子育てのヒント

安心して!幼稚園デビュー(6)子ども同士のかかわり

2019年3月22日

就園により子ども達も家庭内だけのかかわりから、園での友達関係という新しい人間関係ができます。今まで思い通りになっていたことが、おもちゃの取り合いなど、うまくいかなくて怒れたり泣けたり。でも、お友達と一緒にやって楽しい!嬉しい!おもしろい!もたくさん増えていきます。大人から見ると「何がそんなに楽しいの?」と不思議に思えるほど、何でもないことに弾けるほど笑いあう子ども達の姿もたくさんあります。こういった子ども同士の関わりは、大人では作ってあげることのできない子ども同士ならではの関係性だとつくづく思います。

おともだち

(おまけ話)

息子が年長さんの頃はテレビゲームが普及し始めた時代でした。お友達にゲーム機を持っている子も少なくなく、御多分に漏れず息子もゲーム機をねだりましたが、我が家は幼児にゲーム機は必要なし、体を使っていっぱい遊んで欲しいと買いませんでした。
ある日、私は子ども同士の会話を偶然聞いてびっくり!「おまえんちはゲームないから遊びに行かない」「えっ!息子は仲間外れにされている?!」
親としては悩みましたが、結局しばらくすると子ども達のゲーム熱も下火になり、また息子達は元気に公園で走り回って遊ぶように。子ども同士の関係を親が心配し過ぎず、子どもの成長を見守り信じることも大切だと感じた経験です。

文/上級教育カウンセラー 小野真裕美

「安心して!幼稚園デビュー」シリーズ

入園・園生活