子育てのヒント

フッ素は何歳~何歳まで?

2014年6月25日

Q

虫歯予防にフッ素が良いと聞きましたが、何歳から始めて何歳まで塗ってもらったらよいでしょうか?

A

歯は生えた直後より唾液中に含まれるカルシウムが付いてさらに硬くなっていきます。よって生えて間もない時期の歯は、虫歯になりやすいとも言えます。
そこでフッ素を塗ることは、その働きである歯質強化(歯質を酸に溶けにくい性質にする)や酸の生産を抑制する(虫歯菌の働きを弱めます)がこの時期の歯にはとても大事です。さらにもう1つのフッ素の働きである、歯から溶け出したカルシウム等の再石灰化の促進についても重要です。
したがって何歳からフッ素を塗った方が良いかの回答は、「歯が生え始めた頃から」で良いでしょう。

では何歳までフッ素を塗ることが良いでしょうか?
乳歯・永久歯に関わらず生えて間もない時期に塗ることが効果的です。最後に生えてくる第二大臼歯は12歳頃に生えてくることから別名「12歳臼歯」とも呼ばれます。その後数年間は塗った方が良いので中学生までフッ素塗布を行うことが望ましいですね。

文/陽だまり佐野歯科院長 佐野陽彦先生

子どもの歯