ぴっぴの防災ブログ

県内の子育て団体と防災連携ミーティング

2020年5月26日

5月21日(木)、オンライン会議システムZoomを使い、県内東中西部の子育て団体で防災連携に関するミーティングを行いました。今回はぴっぴが進行を担当し、5団体8名で近況報告や今後の活動予定を話し合いました。3月以降は1か所に集まることは控えZoomで実施しています。参加メンバーが早々にオンラインを取り入れる手順をシェアしてくれたことで、外出自粛期間も定期的に情報交換をすることができています。

子育て防災
 
3密が心配される事業は、3月以降どこも同じように中止や延期が余儀なくされています。6月から徐々に感染防止の対策をしながら再開していくという話が出ましたが、実際に利用者が戻ってくるかはまだわかりません。ただ、子育て中の親子がストレスや孤独を抱え込まないよう、それぞれの得意分野で考えながら活動を止めず進んでいます。コロナ対策で新しいネットワークができたという話、外出自粛中はスタッフのスキルアップにあてていたという話など、アクティブなメンバーならではの動きを聞くことができました。

防災に関しては、今後の勉強会の時期を決め、このネットワークや繋がりをさらに広げていく重要性について、再確認をしていきました。新型コロナの長期に亘る外出自粛は、在宅避難に近い状況となり、災害時の備えを学ぶ機会にもなっています。地域ごとのマスク不足の状況共有など、このネットワークでできることがあったかもしれないという話も出てきました。これからは、ここ数年夏から秋にかけて大きな被害が出ている風水害も心配されます。自分たちの立ち位置を改めて考え、このメンバーだからこそできることで実際に動ける体制を作っていきたいと思います。

(makiko)

さまざまな防災の取り組み