ぴっぴの防災ブログ

リアス・アーク美術館 東日本大震災の記録と津波の災害史 静岡展

2018年11月21日

静岡市清水文化会館マリナートで 東日本大震災を「文化的記憶」として捉え後世に伝える「リアス・アーク美術館 東日本大震災の記録と津波の災害史」静岡展が開かれています。

県内初のこの展示では、震災直後から2年間にわたる学芸員による調査をもとに、現場の写真や被災物が展示されているのですが、現場で味わった主観的なレポートが添えられていることにより、記録写真をこえた表現物としての存在があります。

同時開催の「しずおか防災アート展」では県内防災文化やアーティスト作品の紹介はもとより、親子で参加できるイベントなども催されています。

日時:12月8日(土)まで開催10:00~17:00(月曜休館)
場所:静岡市清水文化会館マリナート1Fギャラリー 
    (JR清水駅東口徒歩3分・駅自由通路直結)
主催:しずおかHEART防災プロジェクト(株)SBSプロ―モーション静岡市清水文化会館マリナートTeam Buddy
問合せ:しずおかHEART防災事務局
TEL:054-260-6911

<やまねくん>

 

 

他団体の講座・催し情報