ぴっぴの防災ブログ

火災で怖い煙

2011年4月7日
地震というとまずは、家の倒壊が恐ろしいと思いますが、地震に伴い火災も起きています。

そこで、火災で怖いのは、実は「火よりも煙」です。

消防庁の調べによると、火災による主要死亡原因は、一酸化炭素中毒・窒息によるものです。
http://www.fdma.go.jp/html/hakusho/h21/h21/html/k1112100.html


煙が徐々に充満しつつある建物の中では、姿勢を低くし「ほふく前進」に近い体制で逃げるようにしましょう。(その際、ガラスの飛散などにも気をつけましょう。)また、口をハンカチなどで覆ったり、ゴミ袋などにできるだけきれいな空気を入れて、頭からかぶり逃げる方法もあります。  (わかば)
防災豆知識