ぴっぴの防災ブログ

「避難訓練コンサート」に参加しました

2016年12月10日

12月3日(土)、アクトシティ中ホールで「避難訓練コンサート」が行われたので、参加してみました。
ことしで3回目の開催となるそうですが、こういうものが行われていることを初めて知り、コンサート中に、もしも地震が起こったらどうなるのかな?という思いで参加してみました。

浜松市消防音楽隊の演奏がノリノリになったころ、「緊急地震速報」が鳴り出し、地震が発生、そして、数か所ある避難口の1か所から火災発生という想定で、避難が開始されました。避難する時には、火災が発生したところの近くにいる人、地震でけがをした人、車いすの人、小さな子ども連れの人が優先で避難するようアナウンスがあります。その後、それ以外の人が、順次近くの避難口から避難しました。

避難訓練.JPG

避難訓練でしたので、冷静に行動ができていましたが、小さなお子さんは、緊急地震速報やアナウンスの大きな音量にびっくりして、泣き出してしまう子もいましたので、災害時にはそういう状況も想定したり、たくさんの子どもたちが一斉に泣き出してしまったりする場面に慣れておくことができると、大人たちも動揺しなくてよいのかもしれません。

無事、避難訓練を終え、第2部の浜松市消防音楽隊のステージを満喫して、「避難訓練コンサート」は終了しました。避難訓練の形は、いろいろあって、さまざまな場面での訓練に参加しておくことは、決して無駄にはならないです。このコンサート自体は、あらかじめ整理券をもらっておけば、無料で参加できましたので、またの機会がありましたら、たくさんの人を誘って、再度参加してみたいと思います。

(わかば)
見聞録・体験記