子育てのヒント

まるまるころころ

2008年10月25日

まるまるころころ 「まる まる ころころ」

 得田文久 文
 織茂 恭子 絵
 童心社


いろんな大きさのいろんな色のまる。
それがいろんなものに大変身。

本に関わることが多い、母の影響を受けてか娘も中学時代は図書委員長を。高校生になった今もまた、図書委員と何かと本と関わることが多いようです。
今回、娘に「あなたのおすすめ絵本は何?」とちょっと聞いてみたら、「やっぱりこれでしょ?」と言って選んできたのが“まる まる ころころ”でした。

そういえば、2歳くらいのときの一番のお気に入り絵本が“おつきさま こんばんは”だったけど、この絵本の最後にもまんまるお月さまがあったりして、やっぱり、今でもまるいものが好きなんだ!!と思いました。
「三つ児の魂、百まで」かな?とつい独り言。

 

おすすめ図書