子連れでおでかけ

市場まつり

2010年11月24日

中央卸売市場で行われた「市場まつり」に行ってきました。
毎年11月3日(祝)、年に一度開催されるイベントです。
まぐろ ピーナッツ
魚介類・野菜・果物などを一般の人でも買うことができるとあって、大盛況でした。
自宅から近いので私たち家族は歩いて行きました。
午前9時の段階で駐車場に入れない車の列が、ずらっと市場周辺を取り囲んでいました。
市場の中に入ると、こちらもすごい人ごみです。
建物北側が青果関係、南側が水産物関係のものを主に販売しています。
あちこちゆっくり見たいけど、人の流れに逆らうことができません。
迷子にならないよう、8才と5歳の娘たちの手をしっかり握り、とりあえず水産せり場へ向かいました。
ここでは、マグロ解体ショーや模擬せりを行っています。
ほかにも子供向けイベントの「親子木工教室」、魚をさばくのに挑戦する「親子お魚チャレンジ教室」などがありました。

娘たちは、さんまの袋詰め放題(1回500円)に挑戦。市場のスタッフの方に「頭から入れるとたくさん入るよ」と教えてもらい、ビニール袋にどんどん詰めていきました。
ビニール袋をもらった時は、こんな小さな袋じゃ5~6匹かな?と思っていたのですが、何と20匹以上入れた娘たち。
最後の方は2、3匹おまけしてもらい、2人で50匹近いさんまを獲ったのでした。
ジュビロくんと写真を撮ったり、焼き立てのアツアツの魚を試食したりと、親子で楽しめました。
秋刀魚 輪投げ
その後は青果せり場へ移動。
人気のある子供輪投げ(小学生以下 先着500人 1回100円)には、開始前から長い行列ができていて、スタッフの方が「定員に達したら終わりです。ごめんなさい。」と案内をしていました。
後ろに並んでいた娘たちは、気が気じゃない様子。
私もこんなに待ってできなかったらがっかりだろうなと思っていたら、何とか定員内におさまってホッ。
輪投げはハズレなしで何かしら景品がもらえます。
長女は3等、次女は2等の結果でしたが、りんご2個・バナナ1房・みかん2個・お菓子の景品で、超豪華。輪投げが人気なのも納得でした。
ほかにも焼きそば、焼き鳥、おでんなどの模擬店もあり、飲食コーナーがあります。終了前には、菓子・餅投げも行われていました。
さんまのほかにも、まぐろのお寿司、シラス、りんごを買ったりして、どんどん荷物が増えていく私たち夫婦。
パパのリクエスト、落花生(スコップ1杯 300円)も買って、やっと納得して帰った私たちでした。



市場まつり (2010年)

会場:浜松市中央卸売市場

住所:浜松市南区新貝町239-1

市場まつりの問い合わせ先
Tel: 053427-7580
  
開催日時: 11月3日(祝) 午前8:00~12:00 (雨天決行)  

駐車場:   無料駐車場あり   

施設:    トイレ・自動販売機あり  
       おむつ交換台や授乳室などベビーのための施設はありません。  
       市場内は混雑しているので、ベビーカーでの移動は不向きです。

交通アクセス: 車でJR浜松駅15分
        バス(遠鉄バス)で浜松駅バスターミナル 8番乗り場「鶴見行き」乗車、「鶴見」バス停下車 徒歩2分

イベント(秋)