子育てのヒント

パリパリ「タケノコの春巻き」

2018年4月22日

暖かくなって雨が続くと、タケノコがあちらこちらで出回り始めます。タケノコはご飯だけでなく、汁物や煮物などいろいろな料理のアクセントとして大活躍します。今回は「タケノコの春巻き」をご紹介します。

タケノコの春巻き

<材料> 
・タケノコ
・ニンジン
ネギ(ホウレンソウでも可)
・豚コマ切れ
・塩・コショウ、砂糖、醤油、ゴマ油
・水溶き片栗粉
・春巻きの皮
・揚げ油

<タケノコのゆでかた>
(1)タケノコの先をカットし、縦に切り込みを入れて鍋へ。米ぬか、赤唐辛子・タケノコが浸るくらいの水を入れてゆでる。
(2)沸騰したら火を弱め(吹きこぼれに注意)、根本の固い部分に竹串が通るまで(20分くらい)ゆでる。
(3)ゆで終わったら、鍋のお湯が冷めるまでそのまま置いておく。
(4)お湯が冷めたらタケノコを取り出し、皮をむいて水洗いする。
(5)食品保存容器にゆでたタケノコとひたるくらいの水を入れ、冷蔵庫で保管する。水を毎日かえる。

<作り方>            
(1)タケノコを4cmくらいの長さの細切りにし、米ぬかのカスを落とすため水洗いする。
(2)ニンジン・豚コマ切れも4cmくらいの細切りにする。
(3)フライパンにゴマ油をひき、(1)と(2)に軽く塩・コショウをして炒める。
(4)(3)に砂糖と醤油を1:2の割合で入れ、味をからませる。
(5)水溶き片栗粉でとろみをつける。
(6)春巻きの皮に(5)を乗せて巻いていく。
(7)180℃の油で両面こんがりするまで揚げる。

<新茶の美味しい淹れ方>
桜前線が過ぎると、新茶前線がやってきます。爽やかな新茶の香りは、すがすがしい気分にさせてくれますね。“新茶”のおいしい入れ方は…
【4人分】
・新茶…8g(ティースプーン4杯)
・ぬるま湯…300ml 
急須へお茶の葉を入れ、お湯を注ぎます。一煎目のお湯はぬるま湯を使います。(50℃…湯冷ましを両手で包み込むことができる温度)約2分ほど待ち、湯飲み茶碗に注ぎ分けます。二煎目・三煎目はお湯の温度を次第に高くしていきます。茶殻もポン酢しょうゆなどをつけて食べちゃいましょう!

文/取材ママ お茶子さん

子育てママのお料理レシピ