子育てのヒント

どろんこハリー

2016年3月12日

ハリーは、くろいぶちのあるしろいいぬです。なんでもすきだけど、おふろにはいることだけはだいきらいでした。あるひ、おふろにおゆをいれるおとがきこえてきたので、ブラシをくわえてにげだして、にわにうめました。それからそとにあそびにでかけました。

道路工事をしているところで遊んで泥だらけになったり、機関車の煙を浴びてすすだらけになったり、ハリーは日ごろ子どもたちが、「汚れるからだめよ」と言われそうな遊びをさんざんしまくります。その結果ハリーは、ほんとは黒いぶちのある犬なのに、白いぶちのある黒い犬になってしまいました。おかげで、家に帰ってもハリーだとわかってもらえません。さあ、たいへん!

どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ)
ジーン・ジオン
福音館書店
売り上げランキング: 6,728

子どもはどろんこあそびが大好きです。汚れることを全く気にせず思いっきり遊ぶハリーに共感してワクワクした子どもたちは、家に帰ると「ハリーじゃないよ」と言われて、急にしょんぼり。でも大丈夫、ちゃんと幸福な結末が待っています。

色数を押さえたやわらかな絵が、ハリーがダイナミックに遊んでどんどん汚れていく展開や、そのときのハリーの満足げな表情を描き出します。思わぬ展開に戸惑うハリー、そして最後には、幸せこのうえない満足げな寝顔に、読んでもらっている子どもたちも思わずにっこり。

ところで、この絵本を読んであげるときは、特にタイトルページの絵をゆっくり見せてあげてくださいね。文章はありませんが、もう物語は始まっているのですよ。

文/子どもと絵本ネットワークルピナス 会員 鶴見啓子さん

おすすめ図書