子育てのヒント

安心して!幼稚園デビュー(5)子どもの性格

2019年3月20日

幼稚園入園を控えているのに、お子さんが何でも自分でやろうとしないと心配していませんか?

衣服・靴の着脱を始め、色々とできることまで手を貸し過ぎていませんか?もちろん完璧にできなくてOK。裏返ってしまったり、左右が逆だったり。
何より大切なことは“自分のことは自分でしよう!やってみよう!”という自立の芽を育むことです。できたらいっぱい「すご~~~い!」と大げさに褒めてあげてください。自分でできると嬉しいものです。思い切り満面のドヤ顔をしますよ(笑)

 靴の着脱

(おまけ話)

お箸を忘れてしまったB君。先生に「ママが入れるの忘れた。ママが悪い」と訴えます。
先生はB君に「ママのせいじゃないよ。お箸忘れて困るのはだあれ?B君だよね。じゃあ、お箸はB君が自分で入れなきゃだめね。」
先生はママにこれからはB君が入れるか、B君と一緒に入れるかして、ママだけでやってしまわないようにお願いしました。これも“自分のことは自分で考え、自分でやってみる”生きる力である自立の芽を育むエピソードです。

文/上級教育カウンセラー 小野真裕美

「安心して!幼稚園デビュー」シリーズ

入園・園生活