子育てのヒント

治療費の違い

2013年10月24日

教えて歯医者さん子どもの歯Q&A

2014030317074_q-small.gif

うちの高校生の子と小学生の子の治療費が違う気がします。虫歯の治療費は違うのですか?

2014030317074_a-small.gif

虫歯の治療は通常は保険診療となります。
保険の点数が定められていて虫歯治療の本数や治療した部位(歯の平面のところか歯と歯の間のところなどのように)、そして詰めるものの種類(白いプラスチックなのか銀歯なのかなど)によって変わってきます。ここまでが保険による点数による違いとなります。
では、高校生と小学生の治療費(窓口負担額)には『こども医療費助成』の点で大きな違いがあります。
例を挙げますと、浜松市では中学3年生まではこども医療受給者証提示で1回の治療費は毎回500円です。高校生では上記の通り保険点数に違いはありますが1回に1,000円であったり2,000円であったりさまざまです。現在私の開業している藤枝市では小学6年生までが1回500円で、中学生からは(浜松の高校生と同様の)治療した分だけかかります。
このように、これらこども医療費助成は市町村によって異なりますので、静岡県公式ホームページ「ふじのくに」を参考にしてみてください。
また「健康保険証」や「こども医療費受給者証」は、歯科医院受診時には必ずお忘れなく持参してください。
※窓口負担額(割合)は、生活保護受給者や母子家庭、障害者では異なりますのでご確認ください。

文/陽だまり佐野歯科院長 佐野陽彦先生

子どもの歯