ぴっぴの防災ブログ

試作版「ぴっぴ家族の減災トランプ」体験会

2015年10月12日

さて、ぴっぴが開発中の減災トランプは、ついに試作版が完成しました!カード一枚一枚に、わかりやすい絵と文章で災害に関係する事柄を盛り込みました。普通のカードとして「七並べ」や「ババ抜き」などのトランプゲームができるだけでなく、「減災トランプ」ならではのオリジナルな遊びもいろいろ考案しました。

子どもたちは、このトランプで楽しく遊べるでしょうか?また、トランプに書かれた情報は、子ども達に災害のことをきちんと伝え、学びのきっかけとなってくれるでしょうか?これらのことを検証するため、これからは実際に保育園や放課後児童会などに出向き、トランプの試行会も行います。

第一回として、南区の「なかよし第二保育園」さんが協力してくださり、10月5日に試行会の場を持つことができました。今回の指導者・山本さんのゆったりした声かけで始まり、子ども達はカードの世界にんぐんぐひきこまれていきます。どの子も一生懸命考え、自分のことばで話し、ゲームに参加してくれました。

PHOTO011.JPG

災害を経験したことがない子どもたちにとって、災害によってどのようなことが起こるのか、私たちは何に困ることになるのか、理解することは難しいものでしょう。ですが、ニュース映像などを見たり、家庭でパパやママと話したり、または学校で避難訓練をすることで、子どもたちの中にさまざまなイメージは蓄積されています。ゲーム形式で遊び、その中で考えることによって、そうした断片的なイメージが「災害から生きのびるための智恵」としてひとつにまとまっていく助けになれば良いと思いました。

試行会は会場や子どもの年齢層を変えて、今後も行います。また、11月7日(土)には静岡大学テクノフェスタ会場内で、小学生を対象とした「減災トランプ」体験会を開催します。詳細が決定しだい、「ぴっぴ」でお知らせします。

 

「子どもを守る防災教育でつなぐ子育て支援の輪」について

※この事業は「静岡県社会福祉協議会ふれあい基金 子育て支援実践交流会」および「ふじのくにNPO活動助成事業費補助金」助成事業です。

 

(ずきんちゃん)

防災教育プログラム&教材の開発