子育てのヒント

聖隷クリストファー大学 伊藤信寿先生

2013年10月1日

プロフィール遊びと発達

こんにちは。
聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部作業療法学科の伊藤信寿です。

2013年6月に浜松市子育て情報センターで行われた「父親&母親のための子育て教室」の講師を務めました。遊び(特にからだを使った遊び)は、子どものさまざまな発達には必要不可欠です。「のびのび育てたい、しっかりからだを動かして遊ばせたい、でも遊ばせ方がわからない」というパパやママは多いのではないでしょうか。そこで、6月にお話した内容を中心に、子どもの発達を促す遊びについてこちらのブログでも発信していきます。

伊藤信寿 略歴
学歴:
福井医療技術専門学校作業療法学科卒業
佛教大学通信教育部社会福祉学科卒業 
岡山大学大学院教育学研究科 修士課程修了

職歴:
平成元年に作業療法士を取得し、肢体不自由施設にて作業療法士として勤務後、県立広島大学附属診療所にて、肢体不自由や発達障害の子どもたちへの支援、さらに家族への支援、障害を持った子どもの親の会へのサポート等をしてきました。
また、広島県・尾道市・福山市の教育委員会からの依頼を受けて、専門家巡回相談員として特別支援教育に携わってきました。
2009年10月より聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部作業療法学科に勤務しています。専門は、何かしらの生きにくさをもった子どもたちに対する作業療法です。子どもたちに対する感覚統合、余暇支援活動、家族支援、子どもの発達、遊びの発達等についての実践や研究をしながら、作業療法士を目指す学生に講義をしています。

執筆者紹介