ぴっぴの防災ブログ

NPO法人プラス・アーツさんを訪ねるの巻

2008年9月11日

話は8月の頭にさかのぼります。うだるような暑さの大阪のビル街を、道に迷ったり人に尋ねたりしながら(二人とも大阪出身のはずなんだけど….汗)、私たちはNPO法人プラス・アーツの事務所にたどり着きました。
プラス・アーツは、親子で楽しみながら参加できる防災訓練“イザ!カエルキャラバン!”を立ち上げ、全国での展開を目指して頑張っておられるNPO法人です。

2014030313663_1Av1A1A1AX1AA1A5B1Ac1AQ.jpg

浜松では、ぴっぴのネットワークを活かしての開催に協力していただくことになりました。
事務所では、代表の永田さんと、スタッフの百田さんとの打ち合わせにより、“イザ!カエルキャラバン!”のイメージが明確になりました。
また、プラス・アーツが開発した防災グッズの数々(非常食ドロップや、大型ハンカチ)も見せていただき、そのデザインのかわいさにハートをわしづかみされてしまいました。
「防災」という言葉につきまとう、暗さや固さ、ヘヴィな感じが、デザインの力で一掃されています。この企画力やデザイン力、私たちも見習いたいものだと思いました。

浜松版「ぴっぴのイザ!カエルキャラバン!」では、永田さんを講師としてお招きし、ワークショップ開催前の事前研修として「イザ!カエルキャラバン!」の運営の手法を余す所無く教えていただきます。
さらに、ワークショップ当日に開催されるパネルトーク「はままつ街中で大地震に遭遇したら?」にも、パネリストのひとりとして参加していただきます。楽しみですね。

2014030313663_P1000891.jpg

プラス・アーツ事務所を訪れた日から、もう1か月以上が経過してしまいました。この間、夢中で準備してきましたが、まだまだこれからです。この事業は、研修と実践に参加してくださるサポーターの方々の存在抜きにはありえません。どしどしご応募お待ちしています。

/Q太
【終了】ぴっぴのイザ!カエルキャラバン!