏が、自身の動物病院をペットとの同行避難所として、熊本地震の際に開放したという話が載っています。しかしまだ、各地域にこのようなペットと同行避難し、一緒に生活ができる避難所となり得る場所は、とても珍しいケースであり、それをあてにしてしまうのは難しいと思われます。災害発生後にペットと一緒に生活できる場については、まだこれから、地域ぐるみで考えていかなければならないことですね。
ペットを飼っている方は、まずは、自分たちでできる備えを考え、行動に移してください。そのためにも、この本を参考にしてくださいね。

(わかば)
本の紹介