子育てのヒント

妊娠中の体重増加~助産師たちのつぶやき~

2017年8月22日

助産師たちのつぶやき

妊娠前の体格と妊娠中に起こりやすい異常は、やせている人は、切迫早産、早産および低出生体重児分娩のリスクが高く、太っている人は妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、帝王切開分娩、死産、巨大児および児の神経管閉鎖障害などのリスクが高くなると言われています。ですから、そろそろ妊娠をと考えている方は、標準位の体重だといいですね。

妊娠中の体重増加も少なすぎると低出生体重児などのリスクがあり、増えすぎると妊娠高血圧症候群などの合併症のリスクなどが増えます。では、どのくらいの体重増加がいいのでしょうか。BMIによって、推奨値が決められています。

BMIとはボディマス指数、別名肥満指数とも言われ、計算式は体重(kg)÷身長(m)×身長(m)です。日本産婦人科学会周産期委員会では、

  • BMIが18以下→10~1kg
  • BMIが18~24→7~1kg
  • BMIが24以上→5~kg

が体重増加の推奨値と言っています。

そうはいっても、体重コントロールに苦労している方もいると思います。そういう時は、食事内容を記載してみたり、お腹が張るなどの異常がなければ、散歩などの運動をしてみましょう。今の季節暑くて歩けないという方もいるかもしれません。ショッピングセンターなどで散歩したりするのも一つの方法だと思います。熱中症対策もお忘れなく。

文/浜松医療センター 助産師 竜崎千明 

妊娠・出産