子育てのヒント

冬のレシピ「大根と鶏レバーの煮物」

2016年1月29日

浜松市では、三方原大根が有名ですね。みずみずしい大根が採れる季節になると食べたくなる一品です。レバーは、ビタミン・鉄分が豊富に含まれていて栄養満点です。苦手な子も多いですが、大根と一緒に煮ると柔らかく煮えますし、甘辛い味付けがクセになります。

大根と鶏レバーの煮物
 
<材料>
大根   1/2本
鶏レバー 300g
砂糖   大さじ3
醤油   大さじ3
酒    大さじ2
生姜   適量

<作り方>
(1)鶏レバーを一口大に切り分け余分な脂分を切り取る。ハツに切り込みを入れ、中の血の固まりを出し薄皮を取り除く。水で洗う。
(2)鍋に鶏レバーを入れ、水を注いで白っぽくなるまで軽くゆでる(余分な脂分を取る)。ゆでたら、ザルにあけて水切りをしておく。
(3)大根の皮をむき乱切りにする。
(4)鍋に(2)のゆでた鶏レバーと(3)の大根・千切りにした生姜を入れ、材料が少し顔を出すくらいまで水を注ぐ。
  *みずみずしい大根の場合は、水の量を少なめにする。
(5)砂糖・醤油・酒を加え、中火で煮る。
(6)途中でアクを取り、味加減を調節しながら煮詰める。照りツヤがでてきたらできあがり。
お茶タイム
冬におすすめのお茶はコレ!
“ほうじ茶”のおいしい入れ方をご紹介します。
<4人分(マグカップ4杯分)> 
・ほうじ茶…大さじ3杯
・熱湯…520ml

熱いお湯を注いで1分ほど待ってから注ぎ分けます。
ほうじ茶は、安価な上に、そのリラックス効果はお風呂に入るのと同じくらいだそうです。カフェインも少ないので小さなお子さんやお年寄り、寝る前・水分補給にも気軽に飲むことができます。

byお茶子

子育てママのお料理レシピ