子育てのヒント

免疫力を高めて、冬を乗り切りましょう

2021年1月4日

免疫力

こんにちは、保健師の政本です。毎年この時期は、風邪や季節性インフルエンザなどで体調を崩しやすいですよね。あわせて、今年は新型コロナウイルス感染症にも注意が必要です。手洗いやマスクなどの感染対策はもちろんですが、ご自身の体の免疫機能を高めて病気知らずでこの冬を乗り切りましょう。

免疫力とは

免疫力とは外から体内に侵入したウイルスや病原菌などの異物から体を守る機能のことを言います。免疫力が低下すると多くの病気にかかりやすくなります。

免疫力を高める生活習慣のポイント

腸内には免疫力を高める細胞が多く存在しており、生活習慣と密接な関係があります。

運動

  1. 栄養バランスの取れた食事
    主食(ごはん、パンなど)、主菜(肉、魚類、卵、大豆製品など)、副菜(野菜、きのこ、海藻類など)をバランスよく取り入れ、1日3食規則正しく食べましょう。免疫力アップの食材として、腸内環境を整えるヨーグルトや納豆などの発酵食品、抵抗力をつける緑黄色野菜などの抗酸化食品などが効果的です。
  2. 適度な運動
    適度な運動は、体温上昇や自律神経の安定につながり、免疫細胞が活性化します。運動の種類は問いませんが、「ちょうどよい」と感じるくらいの強さの運動を定期的に行いましょう。また定期的な運動は生活習慣病の改善にも役立ちます。
  3. 質の良い睡眠
    必要な睡眠時間は人それぞれです。日中眠気で困らない程度であれば、普段の睡眠時間は足りていると考えられます。
  4. ストレスをため込まない
    ストレスがたまったときの対策として、リラックスできる時間を日常生活の中に持つことが大切です。

    笑い

  5. 笑い
    笑うことで、がん細胞やウイルスなど体に悪影響を及ぼす物質を退治してくれる血液内のナチュラルキラー細胞が活溌になります。
  6. タバコを吸わない
    タバコに含まれる有害物質が免疫力を低下します。禁煙することで風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくくなります。

 文/浜松市保健師 政本

親と家族