子育てのヒント

ママ大好き

2008年7月12日

ママ大好き
 「ママ大好き」
 まど・みちお 文  
 ましま せつこ 絵


「ぞうさん、ぞうさん、おはなが長いのね~」の歌で親しまれている詩人のまど・みちおさんが言葉をつけた絵本です。
ぶた、小鳥、ねこなど、いろんな動物のママと子どもたちのワンシーンが描かれています。
子どもを見るママのあたたかい目線がとてもよいです。
子どもたちも安心しきって甘えてる顔。

まどさんの言葉も一言ずつで、タッタと読めば短い絵本なんだけれど、どのぺージも、親子の目線やしぐさから「好きだよ」って伝え合っているのが聴こえてくるようでいつまでも絵をゆったりと眺めていたい気持ちになります。

我が家の息子はもう小2ですが、今でも時々この絵本を「読んで」と持ってきます。
うさぎの親子のページがあって、なにやらおしゃべりしているような子うさぎと、その子を見つめているママうさぎの絵。文字は「おはなし もにょ もにょ」と一言。
息子が「このおかあさん“うんうん”って聞いてる。オレ好き」と言いました。私は、ちょっとハッとしました。何かしていると、息子の話を適当に聞き流してたかもしれない。。。と。
それで1か月くらい、この絵本のページを開いて、リビングのカウンターに立てておきました。いつでも目に入ります。
そしたら、息子とのおしゃべりが「面倒」から、「大切で幸せなもの」という風に気持ちが変わってきて、今は、少しうさぎママに近づけたかなって思います。

あたたかさがしみこんで来て、ママでいられる自分の幸せを感じられる絵本です。




おすすめ図書