ぴっぴの防災ブログ

コロナ禍における避難について

2021年3月5日

災害はいつ起こるかわかりません。コロナ禍にあっても、もしも災害が起こり危険な場所にいるのであれば、安全な場所に避難することが大切です。

また、安全な場所にいる場合は、災害が起きたからと無理に避難する必要は無いです。

内閣府(防災担当)・消防庁が、コロナ禍の中で避難する時に「知っておくべき5つのこと」として、情報提供しています。

★内閣府(防災担当)・消防庁
『「自らの命は自らが守る」意識を持ち、適切な避難行動をとりましょう』

災害が起きてから慌てるのではなく、平時のうちに何を備え、どのように行動するか、行動を起こすタイミングはどのような時かを、家族で決めておくと安心です。

持ち出し品.png


(わかば)
防災豆知識