ぴっぴの防災ブログ

金谷小学校PTAふれあい講演会

2016年11月9日

10月28日(金)、島田市金谷小学校のPTA依頼により、PTAふれあい講演会「防災・災害時における親子の絆」というテーマで、お話をさせていただきました。島田市の金谷小学校のPTAの代表の方と告知チラシから講演内容まで何度かやりとりをさせていただき、当日に至った講演会です。

この講演のきっかけとなったのがNHKのニュースです。放送された島田市の防災講座の様子を見て、PTAの方が「これだ!」と思ったからだと伺いました。NHKのニュースで流れた防災講座は、ぴっぴのWebサイトで防災講座の様子を知った島田市から依頼があった講座です。つまり、活動を発信することがどれほど、広く活動を広めるのにたいせつかということがよくわかるできごとでした。

金谷小学校は広域のためバスで通学してくる子どもたちもいるそうです。当日前後は、晴天が続いていたのに、本番の日はあいにくの雨。参観会後の講演会でしたが、保護者は車での参観会参加が多く、晴天ならば運動場に駐車できるのですが、雨天の場合、駐車はできないということで、かなり参加者が少なくなったということでした。

金谷SL

島田市金谷は、大井川鉄道があり、蒸気機関車が走るのでも有名なところです。どちらかというと山あいです。南海トラフなど地震が起きれば、津波の被害はなく、土砂災害を考えた方がいい地域です。しかし、東日本大震災のときのように、地震が起きた時間帯は昼間だったことから、どこで被災するかはわかりません。

家庭で、外でどんなところに気をつけておいたらよいか、被災直後、被災後に起きることなど、経過を踏まえて4月に起きた熊本地震を例にお話しました。また、身近でできる防災グッズなども講演会で紹介をしたところ、終了後に参加者の方々が集まって来られて写真に撮ったり、実際に作り方を聞いたりして行かれる方も。

実際にメディアの中では聞かれない話も聞けてよかったと参加者からも言っていただけた講演会でした。

<Hiro>

 

講座・講演