子育てのヒント

子どもと星空を楽しもう2018冬 ~浜松市天文台から~

2018年2月21日

浜松市天文台の水谷です。暦の上では春を迎えましたが、まだまだ寒い日が続きますね。

星空は現在冬真っ盛り。日が沈んですぐに冬の星座が南の空に広がっています。夜更かししなくても冬の星座を観察できるおすすめの時期です。冬の星座の中でお子様と確かめていただきたいのが「オリオン座」です。オリオン座には、見るからにたくましい男の人が描かれていますが、この人物の名前が「オリオン」です。ギリシャ神話では、狩りが上手な大変気の強い人物として登場します。

冬の星座

さて、オリオン座の目印は4つの明るい星でできた長方形と、その中心に仲良く「前ならえ」して並ぶ三つ星です。この星の形、日本では「つづみ星」と呼ばれて親しまれていたようです。「つづみ」は肩に乗せる打楽器のことで、ひな飾りの五人囃子(ごにんばやし)の中にも登場します。オリオン座はちょうどつづみを縦に見たような形をしています。オリオン座は冬の中で最も明るい星が多い星座です。ですから市街地でも十分見つけることができる星座です。オリオン座を見つけることができたら、三つ星を右や左へ伸ばしてみましょう(天文台で撮影した冬の星空の写真に矢印を入れてみました)。

右(西)へ伸ばすとおうし座のアルデバランやすばる(星の集まり)が見つけることができます。左(東)へ伸ばすと、全天で最も明るい星シリウス(おおいぬ座)を見つけることができます。

オリオン座をスタートに、親子で冬の星座めぐりをしてみてはいかがでしょうか。天文台では毎週土曜日に星空観望会を行っています。望遠鏡で天体を見るだけでなく、星空・星座の解説も行っていますので、よろしかったらお気軽にお越しください。

土曜星空観望会(毎週土曜開催)
10月~3月 18:30~20:30
4月~9月 19:00~20:50
・申込不要、無料、駐車場40台(五島協働センターと共用)
・時間内出入り自由、お好きな時刻に直接天文台屋上へ
【浜松市天文台】
浜松市南区福島町242-1(五島協働センター3F)
電話:053-425-9158

文/浜松市天文台 水谷恒多

ライフスタイル