ぴっぴの防災ブログ

1.17はじまりのごはん

2018年1月16日

阪神淡路大震災から23年の月日が経ちました。阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターでは震災をめぐる3つの企画展が行われています。

企画展示「振り返る17阪神・淡路大震災写真展2018」・映像展示「スーパーハイビジョンで見る阪神・淡路大震災」、そして地震後に初めて食べたものとそれにまつわるエピソードを紹介して震災を振り返る資料室企画展「1.17はじまりのごはん」です。

2017企画展チラシ.png

多くの家屋が倒壊し、ライフラインが止まり、室内から食べものを取り出すことも、調理することもできない状況がありました。そんな中「はじめて食べたものはなんですか?」という質問をとおして、当時を思い出しながら地震後に初めて食したものを再現した写真とエピソードを載せたパネルを展示しています。
写真では皆さんの今を象徴するように満面の笑顔で「はじめてのごはん」を手にしていますが、当時はどのように食べ物を手に入れ、誰とどんな思いで食べたのだろうと思うと、複雑な気持ちになります。

企画展の様子.JPG

また、来館者の皆さんも「何食べた?」や自身の体験や思いを綴って参加することができます。
その他にも食に関する写真や一次資料として保管している当時のたべもの(缶詰)なども展示しているそうです。

どんな状況においても「食べる」ことは生きることにつながる行為です。「我が家だったらどうだろう・・・」と同じテーマを自分の家族に置き換えて想定してみれば、今後に向けて備えを見直す良い機会になりそうです。

期 間:只今開催中~3月11日まで(毎週月曜日、月曜祝日の場合は翌火曜日閉室)
時 間:9:30~17:30
会 場:人と防災未来センター西館5階資料室(無料ゾーン)
主 催:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター(神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)
協 力:3.11オモイデアーカイブ、
          3がつ11にちをわすれないためにセンター(せんだいメディアテーク)
問合せ:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター資料室
電 話:078-262-5058

人と防災未来センター資料室Facebookページ

<やまねくん>

 

他団体の講座・催し情報