子育てのヒント

予防接種は適切な時期に!

2020年4月16日

予防接種こんにちは。浜松市健康増進課予防接種担当の鈴木です。毎日、新型コロナウイルス感染症のニュースが流れ、心配な日々が続いていることと思います。

今日は、最近よくあるご質問「新型コロナウイルスが落ち着くまで医療機関に行きづらいので、子どもの予防接種を延期していいですか?」について、お話ししたいと思います。

この質問に対する現在の答えは「NO」です。

適切な時期に予防接種を受けましょう。

新型コロナウイルスを警戒して、予防接種のために医療機関に行きづらくなる気持ちも分かりますが、私たちが警戒すべきなのは、新型コロナウイルスだけではありません。

例えば、ここ数年の間に流行した麻しん・風しんのほか、日本脳炎やB型肝炎など、私たちの周りには、たくさんの感染症があります。これらも、発症すれば重篤な症状となる大変こわい感染症です。

予防接種法では、これらの感染症に感染しやすい年齢を考慮して、予防接種をすべき時期を定めています。適切な時期に予防接種を受ければ、かかりにくくなったり、かかっても重症化しにくくなったりするなどのメリットがあります。逆に、適切な時期に予防接種を受けないと、感染症にかかるリスクが高くなってしまいます。

新型コロナウイルスを警戒して予防接種を延期した結果、他の感染症にかかりやすい状況を作ってしまうことは避けたいですよね。

医療機関では、日頃から院内感染防止対策を行っていますが、新型コロナウイルス対策として、消毒をより一層徹底したり、予防接種の時間を一般の診療の時間と分けたりしているところもあります。

予防接種は、いろいろな感染症から、ご自身のお子さんだけでなく周りのお子さんも守る効果があります。適切な時期での接種がとても大切ですので、母子健康手帳などを確認し、未接種のものがある場合には、かかりつけの医療機関にご相談いただき、接種をすすめてくださいね。

おねがい

感染症の予防には、予防接種のほか、うがい、手洗い、十分な栄養や休養なども大事です。日頃から、感染しないように対策をとりましょう!

文/浜松市健康増進課予防接種担当 鈴木

子どもの健康