子育てのヒント

きみがしらないひみつの三人

2008年11月2日

「きみがしらない ひみつの三人」
 ヘルメ・ハイネ作・絵 
 天沼春樹 訳
 徳間書店

きみがしらないひみつの三人 

「きみが うまれた日、三人のともだちは やってきた」
きみが生きていくために、
頭の中で「アタマはかせ」が、
心の中で「ハートおばさん」が、
体の中で「いぶくろおじさん」が、
一生懸命働いているんだよ、というお話。

それぞれが、こんなふうにがんばっているんだよ、という語りかけをしながら、生まれて、死ぬまでの三人の様子が書かれたこの本は、「人は死んでいくために生まれてくる」という内容の、哲学的な詩を読んでいるようだ。

アタマはかせや、ハートおばさんが、きみが生きている間に残したものを伝えていく様子は、一生懸命生きていたら、いつまでも、みんなの心のなかで生きていけるんだよ、だからちっともさみしくないんだよ、というメッセージ。
短いお話の中に、ギュッと大事な言葉が詰め込まれていて、かわいい絵でそれをわかりやすく説明している。

文字をまだ知らないお子さんにもおすすめです。

文/池川恵子さん

おすすめ図書