子連れでおでかけ

磐田市香りの博物館で「おひな様と春の香り展」

2020年3月11日

毎年楽しみにしている、磐田市香りの博物館の「おひな様と春の香り展」に、今年も母と5歳の娘と親子3代で出かけてきました。

入口

今回の展示のメインは二大主流であった御殿飾りと屏風段飾りです。御殿飾りは西日本、屏風段飾りは東日本を中心に飾られていたそうです。その多くは静岡で作られ、東西の境目がこの遠州地方だったそうです。

東西の違い

ところでみなさんはおひなさまを飾るとき、向かってどちらに男雛を置きますか? 私の家では左側に置きます。実は置き方にも、東西の違いがあるそう。西日本では左方上位という昔からのしきたりに従い向かって右側、東日本では天皇は必ず皇后の右側という西洋のルールにならって向かって左側だそうです。

段飾りを眺める

また、顔立ちも西日本は「目はやや細め、おっとりした顔立ち」、東日本は「はっきりした目鼻立ち」という特徴があるそうです。これからおひなさまを見かけたとき、「西日本、東日本どちら流かな?」と思いながら見るのも楽しいですね。

童謡「うれしいひなまつり」を口ずさんでいる娘の隣で、「作者がもし西日本の出身だったら、歌詞も変わっていたのかな」と思い、感慨深く感じました。今回も“春の香り”の香水が用意されています。桜や桃など、春の香りを楽しむことができました。

香りを楽しむ

娘の今回のお気に入りは菜の花の香りだそうです。春の香りに包まれながら、おひなさまを見に行ってみませんか?

■おひな様と春の香り展
【開催期間】 2020年1月25日(土)〜2020年3月22日(日)

文/ショコラ

磐田市香りの博物館

住所 磐田市立野2019-15
電話 0538-36-8891
開館時間 9:30〜17:00(入館17:00まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
入館料 一般310円、学生(高校生以上)200円、小・中学生100円
※1階(体験コーナー、ミュージアムショップ)は入館無料
子連れに便利な設備 多目的トイレ(オムツ台有)、エレベーター有、香りの公園に隣接
駐車場 有(無料)
アクセス方法 【電車】東海道本線「豊田町」駅下車北口より徒歩約5分
【車】東名高速 浜松ICまたは磐田ICより約20分、磐田BP森岡ICより約5分
URL http://www.iwata-kaori.jp

※この情報は掲載日時点のものとなりますので、最新の内容をお確かめのうえお出かけください。

美術館・博物館・科学館