ぴっぴの防災ブログ

ぴっぴ家族の減災トランプ、完成しました!

2016年2月6日

ついに、ぴっぴ家族の「減災トランプ」ができあがりました!

減災トランプ3.JPG

これまで、市内各所でたくさんの子どもたちに試作トランプを使って遊んでもらいました。一生懸命参加してくれた子どもたち、協力先の保育園や放課後児童会、大学の先生方のご協力のおかげで、たくさんの気づきがありました。それらをもとにスタッフ間で話し合いながら文章やデザインに落とし込み、できあがったのがこのトランプです。

防災のための教材は、他にも世間にいろいろあるかと思います。ですが、私たちは以下のことを大切にしてこだわりました。

1. 子ども自身が、遊びの中で「自分で自分の身を守る」ことを学べる内容にすること。

2.トランプの形式をふまえた上でオリジナルな構造を持ち、災害についての体系的な学びにつなげられるつくりにすること。

3. 絵や文章は、子ども自身が理解できるような、やさしく親しみやすいものにすること。また、災害の表現は正確さを心掛けながらも、子どもを必要以上に怖がらせないようなものにすること。

すべてのトランプの絵を描き起こしてくれたデザイナーの高林さんは、自身も3人の子どものお母さんです。描いた絵は、その都度子どもたちに見せ、わかるかどうか確認しながら作業をすすめてくれました。

また、このトランプを使って遊ぶ人や、遊びの指導をする人のための解説小冊子も、あわせて制作中です。冊子の中では、このトランプならではのオリジナルな遊び方についても解説しています。

この事業自体は今年度末で終了となりますが、今後、このトランプを防災教育の現場でどのように活用していくかをさらに考え、実行していきたいと思います。

(ずきんちゃん)

 

「子どもを守る防災教育でつなぐ子育て支援の輪」について

 ※この事業は「静岡県社会福祉協議会ふれあい基金 子育て支援実践交流会」および「ふじのくにNPO活動助成事業費補助金」助成事業です。

 

防災教育プログラム&教材の開発