子育てのヒント

体罰とスポーツ

2013年2月11日
女子柔道女子柔道のコーチが暴力で訴えられたニュースがありました。
また、少し前は大阪の体育科の先生による体罰もありましたね。
これらのニュースは我々スポーツの指導者に大きな疑問を投げかけていると思います。

「お国芸と言われていた柔道というスポーツが、勝てなくなった。日本で培ってきた指導よりも、もっとよい指導を他国がやっているのです。
元々、日本は見て真似るごとく、こういうものだから、とにかくやりなさい、というので教わってきた人も少なくない。
訳がわからぬままに、経験則でこういうものだ、と教えてきたが、時代が流れ、考え方の多様化でそれが通じなくなったとき、それをさせる方法が、体罰などの罰である。」

そんなことをある有識者が言っていました。

ゲームのやり方、ルールだけではなく、そのスポーツがうまれた背景、経緯、発展などを知っているのと知らないのでは、伝える言葉の説得力が違ってくるはずです。

私も、テニスや様々なスポーツの指導書、栄養について、子どもについての文献などを読み漁った時期がありました。でも、教えれば教えるほど、まだまだと思う自分がいます。

柔道の園田氏は、説得力がないから、その自分のイライラの矛先を生徒に向けてしまい、体罰や暴力に変えてしまったのではないでしょうか。その気持ち、よくわかります。

何のために子どもたちを教えたいのか…
そこから、自分の在り方が見えてきて、最後に指導のやり方を選ぶ。

子どもたちが主体的にがんばってほしい。
恐らく、その願いは、全ての指導者のみならず、親も同じ思いでしょう。

適切な指導は、信念の上に磨かれる、と信じています。


取得資格 : JTIA認定テニスプロデューサーⅡ
資格スポーツ医学応急救護者国際ライセンス
チャイルドマインダー
色彩コーディネーター2級
TOEIC850、英検準1級など
ブログ : http://ryutennis.hamazo.tv
子どもの運動