ぴっぴの防災ブログ

地域で考える防災ネットワーク事業・都市型編2

2008年9月6日

ちらしや告知準備に手間取ったのですが、やっと準備OKです。これから、こどもたちに防災をプログラムを通じて伝えてくださる方たちの参加を募集します。(こちらは下記のPART1になります)
幼保・小学校PTAの父母、子育てサークルのママ、孫世代を愛しんでくださるシニア層、学生など「こどもと防災」をキーワードに関心を持ってくださる方ならどなたでも参加できます。

自然の災害は突然やってくることが多々。咄嗟にいったい何ができるのかは経験がないと身体が動かないのではないでしょうか。こどもたちは遊びを通して身につけ、おとなたちはこどもたちに教えることを通して防災知識を身につけていってはいかがでしょうか。

PART2では、大学祭とのジョイント。PART1で「こどもに伝える防災プログラム」を学んでもらった人たちがこども達に伝えるお披露目の場です。このワークショップは、浜松学院大学のご厚意により実現します。来年、2009年には地域共創学科が開設されるということもあり、人と人との出会いや集いを大切に地域に開かれた大学として協力してくださるということです。学生主体の大学祭にいっしょに参加させてもらえるのは学生以来で楽しみです。

さて、追って11月15日までの様子をお知らせしていきたいと思います。
2014030313656_1AJ1AG1A1A1A1A1AS_color_01.jpg

【終了】ぴっぴのイザ!カエルキャラバン!