子連れでおでかけ

こども館体験記「いっしょにあそぼ! トコトコちゃんと」

2020年10月2日

浜松こども館 取材ママ体験記

こども館の「いっしょにあそぼ! トコトコちゃんと」に行ってきました。感染予防対策のため、今回は10組までという人数制限を設けた中での開催でした。

トコトコちゃんと

「かくれんぼ号」というパネルシアターからスタート。花、草、つぼなどのかわいいパネルの絵の中になんの動物が隠れているかを当てるものです。子どもたちは「カニ!」「チョウチョ!」と元気よく答えていき、緊張気味だった顔もすぐに笑顔に変わっていきました。

パネルシアター

その後は座ったまま親子で手遊びを楽しみましたが、子どもたちは大好きな風船が登場すると、おとなしく座っていた子も目を輝かせながらすぐに立ち上がり、遊び始めました。

風船登場

風船のキャッチボールをする親子、元気に風船を投げては追いかけてを繰り返す子、ずっと大事そうに抱きしめている子など個性が出ます。風船の先にビニール紐を付け、風船の散歩をさせるように会場内をぐるぐる歩き回ったり、親が紐を持ち高い位置につるした風船を子どもが叩いてみたり、みんなそれぞれの遊び方で楽しんでいました。

思い思いに遊ぶ

風船を片付けるとき、娘が嫌がってしまうのではないかと心配しましたが、大きな色つきの袋を持って登場したスタッフが「袋に風船を食べさせて~! 入れられるかな?」という言葉がけをしたおかげで、みんなが袋の中に風船を入れていき、無事に片付けることができました。とても参考になる片付け術だったので、自宅でも参考にしたいと思います。

上手にお片付け

「サーキット」というコーナーでは、5種類の障害物遊びをしました。段ボールのトンネルをくぐったり、ブロック平均台の一本橋を慎重に渡ったり、テープで書いてある「ケンケンパ」をやったりと、たくさん体を動かしました。

サーキット

「サーキット」は一方通行のため、お友だちが前にいるときは少し待つこと、順番を守ることなどを覚えられたのがよかったです。

最後は、お母さん同士でお話しタイム。育児で不安に思っていることや幼稚園などの情報交換もでき、とても気持ちが楽になりました。

情報交換

まだ小さい子どもを連れて外出することに少し迷ってしまう時期ではありますが、ママたちの気分転換にもなりますので、ぜひ利用してみてください!

■いっしょにあそぼ! トコトコちゃんと
【日時】2020年9月16日(水) 10:30~11:30
【会場】6階 ホール
【対象】2歳の子(トコトコ歩き期)とその保護者
【定員】10組

文/じゅじゅん

こども館スタッフからひとこと

こども館スタッフ

みなさん「おうち時間」を工夫されていると思いますので、そのヒントにしてもらえるように考えています。ほかのお母さんたちともお話して、ホッとできる時間を過ごしてください。

浜松こども館

この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

こども館・児童館