子育てのヒント

暑くなって子どもが食事をあまりとりません

2013年7月22日

教えて歯医者さん子どもの歯Q&A

Q

最近暑くなって2歳の子どもが食事をあまりとりません。痛がっているようにも見えます。3~4日前にあった高熱は治まりましたが心配です。

A

断定はできませんが、いわゆる〝夏風邪〟の疑いもあります。
まずは口の中に口内炎や水疱はあるのか確認してみましょう。
手の平や足の裏には水疱はできていませんか?
(1)もし手足に水疱がある場合には手足口病の可能性があります。これは生後6か月くらいから5歳ほどの乳幼児に多い病気です。熱は出ても37~38度くらいで、1~2日で熱は下がります。比較的軽くすむことが多いですが、口内炎を痛がって食欲が落ちることがあるので、しみないものやのどごしの軽いものとし、脱水症状にならないように水分は十分に摂らせましょう。
(2)もう1つは手足には症状は無く、口の中だけに水疱ができるヘルパンギーナという疾患があります。感染するとまず突然39~40度の高熱が出ます。そして主に喉の辺りや口の奥に水疱ができます。熱は2~3日で下がり、水疱・潰瘍も1週間くらいで治ります。強い痛みが出るのでほとんどの子どもが食事をすることを嫌がります。汗も多くかく季節ですし脱水症になりやすいため水分はしっかりと摂らせるようにしましょう。
まれに高熱が続いたり、吐いたり、ひきつけを起こすことがあれば、髄膜炎などの中枢神経感染症などを併発していることがあります。早めに病院を受診しましょう。

子どもの歯